Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYBike, Race

WGPで唯一、同年2クラス制覇経験を持つライダーとは?ファスト・フレディーの愛称で親しまれたライダー、フレディ・スペンサーをご紹介します。

アメリカ合衆国ルイジアナ州出身のレーシングライダーで、1983年にロードレース世界選手権(WGP)500ccクラスで史上最年少チャンピオンを獲得!圧倒的なラップタイムで他を引き離し、『ファスト(速い)・フレディー(Fast Freddie)』と呼ばれた伝説のライダー”フレディー・スペンサー”を知っていますか?

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

フレディ・スペンサー:プロフィール

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

名前:フレデリック・”フレディ”・バーデッド・スペンサー(Frederick “Freddie” Burdette Spencer)

生年月日:1961年12月20日

出身地:アメリカ合衆国ルイジアナ州

幼年期からダートトラックレースなどに親しみ、1978年にロードレースへの本格参戦を開始したフレディー。

モトグッツィ、ヤマハ、カワサキなどのライダーを経て1980年にUSホンダと契約し、アメリカ国内のレースで活躍します。

そして同年、鈴鹿8時間耐久ロードレースやWGP500㏄クラスのベルギーGPにYAMAHATZ500でスポット参戦を果たすのです。

翌1981年にはWGP500ccクラスのイギリスGPにHONDA NR500で参戦。

予選10位、決勝はリタイヤとなってしまうも、5位まで追い上げたアグレッシブな走りが認められ、1982年HONDAワークスよりWGPへのフル参戦を開始する事になるのです。

 

フレディー・スペンサー:レース戦歴

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

1982年にホンダのワークスチームから世界GPへのフル参戦を開始したフレディー・スペンサーは、この年からHONDAが新規実戦投入した2ストローク3気筒エンジン搭載の新型NS500を駆り、シリーズランキング3位を獲得。

翌1983年にはYAMAHAのケニー・ロバーツとの激しいタイトル争いを繰り広げ、21歳8ヶ月という若さでチャンピオンを獲得します。

この記録は2013年に20歳266日という若さでタイトルを獲得したマルク・マルケスに破られるまでの20年間、ロードレース世界選手権(WGP)の最高峰クラスにおける最年少記録となりました。

1984年は、HONDAが新たに投入したV型4気筒エンジン搭載のNSR500と、今まで使用していたNS500をコースによって使い分け、5勝をあげるもシリーズランキングは4位。

そして翌1985年、WGP500cc、250ccの両クラスにダブルエントリー。

500ccクラス、250ccクラス共に全12戦中7勝を収め、両クラスとも最終戦を待たずして年間チャンピオンを確定させるのです。

ロードレース世界選手権史上唯一の500ccと250ccのWタイトルを獲得した翌年、スペンサーはオフシーズンに肉体改造を試み、開幕戦のスペインGPに挑みます。予選結果はポールポジション。

決勝レースもスタートからのトップ独走、誰もが勝ちを疑わなかったそのレースの中盤で右腕に故障を発症し、ピットイン。

そのままリタイヤを余儀なくされてしまいます。

2戦目以降もリタイヤが続きだったスペンサーは、ポイントを獲得できないままシーズン途中で戦線を離脱する事になるのです。

Wタイトル獲得からのノーポイント。多くのファンがスペンサーの復活を望みました。

しかし1987年、復活をかけたデイトナのスーパーバイクレースにおいてVFR750を駆り予選最速タイムを叩きだすが、前走車の転倒に乗り上げ転倒、骨折によりリタイヤという残念な結果となってしまいます。

そして1988年3月16日に右手首の不調が消えないことを理由に現役引退を発表しました。

 

1980年: 8時間耐久ロードレース( 3周回 アメリカ・ホンダ/ ホンダ・RS1000 ) リタイア

1982年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ホンダ/NS500) ランキング3位

1983年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ホンダ/NS500) チャンピオン

1984年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ホンダ/NS500・NSR500) 4位

1984年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ロスマンズ・ホンダ/NSR500) チャンピオン

ロードレース世界選手権(WGP)250ccクラス(ロスマンズ・ホンダ/RS250RW) チャンピオン

1987年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ロスマンズ・ホンダ/NSR500) 20位

1989年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(マールボロ・ヤマハ/YZR500) 16位

1993年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(ヤマハ・モーターフランス/YZR500) 37位

1993年: 8時間耐久ロードレース( 204周回 ミスタードーナツ・オクムラ・ホンダ/ ホンダ・RVF750 ) 4位

 

長い手足で自在に操り、コーナー終盤の立ち上がり加速を重視するライディング・スタイル

1983年WGP500ccクラス 日本GP

1985年WGP500ccクラス第1戦南アフリカGP

1985年 Daytona 200

1985年WGP500&250クラス

 

レーシンングスクール

 

引退撤回。そして2度目の引退

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

右手首の不調を理由に現役引退を発表したその翌年(1989年)、スペンサーは手首の手術を行い引退を撤回。

ジャコモ・アゴスチーニ率いるマールボロ・ヤマハチームに加入し、YZR500でWGPに参戦します。

しかし成績は思わしくなく、シーズン途中でチームを去ることになってしまいます。

その後、デイトナ、AMAスーパーバイク参戦を経て、1992年鈴鹿8耐にミスタードーナツホンダからRVFで参戦し、転倒を喫しながらも4位で完走!

1993年にはヤマハ・モーターフランスチームから世界GP500ccに再度参戦する機会を手にするのです。

この年、残念ながら結果を残すことができなかったスペンサーは1995年にAMAスーパーバイクに参戦後、翌1996年2度目の引退を発表する事になるのです。

 

まとめ

出典:http://forum.bjbikers.com/index.php?/topic/8793-kucamo-na-vrata-zaboravljenih-asova-fast-freddie-spencer/page-2

出典:http://thethaotocdo.vn/

世界最高峰ロードレースでの最年少タイトル獲得記録や、500㏄&250㏄クラスのWタイトル獲得など、自身のレース展開と同じく独走状態からの右手首の不調による転落。

そして引退を撤回してまでも走る事にこだわり続けたフレディー・スペンサー。

レース直前での欠場などが続いた事により『嘘つきフレディー』と酷評されるまでになってしまった彼のキャリアに、私はどんなに無様でもいつまでも走り続けたいという彼のロードレースへの執念とカッコよさを感じます。

小さなミスが命取りになるロードレースの世界で走れるのであれば、どんな小さな可能性でも諦めたくはなかった。

その強い気持ちが、『ドタキャン』という形になってしまい多くのファンに誤解を招く結果となってしまったのではないでしょうか。

そしてそんなフレディーは、現在でもMotoGPの会場に出向いたり、イベントに出演し多くのロードレースファンにバイクの楽しさを伝え続けているのです。

 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com