Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYGreat car, Race

ルマン24時間に参戦した日産の名車とは?1986年から続く、日産の挑戦を、レーシングカーから一挙振り返ります!

1923年にフランスのルマン市で初開催されF1のモナコGP、アメリカのインディ500に並び世界三大レースと呼ばれるルマン24時間レース。この世界最高の舞台に1986年からワークス参戦を開始した日産。以来度重なる挑戦を続け、日本のモータースポーツを牽引してきました。そんな日産が送りだした名マシン、モンスターマシン達をおさらいしましょう!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

ルマンでの戦いはここから始まった!R85V R86V

出典:http://www.nismo.co.jp

日産R86V(出典:http://www.nismo.co.jp)

1986年、日産がワークスとして初めてルマンに参戦したのがこのR85VとR86Vの2台です。

3000ccのV型6気筒OHCツインターボの680馬力以上のR85Vはデビュー2戦目の鈴鹿1000kmで早くもポールポジションを獲得。

3戦目のWEC-JAPAN(富士スピードウェイ)では星野一義選手のドライブで初優勝、4輪としては日本人初の世界選手権ウィナーとなりました。

出典:http://www.nismo.co.jp/

日産R85V(出典:http://www.nismo.co.jp/)

86年のルマンにはアマダがメインスポンサーのR85Vに長谷見昌弘選手、ジェームスウィーバー選手、和田孝夫選手組がワークス初参戦ながら284周を走行して16位完走。

日本ラジエーター、現カルソニックカンセイがメインスポンサーのR86Vに星野一義選手、松本恵二選手、鈴木亜久里選手組がドライブし、決勝64周でリタイア。

しかし帰国後の全日本耐久選手権では4戦中3戦でフロントロウを独占する速さを見せました。

 

ルマンを意識するきっかけに R87E

出典:http://www.calsonickansei.co.jp

出典:http://www.calsonickansei.co.jp

R87Eは3.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン、VEJ30を搭載したグループCカーです。

1987年のJSPC開幕戦で星野一義選手が、予選2位。

続く2戦目で長谷見昌弘選手がポールポジションを獲得するも共にリタイア。

この年のルマンもリタイアに終わり、この結果により日産はルマンに本腰を入れはじめるのです。

 

初めてのフルワークスでの参戦 R88C

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page

R88Cは前年のエンジン、VEJ30を大幅に改良したVRH30を搭載し750馬力以上を発生。

その他にもホイルベースを長くし安定性を向上させ、独自のカウルを採用し進化しました。

ニスモがメンテナンスを担当、初めてフルワークス体制になったのが、このR88Cなのです。

日産にとって3年目のルマンでは14位完走、富士500マイル、鈴鹿1000kmで連続で3位表彰台を獲得します。

のちのR90シリーズの礎となるマシンでもあります。

 

ルマンを強く意識した一台 R89C

出典:http://www.taringa.net/

出典:http://www.taringa.net/

1989年、前年までのマーチ製のシャシーからローラ製に変え、エンジンも3500ccのVRH35型(V型8気筒DOHC)を採用し、800馬力を超えるモンスターマシンがR89Cです。

ルマンを意識していたため車体は全体に低いシルエットを持ち、リアタイヤにはカバーが掛けられて空気抵抗の低減を徹底。

テレメトリーシステムを本格導入させたのも特徴です。

ルマンにはNME(ニッサン・モータースポーツ・ヨーロッパ)、NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)、エレクトラモーティブが一台ずつ参戦しましたが、3台ともリタイア。

ルマンだけでなく、1989年から1990年のJSPCにも参戦しました。

 

ここまで、1980年代の日産のルマンを振り返ってきました。

次のページからは90年代、R390やGT-R、そしてデルタウイングも登場します!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
TaishiKawamura

セナ、プロスト、マンセル、ピケ達が戦っていた80年代後半から90年代前半のF1を観てモータースポーツの虜になる。国内、海外、カテゴリー問わずモータースポーツならなんでも好き。モータースポーツの魅力を一人でも多くの人に知ってほしいという想いで記事を書かせていただきます。

車買取.com