Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Race

セルモが強い!SF最終戦予選は石浦宏明選手がトップタイム!2位バンドーンとのタイム差はなんと0.005秒!

国内では最高峰のフォーミュラカーレース、スーパーフォーミュラ。その最終戦鈴鹿の予選を、モータースポーツジャーナリスト吉田知弘(@f1beginners)のリアルタイムツイートとともに振り返ります。新世代のレースレポート”ツイレポ”。これを読めば予選が手に取るようにわかる!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

2016年のシリーズ制覇に一番近い男は誰だ!?

モータースポーツジャーナリスト「吉田知弘」とは

吉田知弘

フリーのモータースポーツジャーナリスト。
サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。
この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。
レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。
Twitter:@f1beginners

 

予選日フリー走行:シリーズ制覇に一番近い男は誰だ?トップ10は0.6秒差

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

おはようございます。
……暑っ!! https://t.co/AVYm3uOldB

SF鈴鹿予選日タイスケ
9:10〜10:10フリー走行
10:25〜10:40サーキットサファリ
12:05〜12:55ピットウォーク
14:15〜15:09予選
16:30〜17:00キッズピットウォーク
#SFormula

フリー走行も残り10分。トップは国本。2番手に小暮、3番手バンドーン。ランク首位の5番手関口。チャンピオン候補はしっかり上位にいますね。 #SFormula

残り5分をきって、各車アタックに突入。関口が早いです!1分38秒309、、、お!ロッテラーが1分38秒294! #SFormula

石浦がトップ!1分38秒082でトップ!さらに小暮もきた!1分38秒164! #SFormula

ロッテラーがもう1周アタックに行きましたが1分38秒189。順位変わらず3番手です。 #SFormula

可夢偉もタイムを上げてきました。5番手!ここでチェッカーです。トップ10が0.6秒以内にひしめいています! #SFormula

SF鈴鹿土曜フリー走行結果
1石浦(1分38秒082)
2小暮
3ロッテラー
4関口
5可夢偉
6山本
7国本
8カーティケヤン
9オリベイラ
10バンドーン
11野尻
12中山
13バケット
14一貴
15塚越
16ロシター
17大祐
18伊沢
19ブラー
#SFormula

注目の予選前フリー走行終了。走り出し、セッション中盤、そして最後と勢力図が違っていましたね。最終的に石浦がトップでしたが……予選は今季一番の激戦になりそうです。
14:15からQ1スタートとなります! #SFormula

予選Q1:トップ通過は石浦!可夢偉は悔しいコースオフ。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

14:15から開始予定だったSFの公式予選ですが、直前の86/BRZレースで赤旗中断があったため、スケジュールが変更になる模様です。詳細がでたら、またお伝えします。 #SFormula

Q1は予定より5分遅れの14:20から開始となります。 #SFormula

今回の予選は通常通りノックアウトですが、明日のレース1のグリッドはこのQ1の結果で決まります。つまりQ1トップでもボーナスの1ポイントがつくことになるので、いきなり1ポイントをかけたチャンピオン争いが激化することになりそうです! #SFormula

Q1がスタート。今回もピット出口は大混雑でしたね。さぁコースインです! #SFormula

繰り返しになりますが、今回のQ1は二つの意味合いを持ちます。
まずはレース1のポールポジションをかけた争い。そして通常通り14位以上をかけた争い。
誰がトップに来て、誰が落ちてもおかしくないです。 #SFormula

まずは関口が1分38秒788でトップ、いやバンドーンが1分38秒716で逆転トップ!野尻が1分38秒776で続きます! #SFormula

石浦がトップ!1分38秒497、このあともまだまだタイムを更新してきそうです。 #SFormula

晴天に恵まれた鈴鹿。現在、最終コーナーから1コーナー方向に強い風が吹いています。追い風の影響でタイムが伸びるかと思われましたが、意外にタイムが伸びていませんね。石浦がトップを更新して1分38秒438です。 #SFormula

SF鈴鹿Q1:開始10分時点
1石浦(1分38秒438)
2バケット
3バンドーン
4野尻
5関口
6大祐
7一貴
8山本
9可夢偉
10ロッテラー
11カーティケヤン
12国本
13オリベイラ
14小暮
15塚越
16ブラー
17ロシター
18中山
19伊沢
#SFormula

残り7分30秒。大祐がコースインです。現在、17.5ポイント差で首の皮一枚チャンピオンの可能性が残っています。このQ1からポールポジションが絶対条件、いけるか? #SFormula

残り7分を切ったところで続々コースイン!お、関口が少しタイミングをずらしてコースインします! #SFormula

アタック開始!セクター1はバンドーンが早い!でもセクター2では石浦も早い! #SFormula

いや、前半セクターは野尻が早い!間違いなく0.001秒の争いになりそう! #SFormula

石浦がトップ!!1分37秒453!!!国本が1分37秒801でセルモ・インギングがワンツー! #SFormula

あーー!可夢偉がデグナー2つ目でコースオフ!!! #SFormula

チェッカーフラッグで全車アタック終了。石浦がQ1トップ!これでレース1のポールポジションです。2番手に国本が入って、セルモインギングが速さを見せました。3番手に野尻が入って……なんと首位の関口は13番手! #SFormula

Q1結果
1石浦(1分37秒453)
2国本
3野尻
4ロッテラー
5バケット
6一貴
7バンドーン
8小暮
9山本
10可夢偉
11大祐
12オリベイラ
13関口
14塚越
<以上Q2進出>
15中山
16カーティケヤン
17ブラー
18ロシター
19伊沢
#SFormula

デグナー2つ目でコースオフ。可夢偉はマシンを降りました。Q2進出権限は与えられましたが、ピットに戻ってこれないため、可夢偉はQ2最下位が事実上確定します。
なお、マシンの損傷はほとんどなく可夢偉も無事にマシンを降りています。 #SFormula

予選Q2:セルモの2台が速い!国本・石浦ワンツー!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

さぁQ2、、、石浦が一番最初にピット出口に並びます。 #SFormula

さぁQ2です。今度は7分勝負。今度はレース2のグリッドをかけた勝負になります。 #SFormula

各車タック開始!やはり石浦がここでも早い…いや国本が上回っています。 #SFormula

さらに野尻、バンドーンも前半セクター早い! #SFormula

石浦1分37秒589
国本1分37秒364
一貴1分38秒020
バンドーン1分37秒673
野尻1分37秒877

国本が暫定トップ! #SFormula

関口が、、、1分38秒795!!なんと11番手、Q2で敗退? #SFormula

チェッカーが出ましたが、ロッテラーがまだアタックをしています。そして小暮もQ3進出を目指しています! #SFormula

ロッテラーは…1分38秒023!!8番手滑り込み! #SFormula

Q2チェッカー、なんとセルモインギング、ダンディライアン、ナカジマレーシング、トムス。4チーム8人がきれいに並んでトップ8を占めました!トップ通過は国本! #SFormula

Q2結果
1国本(1分37秒364)
2石浦
3バンドーン
4野尻
5バケット
6大祐
7一貴
8ロッテラー
<以上Q3>
9塚越
10オリベイラ
11山本
12小暮
13関口
14可夢偉
#SFormula

予選Q3:石浦トップタイム!2位バンドーンとは0.005秒差!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Q3進出メンバー(Q2結果順)
1国本(セルモインギング)
2石浦(セルモインギング)
3バンドーン(ダンディライアン)
4野尻(ダンディライアン)
5バケット(ナカジマ)
6大祐(ナカジマ)
7一貴(トムス)
8ロッテラー(トムス)
きれいに並びましたw
#SFormula

Q3は、早くも国本がピット出口でスタンバイ。 #SFormula

さぁQ3が始まりました!
レース1は石浦がPPで1ポイント獲得。レース2は誰がPPをとるのでしょうか?続々コースインです。大トリはバンドーンかな? #SFormula

おそらく、明日のレース2がチャンピオン獲得に向けた最終決戦になるので、余計にここでのグリッドが重要になります。ここまでの流れだと、石浦か国本…しかし野尻、バンドーンも早いので逆転がありそうなところです。 #SFormula

国本!セクター1で今週末ベスト!いや石浦がさらに早い! #SFormula

もしかして、1分36秒台もあるかも? #SFormula

いや!バンドーンがコース前半最速! #SFormula

国本1分37秒224
石浦1分37秒026
野尻1分37秒438
ロッテラー1分37秒537
一貴1分37秒626
そしてバンドーンは…1分37秒031!!!!
0.005秒差で石浦がポールポジション! #SFormula

Q3チェッカーです。石浦が逃げ切りました!0.005秒差、、、おそらく距離にすると30cm前後ぐらいの差だと思います。見事レース2もポールポジションを獲得しました! #SFormula

Q3結果
1石浦(1分37秒026)
2バンドーン
3国本
4野尻
5ロッテラー
6一貴
7バケット
8大祐
#SFormula

まとめ

以上で予選の実況ツイート終了。いやー、明日はかなり面白い最終決戦となりましたね!
では、明日もよろしくお願いします!(取材行ってきまーす) #SFormula

Writer Introduction
TryOne

車買取.com