Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

F1決勝速報!タイヤに厳しいレースの中、勝ったのはメルセデス!アロンソは悔しいリタイヤ

世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その第9戦、オーストリアGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1オーストリアGP2017!

©Pirelli

2017年 F1GP 第9戦 オーストリアGP リザルト

©Pirelli

2017年 F1GP 第8戦 アゼルバイジャンGP リザルト

1位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
3位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
4位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
6位:ロマン・グロージャン(ハース)
7位:セルジオ・ペレス(フォースインディア)
8位:エステバン・オコン(フォースインディア)
9位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
10位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
11位:ジョリオン・パーマー(ルノー)
12位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
13位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
14位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
15位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
16位:ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)

 

以下リタイヤ

カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
ケビン・マグヌッセン(ハース)
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

 

オーストリアGPの見どころ

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
今日はF1オーストリアGPの様子をこちらのこちらのMotorzツイッターアカウントでお伝えします!
どうぞ最後までお付き合いください!
#AustrianGP #F1JP

現地であるオーストリアのレッドブルリンクは現在ドライ。
昨日から天候が心配されていましたが、どうやらこのコンディションのままスタートを迎えることになりそうです。
#AustrianGP #F1JP

さて昨日の予選を振り返っていきましょう。
ポールポジションを獲得したのは、メルセデスのボッタスでした。
バーレーンGP以来となる通算2回目、今日はロシアGP以来の優勝に期待がかかります!
#AustrianGP #F1JP

そして予選で大本命と思われたハミルトンですが、今週末ギアボックス交換となり5グリッド降格が決まっているなか予選を迎えました。
昨日の予選でもQ3でやや走りがまとまらず3番手に終わり、今日は8番手から追い上げる展開となります。
#AustrianGP #F1JP

そしてフェラーリ勢はベッテルが2番手、3番手にライコネンが入りました。
特にベッテルはハミルトンとの得点差を広げるチャンスでもあるので、何としてもボッタスを逆転したいところです!
#AustrianGP #F1JP

F1オーストリアGPスターティンググリッドは以下の通りです。
1ボッタス
2ベッテル
3ライコネン
4リカルド
5フェルスタッペン
6グロージャン
7ペレス
8ハミルトン
9オコン
10サインツ
ここまでがトップ10です。
#AustrianGP #F1JP

以下は
11ヒュルケンベルグ
12アロンソ
13バンドーン
14クビアト
15マグヌッセン
16パーマー
17マッサ
18ストロール
19エリクソン
20ウェーレイン

というスタート順となりました。
#AustrianGP #F1JP

そしてチームとして母国GPを迎えるレッドブル勢ですが、ハミルトンの降格もあり表彰台にも期待が持てる位置からのスタートとなりました。
今回はフェルスタッペンを応援するフェルスタッペンのファンがたくさん詰めかけています!
#AustrianGP #F1JP

そして前回アゼルバイジャンGPでようやく今季初入賞を果たしたマクラーレン・ホンダは残念ながら両ドライバーがQ2で敗退。
しかし、ここへ来て少しづつパフォーマンスが上がってきており、2戦連続となる入賞に期待がしたいですね!
#AustrianGP #F1JP

©Pirelli

さて、今季はタイトル争いが非常に白熱していますが、レース前にここまでの総獲得ポイントをおさらいしておきましょう。

1ベッテル 153点
2ハミルトン 139点
3ボッタス 111点
4リカルド 92点
5ライコネン 73点

#AustrianGP #F1JP

ベッテルはモナコGP以来優勝から遠ざかっており、ハミルトンに対するリードが少しづつ削られてきました。
今日はハミルトンが後方に沈んだこともあり、ここで再び突き放したいところです。
#AustrianGP #F1JP

また、ボッタスは今日のレースで優勝を飾ると、上位の2名との争いにも加わるチャンスが出てきそうです!
メルセデスへ移籍して1年目ですが、チャンピオン経験者を相手にここまで素晴らしい走りを見せていますね。
#AustrianGP #F1JP

さて、今日のオーストリアGPは71周で争われます。
天候は現在ドライですが、レース中に天候が変わる可能性も十分にありそうです。
このコースは昨年は予選で急に大雨が降るなど、天候が変わりやすいという特性があります。
#AustrianGP #F1JP

次にタイヤ戦略の面も見ていきましょう。
今回はウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトの最も柔らかい3種類のタイヤが持ち込まれています。
このコースはタイヤごとのラップタイムの差が少ないことから、チームごとによって様々な戦略が観られそうです。
#AustrianGP #F1JP

ピットストップ回数は1~2回が主流になると見られています。
後方からスタートするドライバーは逆転に向けて上位と戦略を分けてくる可能性も十分にありそうです。
#AustrianGP #F1JP

そしてこのレッドブルリンクはストレート区間が多く、コース上での順位の入れ替わりは多くなることが予想されます。
ピットでの攻防だけでなく、コース上でのドライバーの戦いにも要注目のレースとなりそうです!
#AustrianGP #F1JP

最後尾からスタートする予定だったウェーレインはピットレーンからのスタートを選択したようです!
#AustrianGP #F1JP

さてスタートタイヤが明らかになりました!
多くのマシンがウルトラソフトを履いていますが、ヒュルケンベルグとマグヌッセンといった後方のマシンはスーパーソフトやソフトを履いてる選手も見られますね!
#AustrianGP #F1JP

ソフトを履いているのはパーマーとマッサですね!
スーパーソフトを履くのはヒュルケンベルグ、マグヌッセン、ストロール、ウェーレインのようですね!
#AustrianGP #F1JP

スタート~20周:大波乱のスタート!1コーナーで複数台が絡むクラッシュ!

©Pirelli

さて各車フォーメーションラップに向かっています!
#AustrianGP #F1JP

各車ホームストレートに戻り、グリッドにつきます!
いよいよオーストリアGPの戦いが始まります!
#AustrianGP #F1JP

さあ、レースが今スタート!!
リカルド好スタート!後ろではそのチームメイトフェルスタッペンがスピン!
#AustrianGP #F1JP

上位ではライコネンが順位を落としたでしょうか。
それに代わってリカルド、グロージャンが順位を上げています!
フェルスタッペンはなんとかピットに戻ろうとしていますが、マシンのダメージは大きそうです!
#AustrianGP #F1JP

3周目、現在の順位は
1ボッタス
2ベッテル
3リカルド
4グロージャン
5ライコネン
6ペレス
7ハミルトン
8オコン
9マッサ
10サインツ
#AustrianGP #F1JP

レースは3周目、ここでライコネンが順位を1つ取り戻しました!
グロージャンを抜き、4番手に上がっています!
#AustrianGP #F1JP

そしてアロンソも早くもマシンを降りています!
どうやらスタートでサインツとの接触があったようですね!
#AustrianGP #F1JP

そしてフェルスタッペンはその両者の接触に巻き込まれる形となってしまったようです。
#AustrianGP #F1JP

そして好スタートを切り、トップを走っていたボッタスですがスタートでジャンプスタートがあったようですね。
現在審議の対象となっています。
#AustrianGP #F1JP

万が一ボッタスにペナルティが下されると、ベッテルは思わぬ形でトップに浮上することになります。
裁定の行方が結果を大きく左右することになりそうです。
#AustrianGP #F1JP

そして8番手からスタートしたハミルトンも着実に順位を上げています。
現在はペレスを抜き6番手を走行中。
現在はハースのグロージャンに戦いを挑んでいます!
#AustrianGP #F1JP

8周目、ハミルトンは難なくグロージャンを交わし5番手へ浮上!
次はフェラーリのライコネンを狙います!前との差は4.5秒です。
#AustrianGP #F1JP

レースは10周目に入りました、現在の順位は
1ボッタス
2ベッテル
3リカルド
4ライコネン
5ハミルトン
6グロージャン
7ペレス
8オコン
9マッサ
10ストロール
#AustrianGP #F1JP

11周目、ボッタスが最速ラップ1分9秒フラットを記録しました。
少しづつベッテルを引き離し、現在の差は4.8秒まで広がっています。
#AustrianGP #F1JP

©Pirelli

レースは13周目、上位はどのマシンも間隔が広がっています。
そのなかハミルトンがややライコネンに迫ってきたでしょうか?
現在の差は3.6秒まで縮まっています。
#AustrianGP #F1JP

そして後方からのスタートだったウィリアムズ勢が9,10番手まで上がってきています!
ストロールは前回自身初の表彰台を獲得しましたが、今回も勢いそのままに入賞を飾りたいところですね。
#AustrianGP #F1JP

レースは15周目、ここでヒュルケンベルグがピットに入りました!
スーパーソフトからソフトに履き替え、最後尾でコースに戻っています。
ここから多くのマシンがピットに向かうかもしれません!
#AustrianGP #F1JP

ここまでタイヤ交換を済ませたのはヒュルケンベルグのみですが、どのドライバーもタイヤの状態が悪そうです。
多くのタイヤにブリスターが出来ており、ややグリップ力が低下しているようです。
#AustrianGP #F1JP

さあ、4番手争いが接近してきました!
ハミルトンがライコネンの1秒後方に迫っています。
#AustrianGP #F1JP

19周目、ついにハミルトンがライコネンのDRS圏内に入りました!
両者揃ってタイヤの状態が悪そうですが、どのような戦いを繰り広げるでしょうか?
#AustrianGP #F1JP

レースは20周目、現在の順位は
1ボッタス
2ベッテル
3リカルド
4ライコネン
5ハミルトン
6グロージャン
7ペレス
8オコン
9マッサ
10ストロール
#AustrianGP #F1JP

21周~40周:ピット作業が命運を分ける!?

©Pirelli

21周目、4番手争いに続いて10番手争いも接近しています!
ストロールはマグヌッセンに0.5秒差は迫られていますが、なんとかここまで凌いでいます。
#AustrianGP #F1JP

23周目、ここでトップのボッタスが最速ラップを記録!
2番手ベッテルとの差は7秒まで広がっています。
#AustrianGP #F1JP

24周目、ライコネンのDRSゾーンに入ったハミルトンですが、なかなか前に出ることが出来ません!
すでにトップとの差は18秒、ベッテルとのギャップは10秒まで広がっています。
#AustrianGP #F1JP

ジャンプスタートの審議がかかっていたボッタスですが、ペナルティは無しとの裁定が下りました!
素晴らしいスタートからここまで好ペースでレースをリードしています。
#AustrianGP #F1JP

レースは28周目に入りましたが上位陣はまだピットに入る様子がありません!
まだラップタイムは上昇傾向にあり、多くのドライバーが1ストップでレースを入りきれそうです。
#AustrianGP #F1JP

ここでレースは29周目、ライコネンがハミルトンをDRSゾーンから引き離しました!
差は1.1秒まで広がり、自己ベストタイムを刻んでいます。
#AustrianGP #F1JP

レースは30周目、11番手ハースのマグヌッセンのマシンから煙が…
スローダウンしマシンをガレージに戻します。
#AustrianGP #F1JP

ハースは今回非常に好調ですが、マグヌッセンは昨日の予選でもトラブルに見舞われ、残念な週末になってしまいました。
#AustrianGP #F1JP

レースは32周目、メルセデスのクルーが出てきました!
ハミルトンがウルトラソフトに履き替え、コースに復帰!
ライコネンに対し、逆転を狙う戦略に出ました!
#AustrianGP #F1JP

33周目、それに対してライコネンはコースに留まります!
ここでハミルトンとの戦略を分けてきました。
#AustrianGP #F1JP

©Pirelli

34周目、3番手のリカルドもピットへ!
ウルトラソフトからスーパーソフトへ履き替え、4番手でコースに戻ります。
#AustrianGP #F1JP

新品タイヤのハミルトンが周囲より2秒ほど速いタイムを刻んでいます!
どうやらライコネンとの勝負は制することができそうです。
#AustrianGP #F1JP

35周目、ベッテルもピットへ入りました。
ベッテルはスーパーソフトへ履き替え、コースに復帰。
これが最後のタイヤ交換になりそうです。
#AustrianGP #F1JP

これで上位でまだピットに入っていないのはボッタスとライコネンということになりました。
中団ではペレス、ストロールといった面々もピット作業を済ませています。
#AustrianGP #F1JP

37周目、ボッタスが周回遅れのマシンとやや接触しようになりましたが、無事切り抜けています!
レースはまだ半分近く残っていますが、このコースは1周の距離が短く周回遅れの処理がいるも以上に多いので注意が必要です。
#AustrianGP #F1JP

レースは39周目、13番手走行中のバンドーンにブルーフラッグ無視の審議が出されました。
#AustrianGP #F1JP

レースは40周目、現在の順位は
1ボッタス
2ライコネン
3ベッテル
4リカルド
5ハミルトン
6オコン
7マッサ
8グロージャン
9ペレス
10サインツ
#AustrianGP #F1JP

41周~60周:終盤に向けて、レース展開が加速!

©Pirelli

41周目、ここでボッタスがようやくピットに向かいました!
スーパーソフトへ履き替え、トップでコースに戻ります。
#AustrianGP #F1JP

トップでコースに戻ったボッタスですが、わずか1.5秒前方にライコネン、3秒後ろにベッテルが走行しています。
ライコネンがまだピット作業を遅らせると、これはボッタスにとって大きな壁となる可能性があります!
#AustrianGP #F1JP

レースは44周目、ボッタスが早くもライコネンの0.5秒後方に迫りました!
ライコネンはここでボッタスを抑えてサポートしたいところですが、新品タイヤのボッタスがすぐにオーバーテイクを成功させました。
#AustrianGP #F1JP

45周目、ライコネンが上位で最後にピットに入りました。
ハミルトンの後ろ5番手でコースに復帰しています。
#AustrianGP #F1JP

46周目、ここでサインツのマシンにもトラブルです。
これでリタイアはアロンソ、フェルスタッペン、マグヌッセン、サインツの4名となりました。
#AustrianGP #F1JP

レースは47周目、現在の順位は
1ボッタス
2ベッテル
3リカルド
4ハミルトン
5ライコネン
6マッサ
7グロージャン
8ペレス
9オコン
10ストロール
ここまでが入賞圏内です。
#AustrianGP #F1JP

48周目、まだピットに入っていなかった8番手のマッサがピットに入りました。
9番手でコースに戻り、入賞にも視野に入ってきました。
#AustrianGP #F1JP

レースは49周目、ボッタスとベッテルのトップ争いは4秒差で拮抗しています。
先ほどのピット作業の間にベッテルが差を詰めましたが、それ以降はペースで対抗しています。
#AustrianGP #F1JP

51周目、ボッタスが最速ラップを記録しましたが、今度はベッテルがそれを塗り替えます!
ウルトラソフトではボッタスが優勢でしたが、スーパーソフトではベッテルも良いペースを刻んでいます。
#AustrianGP #F1JP

©Pirelli

53周目、ベッテルがここでボッタスとの差を詰めにかかります!
差は3.5秒まで縮まり、優勝へ向けチャンスを見出そうとしています!
#AustrianGP #F1JP

レースは54周目、8番手争いが接近中!オコンに対しマッサが1秒以内に迫ってきました。
マッサは2014年にここでポールポジションを獲得していますが、今日もここまで素晴らしい追い上げを見せています。
#AustrianGP #F1JP

56周目、ここでライコネンが最速ラップ1分7秒680を記録!
このタイムはレッドブルリンクのコースレコードとなりました。
この後さらにこのタイムを更新する可能性もまだありそうですね!
#AustrianGP #F1JP

57周目、先ほど最速ラップを記録したライコネンですが、周回遅れを抜く際にコースオフを喫してしまいました!
ハミルトンとの差を7秒まで詰めていたのですが、3秒を失い10秒差まで広がっていました。
#AustrianGP #F1JP

59周目、今度はハミルトンが最速ラップを記録!
すでに27周を走り込んだウルトラソフトで素晴らしいタイムを刻んでいます!
#AustrianGP #F1JP

レースは60周目、現在の順位は
1ボッタス
2ベッテル
3リカルド
4ハミルトン
5ライコネン
6グロージャン
7ペレス
8オコン
9マッサ
10ストロール
#AustrianGP #F1JP

61周~フィニッシュ:ボッタスvsベッテル、リカルドvsハミルトンの争いが超激化!

©Pirelli

レースは残り10周となりました。
2番手のベッテルがボッタスの2.7秒後方まで迫ってきました。
そして3番手争いを繰り広げるリカルドとハミルトンも1.6秒差まで接近!
レース終盤でまだ順位変動が起こるかもしれません!
#AustrianGP #F1JP

ハミルトンはリカルドよりも使い込んだタイヤですが、最速ラップを連発!
ラストスパートをかけており、ついにその差は1秒に!
しかし、チームの母国GPであるリカルドもここでいい結果を残したいところです。
#AustrianGP #F1JP

レースは残り7周、追い上げを見せるハミルトンですが、タイヤはすでにかなり消耗しているうえ、タイヤには大きなブリスターが出来ています。
しかし、タイトル争いを考えるとここでなんとかリカルドを抜いておきたいところ。
#AustrianGP #F1JP

レースは残り6周、トップのボッタスに対し、ベッテルが2秒差まで迫っています!
そしてハミルトンは再び最速ラップでリカルドにプレッシャーをかけます!
#AustrianGP #F1JP

レースは残り4周、現地ではやや雨の可能性もあるようですが、ここまではなんとか天候も持ちこたえています。
リカルドがここで自己ベストを刻み、ハミルトンに対抗しています。
#AustrianGP #F1JP

レースは残り3周、ベッテルがボッタスの1秒後方に迫りました!
ボッタスの左リアタイヤには大きなブリスターが出来ています。
#AustrianGP #F1JP

ボッタスは初優勝を飾ったロシアGPでもベッテルの攻撃を凌いでの優勝でしたが、このオーストリアでもベッテルとの激しい戦いが待ち受けていました!
レースは残り2周!持ちこたえられるでしょうか?
#AustrianGP #F1JP

レースは残り2周!ハミルトンがリカルドにしかけますが….ここはリカルドが守りました!
さあ、レースはファイナルラップです!
#AustrianGP #F1JP

ベッテルはDRSゾーンまで迫りましたが….
ボッタスがなんとか持ちこたえ自身2勝目を飾るトップチェッカー!
リカルドも3位を守り切り、チーム母国で表彰台を獲得しました!
#AustrianGP #F1JP

まとめ

©Pirelli

F1 オーストリアGP決勝結果です(暫定)
1ボッタス
2ベッテル
3リカルド
4ハミルトン
5ライコネン
6グロージャン
7ペレス
8オコン
9マッサ
10ストロール
#AustrianGP #F1JP

以下は
11パーマー
12バンドーン
13ヒュルケンベルグ
14ウェーレイン
15エリクソン
16クビアト

リタイアはサインツ、マグヌッセン、アロンソ、フェルスタッペンという結果に終わりました。
#AustrianGP #F1JP

レース終盤はトップと3位表彰台を賭けた戦いが激しいものになりましたね!
最後まで目が離せない展開となりましたが、ボッタスが見事な走りで今季2勝目を飾り、チームに大きく貢献しました。
#AustrianGP #F1JP

そして今回は上位だけでなく、入賞圏内を争う戦いも激しかったですね!
グロージャンが6位に入り、ウィリアムズ勢は後方から素晴らしい追い上げでダブル入賞を達成しています。
#AustrianGP #F1JP

また、マクラーレンホンダはアロンソがスタート直後にリタイア、バンドーンが12位と連続入賞は果たせませんでしたが、次戦の巻き返しに期待したいですね。
#AustrianGP #F1JP

今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!
次は連戦となるのイギリスGPで、またお会いしましょう!
#AustrianGP #F1JP

 

あわせて読みたい

一回勝っただけで世界チャンピオン!?長いF1の歴史の中でも珍しい2人の世界王者とは

世界一速い国はどこ?F1チャンピオンが最も多い国を調査してみた

大ブームだった富士グランチャンピオンレースから見えるカスタム&人気ホイール6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com