Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Race

3位争いはファイナルラップまでもつれた!フェルスタッペンvsベッテル!!メルセデスは1・2フィニッシュ!!

世界最高峰に位置するモータースポーツ、F1!その第16戦メキシコGP、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスの模様を、どこよりも早くご紹介します!これを読めば、レースのどこで何が起きたのかすべてわかる!Motorzのリアルタイムツイートとともに、どこよりも早いレースレポートをお送りします!新世代レポート、ツイレポ!

©Pirelli

©Pirelli

Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

 

2016年のメキシコGPの見どころ

©Pirelli

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
今日はF1第19戦メキシコGPの様子をお伝えします。
全21戦の長い2016年シーズンもいよいよ残り3戦と大詰めを迎えています。
#MexicoGP #F1JP

戦いの舞台はメキシコシティにあるエルマノス・ロドリゲス・サーキット。
1周は4.304km。レースは71周で争われます。
このコースは2200mと標高が高いことで知られており、F1の全サーキットのなかで最も高地にあるサーキットです。#MexicoGP #F1JP

さて、昨日の予選を振り返っていきましょう。
予選で見事にポールポジションを奪ったのはハミルトンでした。
今季10回目、通算では59回目。
全車このコースを攻め込むに手を焼いたようですが、そのなかで1周をまとめ、トップタイムを記録しました。
#MexicoGP #F1JP

そのハミルトンとタイトルを争うロズベルグは2番手。
Q3ではあわやレッドブル勢に後れを取りそうなシーンもありましたが、なんとかフロントローを獲得しました。
残り3戦で26点差を守り切れるか?彼にとって重要なレースとなりそうです。
#MexicoGP #F1JP

F1メキシコGP、スターティンググリッドは、
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4リカルド
5ヒュルケンベルグ
6ライコネン
7ベッテル
8ボッタス
9マッサ
10サインツ
ここまでがQ3進出組。
#MexicoGP #F1JP

以下は、
11アロンソ
12ペレス
13バトン
14マグヌッセン
15エリクソン
16ウェーレイン
17グティエレス
18クビアト
19ナッセ
20オコン
21パーマー
また、グロージャンはピットレーンスタートを選択しています。
#MexicoGP #F1JP

©Pirelli

©Pirelli

今日は青空が広がって天候にも恵まれたメキシコGP。
ペレス、グティエレスの2名が母国でのレースに意気込んでいます。
母国のドライバーを応援する人も多くみられますね。
#MexicoGP #F1JP

そして、昨日の予選に話を戻すと、いつも以上に戦略的な戦いが繰り広げられました。
特にスタートタイヤが決まるQ2では装着タイヤがチームで分かれました。
スーパーソフトの耐久性の低さを懸念し、メルセデスやフェラーリはソフトタイヤでQ2を走行しました。
#MexicoGP #F1JP

そのなか上位陣でレッドブル勢は他と戦略を変え、スーパーソフトでのスタートを選択しました。
オープニングでの温まりの良さを生かし、序盤にトップを奪おうという構えを見せています。
#MexicoGP #F1JP

レッドブルは2列目から揃って飛び出せるか?スタートは要注目です!
メルセデス勢のタイトル争いを面白くしてくれる存在となりそうです。
#MexicoGP #F1JP

マクラーレンホンダではアロンソとバトン揃ってQ2で敗退しています。
しかし、これはレースを見据えて採用した、意図的な戦略だと思われます。
マクラーレン勢は2人ともソフトタイヤで発進すると予想され、レースでの逆転に期待できそうです。
#MexicoGP #F1JP

特にアロンソは、「狙い通りのグリッドを獲得できた」というコメントを残しています。
Q3に進んだウィリアムズ勢やサインツとの戦いに注目です。
#MexicoGP #F1JP

さあ!各車フォーメーションラップに向かいました!
#MexicoGP #F1JP

ピレリの推奨戦略は2ストップですが、1ストップを採ってくるチームもあるかもしれませんね。
#MexicoGP #F1JP

スタートタイヤはレッドブル勢、ヒュルケンベルグ、ウィリアムズ勢、サインツがスーパーソフト。
唯一ミディアムを履くのはナッセですね。
それ以外の全車がソフトを装着しています!
#MexicoGP #F1JP

スタート~15周:ホールショットはハミルトン!

©Pirelli

©Pirelli

全車グリッドにつきました!
#MexicoGP #F1JP

いまスタート!
1コーナーで波乱!ハミルトンが大きくタイヤをロックさせました!
また、後ろでは接触が見られました!
#MexicoGP #F1JP

マシンを降りているのはマノーのウェーレイン。
接触でバリアに激突してしまいました。
また、ベッテルはタイヤをパンクさせたと無線で訴えています!
#MexicoGP #F1JP

オープニングラップを終えての順位は、
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4ヒュルケンベルグ
5ライコネン
6マッサ
7ベッテル
8ボッタス
9ペレス
10サインツ
#MexicoGP #F1JP

スーパーソフトを履いていたリカルドは、このセーフティカーに乗じて早くもピットへ!
ソフトタイヤへ交換し、17番手へ下がっています。
#MexicoGP #F1JP

3周目、レースが再開しました!
#MexicoGP #F1JP

ベッテルはパンクを訴えましたが、大丈夫そうですね。
これまでピットへ向かう様子を見せていません。
#MexicoGP #F1JP

また、タイヤが心配されるのはトップのハミルトン。
1コーナーのブレーキロックでフラットスポットを作ってしまったようです。
しかし、以前トップを守っていますが、今後の戦略に影響を与えてしまうかもしれません。
#MexicoGP #F1JP

レースは6周目、DRSが解禁されました。
そのなかハミルトンが最速ラップをマーク!
ロズベルグはそれを1.8秒差で追いかけています。
#MexicoGP #F1JP

2番手のロズベルグですが、前を追うよりも後ろのフェルスタッペンを抑えるほうが先決かもしれませんね。
ロズベルグよりも小回りが利いたラインで、フェルスタッペンはプレッシャーをかけています。(8周目)
#MexicoGP #F1JP

タイヤが心配されたベッテルですが、現在は6番手のマッサを追いかけています。
DRS圏内に入り、6番手をうかがっています。
#MexicoGP #F1JP

©Pirelli

©Pirelli

レースは9周目、今回のメキシコGPではハミルトンとロズベルグのタイム差が大きく見られています。
レースでもハミルトンが優勢ですね。
その差は3秒まで広がりました。
#MexicoGP #F1JP

母国GPのペレスは早くも4つ順位を上げ9番手。
さらには前のボッタスを狙っています。
#MexicoGP #F1JP

マクラーレン勢は12周目現在、アロンソ11位。バトンが14位。
スタートでは思うように順位を上げられませんでしたが、どのような戦いを見せるでしょうか?
#MexicoGP #F1JP

少しつづスーパーソフトを履いているドライバーが苦しみ始めたでしょうか。
お!ここでフェルスタッペンがピットイン。
ミディアムでコースに復帰します。(13周目)
#MexicoGP #F1JP

マッサに行く手を阻まれいら立つベッテル。
4コーナーで果敢に仕掛けますがマッサが懸命にブロックを見せています。
#MexicoGP #F1JP

スーパーソフトを履くマッサのペースが上がりません!
ベッテルだけでなく、ボッタス、ペレスも追いつき4台の争いとなっています。
#MexicoGP #F1JP

15周目、ヒュルケンベルグ、マッサがピットへ向かいました。
それぞれミディアムを履いてコースに復帰しています。
#MexicoGP #F1JP

16周~30周:別れるタイヤ戦略!

©Pirelli

©Pirelli

レースは16周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ライコネン
4ベッテル
5ボッタス
6ペレス
7リカルド 1ストップ
8フェルスタッペン 1ストップ
9アロンソ
10ヒュルケンベルグ 1ストップ
#MexicoGP #F1JP

トップのハミルトンとロズベルグの差は5.6秒。
レースは現在17周目です。
#MexicoGP #F1JP

18周目、ハミルトンがピットへ入りました!
ミディアムに履き替え、1ストップ作戦を採ってきました。
#MexicoGP #F1JP

5番手争いを繰り広げるボッタスとペレスにレッドブル勢が追い付いてきました!
早々にピットへ入ったリカルド、フェルスタッペンがリカバリーを見せていますね。
#MexicoGP #F1JP

ボッタスがここでピットへ!
さあ、これで後ろのペレス、リカルドはどこまでペースを上げられるでしょうか?
前が開けたペレスに盛大な声援が送られています。
#MexicoGP #F1JP

21周目、ロズベルグ、ライコネンがピットへ!
両者ミディアムに履き替えました。
レッドブル勢の前に出られるか?
#MexicoGP #F1JP

©Pirelli

©Pirelli

ロズベルグは見事レッドブル勢の前に出ましたが、ライコネンは後ろで復帰。
現在ランデブー走行となっているレッドブル勢では、後ろのフェルスタッペンが自分を前に出すようチームに要求しています。
#MexicoGP #F1JP

リカルドは指示に従い順位を譲りました!
これでフェルスタッペンが4番手に上がりました。
#MexicoGP #F1JP

ここまで上位でまだピットに入っていないのはベッテルですね。
ソフトタイヤで26周目を迎えています。
#MexicoGP #F1JP

レッドブル同様、ウィリアムズもチームメイト間で順位を入れ替えました。
現在ボッタス8番手、マッサ9番手となっています。(24周目)
#MexicoGP #F1JP

レースは25周目、母国のペレスがマッサを追い立てます!
1コーナーで並びますが、オーバーラン!
これを見たスタンドは一層熱気を増しています。
#MexicoGP #F1JP

ピットを遅らせトップを走るベッテル。
3周近く走行したソフトタイヤで早いペースを刻んでいます。
ピットに入ったときにどれだけ順位を上げられるでしょうか?
現在はチームメイトのライコネンと争っていると思われます。
#MexicoGP #F1JP

レースは28周目、現在の順位は
1ベッテル 0ストップ
2ハミルトン
3ロズベルグ
4フェルスタッペン
5リカルド
6ライコネン
7ヒュルケンベルグ
8ボッタス
9マッサ
10ペレス
ここまでがトップ10
#MexicoGP #F1JP

ペレスはなかなかマッサを捕らえられません!
特にストレートが速いウィリアムズは少し手ごわいようです。(30周目)
#MexicoGP #F1JP

31周~45周:レース半分を終了し、状況は拮抗状態。

©Pirelli

©Pirelli

フェラーリのクルーがようやく出てきました。
ベッテルがこの後最初のピットに向かうと思われます。
#MexicoGP #F1JP

実質トップ、現在2番手のハミルトンは順調に走行を重ねています。
後ろのロズベルグとの差を4.4秒でキープしていますね。
#MexicoGP #F1JP

32周目、ようやくベッテルにピットインの指示が出ました。
それを聞いてピットに向かいました。ミディアムを装着しライコネンの後ろ6番手でコースに戻りました。
#MexicoGP #F1JP

フェルスタッペンが素晴らしいペースを刻んでいます。
戦略もあって一度は後方に下がりましたが、ロズベルグに詰め寄りその差1.3秒。
2番手をうかがっています。
#MexicoGP #F1JP

©Pirelli

©Pirelli

対するロズベルグはタイトル争いを考えると2位譲りたくないところ。
しかし、それ以上に怖いのは接触などで順位を落とすこと。
タイトルへ向けての挑戦は、ハミルトンだけが相手ではありません。
#MexicoGP #F1JP

©Pirelli

©Pirelli

レースは36周目、約半分を迎えました。
現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4リカルド
5ライコネン
6ベッテル
7ヒュルケンベルグ
8ボッタス
9マッサ
10ペレス
ここまでがトップ10
#MexicoGP #F1JP

レースでの巻き返しに自信を見せたマクラーレン勢ですが、アロンソ15位、バトン16位と浮上のきっかけを見出せていません。
まだピットを終えていないマシンもいますが、入賞圏内に向けてライバルは多そうです。
しかし、レースはまだ30周を残しています。
#MexicoGP #F1JP

長い間9番手争いを繰り広げるマッサとペレス。
先ほどから接近戦を見せていますが、なかなか攻略できません。
(40周目)
#MexicoGP #F1JP

またペレスと同じく母国GPのグティエレスは19番手を走行中。
ハースは鈴鹿以来少し苦戦しているでしょうか。
グロージャンもここまで20番手に沈んでいます。
#MexicoGP #F1JP

レースは42周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4リカルド
5ライコネン
6ベッテル
7ヒュルケンベルグ
8ボッタス
9マッサ
10ペレス
ここまでが入賞圏内
#MexicoGP #F1JP

以下は
11エリクソン
12ナッセ
13パーマー
14サインツ
15アロンソ
16バトン
17クビアト
18マグヌッセン
19グティエレス
20グロージャン
21オコン
#MexicoGP #F1JP

ここでロズベルグが最速タイムを記録!
タイムは1:22.792でハミルトンに対して4秒差に詰め寄りました。(44周目)
#MexicoGP #F1JP

ロズベルグに反応してハミルトンも自己ベストを出しました。
しかし、これから上位勢は周回遅れのマシンに当たることになります。
これをうまく交せるかは勝負を分ける一つの要素です。
#MexicoGP #F1JP

46周~60周:まだ状況は動かない。ラストに向け、ジリジリとした争いが続きます。

©Pirelli

©Pirelli

46周目、ライコネンが突如ピットへ!
新しいミディアムに履き替え7番手でコースに戻りました。
#MexicoGP #F1JP

トップのハミルトンに注意喚起の無線が飛んでいます。
周回遅れ同士で順位を争っているため注意するようにと伝えられました。
こういった些細なことにも余念がないメルセデス。これも強さの秘訣でしょうね。
#MexicoGP #F1JP

レースはまもなく50周目を迎えます。ここまで順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4リカルド
5ベッテル
6ヒュルケンベルグ
7ライコネン
8ボッタス
9マッサ
10ペレス
#MexicoGP #F1JP

レースは50周目、フェルスタッペンがロズベルグに急接近!
4コーナーでインに飛び込みましたが、オーバーシュート!
ロズベルグは間一髪接触を回避しました。
#MexicoGP #F1JP

©Pirelli

©Pirelli

51周目、リカルドも2度目のピットインに向かいました。
こちらはソフトに履き替え、6番手でコースに復帰しています。
#MexicoGP #F1JP

さて、レースもまもなく終盤に差し掛かります。
ここでタイトル争いに目を向けてみましょう。
ランキング首位のロズベルグは349ポイント。対してハミルトンは330ポイント。
#MexicoGP #F1JP

ロズベルグにはこのレースでタイトル決定の可能性がありますが、自身が優勝してハミルトンがノーポイントに終わる必要があります。
#MexicoGP #F1JP

ソフトに履き替えたリカルドが1;21.134と強烈な速さを見せています!
前をゆく4番手ベッテルより2秒近く速いタイムを刻んでいます。
しかし、その差は14秒と大きいですね。懸命に追いかける姿勢を見せています。
#MexicoGP #F1JP

レースは56周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ロズベルグ
3フェルスタッペン
4ベッテル
5リカルド
6ヒュルケンベルグ
7ライコネン
8ボッタス
9マッサ
10ペレス
ここまでが入賞圏内
#MexicoGP #F1JP

そして6番手を取り戻そうとするライコネンがヒュルケンベルグに接近してきました。
その差は0.5秒。新しいタイヤを生かして抜き去ることができるでしょうか?
#MexicoGP #F1JP

ベッテルを懸命に追いかけるリカルド。
その差を10秒まで詰めてきましたね。
レースは残り12周です。
#MexicoGP #F1JP

以前として快調にトップを走行するハミルトン。
ロズベルグとの差は一時は4秒まで詰まりましたが、現在は7.4秒まで広げています。(60周目)
#MexicoGP #F1JP

61周~フィニッシュ:3位争いが白熱!ベッテルとリカルド、勝ったのは!?

©Pirelli

©Pirelli

4番手のベッテルがペースを上げていますね。
前のフェルスタッペンはすでに48周走行したミディアムタイヤでラップタイムが落ちてきています。
少しずつ差を詰め3.5秒後方まで迫ってきました。
#MexicoGP #F1JP

レースは残り8周。
2番手のロズベルグから以降、フェルスタッペン、ベッテルの差は3秒間隔になっています。
その7秒後方からリカルドが迫っています。
#MexicoGP #F1JP

さあ、ベッテルはフェルスタッペンとの差を2.0秒と再び詰めてきました。
しかし、手厳しいディフェンスを見せるフェルスタッペンにどのように仕掛けるか注目ですね!(65周目)
#MexicoGP #F1JP

さあ、ベッテルがフェルスタッペンのDRS圏内、1秒まで迫りました!
残り5周、ベッテルは久しぶりの表彰台がかかっています。
#MexicoGP #F1JP

そしてソフトタイヤを履く5番手リカルドも表彰台を狙っています!
前の2台より2秒近く速いラップを刻んでいます。
#MexicoGP #F1JP

68周目、ライコネンとヒュルケンベルグが接触!
アウトからライコネンが抜き去ろうとして接触してしまいました。
#MexicoGP #F1JP

そして表彰台争いも白熱!
ベッテルのプレッシャーを感じたか、フェルスタッペンはブレーキでミス!
コースをカットして順位を守りましたが、これは順位を譲る可能性があります。
#MexicoGP #F1JP

ポジションを譲る必要があると思われますが、フェルスタッペンは譲る姿勢を見せません。
それに対してフェラーリ陣営は怒りのアクションを見せています。
その間にリカルドがベッテルに仕掛けていきます!
#MexicoGP #F1JP

ベッテルとリカルドがまさにホイールトゥホイールの戦いを見せています!
二人は間一髪、接触を回避しました。
レースはファイナルラップに入っています。
#MexicoGP #F1JP

そして盤石の走りでハミルトンがトップチェッカー!
通算51勝目で偉大なドライバー、アラン・プロストに並びました。
また、ロズベルグとのポイント差を詰めることに成功しました。
#MexicoGP #F1JP

最後は白熱した表彰台争いも結局は順位は変わりませんでした。
しかし、フェルスタッペンにはベッテルとの争いで審議対象となる可能性があります。
#MexicoGP #F1JP

まとめ

©Pirelli

©Pirelli

F1メキシコGP暫定結果です。
1ハミルトン
2ロズベルグ
3ベッテル
4リカルド
5フェルスタッペン
6ライコネン
7ヒュルケンベルグ
8ボッタス
9マッサ
10ペレス
※フェルスタッペンは5秒加算ペナルティ。
#MexicoGP #F1JP

以下は
11エリクソン
12バトン
13アロンソ
14パーマー
15ナッセ
16サインツ
17マグヌッセン
18クビアト
19グティエレス
20グロージャン
21オコン
リタイアはウェーレインのみという結果に終わりました。
#MexicoGP #F1JP

フェルスタッペンにペナルティが課されたため、急遽表彰台にはベッテルが呼ばれました。
久しぶりの表彰台を獲得したベッテルは、嬉しそうに小走りで表彰式に向かいます。
#MexicoGP #F1JP

最後の表彰台争いは白熱しましたね!
3者の表彰台争いは接触寸前の攻防でしたが、これぞF1というレベルの高いドライビングでしたね。
#MexicoGP #F1JP

そしてマクラーレンホンダは少し残念なノーポイント。
予選後に自信を見せていただけに、いつも以上にがっかりした方も多いかもしれません。
しかし2戦を残しているので今後の活躍を楽しみに待ちたいですね。
#MexicoGP #F1JP

そして最大の注目タイトル争いではロズベルグがリードを守りました。
しかし、少しずつ詰め寄るハミルトン。
アメリカ、メキシコを制して勢いを増す彼は驚異的。
今季の王座はまだまだどちらのものか分かりません!シーズン最後まで2人の戦いは目が離せません!
#MexicoGP #F1JP

今日も朝早くまでお付き合いいただき、ありがとうございました!
次戦ブラジルGPでまたお会いしましょう!
#MexicoGP #F1JP

Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com