Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Car

見事2位!ダニエル・リカルド!そしてアロンソ、ハミルトンが最後列から怒涛の追い上げ!赤旗中断の荒れた展開でもやはり強いメルセデス!F1ベルギーGP!

世界最高峰に位置するモータースポーツ、F1!そのベルギーGPの模様を、どこよりも早くレポート!これを読めば、どこで何が起きたのかすべてわかる!Motorzのリアルタイムツイートとともに、どこよりも早いレースレポートをお送りします!新世代レポート、ツイレポ!

 

©Pirelli

©Pirelli

ベルギーを制したのは誰だ!?
Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

 

レーススタート~10周:長い夏休みを終えて、久しぶりのF1は1コーナーから大波乱!

©Pirelli

©Pirelli

さあ一か月の夏休みを終えて、F1はいよいよ後半戦に突入!
これよりF1第13戦ベルギーGPの模様を実況致します。
よろしければ最後までお付き合い下さい!
#BelgianGP #f1jp
メルセデスの2名によるタイトル争いが熾烈となっている今季。
ここまでの獲得ポイントはハミルトン217ポイント、ロズベルグ198ポイントとなっています。
今回のベルギーGPではこの争いに大きな動きが見られそうです!
#BelgianGP #f1jp
現在ランキング首位のハミルトンは6基目のパワーユニットを今回投入しました。
それによりグリッドダウンが予選前から決定しており、今日決勝レースでは21番手からのスタートを強いられます。
#BelgianGP #f1jp
対してロズベルグは予選で見事今季6回目のポールポジションを獲得。そのまま優勝を飾り、一気に差を詰めたいところですね。
#BelgianGP #f1jp
決勝のスターティンググリッドは以下の通りです。
1ロズベルグ
2フェルスタッペン
3ライコネン
4ベッテル
5リカルド
6ペレス
7ヒュルケンベルグ
8ボッタス
9バトン
10マッサ
ここまでがQ3進出組です。
#BelgianGP #f1jp
11番手以下は
11グロージャン
12マグヌッセン
13パーマー
14サインツ
15ウェーレイン
16ナッセ
17オコン
18グティエレス
19クビアト
20エリクソン
21ハミルトン
22アロンソ
#BelgianGP #f1jp
マクラーレンホンダはバトンが見事に9番手に食い込みましたが、アロンソはパワーユニット交換のため最後尾からのスタート。
果たしてこのスパでどのようなレースを見せてくれるでしょうか?
#BelgianGP #f1jp
舞台となるスパ・フランコルシャンはドライコンディション。日差しは強そうですが、名物スパ・ウェザーと呼ばれる、変わりやすい天候には注意が必要ですね!
#BelgianGP #f1jp
また一周が7.004kmという長さで、これはF1サーキットのなかでも最長として知られています。
そのためピットインのタイミングを誤ると、大きなタイムロスに繋がってしまいます。
#BelgianGP #f1jp
また難易度の高いコーナーが数多くあり、なかでも有名なのがオー・ルージュからラディオンにかけての上り坂。
あまりにも急な斜面を駆け上がっていくため、ドライバーは壁に向かっていく感覚を覚えるそうです。
#BelgianGP #f1jp
今回はフェルスタッペンを応援する観客が多く見られますね。
見事ファンの期待に応える2番グリッドを獲得し、スペインGP以来の優勝を狙います。
母国オランダから近いサーキットなので、まるで母国GPのような気分かもしれませんね!?
#BelgianGP #f1jp
また3番手につけたのはライコネン。
このスパを得意としており、これまで4勝を飾っています。
2013年のオーストラリアGP以来となる通算21勝目に期待がかかります。
#BelgianGP #f1jp
今回からマノーではドライバーの交代がありました。
ハリアントに代わり、エステバン・オコンがステアリングを握ります。
デビュー戦となる今回は17番手からのスタートとなります。
#BelgianGP #f1jp
レースは44周で争われます。
戦略は1ストップが望ましいとされていますが、昨日の予選Q3に進んだドライバーはスタートのタイヤがすでに決定されています。
#BelgianGP #f1jp
スーパーソフトでスタートするのはフェルスタッペン、フォースインディア勢、ウィリアムズ勢、そしてバトン。
ミディアムタイヤでスタートするのはハミルトン、アロンソ。
それ以外の全車はソフトタイヤを履いています。
#BelgianGP #f1jp
今フォーメーションラップが始まりました!
20番手のエリクソンはピットスタートのようです。
#BelgianGP #f1jp
ロズベルグが速いペースでフォーメーションラップを行っています。
対するフェルスタッペンはゆっくりしたペース。履いているタイヤの違いから早くも戦略的な駆け引きが行われています!
#BelgianGP #f1jp
さあ各車ホームストレートに戻ってきました!
#BelgianGP #f1jp
今ブラックアウト!
フェルスタッペンが遅れた!
1コーナーで大きな接触だ!
#BelgianGP #f1jp
フェラーリの2台は接触で大きく順位を落としました!
#BelgianGP #f1jp
フェルスタッペンもウィングにダメージ!
順位を落としています。
ロズベルグが見事ホールショットを決めました!
#BelgianGP #f1jp
フォースインデアのヒュルケンベルグが好スタート!
2番手までポジションを上げています!
初表彰台のチャンスが見えてきました。
#BelgianGP #f1jp
ケメルストレートでサインツのタイヤがバースト!
マシンは大きく損傷しており、ストップしてしまいました。
#BelgianGP #f1jp
現在2周目、順位は
1ロズベルグ
2ヒュルケンベルグ
3リカルド
4ボッタス
5グロージャン
6ペレス
7パーマー
8マグヌッセン
9グティエレス
10アロンソ
ここまでが入賞圏内
#BelgianGP #f1jp
スタートでのフェラーリの交代は、チームメイト同士の接触によるものでした。
ライコネンは避けようと試みましたが、フェルスタッペンがインにいたため避けきれませんでした。
#BelgianGP #f1jp
混乱に乗じて最高列のアロンソ、ハミルトンが大きくポジションを上げています!
アロンソ10番手、ハミルトンは12番手まで上がっています。
#BelgianGP #f1jp
アロンソが順位を大きく上げるなか、バトンは残念ながらリタイアの表示が出ています。
ここまでのリタイアはバトン、サインツ、ウェーレイン、エリクソン。
早くも4台が姿を消しています。
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンはオコンを抜き去り11番手へ。(5周目)
#BelgianGP #f1jp
バトンはリタイアの原因はマノーとの接触だったようです。
#BelgianGP #f1jp
ラディオンでマグヌッセンが大クラッシュ!!
セーフティカーが入りました。
#BelgianGP #f1jp
マシンは大破しタイヤバリアは大きく乱れていますが、ドライバーは無事です!
#BelgianGP #f1jp
マグヌッセンはラディオンの立ち上がりで、リアのコントロールを失いました。
恐ろしいクラッシュでしたが、とにかく無事でよかったです。
#BelgianGP #f1jp
このセーフティカーを利用してヒュルケンベルグ、ペレス、パーマー、グロージャン、オコン、ライコネンがタイヤ交換を行ったようです。
#BelgianGP #f1jp
レースは7周目、現在の順位は
1ロズベルグ
2リカルド
3ヒュルケンベルグ 1ストップ
4アロンソ
5ハミルトン
6マッサ 1ストップ
7ペレス 1ストップ
8クビアト 1ストップ
9パーマー 1ストップ
10グロージャン 1ストップ
#BelgianGP #f1jp
首位を走っていたロズベルグはポイント差を詰めるチャンスでしたが、早くもライバルハミルトンは5位まで浮上。
これではランキング首位を奪い返すことはできません。
#BelgianGP #f1jp
セーフティカー先導のもとレースは9周目に入っています。
周回遅れとなっていたライコネンが同一周回に戻されました。
ライコネンは3番手スタートでしたが、現在最後尾17番手を走行しています。
#BelgianGP #f1jp
赤旗が提示されました!
#BelgianGP #f1jp
赤旗の理由は恐らくタイヤバリアの修復に時間がかかるためと思われます。
全車ピットレーンで再開を待ちます。
#BelgianGP #f1jp
レースは10周目で赤旗が提示されています。
#BelgianGP #f1jp
現在の順位を整理しましょう。(10周目)
1ロズベルグ
2リカルド
3ヒュルケンベルグ
4アロンソ
5ハミルトン
6マッサ
7ペレス
8クビアト
9パーマー
10グロージャン
ここまでが入賞圏内
#BelgianGP #f1jp
以下の順位は
11ベッテル
12ボッタス
13グティエレス
14フェルスタッペン
15オコン
16ナッセ
17ライコネン
リタイアはマグヌッセン、エリクソン、サインツ、バトン、ウェーレイン
#BelgianGP #f1jp
赤旗のためレース再開時には、全車好きなタイヤを装着することができます。
ですのでピット回数の違いはありますが、見た目上の順位が本来の順位となります。
#BelgianGP #f1jp
レース再開は日本時間21時41分との発表がありました。
#BelgianGP #f1jp
メルセデスのタイトル争いに注目が集まりますが、コンストラクターズの2位争いも熾烈となっています。
フェラーリは14ポイント差でレッドブルを追いかける立場ですが、現在ベッテル、ライコネンともに入賞圏外。
レース再開後の巻き返しはあるでしょうか?
#BelgianGP #f1jp
ここまで素晴らしい走りを見せているヒュルケンベルグ。
才能は高く評価されてきましたが、2010年のデビュー以来表彰台の経験はありません。
悲願の初表彰台に期待がかかります。
#BelgianGP #f1jp
また現在9番手のジョリオン・パーマーも入賞圏内まで順位を上げています。
ここまで彼の最高位は11位。このスパでF1初入賞を達成できるでしょうか?
#BelgianGP #f1jp
さあ間もなくレース再開です!
タイヤ選択に注目が集まります。
#BelgianGP #f1jp

11周~20周:赤旗から再開へ!ほとんどのマシンがソフトタイヤを選択!

©Pirelli

©Pirelli

多くのマシンがソフトタイヤを装着しています!
最も硬いミディアムを履いているのはロズベルグ、ペレス、フェルスタッペン、オコンの4台。
ミディアムを選択したドライバーは、このタイヤで最後まで走りきる目論見でしょうか。
#BelgianGP #f1jp
さあレースは残り34周!レースが再開されました!
#BelgianGP #f1jp
アロンソが3番手ヒュルケンベルグに襲い掛かる!
しかしここはヒュルケンベルグが抑えました。
#BelgianGP #f1jp
ミディアムタイヤで暖まりが悪いと思われたロズベルグですが、快調に再スタートを切っています。
#BelgianGP #f1jp
4番手アロンソにハミルトンが接近!
ケメルストレートでハミルトンが前に!(12周目)
#BelgianGP #f1jp
ロズベルグが一気にスパート!
1;51,746で最速ラップを刻んでいます。
#BelgianGP #f1jp
上位からスタートしたフェルスタッペンとライコネンが14番手争いを演じています。
接触寸前の攻防が行われています!
#BelgianGP #f1jp
ライコネンはフェルスタッペンののブロックに対し怒りをあらわにしています!
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンが3番手のヒュルケンベルグに迫っています!
最後尾から早くも表彰台を狙うところまで上がってきました!
#BelgianGP #f1jp
レースは現在15周目、現在の順位は
1ロズベルグ
2リカルド
3ヒュルケンベルグ
4ハミルトン
5アロンソ
6マッサ
7ペレス
8クビアト
9グロージャン
10ベッテル
#BelgianGP #f1jp
現在の8番手のクビアトのペースが上がりません。
後方からグロージャン、ベッテル、ボッタスが迫っています!(16周目)
#BelgianGP #f1jp
首位ロズベルグに対しリカルドは懸命に追いすがっています。
その差は1.4秒。より柔らかいタイヤを履くリカルドは何とか差を詰めたいところ。(17周目)
#BelgianGP #f1jp
17周目、フェルスタッペンがピットイン。
ソフトタイヤに履き替えコースに戻りました。
#BelgianGP #f1jp
10番手を走行していたベッテルはグロージャン、クビアトを抜き去り8番手へ順位を上げました!
#BelgianGP #f1jp
ヒュルケンベルグが懸命のディフェンスを見せています!
しかし18周目、ハミルトンに3位を明け渡してしまいました。
ハミルトンはレース半分にも満たない間に表彰台圏内まで浮上しています!
#BelgianGP #f1jp
トップのロズベルグと2位リカルドの差は3.5秒まで広がりました。
リカルドの6秒後方は3番手ハミルトンが走行しています。
#BelgianGP #f1jp

21周~30周:各車再度ピットイン!後半戦に向けて注目のタイヤ選択!

©Pirelli

©Pirelli

クビアトは苦しい走りが続いています。
今度はボッタスにも交わされ、10番手へ後退しています。
入賞圏内を守り切れるでしょうか?
#BelgianGP #f1jp
アロンソは現在5番手走行し、前をゆくヒュルケンベルグから2.7秒遅れ。
後方のマッサには1.6秒のリード築いています。
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンがピットイン!
ソフトから新品ソフトに履き替えコース復帰。(22周目)
#BelgianGP #f1jp
一旦は最後尾に下がったライコネンはグロージャンを抜き、ついに10番手入賞圏内に戻ってきました。
#BelgianGP #f1jp
6番手のマッサがピットイン。
ミディアムタイヤに履き替え、11番手でコースに戻りました。
#BelgianGP #f1jp
24周目、ヒュルケンベルグ、アロンソがピットイン!
それぞれミディアムに履き替えました。
#BelgianGP #f1jp
アロンソとヒュルケンベルグはピットレーンで接近!
ピットレーン出口で接触!両者大きなダメージはなさそうですが、審議対象となる可能性があります。
#BelgianGP #f1jp
25周目、ライコネンがピットへ。
ソフトからミディアムへ交換し、そのままチェッカーを目指します。
#BelgianGP #f1jp
レース再開後まだピットに入っていないのは上位2台。ロズベルグとリカルド。
#BelgianGP #f1jp
リカルドが26周目、ミディアムに交換。
順位を失うことなく2番手でコース復帰しています。
#BelgianGP #f1jp
ようやくロズベルグがピットへ入りました。
ミディアムタイヤで残り18周を走るつもりのようです!
#BelgianGP #f1jp
順位を整理しましょう。(27周目)
1ロズベルグ
2リカルド
3ハミルトン
4ヒュルケンベルグ
5アロンソ
6マッサ
7ペレス
8ベッテル
9フェルスタッペン
10ボッタス
#BelgianGP #f1jp
以下は(27周目)
11ライコネン
12グティエレス
13クビアト
14パーマー
15グロージャン
16オコン
17ナッセ
#BelgianGP #f1jp
28周目、フェルスタッペンがピットへ!
ミディアムタイヤに交換し、15番手でコースに復帰しました。
#BelgianGP #f1jp
現在ソフトタイヤを履くハミルトンが速いペースを刻んでいます!
現在3番手を走行していますが、もう一度タイヤ交換が必要と思われます。
#BelgianGP #f1jp
レースは30周目に入りました。6番手マッサに対し、ペレスがオーバーテイクを成功させました!
#BelgianGP #f1jp

31周~フィニッシュ:やはり強い!ロズベルグ!

©Pirelli

©Pirelli

速いペースを刻んでいたハミルトンですが、リカルドに1秒差まで迫りました。
もう一度ピットインを控えているハミルトンは早く抜いて、好きなペースで走りたいところですね。
#BelgianGP #f1jp
5番手のアロンソにマッサ、ベッテルが迫っています!
三者の差は約1秒!残り12周、アロンソは守り切れるでしょうか!?
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンがピットへ!
33周目、ミディアムタイヤでコース復帰。ヒュルケンベルグの後ろとなる4番手に下がりました。
#BelgianGP #f1jp
6番手争いが激しいです!
ケメルストレートエンドでマッサとベッテルが接触寸前!
マッサはなんとか6番手をキープしました。
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンは早くもヒュルケンベルグを交わし、3番手に浮上!
2番手リカルドとの差は18秒。果たして追いつけるでしょうか?
#BelgianGP #f1jp
マッサを交わし7番手へ上がったベッテル。今度はアロンソに迫まり見事オーバーテイク。
アロンソは7番手へと順位を下げてしまいました。
#BelgianGP #f1jp
レースは36周目、現在の順位は
1ロズベルグ
2リカルド
3ハミルトン
4ヒュルケンベルグ
5ペレス
6ベッテル
7アロンソ
8マッサ
9ボッタス
10ライコネン
#BelgianGP #f1jp
7番手アロンソ以下マッサ、ボッタス、ライコネンが接近戦となっています。
後方の3台はDRSが使える領域に入っています。
#BelgianGP #f1jp
アロンソは1分54秒台と周りに比べてペースが落ち込んでいますが、なんとか後方の3台を抑え込んでいます!
レースは残り6周!
#BelgianGP #f1jp
このままフィニッシュすると殊勲の成績となるのはフォースインディア勢。
ヒュルケンベルグ4位、ペレス5位と上位フィニッシュが見えてきました。
#BelgianGP #f1jp
レースは残り5周。トップのロズベルグはリカルドに13秒のリードを築いています。
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンが懸命に2番手リカルドを追いかけています!
1:51,692で最速ラップを刻んでいます。
しかしその差は12秒。少し厳しいでしょうか?
#BelgianGP #f1jp
アロンソはまだ7番手を死守しています!
チェッカーまで残り3周です!
#BelgianGP #f1jp
ウィリアムズで順位の入れ替えがありました。
アロンソの後方はマッサからボッタスに変わっています!
#BelgianGP #f1jp
さらにライコネンがマッサを攻略!
9番手に浮上しました。レースは残り2周。
#BelgianGP #f1jp
まだ順位の変動がありそうな7番手争い。
アロンソ、ボッタス、ライコネンの三者が最後の戦いを繰り広げています。
#BelgianGP #f1jp
トップのロズベルグがファイナルラップに入りました!
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンが後方のグリッドに沈んだこともありますが、盤石の体制でレースを締めくくろうとしています!
#BelgianGP #f1jp
今最終コーナーを立ち上がって、ロズベルグがトップチェッカー!
2位にリカルドが続いています。
#BelgianGP #f1jp
ハミルトンは21番手から3位表彰台!
フォースインディア勢が4-5フィニッシュを決めています。
#BelgianGP #f1jp
アロンソは見事7番手を守り切りました!
#BelgianGP #f1jp
F1ベルギーGP決勝結果です。(暫定)
1ロズベルグ
2リカルド
3ハミルトン
4ヒュルケンベルグ
5ペレス
6ベッテル
7アロンソ
8ボッタス
9ライコネン
10マッサ
ここまでが入賞圏内
#BelgianGP #f1jp
以下は
11フェルスタッペン
12グティエレス
13グロージャン
14クビアト
15パーマー
16オコン
17ナッセ
ここまでが完走。
リタイアはマグヌッセン、エリクソン、サインツ、バトン、ウェーレインという結果に終わりました。
#BelgianGP #f1jp

まとめ

ロズベルグはタイトル争いで差を縮めることに成功しましたが、ハミルトンが3位まで順位を上げたので、ランキング首位を奪還することはできませんでした。
しかし二人の差は9ポイントと接戦となっています。
#BelgianGP #f1jp
マクラーレンホンダではバトンは残念なリタイアに終わりましたが、アロンソが最後尾から見事なリカバリーを見せてくれましたね!
7位で6ポイントを獲得し、コンストラクターズランクでトロロッソを抜き6位に浮上しました。
#BelgianGP #f1jp
次戦はイタリアGP。
今回スタートの接触で残念な結果に終わったフェラーリの反撃に期待したいですね!
#BelgianGP #f1jp
今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました!
#BelgianGP #f1jp
Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com