Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Entertainment

鈴鹿2&4レースの面白さって何だ!?スーパーフォーミュラの裏側をご紹介!

4月22・23日に鈴鹿サーキットで開催された「NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース」。2日間とも晴天に恵まれたこともあり、合計で5万6000人が来場しました!グランドスタンドはほぼ満員。意外とスーパーフォーミュラ…盛り上がっているんです。そんな2日間を簡単に振り返っていこうと思います!

©︎Tomohiro Yoshita

 

一番人気はやっぱりピエール・ガスリー!

©︎Tomohiro Yoshita

今年も将来F1へのステップアップが期待されているピエール・ガスリー選手が参戦。昨年、ストフェル・バンドーン選手がここで活躍し、F1へ行ったこともあってか「今のうちにガスリーからサインをもらおう!」と、ピットウォークにパドックにとTEAM無限付近は大騒ぎでした。

鈴鹿ファン感のころは「ちょっと驚いた」と困惑していましたが、今週末は時間の許す限りファンにサインをしていたのが印象的でした。

©︎Tomohiro Yoshita

今後も、様々なところでファンのサイン攻めにあうシーンが見られるかもしれません。

 

くま吉、可夢偉のシートをジャック?

©︎Tomohiro Yoshita

この裏側レポートのレギュラーとなりつつある「くま吉」。

今回は、意外にも遭遇する機会が少なかったのですが、必ず会う事ができたのが、小林可夢偉選手(KCMG)のピットでした。このチームではピットウォークでのサイン会用にテーブルとイスを用意するのですが、ピットウォークが始まると、この場所をジャック!

しかも、可夢偉がサインして配布する用のカードにくま吉がサインしている姿も!?

©︎Tomohiro Yoshita

初めて見る方は、驚いたかもしれませんが、実は彼…器用にもサインができるのです。そして、チームの配布カードに勝手にサインするのも…いつものことなのです。

そんなくま吉ですが、子どもだけではなく、女性ファンからも大人気。「くま吉~♪」と、黄色い声援も、ちらほら聞こえました。

 

ファミリーでの来場者必見!キッズピットウォーク

©︎Tomohiro Yoshita

スーパーGTなどでも開催され、今では恒例となっているキッズピットウォーク。

中学生以下の子どもと、その保護者を対象にしたイベントで、入場料は無料!いつものピットウォークだと、広い鈴鹿のピットロードを埋め尽くしてしまうほどの混雑で、なかなか子どもたちと一緒に回れない。という方も多いと思います。

©︎Tomohiro Yoshita

このキッズピットウォークは、比較的混雑しないため、ドライバーのサインもGETしやすく、限定グッズももらえます。

「ピットウォーク混むから…」と、諦めていたご家族の皆さん!一度、キッズピットウォークに参加して見てはいかがでしょうか?

 

ピットウォークではレースクイーンも登場!

©︎Tomohiro Yoshita

ピットウォークでは、マシンが近くで撮れる!ドライバーに会える!など、魅力がたくさんありますが、レースクイーンが撮れるというのも、注目ポイントの一つ。

今回はJSB1000やF3のチームを応援するレースクイーンも登場し、賑わいを見せました。

ということで、数枚だけ…ご紹介!

©︎Tomohiro Yoshita

©︎Tomohiro Yoshita

©︎Tomohiro Yoshita

 

こちらも、デビュー戦!

©︎Tomohiro Yoshita

こちらは、先日Motorzでもロングインタビューなどにご協力いただいた片岡龍也選手!

実は今年からSUNOCO TeamLeMansの監督に就任。そのデビュー戦を今週末迎えました。

5人のドライバーがスーパーフォーミュラ初参戦を果たしましたが、デビュー戦というのはドライバーだけではありません。

グリッド上でも、直前までドライバーやエンジニアとコミュニケーションをとり、どんな戦略で行くのか、マシンセッティングの最終調整はどうするのかなどを確認し、メカニックの作業を「監督」という立場で見守っていたのが、印象的でした。

 

グリッド上でのドライバーたち、その表情は様々

©︎Tomohiro Yoshita

いよいよ、決勝が始まる直前のグリッド上。ドライバー達の表情は様々です。

1分35秒907のコースレコードでポールポジションを獲得した中嶋一貴選手。この時点では1年以上勝てていなかったこともあり、表情は険しかったです。

©︎Tomohiro Yoshita

いよいよ日本での初レースを迎えるガスリー選手。なかなか上手くいかない週末に、こちらも今まで見たことがない険しい表情。マシンセッティングが上手く行っていないんだろうなというのが、伺える感じでした。

©︎Tomohiro Yoshita

今回、野尻智紀選手にはレース中の心拍数などをリアルタイムで測れるシステムを新しく導入。レーシングスーツの下には、いつもは見慣れないセンサーなどがついていました。

©︎Tomohiro Yoshita

こちらは、鈴鹿を得意とする山本尚貴選手。昨年後半は苦労の連続で、グリッドでも表情は険しかったですが、今回は何かをつかんだのか落ち着いている雰囲気でした。

©︎Tomohiro Yoshita

一方、予選4番手の石浦宏明選手はリラックスしているような感じ。

このように、調子が良いドライバーとそうでないドライバー、それぞれ置かれている環境が違う部分もあって、グリッドでの表情も様々。もしグリッドウォークに参加された際には、そういった部分に注目してみると面白いかもしれません。

 

予選も決勝も、同じ“チャンピオン経験者”

©︎Tomohiro Yoshita

予選と決勝の後に行われる公式記者会見。そのフォトセッションでの一コマです。

予選は中嶋一貴選手、国本雄資選手、山本尚貴選手がトップ3に入りましたが…

©︎Tomohiro Yoshita

なんと決勝も同じ3人!

優勝が中嶋選手、2位に山本選手、3位国本選手。

この3人の共通点は“チャンピオン経験者”であるということ。特に決勝では4位石浦宏明選手、5位にアンドレ・ロッテラー選手と、参戦しているチャンピオン経験者が上位を独占する結果となりました。

©︎Tomohiro Yoshita

たまたま、といえばそうかもしれません。しかし、この週末は予想以上に気温・路面温度が上がり、そのコンディションへの合わせこみに苦戦するドライバーも多かったです。

やはり、その辺は対応力を持っているドライバーたちが上位にきた…のかもしれません。

 

まとめ

©︎Tomohiro Yoshita

駆け足でお送りしてきましたが、いかがでしたか?

次回のスーパーフォーミュラは、第2戦岡山!昨年秋にも実施された2レース制での開催となります。

こちらも見逃せませんね!

©︎Tomohiro Yoshita

 

あわせて読みたい

18歳過ぎてからのプロレーシングドライバーになる方法。「エリートには負けないぞ編」「趣味から仕事へ編」

遂にF1と同じ速さに!2017年のSFは昨年のF1以上に面白いらしい。

ついに開幕を迎える2017年のF1。今季参戦する20名のドライバーをまとめてご紹介

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com