Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Entertainment

超速いドローンでレースに挑戦!男の子なら趣味にしたくなる3つの新しい遊び

なんでもいいからモータースポーツを始めたい!けど、何から始めたらいいのかわからない。そんなあなたのために、手軽に始められるモータースポーツをご紹介します。エンジンだけじゃない!電気で動くモーターも立派なモータースポーツ!新たな趣味のひとつとして、いかがでしょうか?

出典:https://www.youtube.com/

出典:https://www.youtube.com/

実車顔負けのドリフト!ドリラジ!

出典:https://www.youtube.com/

出典:https://www.youtube.com/

大人気モータースポーツのドリフトをRCカーで楽しむ、ドリラジの世界!

深いアングルで滑り抜ける姿は、実車顔負けで目を引くこと間違いなし!

元々は、普通のラジコンに塩ビ管などで作ったタイヤを履かせて無理やりスライドさせて楽しんでいましたが、近年はドリフト専用のマシンも多く登場。

出典:https://www.youtube.com/

出典:https://www.youtube.com/

通常のツーリングカーよりも、前輪の切れ角を増やし、タイヤも専用設計の樹脂やゴム製の超ハードタイヤを装備することで、ドリフト時の車体コントロールがしやすいように設計されています。

また、RCカーであるということから、デザインの自由度も高く、自分だけのオリジナルマシンや憧れの選手のレプリカを作ることまでできちゃいます!

タミヤやヨコモなどのメーカーから、入門用に全てそろったパッケージも販売していますので、こちらから始めてみてはいかがでしょうか?

 

手のひらサイズでめちゃめちゃ速い!ミニ四駆!

出典:http://www.tamiya.com/

出典:http://www.tamiya.com/

子どもから大人まで、多くの世代が楽しんだのがミニ四駆!今、ブームが再燃していることをご存知ですか?

大人の手と同じぐらいのサイズ感で、驚くほど速く走り、カスタムパーツもとにかく豊富。

また、プラモデル感覚で作れるため、子どもひとりで組み立てることも簡単かと思います。

出典:http://www.tamiya.com/

出典:http://www.tamiya.com/

一台あたりが600円~1000円程度の金額なので、改造費を入れても1万円以下でかなり速いマシンを作ることが可能です。

子どものいる方は、子どもと一緒に。大人になって財力の増えた方は、あの頃作れなかった最強のマシンを作って、全国大会「ジャパンカップ」に出よう!

ドリラジと同じように、入門者向けで、マシンと一通りのパーツが入ったスターターパックが販売されていますので、ここから楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

最新だからこそ楽しみたい!ドローン!

出典:http://codicamp.org/

出典:http://codicamp.org/

何かと話題になることが多い、小型航空機ドローン。

ヘリコプターや飛行機のラジコンと比べると、ある程度場所を選ばず手軽に飛ばすことが可能で、ホビーとしてだけではなく、空撮の世界などでも、大きく注目されています。

出典:drlsimulator.com

出典:drlsimulator.com

そんなドローンを使ったレースが、世界中で盛り上がっているんです!

広場やスタジアムでに専用のコースを作り、そこを誰よりも速く飛び抜けます。

その車載映像がスゴイので、併せてどうぞ。

ほとんどゲームの世界のようなドローン。まだ日本では飛ばせるところが少ないですが、専用の飛行場なども立ってきているので、今のうちに始めておくと、周りに差をつけられるかもしれません!

 

プラモデル・RCカーメーカー、KYOSHOからも発売予定!

出典:http://www.kyosho.com/jpn/

出典:http://www.kyosho.com/jpn/

現在のドローンは、少々複雑な設定や操作方法などから、入門者としては少々敷居が高めです。

それを解決するために、老舗ラジコンメーカー京商から発売予定なのが「DRONE RACER」!

このドローンレーサーの大きな特徴は、高度と速度制限。

初心者、中級者に併せて、ボタン一つでドローン自体の速度制限をかけることができることと、最高地上高を設定し、地上35cm程度の高さを滑空します。

これによって、ドローンが遠くまで、空高くまで行きすぎて見えない。といった現象を回避でき、コース自体の障害物の配置にも自由度が増します。

今後要注目のドローンレーサーは、9月24日(土)と25日(日)に東京ビックサイトで開催される「2016 第56回 全日本模型ホビーショー」で発表予定。

お時間のある方は、是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

2016 第56回 全日本模型ホビーショー

開催日時 (一般公開日):2016年9月24日(土) 9:30 ~ 17:00

2016年9月25日(日) 9:30 ~ 16:30

開催場所: 東京ビッグサイト 西3・4ホール(東京都江東区有明3−11−1)

入場料:1,000円(税込) ※中学生以下は無料

全日本模型ホビーショー公式HP:http://hobbyshow.co.jp

 

京商株式会社公式HP:http://www.kyosho.com/jpn/

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

今すぐ始められるモータースポーツ、迷っているようであれば、まず一歩足を出してみるのも面白いと思いますよ!

新しい趣味を持てば、毎日家に帰るのが楽しくなる!週末のお出かけが、楽しくなります!

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com