Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

F1決勝速報!序盤はクラッシュ連続の荒れた展開!第8戦を制したのはレッドブルのあの人!!

世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その第8戦、アゼルバイジャンGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1アゼルバイジャンGP2017!

©Pirelli

 

2017年 F1GP 第8戦 アゼルバイジャンGP リザルト

©Pirelli

2017年 F1GP 第8戦 アゼルバイジャンGP リザルト

1位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
4位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6位:エステバン・オコン(フォースインディア)
7位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
8位:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
9位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
10位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
11位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
12位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
13位:ロマン・グロージャン(ハース)

以下リタイヤ

キミ・ライコネン(フェラーリ)

セルジオ・ペレス(フォースインディア)

フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)

ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)

ジョリオン・パーマー(ルノー)

 

©Pirelli

 

第8戦アゼルバイジャンGPの見どころ

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
今日はF1アゼルバイジャンGP決勝レースの模様を、こちらのMotorzツイッターアカウントでお伝えしていきます。
どうぞ最後までお付き合いください!
#AzerbaijanGP #F1jp

戦いの舞台となるバクー市街地コースは快晴に恵まれています。
今年で2回目の開催となりましたが、昨年優勝を飾ったロズベルグがいないので、優勝経験者が不在のなか迎えることになりました。
果たして今年は誰が優勝を飾るか早くも注目が集まっています!
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、それでは昨日の予選を振り返っていきましょう。
見事ポールポジションを獲得したのはハミルトンでした。
金曜日はタイムシートの下位に沈んでいましたが、予選では驚異的なペースでトップを奪いました。
#AzerbaijanGP #F1JP

このポールポジションはハミルトンにとって通算66回目。彼の憧れであるアイルトン・セナを抜いて歴代単独2位となる大記録を達成。
そして、同じフロントローに付けたのがボッタス。
カナダに続いて高速コースでは、メルセデスが強さを発揮しています。
#AzerbaijanGP #F1JP

F1アゼルバイジャンGPスターティンググリッドは以下の通りです。
1 ハミルトン
2 ボッタス
3 ライコネン
4 ベッテル
5 フェルスタッペン
6 ペレス
7 オコン
8 ストロール
9 マッサ
10 リカルド
ここまでがQ3進出組です
#AzerbaijanGP #F1JP

11 クビアト
12 マグヌッセン
13 ヒュルケンベルグ
14 ウェーレイン
15 サインツ※3グリッド降格
16 グロージャン
17 エリクソン
18 バンドーン※35グリッド降格
19 アロンソ※40グリッド降格
20 パーマー 
#AzerbaijanGP #F1JP

今回で2回目の開催となったバクー市街地コースですが、金曜日から多くのアクシデントが見られました。
非常にコース幅が狭い、セクター2ではクラッシュが連発。ペレス、パーマーなどがマシンを大破させるという出来事もありました。
#AzerbaijanGP #F1JP

昨年は非常にクリーンなレースとなりましたが、今季はレースでもそういったアクシデントが起こる気配が漂っています。
#AzerbaijanGP #F1JP

続いてタイヤ戦略の面を見ていきましょう。
今回ピレリによって持ち込まれたタイヤはスーパーソフト、ソフト、ミディアムの3種類です。
#AzerbaijanGP #F1JP

しかし、今回多くのドライバーがタイヤの熱入れに苦労しており、さらに柔らかいウルトラソフトが持ち込まれなかったことに疑問を抱いている選手も少なくありません。タイヤが冷えていることから、マシンコントロールに苦しむシーンも非常に多かったですね。
#AzerbaijanGP #F1JP

ピット戦略では1ストップが主流になると予想されていますが、非常に長いストレートがあるため、オーバーテイクでの順位変動はいつも以上に多くなりそうです。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、ここで今回好調さが際立つ選手たちをご紹介しておこうと思います。
レッドブルのフェルスタッペンは金曜日に2回行われたフリー走行でトップを独占。マシンのバランスがこのバクーに合っているように見受けられました。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして、前回のカナダGPでチームメイトバトルが勃発したフォースインディアの2台も好調です。
ペレス6番手、オコン7番手と上位で再び争うシーンが見られそうです。
特にペレスは昨年表彰台を獲得しており、期待のかかる1戦となります。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、スタートタイヤが明らかになりました!
グロージャン、エリクソン、バンドーンの3名がソフトをチョイスしています。
残りの全車がスーパーソフトでのスタートとなります。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして、様々なニュースが議論を呼ぶマクラーレン・ホンダですが、今回はいつも以上に苦しい戦いを強いられています。
バンドーン、アロンソ共にグリッド降格となり、予選でも揃ってQ1敗退となりました。
#AzerbaijanGP #F1JP

後方からのスタートではありますが、セーフティカーが出動しやすいコースなので、レースでの巻き返しに期待したいところですね。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、各車フォーメーションラップに向かいました!
#AzerbaijanGP #F1JP

非常にコース幅が狭いターン9はオープニングラップの争いで一波乱が待ち受けていそうですが…昨年のようにクリーンなスタートとなるでしょうか?
#AzerbaijanGP #F1JP

そして上位のマシンたちが2km近くに及ぶストレート区間に戻ってきました。
いよいよアゼルバイジャンGPがスタートを迎えます!
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、各車グリッドに整いました!
#AzerbaijanGP #F1JP

スタート~20周:度重なるクラッシュ!去年とは打って変わって大荒れの様相!

©Pirelli

レースは今ブラックアウト!!!
後方でサインツが後方でスピン!
上位ではライコネンとボッタスが接触!!
#AzerbaijanGP #F1JP

この接触を突いてペレスが3位に浮上しています!
#AzerbaijanGP #F1JP

オープニングラップを終えての順位は
1ハミルトン
2ベッテル
3ペレス
4フェルスタッペン
5ライコネン
6マッサ
7オコン
8ストロール
9リカルド
10ヒュルケンベルグ
#AzerbaijanGP #F1JP

接触のあったボッタスはピットでウィングとタイヤ交換を行いました!
これで最後尾に転落。
一方ライコネンはパンクが心配されましたが、走行を続けて現在5番手です。
#AzerbaijanGP #F1JP

パーツが飛び散っていた箇所のイエローフラッグは解除されています。
#AzerbaijanGP #F1JP

ボッタスはピットに戻るまでに時間かかってしまい、すでに周回遅れになってしまいました。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、トップ争うハミルトンとベッテルですが、両者の差は2秒に広がっています。
ハミルトンは序盤から最速ラップを刻み、逃げを打つ姿勢を見せています。
#AzerbaijanGP #F1JP

4周目、ここでフェルスタッペンがハミルトンの最速ラップを塗り替えました!
前のペレスとの差は0.7秒。DRSが解禁され一気に表彰台圏内に食い込みたいところですね!
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは5周目、ハミルトンがここで早くも1分46秒台に入りました。
ベッテルとの差は3秒まで広がっています。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして3番手争いは以前としてペレスが前をキープしています。
1秒圏内で迫るフェルスタッペンですが、トップスピードに勝るフォースインディアを抜くことが出来ていません。
#AzerbaijanGP #F1JP

6周目、早くもリカルドが最初のタイヤ交換を行いました!
ソフトタイヤに履き替え、17番手でコースに戻っています。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして19番手スタートのアロンソがすでに13番手までポジションを上げています!
金曜フリー走行ではマシンの信頼性不足に不満を訴えていましたが、今日のレースでは、ここまで素晴らしい走りを見せています。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは8周目、トップ争いのハミルトンとベッテルのペースが膠着してきました。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして3番手のペレスも良いペースを維持しています。
2番手のベッテルとは3秒差。後方のフェルスタッペンを抑えながら、この後のレースにも期待できるハイペースを刻んでいます。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、アロンソが再び順位を上げ12番手に浮上しました!
巧みな動きでエリクソンを交わし、入賞圏内まであと2台に迫っています!
#AzerbaijanGP #F1JP

10周目、ここでベッテルが最速ラップを刻みました!
ここでセクター2でイエローフラッグ。クビアトがストップしています!
#AzerbaijanGP #F1JP

©Pirelli

11周目、フェルスタッペンがいよいよ痺れを切らし、ペレスに猛チャージを賭けています!
しかし、コース幅が狭くなかなか前に出ることが出来ません!
#AzerbaijanGP #F1JP

おっと!フェルスタッペンがスローダウン!
ラジオでエンジントラブルを訴えています!
#AzerbaijanGP #F1JP

なんとか走行を続けるフェルスタッペンですが、転がるように順位を落としています。
しかし、ペースはなかなか回復しません。今回好調だっただけに惜しいトラブルとなってしまいました。
#AzerbaijanGP #F1JP

12周目、セーフティカーが出動しました!
クビアトのマシン撤去によるものと思われますが、レースの山場を迎えました!
上位陣続々とピットへ滑り込んできます!
#AzerbaijanGP #F1JP

ハミルトン、ベッテルに続いてほぼ全車がスーパーソフトからソフトタイヤへ履き替えました。
#AzerbaijanGP #F1JP

ここでソフトタイヤへスイッチしたドライバーは、このタイヤで最後まで走り切ると見られています。
#AzerbaijanGP #F1JP

さてレースは13周目、順位をおさらいすると
1ハミルトン
2ベッテル
3ストロール 未ストップ
4ペレス
5ライコネン
6マッサ
7オコン
8ヒュルケンベルグ
9マグヌッセン
10リカルド
#AzerbaijanGP #F1JP

以下は
11アロンソ
12サインツ
13バンドーン
14エリクソン
15グロージャン
16ウェーレイン
17ボッタス
#AzerbaijanGP #F1JP

この間にストロールがピットへ入り、7番手でコースに復帰しました。
リタイアはここまで3台。
パーマー、クビアト、フェルスタッペンが姿を消しています。
#AzerbaijanGP #F1JP

4番手のライコネンはボッタスとの接触でバージボードを破損しています。
しかしマシンを修復することは難しいとチームから報告を受けていました。
#AzerbaijanGP #F1JP

多くのドライバーがセーフティカーのペースに不満を訴えています。
このペースではタイヤの温度を保つことが出来ず、リスタート時に危険だと考えているようです。
#AzerbaijanGP #F1JP

このセーフティカーによって周回遅れだったボッタスが同一周回に復帰しました。
これはボッタスにとって挽回のチャンスとなりそうです!
#AzerbaijanGP #F1JP

少しセーフティカーランが長くなっていますが、金曜日からこのコースではマシン撤去に時間がかかる傾向があります。
まだマーシャルの経験が少なかったり、壁に囲まれたコースという環境も影響しているようですね。
#AzerbaijanGP #F1JP

17周目、レースが再開されました!
ペレスがベッテルに仕掛ける!
その後ろではオコンがライコネンを抜き去っています!
#AzerbaijanGP #F1JP

ホームストレートにパーツが飛び散り、再びセーフティカーが出動しました!
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、先ほどのリスタート時に順位変動がありました。
1ハミルトン
2ベッテル
3ペレス
4マッサ
5オコン
6ライコネン
7ストロール
8ヒュルケンベルグ
9リカルド
10マグヌッセン
#AzerbaijanGP #F1JP

ペレスはあと少しのところでベッテルを抜けそうでしたが、ここはなんとかベッテルが抑え込むことに成功しています。
しかし、次のリスタートで再びペレスは勝負に出るのではないでしょうか?
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは19周目、タイヤの温度管理が非常に難しい展開となっています。
ここでしっかりタイヤの温度を保たなければ、一気に順位を落とすことになる可能性もありますね。
#AzerbaijanGP #F1JP

セーフティカー中にも関わらずベッテルとハミルトンが接触!
そしてマッサが3番手へ浮上!
フォースインディア同士が接触!
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてライコネンが大きく順位を落としています!
リアタイヤがパンクしています!
再びセーフティカーが導入されました!
#AzerbaijanGP #F1JP

順位をおさらいしましょう!
1ハミルトン
2ベッテル
3マッサ
4ストロール
5リカルド
6ヒュルケンベルグ
7マグヌッセン
8アロンソ
9サインツ
10グロージャン
#AzerbaijanGP #F1JP

21周~40周:遂に赤旗!稀に見るサバイバルレース!

©Pirelli

フォースインディアの2台はピットへマシンを修復していますが…果たして復帰できるでしょうか?
ライコネンはパンクしたタイヤがマシンパーツを壊してしまい、ガレージに戻ることになりました。
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてこの波乱に乗じてアロンソが8番手まで浮上しています!
バンドーンも12番手まで上がっており、両者初入賞のチャンスが巡ってきました!
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてフォースインディアはこの接触で大量得点のチャンスを逃してしまいました。
前回のカナダに続き、これは今後のチームメイト間に遺恨を残すことになりそうです。
#AzerbaijanGP #F1JP

22周目、レースは赤旗が掲示されました!
#AzerbaijanGP #F1JP

すでにセーフティカー3回、赤旗1回という大荒れのレースになりました。
各車ピットレーンで並び、レース再開を待ちます。
#AzerbaijanGP #F1JP

この赤旗でタイヤ交換が出来るので、レース戦略に大きな影響を与えそうです!
#AzerbaijanGP #F1JP

そして先ほどセーフティカー中に接触のあったハミルトンとベッテルの審議の行方も気になるところです。
ハミルトンは急激なブレーキング、ベッテルはハミルトンに対して幅寄せしてしまったことが、もしや審議の対象になってしまうかもしれません。
#AzerbaijanGP #F1JP

ベッテルはその接触でウィングを破損しましたが、この赤旗中に交換ができるので、不幸中の幸いといったところでしょうか。
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてウィリアムズが現在マッサ3番手、ストロール4番手。
審議の対象もなく、表彰台フィニッシュにも十分期待できる展開となりました。
#AzerbaijanGP #F1JP

このようなサバイバルレースでは生き残ることが重要と言われますが、まさにそれを証明するような展開となっています。
これはレースの最後まで目が離せない展開となりそうです!
#AzerbaijanGP #F1JP

ハミルトンもベッテルとの接触によってマシンのリアにダメージを受けているようです。
現在クルーが修復作業に追われています。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして、堅実な走りを続けてきた6番手ヒュルケンベルグ、7番手マグヌッセンも上位フィニッシュのチャンスが巡ってきました。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして少し気は早いですが、注目の選手権争いはこのままの順位でフィニッシュすると、ベッテル159点、ハミルトン154点とわずか5点差に縮まります。
今日もトップを争っている両者ですが、今後もこの2人の戦いはさらに激しくなりそうですね。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、レースは現地時間18時15分、日本時間では23時15分にリスタートされるとの発表がありました。
#AzerbaijanGP #F1JP

リスタートの発表を受けて、ドライバーたちが再びコックピットに乗り込んでいます。
#AzerbaijanGP #F1JP

©Pirelli

さて、先ほどのハミルトンとベッテルの件ですが、ベッテルは幅寄せした際にハミルトンのタイヤにマシンを当てていたようです。
#AzerbaijanGP #F1JP

ガレージにマシンを収めていたペレスはマシンを修復が完了したようですね。
ピットレーンに並んでおり、レースに復帰することが出来そうです。
#AzerbaijanGP #F1JP

ライコネンもマシンの修復が完了したようですね!
ペレスと同じように再びレースに復帰できるようです!
#AzerbaijanGP #F1JP

さてレースが再開されました、現在の順位は
1ハミルトン
2ベッテル
3マッサ
4ストロール
5リカルド
6ヒュルケンベルグ
7マグヌッセン
8アロンソ
9サインツ
10グロージャン
#AzerbaijanGP #F1JP

以下は
11エリクソン
12バンドーン
13ボッタス
14オコン
15ウェーレイン
16ペレス
17ライコネン

リタイアは
フェルスタッペン、クビアト、パーマーの3台です。
#AzerbaijanGP #F1JP

さあ24周目、レースが再開されます!
#AzerbaijanGP #F1JP

リスタートでリカルドが3番手に浮上!
得意のブレーキングでウィリアムズ勢を一気に抜き去りました!
#AzerbaijanGP #F1JP

この赤旗の間に各車スーパーソフトタイヤに履き替えており、先ほどよりはタイヤの熱入れが上手くいったようです。
#AzerbaijanGP #F1JP

25周目、マッサが一気に順位を落としています!
今度はヒュルケンベルグ、マグヌッセン、さらにアロンソに交わされ8番手まで順位を落としてしまいました!
#AzerbaijanGP #F1JP

おっと!今度はヒュルケンベルグがコースオフ!
サスペンションが破損しリタイアとなってしまいました!
#AzerbaijanGP #F1JP

レース再開後からホームストレートではオーバーテイクが頻発しています!
次々と順位を落としていたマッサはピットへ戻りリタイアとなってしまいました。
どうやらマシンにトラブルを抱えていたようです。
#AzerbaijanGP #F1JP

一方同じくリタイアとなったヒュルケンベルグはターン8で壁にヒットしていたようです。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは27周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ベッテル
3リカルド
4ストロール
5マグヌッセン
6アロンソ
7サインツ
8オコン
9ボッタス
10グロージャン
#AzerbaijanGP #F1JP

先ほど接触の裁定が気になるトップ争いのハミルトンとベッテルは現在2.2秒差で周回を続けています。
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてアロンソは現在6番手。今季初入賞に向けて力強い走りを続けています。
前のマグヌッセンとは2秒差、後方のサインツとは1.6秒差です。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは29周目、トップのハミルトンのマシンに異変!
なんとヘッドレストが浮き上がりそうになっています。
珍しいトラブルですが、これは危険ですね!走りにも大きく影響が出そうです。
#AzerbaijanGP #F1JP

ハミルトンのマシンがストレートに差し掛かる度に、ヘッドレストが浮き上がっています。
ピットでは新たなヘッドレストを用意しています。
#AzerbaijanGP #F1JP

このトラブルで少しペースが落ちたハミルトン。
ベッテルとの差は少しづつ縮まり、差はついに2秒を切りました。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは31周目、ハミルトンにピットに戻るように指示が出ました!
ストレートではヘッドレストを抑えながらという危険な状態なので、これは仕方ないですが、優勝争いで厳しい展開となってしまいました。
#AzerbaijanGP #F1JP

32周目、今度はベッテルに10秒のストップアンドゴーペナルティが発令されました!
これでリカルドが実質首位ということになりそうです!
#AzerbaijanGP #F1JP

ハミルトンはヘッドレストを交換してレースに復帰しています!
しかし、9番手まで順位を落としています。
#AzerbaijanGP #F1JP

©Pirelli

ベッテルは3周以内にペナルティを消化する必要があります。
消化を遅らせてなんとかハイペースでギャップを広げておきたいところです。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは33周目、ペナルティを消化する前にベッテルが最速タイムを記録!
しかし、ここでペナルティを消化します。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは34周目、現在の順位は
1リカルド
2ストロール
3マグヌッセン
4オコン
5アロンソ
6ボッタス
7ベッテル
8ハミルトン
9サインツ
10グロージャン
ここまでが入賞圏内です。
#AzerbaijanGP #F1JP

そして赤旗中にピットレーンに整列しなかったライコネン、ペレスにもドライブスルーペナルティが課されました。
#AzerbaijanGP #F1JP

この波乱の展開で珍しい顔ぶれが上位を走行しています。
リカルドは昨年のマレーシア以来となる優勝のチャンスが巡ってきています!
#AzerbaijanGP #F1JP

さらに2位のストロールは初の表彰台、3位のマグヌッセンはデビュー戦以来の表彰台が目の前に迫っています!
#AzerbaijanGP #F1JP

36周目、ベッテルがアロンソをオーバーテイク!
アロンソは必死に抵抗を見せましたが順位を譲り、さらにハミルトンにも抜かれ8番手まで順位を落としています。
#AzerbaijanGP #F1JP

36周目、3番手争いが大混戦です!
3番手マグヌッセンを先頭にオコン、ボッタスが迫っています!
さらにその後方からはベッテル、ハミルトンがハイペースで追撃しています。
#AzerbaijanGP #F1JP

現在トップのリカルドは2番手のストロールに5秒差を築いています。
#AzerbaijanGP #F1JP

38周目、オコン、ボッタスがマグヌッセンを交わし、順位を上げています!
さらに後方ではエリクソンとウェーレインが接触!しかし、両者レースを続けています。
#AzerbaijanGP #F1JP

39周目、ベッテルがマグヌッセンを交わし5番手に浮上!
それに続いてハミルトンもマグヌッセンを狙います!
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは40周目、現在の順位は
1リカルド
2ストロール
3オコン
4ボッタス
5ベッテル
6ハミルトン
7マグヌッセン
8アロンソ
9サインツ
10エリクソン
#AzerbaijanGP #F1JP

40周目、ボッタスがオコンを抜き去り3番手に上がりました!
#AzerbaijanGP #F1JP

さらにオコンには1秒後方にベッテルが迫っています!
#AzerbaijanGP #F1JP

40周目、ここでボッタスが最速ラップを記録!
しかし、ストロールとの差は12秒。果たしてチェッカーまでに追いつけるでしょうか?
#AzerbaijanGP #F1JP

41周~フィニッシュ:フィニッシュの瞬間にも、ドラマが!

©Pirelli

42周目、ペレスがここでリタイア。
序盤は好走を見せていただけに残念な結果となってしまいました。
#AzerbaijanGP #F1JP

42周目、ベッテルがオコンを抜き4番手へ上がりました!
#AzerbaijanGP #F1JP

初表彰台が懸るストロールは先ほどからリカルドとほぼ同じペースで走行しています。
ここまで彼には様々な意見が寄せられましたが、前回のカナダGPに続き素晴らしい走りを見せています!
#AzerbaijanGP #F1JP

43周目、ベッテルに続いてハミルトンがオコンを交わしています!
#AzerbaijanGP #F1JP

43周目、ボッタスが最速ラップを連発!
ストロールとの差は9秒まで縮まりましたが、レースは残り7周。
少し追いつくには厳しいでしょうか?
#AzerbaijanGP #F1JP

©Pirelli

レースは残り7周、現在の順位は
1リカルド
2ストロール
3ボッタス
4ベッテル
5ハミルトン
6オコン
7マグヌッセン
8サインツ
9アロンソ
10ウェーレイン
#AzerbaijanGP #F1JP

ハミルトンはベッテルに勝負を仕掛けるようです!
ここでただ一人1分43秒台を刻み最速ラップを出しています!
ベッテルとの差は2秒です。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、現在9番手を走行しているアロンソですが、後方のウェーレインとは35秒のギャップがあります。
しかし、ERSのパワーを失っているようです。
最後までなんとか走りきれるでしょうか?
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは残り5周となりました。
2番手ストロールとボッタスの差は5.6秒まで縮まりました。
計算上ではファイナルラップで追いつく計算となります。
#AzerbaijanGP #F1JP

新人ストロールがメルセデスを相手に懸命に対抗していますが…
しかし、マシンの性能差からそのギャップは少しずつ失われています!
現在その差は4秒を切りました。レースは残り3周です。
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてレッドブルにも嬉しい今季初優勝が目前に迫っています!
今季打倒メルセデスに期待が懸りましたが、ここまで苦しい戦いを強いられていました。
しかし、このバクーでようやくレッドブルクルーの笑顔が見られることになりそうです!
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは残り2周。
ハミルトンがベッテルの1.6秒後方まで迫りました。
今季この両者の争いは僅差なので、この1ポイントを巡る戦いがシーズン終盤大きな意味を持つことになるかも知れません。
#AzerbaijanGP #F1JP

レースは残り2周、ストロールとボッタスの差は1.6秒になりました!
これは最終ラップでDRS圏内に入ることが出来そうです!
#AzerbaijanGP #F1JP

さあ、ファイナルラップに入りました!
ストロールとボッタスの差は1秒!さらにその1秒後方にはベッテルとハミルトンが迫ります!
18歳のストロール、偉大な先輩たちを抑えきれるでしょうか!?
#AzerbaijanGP #F1JP

さあ、リカルドがこの大波乱のレースで優勝!
2位は………ボッタスが最後の最後で2位に!
しかし、ストロールは3位で初表彰台を手にしています!
#AzerbaijanGP #F1JP

ボッタスとストロールの差はわずか0.105秒。
このバクーの長いホームストレートが最後にドラマを演出することになりました。
しかし、18歳のストロールが大健闘を見せてくれましたね!
#AzerbaijanGP #F1JP

まとめ

©Pirelli


 

F1アゼルバイジャンGP、決勝結果です(暫定)
1リカルド
2ボッタス
3ストロール
4ベッテル
5ハミルトン
6オコン
7マグヌッセン
8サインツ
9アロンソ
10ウェーレイン
ここまでが入省圏内です。
#AzerbaijanGP #F1JP

以下は
11エリクソン
12バンドーン
13グロージャン

リタイアは
ライコネン、ペレス、マッサ、ヒュルケンベルグ、フェルスタッペン、クビアト、パーマー
という結果に終わりました。
#AzerbaijanGP #F1JP

3回のセーフティカーに赤旗など大荒れのレースとなりましたが、レースは非常に見応えのあるものになりました!
レッドブルの優勝、ストロールの表彰台、フォースインディアのチームメイトバトルなど、今回はレース後にも盛り上がりを見せそうですね!?
#AzerbaijanGP #F1JP

そしてマクラーレン・ホンダもようやく今季初入賞を達成しました。
今回は実力的に厳しい1戦になると予想されましたが、アロンソが序盤から力走を見せ、レースを盛り上げてくれましたね。
#AzerbaijanGP #F1JP

さて、このアゼルバイジャンを終え次戦はオーストリアGPを迎えます。
7月は3戦が開催され、今季のF1はさらに激しい戦いとなりそうです!
長いレースになりましたが、最後までお付き合い下さりありがとうございました!今日はこの辺で失礼します!
#AzerbaijanGP #F1JP

あわせて読みたい

一回勝っただけで世界チャンピオン!?長いF1の歴史の中でも珍しい2人の世界王者とは

世界一速い国はどこ?F1チャンピオンが最も多い国を調査してみた

大ブームだった富士グランチャンピオンレースから見えるカスタム&人気ホイール6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com