Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Race

F1決勝速報!なんと8台もリタイヤ!?大波乱のレース、制したのは誰だ!?

世界最高峰フォーミュラカーレース、F1!その第14戦、シンガポールGPの結果はどうだったのか!?勝ったのは、いったい誰だ!?最速で振り返るF1シンガポールGP2017!

©Pirelli

Motorz公式Twitter[@Motorz_jp]はコチラ

2017年 F1GP 第14戦 シンガポールGP リザルト

©Pirelli

2017年 F1GP 第14戦 シンガポールGP リザルト

1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:ダニエル・リカルド(レッドブル)
3位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
4位:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
5位:セルジオ・ペレス(フォースインディア)
6位:ジョリオン・パーマー(ルノー)
7位:ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
8位:ランス・ストロール(ウィリアムズ)
9位:ロマン・グロージャン(ハース)
10位:エステバン・オコン(フォースインディア)
11位:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
12位:パスカル・ウェーレイン(ザウバー)

 

以下リタイヤ

ケビン・マグヌッセン(ハース)

ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

マーカス・エリクソン(ザウバー)

ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

キミ・ライコネン(フェラーリ)

 

シンガポールGPの見どころ

©Pirelli

みなさん、こんばんは!
こちらのMotorzツイッターアカウントでは、これから始まるF1第15戦シンガポールGP決勝レースの様子をお伝えします。
宜しければ、本日もどうぞ最後までお付き合いください!
#SingaporeGP #F1

今回戦いの舞台となるマリーナ・ベイ・ストリートサーキットは現在ドライコンディションとなっています。
レース前には激しい雨が降ったようですが、各車スリックタイヤでスタート進行を行っています。
#SingaporeGP #F1

現在は止んでいる雨もレース中に再び落ちてくる可能性もあるようで、レースは最後まで目が離せない展開となりそうです。
#SingaporeGP #F1

それでは、最初に昨日の予選を振り返りましょう。
今回見事ポールポジションを獲得したのはフェラーリのベッテルでした。
ハンガリーGP以来、通算49回目のポール獲得はウォールにヒットしながら凄まじいアタックで、貫禄のある走りを見せました。
#SingaporeGP #F1

そして、ベッテルに続いたのはレッドブル勢。
今回は金曜日から非常に好調で予選でも2名のドライバーの速さが爆発!
フェルスタッペンには史上最年少でのポール獲得に期待が懸りましたが、Q3で惜しくも2番手に。
今日の戦いぶりが非常に楽しみなチームです。
#SingaporeGP #F1

一方、ランキング首位に立つメルセデス勢は今季ワーストとなるハミルトン5番手、ボッタス6番手。
近年苦手としているこのコースでは、今年も3列目に沈んでしまうことになりました。
何とかレースで巻き返しを図り選手権でのリードを守りたいところです。
#SingaporeGP #F1

F1シンガポールGP 暫定スターティンググリッドは以下の通りです。
1ベッテル
2フェルスタッペン
3リカルド
4ライコネン
5ハミルトン
6ボッタス
7ヒュルケンベルグ
8アロンソ
9バンドーン
10サインツ
ここまでがQ3進出組です。
#SingaporeGP #F1

以下は
11パーマー
12ペレス
13クビアト
14オコン
15グロージャン
16マグヌッセン
17マッサ
18ストロール
19ウェーレイン
20エリクソン ※

※はグリッド降格
#SingaporeGP #F1

©Pirelli

今回のシンガポールGPで来季より決別を発表したマクラーレンホンダは、アロンソ8番手、バンドーンが9番手と両者揃ってQ3進出。
マクラーレンとホンダが共に戦うのは残りわずかとなりましたが、このシンガポールでの入賞に期待が持てる予選を戦いました。
#SingaporeGP #F1

ここでコース上には雨が落ちてきました!
スタンドで見守るファンはカッパを羽織り始め、これはレースにも影響が出ることになりそうです!
#SingaporeGP #F1

続いて、ここまでのポイントランキングをおさらいしておきましょう!
現在ドライバーズランキングの首位に立っているのはハミルトン。
夏休み明けから快進撃を見せベルギーとイタリアで連勝を飾り、遂にベッテルから首位の座を奪うことに成功しています。
#SingaporeGP #F1

そのハミルトンを追いかけるベッテルですが、首位との差はわずか3ポイント差。
今日のレース結果次第では再逆転も十分視野に入り、今日はタイトル争いの流れを引き寄せる重要な1戦となりそうです!
#SingaporeGP #F1

F1 ドライバーズランキング(イタリアGP終了時)

1ハミルトン 238点
2ベッテル 235点
3ボッタス 197点
4リカルド 144点
5ライコネン 138点

#SingaporeGP #F1

雨が少しずつ強くなってきたでしょうか?
今日のレースは61周で争われますが、2008年の開催から10年目を迎えて初めてのウェットレースとなりそうです。
どうやら各車ウェットタイヤでスタートしそうなので、通常のタイヤ交換義務は適用外となりそうです。
#SingaporeGP #F1

さあ、スタートタイヤが明らかになりました!
上位6台は浅い溝のインターミディエイト!そして、ヒュルケンベルグ、マクラーレン勢など後方のマシンは深い溝のウェットを選択している選手も多いですね!
#SingaporeGP #F1

さあ、各車フォーメーションラップに向かいました!
#SingaporeGP #F1

インターミディエイトを選択したのはフェラーリ、レッドブル、メルセデス、トロロッソ、フォースインディア、さらにはグロージャン、ストロールです!
しかし、マシンから出る水煙は多いように見えます!
#SingaporeGP #F1

どうやらドライバーからの状況報告では視界が悪いようです!
そのなか各車グリッドに並んでいきます!序盤から順位変動の多い展開となりそうですね!
全車グリッドに整いました!!
#SingaporeGP #F1

スタート~20周:大クラッシュ発生!?

レースが今ブラックアウト!!!
ライコネンが好スタート!しかし、フェルスタッペンと接触!両者リタイア!
さらにはベッテルもスピンアウト!フェラーリ勢はこれで全滅でしょうか?
#SingaporeGP #F1

フェルスタッペンも良い蹴り出しを見せたのですが、そのさらにインを突いたライコネンと接触してしまいました!
それでバランスを崩したライコネンはベッテルに接触。
これで首位にはハミルトンが立っています!
#SingaporeGP #F1

現在レースはセーフティーカーが先導中。
上位の接触に多くのマシンが巻き込まれてしまいました。
#SingaporeGP #F1

レースはオープニングラップを終え現在の順位は
1ハミルトン
2リカルド
3ヒュルケンベルグ
4ペレス
5ボッタス
6パーマー
7バンドーン
8オコン
9サインツ
10マグヌッセン
#SingaporeGP #F1

以下は
11クビアト
12アロンソ
13ストロール
14マッサ
15グロージャン
16エリクソン
17ウェーレイン

そして早くもベッテル、フェルスタッペン、ライコネンが姿を消しています!
#SingaporeGP #F1

ハミルトンは今回低調でしたが、労せず首位に立つことが出来ました。
これはタイトルに大きく近づくスタートだったと言えるでしょう!
しかし、彼の後方には好調のリカルドが控えています。
#SingaporeGP #F1

そして、これまでデビューから131戦に渡って表彰台が無いヒュルケンベルグにそのチャンスが訪れています!
雨中を得意とする彼のテクニックが発揮されるでしょうか?
彼の初表彰台を目指した走りにも期待ですね!
#SingaporeGP #F1

さて、コース上の雨量はやや少なくなってきたでしょうか?
このセーフティカーランでタイヤを変えるドライバーはあまり現れていません。
#SingaporeGP #F1

レースは4周目に入りました。
上位でインターミディエイトを履いているのはハミルトンとリカルド、さらには5番手のボッタス。
それ以外のドライバーはウェットタイヤを装着しています。
#SingaporeGP #F1

現在ウェットタイヤ装着組の先頭は3番手のヒュルケンベルグ。
この後の天候次第ではトップに立てるチャンスも出てきそうですが、果たしてどうなるでしょうか?
#SingaporeGP #F1

さあ、5周目からレースが再開されます!
#SingaporeGP #F1

今レースがリスタート!
各車タイヤがまだ暖まっていないでしょうか?
ここで6番手パーマーがボッタスをオーバーテイク!
#SingaporeGP #F1

ウェットタイヤのパーマーに対して、インターミディエイトのボッタスはタイヤの熱入れに苦労しているでしょうか。
同じくインターミディエイトを履くリカルドもややマシンの操作に苦労しているようです。
#SingaporeGP #F1

そして、追い抜きを許したボッタスにバンドーンが迫っています!
#SingaporeGP #F1

6周目、ハミルトンが一気にスパート!!
早くもリカルドに対し3.7秒のリードを築いています!
#SingaporeGP #F1

ハミルトンは他の全車より2秒近く速いタイムを刻んでいます!
スタートの混乱を潜り抜け、雨での好走が光ります!
その差は再び開き、4.2秒となっています。
#SingaporeGP #F1JP

ここでアロンソがスローダウン!順位を14番手まで下げていますが、先ほどの接触に巻き込まれたのが影響しているようですね。
#SingaporeGP #F1JP

そして、8番手争いが接近!
オコンに対してサインツが勝負を挑んでいます。
予選では好結果を出し、来季ルノーのシートを勝ち取ったサインツは、レースでも良いところを見せられるでしょうか?
#SingaporeGP #F1JP

ここでハミルトンが再び最速ラップを記録!
リカルドは昨日の好調さから一転、ここまではなかなかペースを発揮することが出来ていません。
#SingaporeGP #F1JP

雨は少しずつ弱くなっているようですね。
インターミディエイトを履いた選手のタイムが上がり始めています!
ウェットタイヤ装着組も自己ベストを刻む選手が多いですが、インターミディエイト組と比較すると、やや劣勢な状況に見えます。
#SingaporeGP #F1JP

9周目、ここでアロンソがガレージに戻りリタイア。
抜群のスタートを決めたのですが、それが故に接触に巻き込まれる形となりました。
雨の速さが発揮されそうな状況だっただけに悔やまれるリタイアとなってしまいました。
#SingaporeGP #F1JP

10周目、現在首位ハミルトンとリカルドの差は5.6秒。
リカルドも少しずつペースを上げてきましたが、まだハミルトンを上回るペースには届いていません!
#SingaporeGP #F1JP

11周目、マシンからの水煙はスタート直後から随分少なくなってきました。
ここで11番手のクビアトがマグヌッセンを抜き10番手に浮上!
しかし、すぐさまウォールにクラッシュしています!!!
#SingaporeGP #F1JP

11周目、ここで再びセーフティカーが導入されました!
#SingaporeGP #F1JP

ここで2番手リカルドがピットへ!
リカルドが装着したタイヤは….インターミディエイトですね!
#SingaporeGP #F1JP

そして、ウェットタイヤで走行していたペレスもピットへ入り、インターミディエイトへ交換しています!
#SingaporeGP #F1JP

12周目、現在の順位は
1ハミルトン
2ヒュルケンベルグ
3リカルド
4パーマー
5ボッタス
6バンドーン
7サインツ
8ペレス
9ストロール
10マッサ
#SingaporeGP #F1JP

以下は
11グロージャン
12オコン
13エリクソン
14ウェーレイン
15マグヌッセン

リタイアは
クビアト、アロンソ、フェルスタッペン、ベッテル、ライコネン
#SingaporeGP #F1JP

13周目、ここでルノー勢、バンドーンもインターミディエイトへ交換!
これでリカルドが再び2番手を取り戻しています!
#SingaporeGP #F1JP

ここまでまだピットに入っていないのはメルセデス勢、4番手のサインツ、さらには8番手のストロールです。
しかし、ハミルトンのタイヤは溝がかなり減っているように見えます。
この判断は後にどう影響するでしょうか?
#SingaporeGP #F1JP

13周目、クビアトがクラッシュしたターン4はマシンが撤去されました!
レース再開はまもなくとなりそうです!
#SingaporeGP #F1JP

リスタート後に新品タイヤを履くリカルドはハミルトンに一気に襲い掛かる可能性もありそうですね!?
さらには5番手のヒュルケンベルグもサインツ、ボッタスといった面々にどのような戦いを仕掛けるのか注目です!
#SingaporeGP #F1JP

ハミルトンが後続を牽制し始めました!
14周目、レースが再開されます!
#SingaporeGP #F1JP

トップ争いはこのリスタートで大きな動きはありませんでした。
しかし、4番手のサインツがボッタスに迫っています!
#SingaporeGP #F1JP

15周目、まだピットに入っていないハミルトンですが、リスタート後もペースは好調!
早くも1.7秒のリードを築き、一度目のリスタート同様に後続を引き離すことに成功しています!
#SingaporeGP #F1JP

そして、先ほどボッタスに挑んでいたサインツですが、今度は新品タイヤを履くヒュルケンベルグに追われる格好となっています。
#SingaporeGP #F1JP

16周目、まだウェットタイヤを履く10番手マッサにオコンとマグヌッセンが迫っています!
オコンの隙をついてマグヌッセンが12位へ浮上しました!
#SingaporeGP #F1JP

17周目、マッサに迫るマグヌッセンがマッサをパス!
それに続いてオコンもマッサの前へ!どちらのバトルもあわやクラッシュというヒヤヒヤの展開でしたが、3台とも無事に切り抜けています!
#SingaporeGP #F1JP

18周目、ハミルトンが毎周のように最速ラップを記録しています!
しかし、リカルドが新品タイヤを履いていることもあってか、先ほどのように顕著なタイム差はありません。
#SingaporeGP #F1JP

18周目、ここでマッサがようやくウェットからインターミディエイトへ交換しています!
#SingaporeGP #F1JP

レースは19周目、現在の順位は
1ハミルトン
2リカルド
3ボッタス
4サインツ
5ヒュルケンベルグ
6ペレス
7パーマー
8ストロール
9バンドーン
10グロージャン
#SingaporeGP #F1JP

19周目、タイム的にはまだインターミディエイトが合っているようですが、水煙はかなり少なくなりました。
天候が持つようであれば、今後スリックタイヤが登場する可能性もありそうですね。
#SingaporeGP #F1JP

20周目、まだタイヤ交換を行っていないメルセデス勢、サインツは自己ベストを刻んで走行しています。
#SingaporeGP #F1JP

20周目、ハミルトンとリカルドの差は3.9秒となりました。
ここでストロールがコースオフ!ラインを外すとまだコースは滑りやすい状況にあるでしょうか?
#SingaporeGP #F1JP

21周~40周:ジリジリとした中盤戦

©Pirelli

21周目、各車が走行しているレコードラインは少しずつ乾いてきていますね!
しかし、なかなか全車ラップタイムが上がっていないので、まだスリックタイヤは時期尚早といったところでしょうか。
#SingaporeGP #F1JP

ハミルトンは周囲より古いタイヤを履いているにも関わらず、滑らかなライン取りで走行を続けています。
ややマシンをスライドさせるシーンもありますが、落ち着いてコントロール出来ており前戦イタリアで見せた強さを思い出させる走りを披露しています!
#SingaporeGP #F1JP

24周目、15番手ウェーレインがインターミディエイトへ履き替え、これでコース上の全車がインターミディエイトを装着しています!
#SingaporeGP #F1JP

24周目、レースは開始から1時間が経とうとしています。
このペースだと予定されていた61周を走り切れず、2時間が経過した時点でレース終了のルールが適用されそうです。
#SingaporeGP #F1JP

25周目、ここでマグヌッセンがピットへ!
装着したのは….ウルトラソフトです!
#SingaporeGP #F1JP

このレースで初めてスリックタイヤが登場し、続いてマッサもウルトラソフトへ交換!
これは全チームが彼らのタイムに注目することになりそうです!
果たして吉と出るでしょうか?
#SingaporeGP #F1JP

26周目、ウルトラソフトのマグヌッセンはまだ自己ベストは出せていません!
#SingaporeGP #F1JP

さらにはウルトラソフトの場合、レコードラインを外した際にタイヤを冷やしてしまうだけでなくクラッシュのリスクも伴います。
しかし、ここでタイヤが暖まってきたか?自己ベストに近いタイムを刻み始めました!
#SingaporeGP #F1JP

これを見て27周目、ストロールもピットへ!
この間にマグヌッセンは自己ベストを更新しています。
まもなく上位でもスリックタイヤを履く選手が現れるのではないでしょうか?
#SingaporeGP #F1JP

28周目、ここでトロロッソも動く!サインツはスーパーソフトに交換!
バンドーンもウルトラソフトへ!しかし、マクラーレンはピットでミス!ややタイムを失ってしまいました。
#SingaporeGP #F1JP

先に動いたマグヌッセンは先じたこの戦略に成功!
10番手まで順位を上げてきました!
#SingaporeGP #F1JP

29周目、リカルド、ボッタスもピットへ!さらにヒュルケンベルグも続き、これでインターミディエイトを履くのはハミルトンとパーマーのみとなりました!
#SingaporeGP #F1JP

29周目、ここでハミルトンが最初のタイヤ交換へ向かいます!
素早い作業を終えトップでコースに戻っています!
#SingaporeGP #F1JP

30周目、これでコース上の全車がドライタイヤへの交換が終わりました。
#SingaporeGP #F1JP

30周目、現在の順位は
1ハミルトン
2リカルド
3ボッタス
4ヒュルケンベルグ
5サインツ
6ペレス
7パーマー
8バンドーン
9ストロール
10マグヌッセン
#SingaporeGP #F1JP

30周目、先ほどピットでタイムロスのあったバンドーンですが、順位を取り戻そうとパーマーに迫っています!
マシンの戦闘力もあって序盤は苦しんだバンドーンですが、最近は徐々に攻撃的な走りも増えていますね!
#SingaporeGP #F1JP

31周目、一方防戦に回るパーマーもここまで目立った活躍を見せられずにいました。
このシンガポールGPでは来季のシートを失うことが決まってしまいましたが、今後に向け戦いぶりをアピールするチャンスが訪れています!
#SingaporeGP #F1JP

32周目、コース上では各地でバトルが起こっています!
5番手サインツに迫るのは現在最速ペースで走るペレス。
両者の争いは非常に激しくなってきました!
#SingaporeGP #F1JP

33周目、ここでペレスがサインツに並びかける動きを見せました!
しかし、サインツもタイヤをロックさせながらブロック!
レコードライン以外は濡れている箇所も多く、追い抜きを仕掛けるのはまだ難しいようですね。
#SingaporeGP #F1JP

©Pirelli

34周目、ここで10番手を走っていたマグヌッセンをチームメイトのグロージャンがオーバーテイク!
さらにはオコンもマグヌッセンを交わし11番手に浮上しています!
#SingaporeGP #F1JP

35周目、リカルドがペースを上げ少しずつハミルトンに迫ろうとしています。
しかし、その差は9.4秒。
まだ、ハミルトンは余裕をもってレースをリードしています!
#SingaporeGP #F1JP

36周目、ここでリカルドが最速ラップを記録!
ハミルトンとの差を8.9秒まで詰めています。
#SingaporeGP #F1JP

そして3番手のボッタスのペースが上がってきました!
すでにリカルドからは16秒離されていますが、残りの周回で少しでも距離を詰めようと試みています。
#SingaporeGP #F1JP

37周目、ハミルトンはリカルドのペースを見て、自身のペースをコントロールしているようですね!
後続に合わせて緩急をつけたペースを刻んでおり、盤石の体制でリードを守っています。
#SingaporeGP #F1JP

38周目、ここでエリクソンがクラッシュ!!
コース上にマシンが横たわっており、これで本日3度目のセーフティカーの出動となります!
#SingaporeGP #F1JP

さあ、ここでピットストップの動きがあるかも知れませんね!
早速マッサが新品タイヤに交換し、コースに戻っています!
#SingaporeGP #F1JP

そして4番手のヒュルケンベルグがピットへ!
ヒュルケンベルグはピットで大きくタイムをロス!!
次々と順位を落としています!
#SingaporeGP #F1JP

ヒュルケンベルグはタイヤ交換ではなく、何かトラブルを抱えてピットに向かったようです。
残念ながら10番手まで順位を落とし、表彰台争いから脱落していまいました。
#SingaporeGP #F1JP

そして、トップのハミルトンは再三に渡って築いたリードが無くなり、やや苛立ちを見せています!
これで10秒近くあったギャップは水の泡になってしまいました。
#SingaporeGP #F1JP

40周目、現在の順位は
1ハミルトン
2リカルド
3ボッタス
4サインツ
5ペレス
6パーマー
7バンドーン
8ストロール
9グロージャン
10ヒュルケンベルグ
#SingaporeGP #F1JP

以下は
11オコン
12マグヌッセン
13マッサ
14ウェーレイン

ここまでのリタイアはエリクソン、クビアト、アロンソ、ベッテル、フェルスタッペン、ライコネン
#SingaporeGP #F1JP

41周~フィニッシュ:駆ったのは、ブッチギリのあの人!?

41周目、レースは終了まで30分を切りました。
このセーフティカーランでペースが落ちるため、どうやら2時間ルールの適用が確実となりそうです。
#SingaporeGP #F1JP

41周目、エリクソンがストップしていたターン9はマシンが撤去されました。
#SingaporeGP #F1JP

42周目、さあレースが三度目の再開となります!
#SingaporeGP #F1JP

上位3台はクリアなリスタートを切りましたが、4番手のサインツ以降はは団子状態となっています!
しかし、大きな順位変動はありませんでした!
#SingaporeGP #F1JP

43周目、またしてもリスタート後にハミルトンがスパート!
ドライとなった状況でもこうした場面でも勝負強さを十分に発揮しています!
すでにtリカルドとの差は4秒まで広がっています!
#SingaporeGP #F1JP

2番手のリカルドはこれまで前を追いかける展開でしたが、ここからはボッタスの追い上げにも注意が必要となりそうです!
両者の差は1.3秒。
メルセデス勢1-2フィニッシュも現実味を帯びてきました!
#SingaporeGP #F1JP

©Pirelli

45周目、しかしリカルドもハミルトンに負けじと最速ラップを記録!
トップとの差を2.4秒まで詰めています。
#SingaporeGP #F1JP

46周目、8番手ストロールから13番手のマグヌッセンまでが1秒間隔で走行しています!
誰かのバトルをきっかけに大きな動きがありそうな展開が続いていますが、この争いも現在は膠着状態となっています!
#SingaporeGP #F1JP

47周目、3番手ボッタスがリカルドとの差を1.1秒まで詰めています!
これは今後数周以内にDRSゾーンに入る可能性もありそうですね。
#SingaporeGP #F1JP

48周目、ここでハミルトンが最速ラップを更新!
リカルドとの差は2.4秒ですが、そのギャップ以上に余裕を感じさせる走りを見せています!
#SingaporeGP #F1JP

49周目、今日ここまで上位に進出してきたヒュルケンベルグですが、残念ながらここでリタイアとなってしまいました。
#SingaporeGP #F1JP

50周目、今度はマグヌッセンのマシンにトラブル!
MGU-Kにトラブルが発生し、彼もここでリタイアを強いられることになりました。
#SingaporeGP #F1JP

51周目、レースは残り10分を切りました。
ここまでコース上で走行しているのはわずか12台。雨のスタートから予感させた通り、非常に厳しいサバイバルレースとなりました。
#SingaporeGP #F1JP

©Pirelli

52周目、現在の順位は
1ハミルトン
2リカルド
3ボッタス
4サインツ
5ペレス
6パーマー
7バンドーン
8ストロール
9グロージャン
10オコン
#SingaporeGP #F1JP

52周目、レースはおよそ残り5分となりました。
ハミルトンと後続の差は4.6秒。
スタートでトップを奪って以来リードを守り続けたハミルトンの戦いもいよいよ仕上げの段階に差し掛かっています。
#SingaporeGP #F1JP

これはハミルトンにとってタイトルを手繰り寄せる大きな1勝となりそうです!
ベッテルのリタイアによって現在のリードからさらに25点広げることになり、状況は大きく優勢に傾こうとしています。
#SingaporeGP #F1JP

55周目、レースは残り2周となりました。
リードは充分と言えるほど築いていますが、ここでハミルトンが最速ラップを記録しています!
#SingaporeGP #F1JP

57周目、ハミルトンがいよいよファイナルラップに入りました!
#SingaporeGP #F1JP

©Pirelli

このシンガポールGPはハミルトンにとって苦しい戦いになると見られ、本人もそれを自覚していたのですが、終わってみれば堂々の走り。
スタートでトップに立ってからは他車を寄せ付けない走りを見せました。
#SingaporeGP #F1JP

そして、ハミルトンが今季7勝目のトップチェッカー!
再三リードを失いながらも、最後の最後まで圧巻の走りでタイトル争いにおいても大きな1勝を挙げました!
#SingaporeGP #F1JP

そして、リカルドは好調ながら惜しくも優勝に届かず2位!ボッタスが3位に入りメルセデスがW表彰台を獲得しています!
#SingaporeGP #F1JP

まとめ

©Pirelli

スタート時の雨から波乱の予感で幕を開け、凄まじいサバイバルレースとなりました。
フェラーリ勢のWリタイアは選手権で非常に厳しい結果となってしまいました。
これでハミルトンはベッテルに対し28点のリードを持って次戦マレーシアGPを迎かえます。
#SingaporeGP #F1JP

また、コースコンディションが目まぐるしく変化し、多くのドライバーが自己ベストの結果を持ち帰り、狭いコースの中で激しい争いを演じ見ている方も楽しめた1戦だったのではないでしょうか!?
#SingaporeGP #F1JP

そして、次戦は2週間後のマレーシアGP。
シンガポールと同様に非常に暑いコンディションでドライバー、そしてマシンにも負荷も高いコースなので次戦も見応えのある戦いに期待出来そうですね!
その翌週には待ちに待った日本GPが開幕します!
#SingaporeGP #F1JP

それでは2週間後のマレーシアGPでお会いしましょう!
最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。
今日はこの辺で失礼します。
#SingaporeGP #F1JP

 

 

あわせて読みたい

一回勝っただけで世界チャンピオン!?長いF1の歴史の中でも珍しい2人の世界王者とは

世界一速い国はどこ?F1チャンピオンが最も多い国を調査してみた

大ブームだった富士グランチャンピオンレースから見えるカスタム&人気ホイール6選

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!

 

Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com