Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYBike, Race

日本人初のMotoGP優勝を手にした男、宇川徹を知っていますか?!誰よりもホンダとバイクを愛して止まない元ロードレース世界選手権ライダーをご紹介します。

千葉県出身のレーシングライダーで、鈴鹿8時間耐久ロードレースで最多となる5回の優勝経験を持ち、世界最高峰ロードレースであるMotoGPで日本人として初めて優勝を手にした男”宇川 徹”を知っていますか?

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

宇川徹:プロフィール

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

名前:宇川 徹(Ukawa Toru)

生年月日:1973年5月18日

出身地:千葉県

10歳でポケバイに乗り始め、ミニバイクレースを経て1989年にテクニカルスポーツ九州(現team高武)に加入しロードレースにデビューします。

そして同年、九州選手権SP250チャンピオンを獲得!翌1990年には17歳の若さで柳川明とペアで鈴鹿4耐に出場し優勝を手にするのです。

その後、全日本ロードレース選手権国内A級250ccチャンピオンを経て1992年、国際A級に昇格すると同時にホンダワークスに大抜擢!

1993年、1994年と2年連続全日本ロードレース選手権国際A級250チャンピオンに輝きました。

 

宇川徹:レース戦歴

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

1996年:ロードレース世界選手権(WGP)GP250クラス (ベネトン・ホンダ)ランキング 5位

1997年:ロードレース世界選手権(WGP)GP250クラス (ベネトン・ホンダ)ランキング 5位

     鈴鹿8時間耐久ロードレース(伊藤真一)優勝

1998年:ロードレース世界選手権(WGP)GP250クラス (ベネトン・ホンダ)ランキング 4位

     鈴鹿8時間耐久ロードレース(伊藤真一)優勝

1999年:ロードレース世界選手権(WGP)GP250クラス(シェルアドバンス・ホンダ)ランキング 2位

2000年:ロードレース世界選手権(WGP)GP250クラス(シェルアドバンス・ホンダ)ランキング 4位

     鈴鹿8時間耐久ロードレース(加藤大治郎/キャビン・ホンダ)優勝

2001年:ロードレース世界選手権(WGP)GP500クラス(レプソル・ホンダ)ランキング 10位

鈴鹿8時間耐久ロードレース(加藤大治郎・玉田誠/キャビン・ホンダ)4位

2002年:ロードレース世界選手権MotoGP(レプソル・ホンダ)ランキング 3位

2003年:ロードレース世界選手権MotoGP(キャメル・プラマック・ポンス)ランキング 8位

2004年:鈴鹿8時間耐久ロードレース(井筒仁康/セブンスター・ホンダ)優勝

鈴鹿300km耐久ロードレース(井筒仁康/セブンスター・ホンダ)優勝

2005年:鈴鹿8時間耐久ロードレース(清成龍一/セブンスター・ホンダ)優勝

 

鈴鹿8時間耐久ロードレースで最多となる5回の優勝。

そして2002年、誰もがヴァレンティ―ノ・ロッシの2連覇を信じて疑わなかった最高峰ロードレース世界選手権MotoGPの第2戦南アフリカGPで日本人ライダーとして初めて優勝を手にしたのです。

宇川はWGP250ccクラスにステップアップした1996年からの8シーズンの間で、全124戦(250ccクラス:77戦、500cc/MotoGPクラス78戦)に参戦!

通算5勝、39回の表彰台を獲得し、2003年シリーズの最終戦バレンシアGPを最後に、MotoGPライダーとしての戦にピリオドを打つことを決めました。

 

穏和な人柄と超人的なライディングセンスというギャップが魅力のレーシングライダー

1994 JAPAN ROAD RACE R10 SUGO GP250

 

2001 鈴鹿8耐

 

2002 MotoGP クラッシュ

 

現在の肩書はHONDA研究所「研究員」

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

MotoGPライダーとしての現役生活に終止符を打った宇川は、これからもバイクに関わり続けたいと、本田技術研究所の中途採用試験を受けます。

そして2006年、無事採用試験に合格し、本田技術研究所に入社するのです。

現役を引退したレーシングライダーの多くは、開発のためのテストライダーとして走り続ける事を望みます。

しかし宇川は18歳からプロの契約ライダーとして走り続け、32歳で現役を引退すると同時に以前から興味があった「モノづくり」に関わりたいと、研究所の社員になる道を選択したのです。

そして2011年からHRCに移り、MotoGPマシンの完成車研究など、世界の最高峰でレーシングライダーとして戦ってきたからこそ分かる感覚をフルに活用しホンダのバイク作りに貢献し続けているのです。

 

まとめ

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

ロードレースライダーとして日本の、そして世界のトップグループで戦い続け、自身のキャリアの全盛期と言っても過言ではないタイミングでの潔すぎる引退。

そして、レーシングライダーとしての現役を引退してもなお、ホンダの作るバイクのモノづくりに関わりたいとい一途すぎる情熱にカッコ良さを感じない訳がない!

そんなレーシングライダー宇川徹が選んだ新たな研究員というモノづくりの道での活躍と、ホンダのバイクのこれからの進化に期待せずにはいられません。

 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com