Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

F1決勝速報!優勝はフェラーリのあの人!Mホンダはアロンソ6位かつダブル入賞!

世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その第11戦、ハンガリーGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1ハンガリーGP2017!

©Pirelli

Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

2017年 F1GP 第11戦 ハンガリーGP リザルト

©Pirelli

2017年 F1GP 第11戦 ハンガリーGP リザルト

1位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位:キミ・ライコネン(フェラーリ)
3位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
5位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
7位:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
8位:セルジオ・ペレス(フォースインディア)
9位:エステバン・オコン(フォースインディア)
10位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
11位:ケビン・マグヌッセン(ハース)
12位:ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)
13位:ジョリオン・パーマー(ルノー)
14位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
15位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)
16位:マーカス・エリクソン(ザウバー)
17位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)(完走扱い)

 

以下リタイヤ

ポール・ディレスタ(ウィリアムズ)
ロマン・グロージャン(ハース)
ダニエル・リカルド(レッドブル)

 

©Pirelli

 

ハンガリーGPの見どころ

©Pirelli

みなさんこんばんは!
このMotorzツイッターアカウントでは、まもなく始まりますF1第11戦ハンガリーGP決勝の模様をお伝えします。
宜しければどうぞ最後までお付き合いください!
#HungarianGP #F1JP

さて、F1ハンガリーGPのサポートレースとして開催されたF2で日本人ドライバーの松下信治選手が見事優勝を飾りました!
今後のさらなる活躍に今後も注目しておきたいですね!
#HungarianGP #F1JP

さて、それでは昨日の予選を振り返っていきましょう。
このハンガリーGPで大活躍を見せたのはフェラーリでした。
ベッテルが通算48度目のポールポジションを獲得し、その横にはライコネンが並ぶというモナコGP以来のフロントロー独占を達成しました。
#HungarianGP #F1JP

そして、今回はマクラーレンホンダも今季ベストとなる4列目につけています。
アロンソ、バンドーンが揃ってQ3に進出し、今季2度目となる入賞にも期待が持てる位置を確保しています。
#HungarianGP #F1JP

F1 ハンガリーGP決勝スターティンググリッドは以下の通りです。
1ベッテル
2ライコネン
3ボッタス
4ハミルトン
5フェルスタッペン
6リカルド
7アロンソ
8バンドーン
9サインツ
10パーマー
#HungarianGP #F1JP

以下は
11オコン
12ヒュルケンベルグ ※5グリッド降格
13ペレス
14グロージャン
15マグヌッセン
16クビアト ※3グリッド降格
17ストロール
18ウェーレイン
19ディレスタ
20エリクソン
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

そして、ウィリアムズでは今回マッサが体調不良となったため、土曜日の予選から急遽欠場を発表しました。代役となったのはポール・ディレスタ。
約3年半ぶりのF1でパワーユニットを操るのも始めてという状況でしたが、見事な走りで19番手につけています
#HungarianGP #F1JP

そして、ここ最近好調さが際立っていたメルセデス勢は今回2列目に甘んじ、フェラーリに後れを取る格好となりました。
予選時にはチーム代表のトト・ウォルフも渋い表情を見せていましたが、果たしてレースで逆転出来るでしょうか?今回も彼らに注目です!
#HungarianGP #F1JP

そして、今回戦いの舞台となるハンガロリンクは晴天に恵まれています。
今日のレースは70周で争われ、コース上での追い抜きが難しいコースとして知られています。
そのため、レースは戦略が勝敗を左右することが多いことが特徴です。
#HungarianGP #F1JP

そのため、いつも以上にドライバーとチームの連携が重要となるので、今回はチームラジオから聞こえるやり取りにも、注意深く耳を傾けて楽しんでみてくださいね!
#HungarianGP #F1JP

では今回のタイヤ戦略を見ていきましょう。
今回持ち込まれたタイヤはスーパーソフト、ソフト、ミディアムの3種類。
ピットストップ回数は1~2回と予想されていますが、本日は路面気温が高くタイヤにかかる負荷は非常に大きくなりそうです。
#HungarianGP #F1JP

そのため、ピットストップ回数は増加する可能性もありますが、どれだけ上手くタイヤを持たせるかという点もドライバーの腕の見せ所となりそうです。
#HungarianGP #F1JP

そして、今季のタイトル争いですが、前回優勝を飾ったハミルトンが首位ベッテルに対しわずか1ポイント差に迫っています。
今季は接戦となった状況で、ここから後半戦を迎えることになりました!
#HungarianGP #F1JP

F1ポイントランキング イギリスGP終了時
1ベッテル 177点
2ハミルトン 176点
3ボッタス 154点
4リカルド 117点
5ライコネン 98点
#HungarianGP #F1JP

中盤戦に入ってハミルトンに対し劣勢を強いられているベッテルは、今回何としてもリードを広げておきたいところです。
今回はここまで速さで優勢に立っており、ライコネンからの援護にも期待できるという優位な中レースをスタートさせます。
#HungarianGP #F1JP

そしてハミルトンはこの週末マシンに不満を抱いており、いつもの速さをここまで見せることが出来ていません。
4番手からのスタートは理想的ではありませんが、少しでもベッテルに近い位置でフィニッシュすることが、タイトル争いにおいて重要になりそうです
#HungarianGP #F1JP

さあ、スタートタイヤが明らかになりました!
ソフトを履くのは後方のクビアト、ディレスタのみです。
残りの全車がスーパーソフトタイヤを履いてフォーメーションラップに向かいました!
#HungarianGP #F1JP

さて、このハンガリーGPでは2005年以降その年の王者が勝てないGPという不思議なジンクスが続いています。
今年はそのジンクスが払拭されるでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

各車グリッドに並びました….
1コーナーの順位争いは激しくなりそうです!
#HungarianGP #F1JP

スタート~25周:スタート直後に同士討ち!?大波乱の幕開け!

©Pirelli

レースが今ブラックアウト!!
フェラーリ勢が好スタート!ハミルトンが遅れたか!?
レッドブルはチームメイト同士で接触!
#HungarianGP #F1JP

接触のあったレッドブルですが、リカルドが早くもストップしています!!
これでセーフティカーが導入されました!
#HungarianGP #F1JP

リカルドは2014年にこのコースで優勝を飾り、今回も好調だったのですが残念な結果となってしまいました。
#HungarianGP #F1JP

順位をおさらいしましょう。(2周目)
1ベッテル
2ライコネン
3ボッタス
4フェルスタッペン
5ハミルトン
6サインツ
7アロンソ
8ペレス
9バンドーン
10オコン
#HungarianGP #F1JP

ライコネンが非常にいいスタートを見せましたね。
このコースは偶数列がやや不利と言われていますが、あわやベッテルの前に出るかという素晴らしい勢いで1コーナーに向かっていきました。
#HungarianGP #F1JP

そして、接触のあったリカルドとフェルスタッペンに審議対象が出されました。
これはレッドブルにとって非常に痛い状況となりました。
クルーは頭を抱え悔しそうな表情を見せています。
#HungarianGP #F1JP

そしてマクラーレン勢はアロンソが7番手キープ。
バンドーンが1つ順位を落として9番手。
まだまだレースは長いですが、重要なスタートで入賞圏内を維持することが出来ました。
#HungarianGP #F1JP

レースは4周目。
依然としてセーフティカー先導でレースが続いています!
リカルドのマシンからは液体が漏れていたようで、これが原因でセーフティカーランが長引いているようです。
#HungarianGP #F1JP

このセーフティカーランのお陰でタイヤ戦略にはやや余裕が出てくるでしょうか?
しかし、日差しが強く路面温度は非常に高いコンディションが続いています。
#HungarianGP #F1JP

レースは5周目、この周を終えレースが再開されます!
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

さあ、レースが再開されました!
ハミルトンがフェルスタッペンを狙う!
しかし、フェルスタッペンも間単には譲りません!
#HungarianGP #F1JP

そしてアロンソも前を行くサインツに攻撃的な動きを見せました。
ここから好ペースでサインツにプレッシャーをかけていきたいところです。
#HungarianGP #F1JP

7周目、ベッテルが最速ラップを刻み、逃げる姿勢を見せます!
そしてフェルスタッペンに10秒ペナルティが出ました!
追いかけるハミルトンはこれで少し楽になったでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

8周目、ここからDRSが使用可能となりました!
#HungarianGP #F1JP

8周目、ベッテルがさらに最速ラップを更新!
ライコネンとの差を2.3秒に広げています。
#HungarianGP #F1JP

そして2番手のライコネンもボッタスに対し、良いペースを見せています!
2.3秒後方にボッタスを離しており、フェラーリにとって理想的な序盤戦となっています!
#HungarianGP #F1JP

そして、9番手のバンドーンが前のペレスの1秒以内に迫っています!
ここまで苦しい戦いを強いられてきましたが、今回彼にとってF1初入賞のチャンスがやってきました!
#HungarianGP #F1JP

レースは10周目、現在の順位は
1ベッテル
2ライコネン
3ボッタス
4フェルスタッペン
5ハミルトン
6サインツ
7アロンソ
8ペレス
9バンドーン
10オコン
#HungarianGP #F1JP

そして、5番手のハミルトンですが、ややフェルスタッペンに対し距離を取っているようです!
10秒ペナルティが出されたフェルスタッペンをピット作業で逆転する目論見でしょうか?
#HungarianGP #F1JP

ここまでフェラーリ勢が快調なペースを見せています!
2番手のライコネンはボッタスに対し、すでに4.8秒という大きなリードを築いています!
#HungarianGP #F1JP

12周目、DRSが解禁されましたがどのドライバーもコース上で抜くことは困難なようです。
9番手バンドーンは終始ペレスの1秒以内を走行していますが、なかなか前に出ることが出来ません。
#HungarianGP #F1JP

13周目、7番手アロンソはサインツに4秒のリードを許しています。
リスタート時には前に出る素振りを見せましたが、この第一スティントでやや遅れています。
#HungarianGP #F1JP

ペナルティを受けてしまった4番手フェルスタッペンがボッタスの1.7秒後方で追いかけています!
これは今回のレッドブル勢の好調さを象徴するペースですが、それだけに1周目の接触が悔やまれますね。
#HungarianGP #F1JP

16周目、現在フェラーリ勢のみが1分22秒台で走行中。
後ろのボッタスは彼らと同じ画面で捉えられないほど離されてしまいました!
#HungarianGP #F1JP

17周目、ベッテルとライコネンは3秒差をキープ!
ここまで盤石の速さを見せています。
#HungarianGP #F1JP

18周目、スタート時の攻防で審議となっていたアロンソとサインツの件は両者にペナルティ無しという結果になりました。
#HungarianGP #F1JP

19周目、ここで3番手ボッタスが自己ベスト更新!
ようやくフェラーリ勢に匹敵するペースを見せ始めました。
現在2番手ライコネンとボッタスの差は6秒です!
#HungarianGP #F1JP

19周目、11番手を走っていたパーマーをヒュルケンベルグが抜いていきました!
#HungarianGP #F1JP

レースは20周目、現在の順位は
1ベッテル
2ライコネン
3ボッタス
4フェルスタッペン
5ハミルトン
6サインツ
7アロンソ
8ペレス
9バンドーン
10オコン
#HungarianGP #F1JP

26周~50周:トップのベッテルにマシンの不調が襲い掛かる!?

©Pirelli

このハンガロリンクは抜きにくいコースということもあって、ここまで大きな順位変動はありません。
しかし、まもなく迎えるピットストップはこのレースの大きな山場となりそうです!
#HungarianGP #F1JP

そして、急遽参戦を果たしたディレスタは現在17番手。
ザウバー勢の前を走行しており、慣れないマシンを懸命に走らせています!
#HungarianGP #F1JP

21周目、最初にピットに入ってきたのはハースのグロージャンでした!
スーパーソフトからソフトへ履き替え、これがどうやら最後のピット作業となるようです!
#HungarianGP #F1JP

ピットから出た直後のグロージャンにトラブル!
タイヤのナットがしっかりと留まっていなかったようです!
#HungarianGP #F1JP

グロージャンのマシンはセクター2でストップしています!
#HungarianGP #F1JP

23周目、グロージャンのマシンが撤去され、イエローフラッグが解除されました。
#HungarianGP #F1JP

23周目、ライコネンがややベッテルとの差を詰めたでしょうか?
3秒あったリードが2秒に縮まっています。
#HungarianGP #F1JP

そして、ライコネンとボッタスとの差は以前として6秒。
このギャップではボッタスがフェラーリ勢をピット作業で逆転することは難しいですね。
#HungarianGP #F1JP

25周目、7番手のアロンソはサインツとの差を1.5秒にまで縮めてきました!
これはピットストップでの攻防に持ち込める可能性が出てきました。
#HungarianGP #F1JP

26周目、ベッテルがチームラジオでステアリングに違和感を訴えています!!
先ほどからややペースが落ちていますが、これが原因となるとこの後の展開に大きな影響を与えるかもしれません!
#HungarianGP #F1JP

27周目、ベッテルのペースは極端に落ち込んでいる訳ではありませんが、チームメイトのライコネンは自己ベストを更新。
差は2秒を切り、ベッテルにはやや苦しい展開となってきました。
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

28周目、まだ上位陣はピットに入ってきません。
これならば多くのマシンが1ストップで走り切ることになりそうです。
#HungarianGP #F1JP

29周目、ベッテルのペースがまだ落ち込んできました!
ライコネンはすでに1秒後方まで迫っており、ややベッテルに蓋をされる格好となっています。
#HungarianGP #F1JP

レースは30周目、現在の順位は
1ベッテル
2ライコネン
3ボッタス
4フェルスタッペン
5ハミルトン
6サインツ
7アロンソ
8ペレス
9バンドーン
10オコン
#HungarianGP #F1JP

30周目、メルセデスのクルーが出てきました!
ここでボッタスがピットに入りソフトタイヤへ交換!
#HungarianGP #F1JP

これでフェラーリ勢にも動きがあるでしょうか?
レースはまだ半分以上残っています!ここからソフトタイヤでの攻防が始まろうとしています!
#HungarianGP #F1JP

32周目、続いてハミルトンがピットへ!
これでフェルスタッペンの逆転を狙います!
ハミルトンはボッタスの3秒後方でコースに戻りました。
#HungarianGP #F1JP

そして、フェラーリのクルーも出る!
先に入ったのはベッテルです!
#HungarianGP #F1JP

ベッテルはボッタスの前でコースに復帰!
この間ボッタスが1分21秒台という素晴らしいペースを刻んでいます!
#HungarianGP #F1JP

33周目、ここでライコネンもピットへ!
ライコネンはベッテルのすぐ後ろでコースに戻りました!
#HungarianGP #F1JP

そしてこのピットストップでメルセデス勢がフェラーリ勢に大きく詰め寄ることになりました!
35周目、今度はハミルトンがここで自己ベストを記録しています!
#HungarianGP #F1JP

35周目、アロンソがサインツに攻撃を仕掛けています!
しかし、なかなか前に出ることが出来ません。
ピットストップで逆転出来るでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

36周目、2番手ライコネンと3番手ボッタスの差は2.8秒。
トップ争いは少しづつ接戦になってきたでしょうか!?
#HungarianGP #F1JP

36周目、そしてアロンソとサインツが同時にピットイン!
しかし、順位は変わらずサインツが前!しかし、ライバルを追いかけるアロンソが今日はイキイキとした走りを見せています!
#HungarianGP #F1JP

37周目、ハミルトンがボッタスの1秒後方に迫ってきました!
ボッタスはここ最近コンスタントにポイントを重ねており、タイトル争いに名乗りを上げようかというところ。
ハミルトンの新たなライバルになるかもしれませんね。
#HungarianGP #F1JP

39周目、アロンソがサインツをオーバーテイク!
これで6番手浮上です!
#HungarianGP #F1JP

39周目、以前としてベッテルはペースを上げることが出来ません!
ベッテルに対し、ライコネン、ボッタス、ハミルトンが迫っており、なんと優勝争いは4台での激しい戦いとなってきました!
#HungarianGP #F1JP

40周目、現在の順位は
1フェルスタッペン
2ベッテル
3ライコネン
4ボッタス
5ハミルトン
6バンドーン
7ヒュルケンベルグ
8パーマー
9アロンソ
10サインツ
#HungarianGP #F1JP

51周~フィニッシュ:

©Pirelli

41周目、ペースの上がらないベッテルに対し、ライコネンはやや不満があるようです!
後方からメルセデス勢が迫っており、快調だった序盤からは想像できない状況となってきました!
#HungarianGP #F1JP

42周目、ここでフェルスタッペンがピットへ!
10秒ペナルティを消化し、タイヤを交換。
5番手でコースに復帰しています。
#HungarianGP #F1JP

43周目、そしてバンドーンもここでピットへ!
しかし、作業が遅れた!!
残念ながら12番手まで順位を落としてしまいました。
#HungarianGP #F1JP

バンドーンは適切な位置でマシンを停めることが出来ませんでした。
これで作業が遅れてしまったようですね。
#HungarianGP #F1JP

44周目、上位4台はベッテルのペースに合わせて全車1分22秒台で走行中。
各車1.5秒間隔で走行しています!
#HungarianGP #F1JP

45周目、ここでフェルスタッペンが1分20秒490で最速ラップ!
これはトップ集団から2秒近く速いペースです!
フェルスタッペンとトップ集団との差は現在14秒。レース終盤までに追いつく可能性が出てきました!
#HungarianGP #F1JP

46周目、そしてメルセデス勢に異変!
ハミルトンがボッタスの前に出ています!
ボッタスはハミルトンに対し、順位を譲りました!
#HungarianGP #F1JP

これでハミルトンは一気に攻勢に出るでしょうか?
するとフェラーリ勢にはより大きなプレッシャーがかかることになりそうです!
#HungarianGP #F1JP

47周目、そしてハミルトンがライコネンの1.8秒後方に迫ってきました!
そしてボッタスがトップ集団から遅れ始めています!
#HungarianGP #F1JP

先ほど順位を譲ったボッタスはハミルトンからすでに3.5秒も遅れています!
こちらも何かマシンに違和感を感じているのでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

48周目、ボッタスのチームラジオではハミルトンがフェラーリ勢を抜けなかった場合、ボッタスに対し順位を戻すという約束を交わしていたようです。
となると、ハミルトンはいつも以上に攻撃的な動きを見せる可能性をありますね。
#HungarianGP #F1JP

50周目、現在の順位は
1ベッテル
2ライコネン
3ハミルトン
4ボッタス
5フェルスタッペン
6アロンソ
7サインツ
8ペレス
9オコン
10バンドーン
#HungarianGP #F1JP

51周目、順位を入れ替えたメルセデス勢に対し、フェラーリは順位を入れ替える様子はありません。
#HungarianGP #F1JP

51周目、いよいよハミルトンがライコネンのDRS圏内に入りました!
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

52周目、ハミルトンはここからオーバーテイクモードを使用し、攻勢に出るようです!
ここからフェラーリはどのような戦いを見せるでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

53周目、ここでライコネンがペースを上げました!
一気にベッテルの0.7秒後ろに迫り、ベッテルにプレッシャーをかけています!
#HungarianGP #F1JP

前のベッテルに蓋をされたライコネンですが、後ろからのプレッシャーも徐々に強まりつつあります。
#HungarianGP #F1JP

54周目、ベッテルの前方には周回遅れのマシンが出てきました!
この周回遅れの処理も非常に難しいですが、ベッテルはここをうまく切り抜けていきます。
#HungarianGP #F1JP

55周目、トップ争いが熾烈ですが、6番手を走行中のアロンソはサインツ5秒のリード。
今季ベストリザルトは徐々に目前に迫っています!
#HungarianGP #F1JP

そして、5番手フェルスタッペンがボッタス8秒後ろまでやってきました!
レースは残り13周。10秒ペナルティで失った順位を取り戻せるでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

57周目、3番手に上がったハミルトンですが、ここまでライコネンに仕掛けることが出来ていません。
依然として1秒以内での争いが続いています!
#HungarianGP #F1JP

58周目、メルセデスの首脳陣からハミルトンに対し、攻勢に出るようにとの指示がありました!
これを聞いて再びハミルトンがペースを上げます!
#HungarianGP #F1JP

59周目、ライコネンはややマシンの挙動を乱すシーンが増えてきたでしょうか?
長い間ベッテルの乱気流を受けて、タイヤの状態がやや悪くなってきているようです。
#HungarianGP #F1JP

しかし、それと同じ状況のハミルトンも一瞬挙動を乱しました!
しかし、無事コースに留まっています。
#HungarianGP #F1JP

今週末はマシンの出来が今ひとつだったハミルトンですが、ライバルのトラブルにも助けられ上位進出のチャンスが巡ってきています。
これを活かせるかどうかが、シーズン終盤に自らを助ける可能性があります。
#HungarianGP #F1JP

61周目、現在の順位は
1ベッテル
2ライコネン
3ハミルトン
4ボッタス
5フェルスタッペン
6アロンソ
7サインツ
8ペレス
9オコン
10バンドーン
#HungarianGP #F1JP

62周目、ハミルトンは少しづつライコネンに迫っていますが、ライコネンもここまで落ち着いて対処しています。
#HungarianGP #F1JP

63周目、急遽参戦のディレスタのマシンにトラブル!
ここで残念ながらマシンをガレージに戻しますが、いきなりという難しい状況でもレースを戦いました。
#HungarianGP #F1JP

64周目、ライコネンがハミルトンとの差を1.5秒に広げました。
ハミルトンもややタイヤが苦しい状況を迎えているようです!
#HungarianGP #F1JP

レースは残り5周。
一時は大接戦となったトップ争いにここまで大きな順位変動はありません。
#HungarianGP #F1JP

そして5番手のフェルスタッペンがボッタスの2.5秒後方に迫っています!
ボッタスはハミルトンから順位を戻してもらえる約束となっていますが、順位を守り切れるでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

残り4周、ライコネンが再びベッテルに近づいています!
その差は再び1秒差となりました!
#HungarianGP #F1JP

そして、4番手ボッタスはすでにハミルトンから7秒以上離されています。
その1秒後ろにはフェルスタッペンが迫ってきました!!
#HungarianGP #F1JP

レースは残り3周、各車タイヤの状況が苦しいこともあってか、マシンをスライドさせるシーンが目立っています!
しかし、トップのベッテルは依然としてトップを守っています!
#HungarianGP #F1JP

残り2周、今度はフェルスタッペンがマシンを滑らせ、ボッタスはややリードを広げることができました!
#HungarianGP #F1JP

69周目、ここでルノーのヒュルケンベルグがリタイア。
マシンをガレージに戻しています。
#HungarianGP #F1JP

そしてベッテルがいよいよファイナルラップに入りました!
#HungarianGP #F1JP

ステアリングにトラブルを抱えながらもなんとかトップを守ったベッテル。
今季4勝目のチェッカーを受けます!
そして2位にはライコネン!フェラーリが1-2フィニッシュ達成!!
#HungarianGP #F1JP

そして、ハミルトンはボッタスに順位を譲り4番手でフィニッシュ!
ボッタスとフェルスタッペンとの僅かなところにマシンをねじ込み、フェアなレースを見せています!
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

そしてマクラーレンホンダはアロンソが6番手!最後には最速ラップも刻み今季ベストリザルトです!
そしてバンドーンも初入賞を果たし、マクラーレンホンダがW入賞を決めています!
#HungarianGP #F1JP

まとめ

©Pirelli

F1ハンガリーGP決勝結果です(暫定)
1ベッテル
2ライコネン
3ボッタス
4ハミルトン
5フェルスタッペン
6アロンソ
7サインツ
8ペレス
9オコン
10バンドーン
ここまでが入賞圏内です。
#HungarianGP #F1JP

以下は
11マグヌッセン
12クビアト
13パーマー
14ストロール
15ウェーレイン
16エリクソン
17ヒュルケンベルグ

リタイアは
ディレスタ、グロージャン、リカルドという結果に終わりました!
#HungarianGP #F1JP

今回フェラーリが優勢で迎えたレースでしたが、ベッテルのマシン不調で緊迫した展開が続きましたね!
しかし、見事1-2フィニッシュを達成し、ベッテルは再びハミルトンにリードを広げる形となりました。
#HungarianGP #F1JP

そして、マクラーレンホンダもこのハンガリーGPに照準を合わせた戦略で、見事W入賞を達成!
アロンソの力強い走りも非常に見応えがあり、みなさんも楽しめた1戦だったのではないでしょうか?
#HungarianGP #F1JP

©Pirelli

そして、ハンガリーGPを終えてF1は一旦夏休みに入り、次戦は伝統のドライバーズサーキット、スパ・フランコルシャンでベルギーGPを迎えます!
ここからの後半戦も激しいフェラーリ対メルセデスの戦いが見られそうですね!
#HungarianGP #F1JP

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!
それではまた次戦ベルギーGPでお会いしましょう!
本日はこの辺で失礼します!
#HungarianGP #F1JP

 

あわせて読みたい

一回勝っただけで世界チャンピオン!?長いF1の歴史の中でも珍しい2人の世界王者とは

世界一速い国はどこ?F1チャンピオンが最も多い国を調査してみた

大ブームだった富士グランチャンピオンレースから見えるカスタム&人気ホイール6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com