Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYEntertainment, Race

無料でF1日本GPを観る方法とは?年に一度のF1鈴鹿、現地以外の観戦方法をご紹介します。

F1を観戦するならばやはり現地が一番!ですが、予定が合わず断念された方も少なくないかもしれません。しかし、サーキット以外の場所でもレースの熱狂を分かち合える場所があることをご存知でしょうか?今回は鈴鹿に行けないあなたにも、日本GPをより一層楽しく観戦できるスポットをご紹介します!

©Pirelli

©Pirelli

無料で日本GPを楽しめるパブリックビューイング

日本GPを見たいけど現地には行けないし、家に見る環境がないという方もいらっしゃるかもしれません。

そんな悩みを解消してくれるのがパブリックビューイング。

今年はホンダ、日産といったF1に関わる企業が主催し、日本GPをライブ中継で楽しむことができます。

このパブリックビューイングは入場無料で、レース中継以外にもファンを楽しませてくれるイベントが企画されています。

また、多くのF1ファンが集まる場所ですので、同じ趣味を持つ人たちと感動を分かち合うこともできます。

では、さっそくご紹介していきましょう!

 

マクラーレン・ホンダ応援席!青山一丁目のホンダ・ウェルカムプラザ

ホンダ本社

2015年にホンダがF1活動を復帰して以来、パブリックビューイングを開催しているホンダ。

場所はホンダ本社がある青山一丁目。年に数回開催されており、おなじみのイベントとなっています。

大きなスクリーンで観戦できるので、レースの迫力をいつも以上に感じられるでしょうね。

座席は約250席が用意されていますが、ホンダのお膝元には熱心なファンが多く詰めかけるので、定員以上の人数が集まると思われます。

ちなみに席は当日の先着順になっており、いわば早いもの勝ちです。(席が無くなった場合でも立見は可能)

もちろん、どのチームを応援していても入場できますのでご安心ください。

MP4-31 展示

さらにエントランスホールには現在F1で使用されているマシンとパワーユニットが展示されています。

マクラーレン・ホンダを愛してやまない方は、ぜひ一度足を運んでみて欲しい内容なのです。

ホンダ パワーユニット

また、F1日本GPが行われる10月9日(日)はF1の決勝終了後には、スーパーGT第7戦タイもライブ中継してくれます。

レース好きにはたまらないイベントとなりそうですね!

(イベントの公式ページはこちら

 

インフィニティとしてF1活動を支援する日産もパブリックビューイングを開催!

©Pirelli

©Pirelli

日産自動車が展開する高級車ブランドとして、今季新たに生まれ変わったルノーのF1活動を支援するインフィニティ。

日産とルノーはF1以外においても業務提携を行い、深い関係で結ばれています。

そんな縁もあり、本社と同じ横浜にある日産ホールでも日本GPのパブリックビューイングが行われます。

こちらもレースはもちろんライブでレース中継が行われるのですが、興味深い点はテレビでは聞けない解説が聞けるということ。

解説はモータスポーツ専門チャンネルでお馴染みの”Pit-FM”の方がレースを分かりやすく読み解いてくれます。

定員は約600人と多く、ホールのゆったりとしたシートで日本GPを楽しむのも素敵ですよね。

さらに、レース終了後にはじゃんけん大会が予定されており、素敵なプレゼントが当たる可能性もありますよ!

(イベントの公式ページはこちら

 

日本GPをカフェやバーで観戦する方法も

出典:http://cafe.planexcollection.jp/

出典:http://cafe.planexcollection.jp/

パブリックビューイングは開催される数が少なく、また先着順ということで並ぶのは少し苦手…という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におすすめなのが日本GPを放送するカフェやバーで観戦するという楽しみ方です。

もちろん、料金はかかってしまいますがお店なので予約が取れれば早くから並ぶ必要もありません。

美味しい料理やドリンクに舌鼓を打ちながらのレース観戦は、サーキットにいる人から見ても少し羨ましい気もします。

日本GPは注目度も高いので、どのお店も盛り上がることに間違いありません!

この機会に行きつけのお店を探すのもいいですね。

 

レーサーズカフェ

出典:http://cafe.planexcollection.jp/

出典:http://cafe.planexcollection.jp/

お店でのレース観戦にもってこいなのが、東京・恵比寿にある”レーサーズカフェ”。

レース観戦ができるカフェというのがモットーであり、店内には縁石を模した赤白のカウンターテーブルなどレースが好きな人の心をくすぐる遊び心が見られます。

落ち着いた店内には有名ドライバーやレーシングギアがずらりと並んでいます。

普段からF1やスーパーGTの観戦イベントを開催しており、F1日本GPも観戦イベントとして行われます。

観戦プランは1ドリンク+軽食付きで3240円。(税込)

ゆったりとした店内が贅沢な気分にさせてくれるので、少し優雅な気分で観戦してみてはいかがでしょうか。

(お店の公式ページはこちら

 

M-SPO

出典:http://m-spo.jp/

出典:http://m-spo.jp/

渋谷の宇田川町にあるスポーツバー。

こちらのお店はレースだけでなく、スポーツ全般を放送しているお店です。

大型スクリーンで迫力あるレース中継を楽しむことができますよ!

ピザ、パスタなど単品メニューから、飲み放題付きのコースプランまで豊富なメニューが魅力的。

他のスポーツと併せて観戦に行くのもいいですね!

(お店の公式ページはこちら

 

Motor sports bar Mulsanne

出典:https://www.facebook.com/msbmulsanne/photos/a.120495414770980.25810.101448806675641/120495418104313/?type=3&theater

出典:https://www.facebook.com/msbmulsanne/

関西にももちろんF1観戦ができるお店がありますよ!

こちらはモータースポーツ専門のスポーツバーである”ミュルサンヌ”。

お店の名はル・マン24時間レースが開催されることで有名なサルト・サーキットのコーナー名が由来とのこと。

いかにモータースポーツ注力しているかが分かりますね。

こちらでは決勝レースはもちろん、金曜日のフリー走行から土曜日の予選後に行われる前夜祭でも観戦会が行われます。

このお店で日本GPを網羅するのも面白そうですね!

(お店の公式ページはこちら

 

自宅観戦派のアナタにオススメなのはネット配信

どうしても家から出られない用事がある人や、出先でもなんとかしてF1が観たいあなたにオススメなのがネット配信。

ノートPCやスマホさえあれば、日本中どこにいても観戦可能ですので、いつでもF1を楽しむことが出来ます!

 

DAZN(ダ・ゾーン)

出典:https://www.dazn.com/

出典:https://www.dazn.com/

2016年からスタートした、スポーツ特化型ネット配信サービスのダ・ゾーン。

月額料金が1750円(税抜)かかってしまいますが、それさえクリアすればスマホからもPCからも視聴可能。

アプリもあるようなので、スマホユーザーは特に安心ですね。

ちなみに、こちらのダ・ゾーンですが現在は一カ月無料なので今登録すればF1は無料で見れるかも…?

なお、一カ月経つと自動で有料に切り替わるようなので、無料期間のみを使いたい人は解約を絶対に忘れないようにお願いします。

また、新しいサービスでもあるため、登録時には規約などを詳しく確認することもお忘れなく!

(ダ・ゾーン公式HPはコチラ

 

まとめ

今回ご紹介した方法以外にも、スカパー!やJCOM、フジテレビNEXTsmartなど、従来の環境でも視聴は可能です。

例え現地へ行けなくても、年に一度しかない日本GPを思い切り楽しみたいですよね!

画面から流れてくるレース中継の映像は何処で観戦しても同じですが、解説や一緒に見る人が違えば感じ方も変わるはずです。

いつも以上にファンのボルテージが上がるこの一大イベントは、パブリックビューイングでもお店でも盛り上がることでしょう。

サーキットへ行けなかった方々も、ご自身のスタイルに合った観戦方法で日本GPを大いに楽しんでくださいね!

 

Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com