Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Bike

鈴鹿8耐来場決定!伝説の日本人ライダー、リアル「汚れた英雄」こと平忠彦とは

福島県出身のレーシングライダーで、ダイナミックかつ緻密なライディングで数々のタイトルを獲得した実力と、角川映画『汚れた英雄』の草刈正雄演じる主人公・北野晶夫のレースシーンのスタントを務めた事でも有名なスターライダー”平忠彦”を知っていますか?

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

平 忠彦:プロフィール

©鈴鹿サーキット

©鈴鹿サーキット

名前:平忠彦(Taira Tadahiko)

生年月日:1956年11月12日

出身地:福島県

バイク好きな父親と兄の影響で幼いころからバイクに興味を持ち、将来はレーシングライダーになりたいという夢を抱くようになります。

そして19歳になると埼玉県上尾市のレーシングチームに所属、ロードレースへの参戦を開始するのです。

その後、名門レーシングチームイナレーシングチームに加入し、資金難に苦戦しながらもレースに参戦し続けるという下積み時代を経て、1980年、遂に全日本ロードレース選手権国際A級350ccクラスでチャンピオンを手にするのです。

実力を認められた平は翌年、26歳でYAMAHAのワークスライダーに大抜擢!全日本ロードレース選手権500ccクラスにステップアップし1983年~1985年にかけて3年連続チャンピオンを獲得するという快挙を成し遂げます。

着々と国内でトップライダーとしての地位を確立していく中で、1984年より海外レースへのスポット参戦も開始した平は、遂にその後1986年、マールボロ・ヤマハよりロードレース世界選手権(WGP)にフル参戦の切符を手にするのです。

 

平忠彦:レース戦歴

©鈴鹿サーキット

©鈴鹿サーキット

1984年: 全日本ロードレース選手権500ccクラス(YZR500-OW76) シリーズチャンピオン
ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス (スポット参戦/マールボロ・ヤマハ・アゴスティーニ)シリーズランキング16位

1985年:  全日本ロードレース選手権500ccクラス(YZR500-OW81) シリーズチャンピオン

ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス (スポット参戦/マールボロ・ヤマハ・アゴスティーニ)シリーズランキング21位

鈴鹿8時間耐久ロードレース(ケニー・ロバーツ/FZR750)リタイア

1986年 : ロードレース世界選手権(WGP)250ccクラス(マールボロ・ヤマハ・アゴスティーニ/YZR250)シリーズランキング9位

鈴鹿8時間耐久ロードレース(クリスチャン・サロン/ヤマハYZF750)リタイア

1987年:ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(マールボロ・ヤマハ・アゴスティーニ/YZR500-OW86)シリーズランキング6位

1988年:ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(スポット参戦/YZR500-OW98)シリーズランキング15位

鈴鹿8時間耐久ロードレース・リタイア(マイケル・ドゥーハン/YZF750)

1989年:ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(スポット参戦/YZR500-OWA8)シリーズランキング14位

鈴鹿8時間耐久ロードレース・リタイア(ジョン・コシンスキー/YZF750)

1990年:ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(スポット参戦/YZR500-OWC1)シリーズランキング23位

鈴鹿8時間耐久ロードレース・優勝(エディ・ローソン/YZF750)

1991年:ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス(スポット参戦/YZR500-OWC1)ノーポイント

©鈴鹿サーキット

©鈴鹿サーキット

初めて参戦した海外でのレースは、ケニー・ロバーツやエディー・ローソンとともに出場した1984年3月のデイトナ200マイルで5位を獲得します。

そして1986年、WGPフル参戦初年度の開幕戦スペインGPで予選2位を獲得するという快進撃を見せるも、決勝ではスタートでエンジンが掛からず後続車に激突され左足を骨折してしまいます。

その後、シーズンを通して怪我やマシンの特性に苦戦するも、最終戦サンマリノGPでは予選2位からスタートし、1度出遅れるも猛追劇の末WGP250㏄クラス初優勝を手にするのです。

そして翌1987年にはWGP最高峰クラスである500㏄クラスにステップアップ。

第11戦チェコスロバキアGPで3位表彰台を獲得という快挙を成し遂げました。

その後、YZR500の開発を行っていた河崎裕之から徐々に開発ライダーの役目を引き継ぐ事を決めた平は、WGPへの参戦を日本GPだけのスポット参戦に変更。

そんな日本GPで1988年・1989年と2年連続、日本人では初となるポールポジションを獲得します。

そして翌1990年には鈴鹿8耐で念願の優勝を手にするなど、衰える事のない実力を示し続けるのです。

 

ダイナミックさと繊細さを兼ね備えた平忠彦のライディング

1986年 WGP250ccクラス サンマリノGP

 

1986年 第14回TBCビックロードレースSUGO 500cc TT-F1

 

平忠彦 資生堂TECH21 CM

 

ライディングの実力と端正な顔立ちで注目を集め続けた平忠彦

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

レーシングライダーとしての実力はもちろんの事、その端正な顔立ちでも人気を博した平忠彦は、1982年に放映された角川映画『汚れた英雄』で、草刈正雄演じる主人公・北野晶夫のレースシーンのスタントを務めた事でも有名で、この映画は当時のレーシングライダーを目指す若者たちのバイブルともなりました。

また、資生堂の男性用化粧品TECH21のイメージキャラクターにも抜擢され、テレビ・雑誌などのさまざまなメディアに登場するなど、現在のレーシングドライバー界では類を見ないアイドル的立ち位置でロードレースの繁栄に貢献し続けました。

自身のレースキャリアとしては、1990年の鈴鹿8耐で念願の優勝を果たし、翌1991年全日本ロードレース選手権500ccクラスに5年ぶりにフル参戦!

そして翌年、35歳でレーシングライダーとしての現役を引退する事を発表するのです。

 

まとめ

©鈴鹿サーキット

©鈴鹿サーキット

世界のトップライダーの1人としての圧倒的な実力、そしてモデルとしても活躍できる端正な顔立ちと、誰もが羨む完璧で華やかな経歴の裏で、苦労に苦労を重ねて手にした栄光。

そんなスターとしての光と影を兼ね備えた伝説のライダー平忠彦。

その人柄は、穏やかで穏和で老若男女問わず多くの人を魅了しました。

そして引退後は、静岡県浜松市中区でオートバイショップ「タイラレーシング」を経営しながら、ライディングスクールやバイクイベントに精力的に参加し、多くの人にバイクの魅力を伝え続けています。

また、ロードレースの世界でもヤマハレーシングのチーム監督に就任したり、自身のレーシングチームを立ち上げるなど監督として若手育成に貢献し続けているのです。

タイラレーシング株式会社公式HP:http://www.tairaracing.co.jp/index.htm

 

 

あわせて読みたい

とにかく強い!鈴鹿8耐で活躍したホンダのバイク5選

日本人初のMotoGP優勝を手にした男、宇川徹を知っていますか?!誰よりもホンダとバイクを愛して止まない元ロードレース世界選手権ライダーをご紹介します。

世界戦43勝を誇る現役レーシングライダー芳賀紀行とは?アグレッシブすぎる走りからついた愛称は”Nitro Nori”!

90年代のバイク乗りの憧れ!日本人WGP参戦ライダーの名マシン4選!

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com