Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

シリーズ戦よりもお得にスーパーGTを観られる方法とは?岡山合同テストが今週末開催!

いよいよ開幕まで1ヶ月を切った2017年のスーパーGT。その前に一足早く各マシンの走りを観られる「公式合同テスト」が3月18・19日に岡山国際サーキットで行われます。もちろん、有料での一般公開になるのですが、シリーズ戦とは違った楽しみ方が“お得に”できることを知っていますか?今回は、その楽しみ方をご紹介します。

©︎Tomohiro Yoshita

 

公式合同テストでの見どころとは?

©︎Tomohiro Yoshita

毎年、この時期に行われるスーパーGTの合同テスト。これまでは各メーカー、チーム単位でテストを行ってきましたが、それぞれ別の場所でテストをするので、どんなに好タイムを出したとしても「クラス全体の中で速いのか?」が正確に把握できませんでした。

しかし、合同テストではGT500クラスは全15台、GT300クラスもほぼ全車が参加し、同じコンディションの中での走行でタイムリザルトも公開されます。

©︎Tomohiro Yoshita

もちろん、各チームごとでテスト走行の内容が異なるため、一概に「リザルト=今年の勢力図」とは決めつけられませんが、だいたいの流れは把握できるのです。

またコースサイドで観ていると、目で見た「速い、遅い」が分かりますし、各チームごとで走りを比較するのも、面白いかもしれません。

通常のレースだと、ついつい展開を追いかけてしまい、各マシンの走りを細かく観る機会は少ないと思いますが、テストではじっくりと走りを観ることができるのが、普段と違った楽しみ方ではないでしょうか。

 

1日で4時間も走行!

©︎Tomohiro Yoshita

テスト走行の魅力といえば、走行時間が長いこと!

通常のシリーズ戦ですと、レースの時間を含めて1日あたりの走行時間は約2時間30分程度(鈴鹿1000km、富士500kmレースは除く)です。それに対し今回の合同テストでは1日で4時間も走行時間があるので、大好きなマシンやドライバーの走りをじっくりと、心ゆくまで堪能することができるのです。

©︎Tomohiro Yoshita

特に岡山国際サーキットは、各コーナーへの移動も短時間で済み、場所によってはコースに近いところから観られるので、写真を撮りたい方も走行時間が長い分、様々な撮影スポットで撮ることができるのです。

とにかく「GTマシンの走りをゆっくり観たい!」「たくさん写真を撮るチャンスがほしい!」という方にとっては、今回の合同テストはピッタリのイベントではないでしょうか。

 

パドックは無料!オープンピットも開催

©︎Tomohiro Yoshita

通常のレースなら、観戦券込みで約1万~1万5000円ほどするパドックパス。普段からスーパーGTを観に行っているファンの中にも「パドックパスは予算オーバーだから…」と、諦めていた方もいるのではないでしょうか。

しかし、テストでは「パドックフリー(無料開放)」となるため、パドックの中まで行くことができます。グランドスタンド側とは違う緊張感が漂う場所ですので、これを機に是非体験してみてください!

また、お昼の時間には「オープンピット」も開催され、ピットウォークのような形でピットレーンが解放されます。こちらもレースとは違って無料なので、是非参加してほしいコンテンツの1つです。

©︎Tomohiro Yoshita

普段は滅多に見ることができないマシンのメンテナンスシーンが見れたり、タイミングが良ければドライバーがサインや写真撮影に応じてくれたりもします(テストなので実施しないチームもありますので、ご了承ください)。

こちらも、必見のイベントです!

※パドック内は、基本的に各チームの前線基地のような役割を担っています。パドックに滞在する際はチームスタッフやドライバーの業務の支障にならないように、十分お気をつけください。

 

シリーズ戦より安く観られる!

©︎Tomohiro Yoshita

ここまでの紹介で、少しお気づきかもしれませんが、シリーズ戦とは違って無料になっているところが非常に多いのが特徴です。

通常のシリーズ戦なら、1戦あたり観戦券だけでも5000~6000円しますが、今回のテストでは前売りで2000円!

しかも、これだけで1日4時間の走行セッションが観られて、パドックやオープンピットにも参加できてしまうのです。

シリーズ戦ではないため、レースクイーンはいませんし、イベント広場にもPRブース等はありません。また、レースでの興奮や感動、熱気といった雰囲気とは大きく異なります。

しかし、純粋にスーパーGTマシンの走行シーンを思う存分観られるという点では、お得なイベントとなっています。

 

チケット情報

<入場料金>

前売り 2,000円(土日・各日)

当日  2,200円(土日・各日)

<駐車料金>

4輪駐車料

前売り 1,000円(土日・各日)

当日  1,500円(土日・各日)

2輪駐車料

当日販売のみ 500円(土日・各日)

チケット購入方法など詳細はこちら

http://okayama-international-circuit.jp/special/fan-2017/ticket.html

 

タイムスケジュール

3月18日(土)

Session1 9:50~11:50

オープンピット 12:20~13:10

Session2 14:00~16:10

(15:50~GT300専有、16:00~GT500専有)

3月19日(日)

Session3 9:10~11:10

(セーフティカー訓練 9:00~9:10)

オープンピット 11:40~12:40

Session4 13:45~15:45

(スタート練習 13:30~13:45)

 

公式合同テストに関する詳細はこちら

http://okayama-international-circuit.jp/special/fan-2017/

 

まとめ

©︎Tomohiro Yoshita

今年のスーパーGT公式テスト。開幕前の日程は今回の岡山と、3月25・26日に富士スピードウェイでも予定されています。

両クラスとも、新マシンや新チーム、さらに注目のルーキードライバーが登場するなど見どころ盛りだくさんです。

開幕まで待ちきれない!という方は、是非サーキットまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

岡山国際サーキット特設ページはこちら

 

あわせて読みたい

レーシングカーは、テストカラーがカッコイイ!シーズンオフしか見れないレアなGTカーをご紹介!

2017年型のGT500ニスモGT-Rはこうなった!日産が体制発表会を開催

マークXのGTマシンが登場?スーパーGT300クラスの各体制を一挙まとめ!

 

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com