Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Racerz

フランスの期待を一手に背負ったアラン・プロスト、「教授」と呼ばれるようになった理由とは

4度のワールドチャンピオン、通算51勝という現在でもトップ3に入る記録を打ち立てたアラン・プロスト。この大記録を達成した裏には幾度もの強豪ライバルとの対決に勝利してきました。今回は、現在でも精力的にサーキットへ足を運ぶアラン・プロストの現役時代を振り返っていきます。

@鈴鹿サーキット

 

「教授」と呼ばれたレーシングドライバー

@鈴鹿サーキット

「プロフェッサー=教授」

頭脳をフルに活用してレースを戦うアラン・プロストが現役時代に揶揄された呼び名です。

若かりし頃のプロストは他の若手と同じく、「速く走って勝つ」ことを意識してレースをしていました。

しかしそれだけではワールドチャンピオンにはなれない事に気づいたプロストは、次第にそのスタイルを変えていきます。

何がプロストを変えたのか。そして、どのように変わっていったのでしょうか。

プロストがプロフェッサーと呼ばれるようになった所以を紐解いていきたいと思います。

 

フランスの期待を一身に背負った青年

出典:http://f1history.wikia.com/wiki/Alain_Prost

アラン・プロストは20歳になる1975年までレーシングカートにて活動し、フランス国内のジュニア選手権やヨーロッパシニア選手権でのチャンピオンを獲得します。

カートを卒業した1976年からは、フランス国内のフォーミュラールノーに参戦。

13戦12勝、6ポールポジションと11のファステストラップを記録し圧倒的な速さでチャンピオンを獲得しました。

翌77年はヨーロッパ・フォーミュラールノー選手権に参戦し、ここでも圧倒的な強さでチャンピオンを獲得します。

そして、ヨーロッパF2選手権にもスポット参戦するのです。

1978年にはフランスF3チャンピオン、翌79年にはフランスとヨーロッパF3チャンピオンを獲得。

その無敵とも言える結果が、翌年のF1デビューの足掛かりとなりました。

そして、ジュニアフォーミュラーにステップアップしたプロストは、地元であるフランスのルノーエンジンから支援を受けており、フランスの期待を一手に背負った若手ドライバーとなっていったのです。

当時のモータースポーツ界は国を挙げてサポートをする場合が多く、特にフランスは国・メーカー・チーム・スポンサーが一体となってドライバーをサポートする傾向にありました。

プロストが頭角を現した時期は丁度フランス勢の世代交代ともいえるタイミングでもあり、翌80年にF1デビューが決まった時からフランス中の期待を一手に背負う事になったのです。

 

いよいよ、F1ドライバーとしてのキャリアが始まったプロスト。なぜ彼が「プロフェッサー」と言われるようになったのか?次のページで紹介していきます。

 

1ページ|2ページ
Writer Introduction
The intimidator #3

モータースポーツを愛して止まないアラフォーです。 デイル・アンハートsrに憧れ、自らもそれに扮する変わり者。 以前はマイカーにてサーキット走行を楽しんでおりましたが、現在は主にレンタルカートとシュミレーターにて活動をしております。 記事を通して、1人でも多くの方に車やモータースポーツに触れて頂き、興味を持って頂けたら幸いです。

車買取.com