Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

鈴鹿ファン感謝デー2017開幕!注目の対決はどうなった?

いよいよ2017年のモータースポーツシーズン到来を告げるイベント「モータースポーツファン感謝デー2017」が鈴鹿サーキットで開幕しました!今年は、星野一義vs中嶋悟のライバル対決はもちろん、アレジ親子のガチンコ対決など、対決イベントが盛りだくさん!その第一ラウンドの結果はどうなったの、まとめてご紹介します!

©︎Tomohiro Yoshita

アレジ親子がついにガチンコ勝負!

©︎Tomohiro Yoshita

まず1日目最初の注目イベントがジャン・アレジ、ジュリアーノ・アレジの親子対決。

昨年も一緒にF1マシンに乗って一緒に走るシーンはありましたが、あれから1年経ってジュリアーノも成長。

今回はフェラーリ458チャレンジを2台用意し、いよいよ父のジャンに挑戦です。

 

©︎Tomohiro Yoshita

しかし、経験の差でグランドスタンドのファンの予想は大方はお父さん有利。

それを見たジュリアーノは「僕が勝つ!」と宣言し、マシンに乗り込みました。

 

©︎Tomohiro Yoshita

マシンに乗り込んだ時の、この表情。昨年とは全然違います。

 

©︎Tomohiro Yoshita

ローリングスタートでグリーンシグナルが点灯すると、うまくダッシュを決めたのはジュリアーノ。

1コーナーをトップで通過します。これに対しジャンも本気で抜きにかかろうと真後ろにつけますが…ジュリアーノ、全く隙を与えません!

 

©︎Tomohiro Yoshita

結局、ジュリアーノがトップのままでチェッカーフラッグとなり、有言実行。マシンを降りると満面の笑みでした。

そして負けず嫌いのお父さんは息子の活躍に微笑んでいる一方で、ちょっと悔しそう?

これが夕方になって、形勢が逆転します。

 

フェラーリF1デモランでは、お父さんが鬱憤を晴らす走りを披露!

©︎Tomohiro Yoshita

午後に行われた「フェラーリF1ラップ」。

往年のフェラーリマシン。F187と248F1が登場。特に248F1が鈴鹿ファン感に登場するのは初めてのことなので、ファンの注目度も高かったですね。

ここは対決ではなく、ランデブーのデモランなのですが…

 

©︎Tomohiro Yoshita

いざ始まると、お父さんアクセル全開!ジュリアーノが先にスタートしたはずなのですが、あっという間に追いついてオーバーテイク。そのままジュリアーノの置き去りにして、ほぼレース本番じゃないかというペースで周回していきました。

©︎Tomohiro Yoshita

楽しくてつい全開でいったという部分もあるのでしょうが、これで午前中の借りを返す形になりましたね。

 

永遠のライバル対決、レース1でまさかの事態発生?

©︎Tomohiro Yoshita

今年も、鈴鹿ファン感で一番注目を集めたイベントは、やはり永遠のライバル対決!

星野一義と中嶋悟による恒例のガチンコ勝負が今年も行われました。

©︎Tomohiro Yoshita

今までいろんなマシンを用意してきましたが、今年はティレル019が2台登場!一体どんなバトルになるかと思われていましたが…

いざ始まってみると、星野が乗る019のギアの入りが悪く、たびたび失速。これで難なく先行した中嶋が逃げ切るという結果になってしまいました。

©︎Tomohiro Yoshita

ちょっと不本意な結果になってしまい買ったものの、嬉しそうではない中嶋。もちろん星野も悔しさがにじみ出ていました。2日目は何としても万全な状態で、ガチンコ勝負がみたいですね!

 

実は、直接対決は初?

©︎Tomohiro Yoshita

現在、スーパーフォーミュラや世界耐久選手権で活躍する中嶋一貴と小林可夢偉。

これまで、F1をはじめ数多くの舞台でライバル対決を繰り広げてきましたが、スーパーフォーミュラでは目立った直接対決は今までありませんでした。

©︎Tomohiro Yoshita

そこで、今回は1対1の舞台をセッティング。しかも通常のレースとは違う東コースでのレースという、ファン感謝デーだけでしか実現しないイベントとなりました。

スタートから、接近した激しい展開になりましたが、結果は可夢偉が勝利!

©︎Tomohiro Yoshita

今年はチームも移籍して3年目のスーパーフォーミュラに臨みますが、ひとまず幸先の良いスタートを切りました。

 

まとめ

©︎Tomohiro Yoshita

この他にも、盛りだくさんの内容となっている今年の鈴鹿ファン感謝デー。

初日の対決を振り返ると、意外と一番面白かったのはアレジ親子ですね。現状1勝1敗という状態ですが、これが2日目にはどんなバトルに発展していくのか?

その詳細は、またの機会にお伝えしたいと思います。

 

あわせて読みたい

いよいよ今年も開幕間近!鈴鹿ファン感謝デー2017を家族や友達と一緒に楽しめる方法を紹介します!

初めての人でも大丈夫!鈴鹿ファン感謝デーを“より深く楽しむ”方法6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com