Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

「SUGOならではのスゴーいネタがたくさん!」:スーパーフォーミュラ2016第6戦SUGO 小ネタ集9選

9月24・25日にスポーツランドSUGOで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権の第6戦。今回もレース以外のところにスポットを当てた「小ネタ集」をお届けします。SUGOだけに「スゴーい」ネタがたくさんあるのが、印象的でした(いや、冗談ではなく本当に)。それでは、振り返っていきましょー。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

ラジオ体操はじめました

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

前回の岡山戦からスーパーフォーミュラのオフィシャルステージでは新しい試みを始めていますが、今回も斬新なコンテンツが登場。

その名も「ラジオ体操」

レースウィーク直前に、ラジオ体操という項目があるという噂は聞いていたのですが、いざブース前のスケジュールをみると…

本当にラジオ体操が。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

ということで、所定の時間に行くと、ラジオ体操第一がスタート。

最初はギャグか?と思いましたが、意外と真剣に参加するファンも多く、近くのブース関係者やメディア関係者も参加するほど!

サーキットでのレース観戦で、結構アクティブで、体を動かすことも多いです。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

怪我をしないためにも、この毎朝のラジオ体操は、いいかもしれませんね!

(この流れだと、最終戦の鈴鹿でも導入されそうです…)

 

やっぱり一番人気は「NSX」

スーパーフォーミュラ

場内のイベント広場では「EnjoyHonda」も行われ、最新のホンダ車(2輪、4輪)が勢ぞろいして賑わっていました。また試乗コンテンツやドライバートークショーなど盛りだくさんの内容でした。

その中でも、一際存在感を放っていたのが新型NSX。専用の屋根付きブースを用意して「ORIGINAL MUST BE DONE.」というメッセージ付きで展示。これだけでオーラありますよね。

隣には、鈴鹿サーキットを舞台にNSXのVR体験ができるコーナーも。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

最近は本当にVRが多くなってきましたね。みなさんも試しましたか?

東北地方でもNSXが登場するのは、ほぼ初めてなので、2日間とも賑わっていました。

渋滞3.7km

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

こちらもEnjoy Hondaネタのひとつ。

ピットウォーク中、ふとコースを見てみると、どこまでも続くS660の列。

Enjoy Hondaのイベントの一環として、「S660オーナーズパレード」が開催されました。

実は第4戦もてぎでも行われたんですが、こんなにS660のオーナーっていらっしゃるんですね!これだけ同じクルマ、しかも色別で並ぶと爽快です。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

さらに先頭にはどこかで見たことがある…、そう「試乗女子」としてYouTubeでも話題になったFIA-F4ドライバーの小山美姫選手。黄色のS660でパレードの先頭を走っていました。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

これだけの台数が集まると、さすがにコースも渋滞するわけで、フラッグポストの電光掲示板のところには「渋滞3.7km」と表示されるシーンもありました(笑)

 

SUGOのピットは「スゴーく」近い

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

スポーツランドSUGOのピットは狭いのが特徴。それゆえにレース中は様々なハプニングが起こりやすいんですが、逆にピットウォークではガレージのすぐ近くまで寄れるので、マシンを撮りたい!という人にはうってつけかも!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

 

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

また今回は結構タイトなスケジュールだったのですが、ドライバーたちもサイン会などで登場。人気チームはご覧の通り受付終了になるくらいの賑わいでした。

 

菅生最速は「1’05.005」

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

グランドスタンドには、ドライバーやチームなど様々な応援の横断幕が掲示されていますが、今回はこんなのを発見しました。

『菅生最速1’05.005、Andre Lotterer』

これは昨年、アンドレ・ロッテラー選手が公式予選で叩き出した1分05秒005。スポーツランドSUGOのコースレコードです。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

あわや1分04秒台も見えたというほど、あの時のタイムアタックは鳥肌がたつほどのスゴさがあったなと、今でも覚えています。

スーパーフォーミュラはコーナリングスピードではF1を上回るほどの速さを持っているパフォーマンスがあり、そのラップタイムなどもこうしてファンの記憶に残るほどのインパクトがあったりするんですね。

ちなみに今年のポールポジションタイムは1分05秒398。わずかながらレコード更新にはなりませんでした。

 

“ダウンフォースと共にあれ”

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

毎回、面白いメッセージでファンや関係者を楽しませるSUGOのフラッグポストにある電光掲示板番。レースちゅは残り時間や残り周回数などを表示するものなんですが、意外にアレンジが自由に効くようで、いろいろなものを出してくれます。

今回もいろいろなメッセージが出てきたんですが、なかでも注目を集めたメッセージがこれ

「May The Downforce Be With You」

(ダウンフォースと共にあれ)

そう、映画スターウォーズの名セリフをスーパーフォーミュラ流にアレンジしたものです。

確かにSUGOは高速コーナーが多く、マシンのダウンフォースも非常に重要になるサーキット。特にアクセル全開で曲がっていく最終コーナーはドライバーたちも「度胸試しだ」というほど、簡単ではないコーナーばかりなのです。

それらも含めての、メッセージだと思いますが…

いや、よく思いつきますね(笑)

 

あのフェルナンド・アロンソさんとジェンソン・バトンさんが登場?

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

グリッドウォークが始まると、ストフェル・バンドーン選手の5番グリッドが何やら賑やか。

おや?ゲスト?

と、よく見ると…あ!あの、マクラーレン・ホンダで活躍中のフェルナンド・アロンソさんとジェンソン・バトンさんじゃないですか!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

って、はい。それに似せた被り物をした2人が登場。

バンドーン選手もF1では一緒にいる2人ですから、笑顔で写真撮影に応じていました(笑)

 

脇阪寿一監督が緊急参戦!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

小林可夢偉選手が参戦しているSUNOCO TeamLeMans。ここまで思うようにポイントを稼げず苦しい展開が続いていますが、今回から強力な助っ人が登場しました!

脇阪寿一監督です。

今年はスーパーGTで監督を務めていますが、今回からスーパーフォーミュラでも監督を務めることに。今回も不運続きでポイントを獲得することができませんでしたが、次回の鈴鹿では間違いなく上位に顔を出してくれるでしょう。

 

グリッドでも大人気のくま吉

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

前回も登場したくま吉。基本的にイベント広場やピットウォークのみの登場かと思いきや…、実はグリッドウォークにも登場するんです。

こうやって。

レース前の緊迫した時間ではあるのですが、なぜかくま吉がくると、みんな笑顔になります。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

中山雄一選手もご覧の通り。

またレースクイーンさんからも大人気なので、グリッドでもこんな感じ。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

毎回、色々とネタを提供してくれるので、本当…スーパーフォーミュラにはなくてはならない存在なんですよねー(オイっ!笑)

 

まとめ

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

いかがだったでしょうか?

スーパーフォーミュラも次回がいよいよ最終戦です。

大混戦のチャンピオン争いは、なんと12人ものドライバーがチャンピオン獲得の可能性を残しているという、超激戦です。

レースも見逃せませんが、こうして楽しめるイベントが多いのもスーパーフォーミュラの特徴。特に次回の最終戦の舞台である鈴鹿サーキットは、イベントも多いので見どころも盛りだくさんです!

10月29・30日に開催されますので、ぜひ!鈴鹿サーキットへ観に行きましょう!

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com