Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Car

GT3の下位カテゴリー、世界的人気となっているGT4カテゴリーとGT4マシンをご紹介

現在、比較的に新しいGTカテゴリー『GT4』の人気が高まっています。GT3は世界最高峰のGTカーレースになりつつあり、ワークスと強豪プライべーターがひしめくカテゴリーになりました。一方、GT4はジェントルマンレーサーや若手アマチュアドライバーが主体となって争われているレースであり、車両価格もGT3より比較的安価!そんなGT4カテゴリーとマシンについてご紹介します。

 

SIN R1 GT4

SIN R1 GT4 / 出典:http://motorsport.sincars.co.uk/2018-racing-season-gets-underway-racers-edge-motorsports/

 

 

GT3に続くFIA基準のレーシング車両『GT4マシン』とは?

 

BMW M4 GT4

出典:https://www.press.bmwgroup.com/japan/photo/search/M4+GT4/

GT4マシンは、日本での知名度はまだまだ低いかもしれませんが、これからGT3と同等に盛り上がることが期待されるレース車両です。

ドイツ高級自動車メーカーのメルセデスベンツ、BMW、アウディはすでに自社製のGT4マシンを販売しており、マクラーレン、ポルシェ、アストンマーチンといったスポーツカーメーカーも続々とGT4マシンを製造・販売に参入しています。

そして、大きく分けて自動車メーカーやメーカー直系のチューニングメーカーが製作し販売するものと、チューニングメーカーやプライベートチームが自ら製作するものが存在し、製作された車両はFIAがテストして公認を受けたもののみがGT4マシンとして認められる事に!

また、GT4マシンはGT3マシンのような大幅な改造がなされておらず、シルエットは市販車にかなり近い事も特徴です。

例えばアウディスポーツから発売された『R8 LMS GT4』は、ベースとなるR8との共通パーツが60%以上とされており、生産工場もR8と同様。

R8からの変更部分やチューニング内容などは明らかにされていませんが、おそらくはサーキット走行をするための装備品や補強、足回り、FIA-GT4カテゴリーに乗っ取ったエンジン出力への調整程度と考えられます。

 

GT4レース出場選手はジェントルマンドライバーや若手アマチュアドライバー

 

GT4レースはジェントルマンレーサーと若手のアマチュアレーサーを対象としており、ワークス専属プロドライバーが参戦するGT3レーサーより下位のカテゴリーとされています。

ちなみに自動車ゲーム『グランツーリスモ』と日産がタッグを組み実施されたレーシングアカデミー『GTアカデミー』でも、GT4マシンが使われていて、トレーニングを受けたGTアカデミーの生徒たちは、最初にイギリス自動車レース『BRITISH GT CHAMPIONSHIP』に日産370Z GT4のマシンで出場していました。

 

また、英国GT選手権GT4クラスでは、ジェイミー・チャドウィックという17歳の女性レーサーがアストンマーチンのGT4マシンで参戦し、2015年シリーズチャンピオンを獲得したことで話題となりました。

そしてジェイミー・チャドウィック選手は現在19歳となり、英国F3選手権に出場しています。

 

GT3よりも安い!?GT4マシンのメリットとは

 

SIN Pirelli World Challenge Championship

2018 Pirelli World Challenge Championships / 出典:http://motorsport.sincars.co.uk/racers-edge-motorsport-virginia-international/

 

GT4マシンは、GT3マシンと同様にお金を出せば誰でも購入できるレース車両であり、GT3マシンよりも安価な設定となっています。

昨年発売されたメルセデスベンツ最新GT4マシン『メルセデスAMG GT4』の新車価格は約2,600万円であり、同じ車両をベースに作られてGT3マシン『メルセデスAMG GT3』が約4,500万円であったため、かなりのお買い得感!!

また、市販されているということは、GT4マシンの中古車も販売されており、年式落ちの安価な中古車を購入してGT4カテゴリーのレースに出場することも可能。

市販されるGT4マシンの最高出力や車重にばらつきはありますが、GT4レースではBoP(バランス オブ パフォーマンス)を図るために性能調整テストをしてからサーキットタイムを揃えるるなどドライバーの腕で勝負できるところも嬉しいところ。

ジェントルマンドライバーや若手アマチュアドライバーが対等に勝負できるレースカテゴリーともいえるのです。

 

GT3同様そのうちワークス参入が危惧されるGT4クラス

 

Audi Sport GT3/TCR/GT4

出典:https://media.audiusa.com/en-us/releases/230#gallery

 

かつてGT3カテゴリーのレースも、GT4と同じくジェントルマンレーサーや若手ドライバーでも活躍できることを目的に開催されていました。

しかし、改造範囲の広いGT1やGT2は非常にコストがかかるため、いつしか多くの強豪チームがGT3へ移行していき、いつの間にかGT1・GT2カテゴリーは衰退していくことに。

そして、GT3カテゴリーが徐々にツーリングカーレースの最高峰となっていき、メーカー直系のワークスチームが参戦するようになっていき、ワークス専属のプロドライバーが多くドライブするようになったためレースが一気に高速化。

GT3マシンが市販化されているとしても、ワークスチームは最新技術を盛り込んだ発売直後のマシンを持ち込み、一部では最新マシンをプライべーターへ販売しないメーカーもあったという声も!

そうして、マシン性能とドライバー技量もプライベーターを圧倒するようになっていきます。

これは、今後GT4カテゴリーにも同じことが起こるのではないかと懸念する声も聞かれており、実際に自動車メーカーがGT4マシンを売り込んできていることから、いずれは大規模なGT4レースにワークス参戦を計画しているかもしれません。

既にアウディはデイトナ24時間やPWC(ピレリ ワールド チャレンジ チャンピオンシップ)に参戦して、GT4クラスで優勝しています。

このように比較的安価にレース参戦ができるとしても、ジェントルマンレーサーや若手アマチュアレーサーがワークスと同じ土俵で競うと、結果は当然ワークスへ軍配があがるでしょう。

そうなれば、プライベーターが活躍できるレースでなくなってしまうという可能性も心配されています。

 

世界各大陸で大規模なレースが開催!日本ではスーパー耐久で参戦可能に

 

GT4ヨーロピアンシリーズ 2018 /出典:https://www.ginetta.com/news/middleton-and-tregurtha-take-victory-on-gt4-european-series-debut

 

日本では馴染みのなかったGT4カテゴリーでしたが、2017年シーズンからスーパー耐久レースでもGT4車両を対象とした『ST-Zクラス』が新設されました。

これにより、GT4マシンの人気が日本でも高まると期待されていましたが、2017年のエントリーはゼロで、2018年は1台のみ。

スーパー耐久以外でもGT4車両で争われるレースが増えなければ、GT4車両を購入する方は現れないかもしれません。

一方、海外では多くのGT4カテゴリーレースが行われており、特に欧州では高い人気を誇っています。

 

GT4マシンが参戦できる主なレース

 

GT4ヨーロピアンカップ

出典:https://www.ginetta.com/news/middleton-and-tregurtha-take-victory-on-gt4-european-series-debut

 

レース 開催国 公式SNS
ニュルブルクリンク24時間 ドイツ HP
Twitter
ピレリ ワールド チャレンジ チャンピオンシップ アメリカ
カナダ
HP
Twitter
instagram
Facebook
オーストラリア GT チャンピオンシップ オーストラリア HP
Twitter
Facebook
ブリティッシュ GT チャンピオンシップ 英国
ベルギー
HP
Twitter
instagram
Facebook
24H SERIES 世界各国 HP
Twitter
instagram
Facebook
GT4 ベルギーシリーズ ベルギー
ドイツ
オランダ
HP
Twitter
instagram
Facebook
GT4 ヨーロピアンシリーズ 欧州各国 HP
Twitter
instagram
Facebook
FFSA GT-GT4 フランス
スペイン
HP
Twitter
instagram
Facebook
GT4 セントラルヨーロピアンカップ 欧州各国 HP
Twitter
instagram
Facebook
ブランパンGTシリーズ・アジア マレーシア
タイ
日本
中国
HP
Twitter
instagram
Facebook

 

ブランパンGTシリーズ・アジア GT4クラスに日本人ドライバー

 

アジア諸国で行われている『ブランパンGTシリーズ・アジア』には日本人ドライバーも数名参戦しています。

井田雅彦選手は『タイワン・トップスピード・レーシング』から#17 ポルシェ・ケイマンGT4で参戦し、木下隆之選手と砂子塾長(砂子智彦選手)は、『BMWチーム・スタディ』から#81 BMW M4 GT4、浦田健選手は#82 BMW M4 GT4で参戦。

ブランパンGTシリーズ・アジアのFacebookページからレースの様子をライブ中継で観戦することも可能なため、日本人ドライバーの活躍を是非チェックしてみてくださいね。

 

メーカーマシンからショップ製作マシンまでGT4マシンを紹介

メルセデス-AMG GT4

 

メルセデスAMG GT4

出典:https://www.mercedes-amg.com/en/press-information/mercedes-amg-gt4-a-new-class-of-performance.html

 

KTM X-BOW GT4

 

KTM X-BOW GT4

出典:https://www.ktm.com/x-bow/

 

ロータス エヴォーラGT4

 

ロータス エヴォーラGT4

出典:http://www.lotuscarsmanila.com/evora-gt4/

 

アストンマーチン V8 ヴァンテージ GT4

 

アストンマーチン V8 ヴァンテージ GT4

出典:http://www.astonmartin.com/en/racing/race-cars/vantage-gt4

 

ジネッタ G55 GT4

 

ジネッタ G55 GT4

出典:https://www.ginetta.com/g55

 

フォード マスタング GT4

 

フォード マスタング GT4

© 2017 The Ford Motor Company

 

SIN R1 GT4

 

SIN R1 GT4

出典:http://motorsport.sincars.co.uk/season-2018-gt4-european-series-near/

 

マセラティ グランツーリズモ MC GT4

 

マセラティ グランツーリズモ MC GT4

出典:https://www.maserati.com/maserati/jp/ja/brand/GT4-championship

 

シボレーカマロGT4.R

 

シボレーカマロGT4.R

出典:http://www.chevrolet.com/motorsports

 

アストンマーチン ヴァンテージ N24 GT4

 

アストンマーチンヴァンテージN24

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Aston_Martin_Vantage_N24

 

BMW Z4 GT4

 

アウディTT GT4

 

 

ポルシェ997 GT4

 

ポルシェケイマンPRO4 GT4【Equipe Verschuur製】

 

Prosport Performance製 ポルシェケイマン PRO4 GT4

出典:https://european.gt4series.com/porsche-cayman-pro-4

 

ジネッタ G50 GT4

 

ジネッタ G50 GT4

出典:https://www.ginetta.com/news/niall-murray-returns-to-ginetta-family-for-24-hour-endurance-debut

 

ポルシェケイマンGT4クラブスポーツ【Prosport Performance製】

 

ポルシェケイマンGT4クラブスポーツ

出典:
https://www.porsche.com/japan/jp/motorsportandevents/motorsport/customerracing/racingcars/cayman-gt4-clubsport/

 

まとめ

 

BMW M4 GT4

出典:https://www.press.bmwgroup.com/japan/photo/search/M4+GT4/

 

GT4カテゴリーのレースは世界各大陸で大きなレースが開催され、自動車メーカーはGT3に続きGT4の車両開発に力を入れています。

そして、スーパー耐久だけでなく日本でもGT4レースをどんどん開催してほしいところ。

ブランパンGTシリーズ・アジアは2018年6月30日-7月1日に鈴鹿サーキット、7月21-22日に富士スピードウェイでレースを開催するので、こちらを観戦しGT4カテゴリーの楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
池田 勇生

自動車・バイクを専門にフリーライターをしています。10代からTVでバイクレースを観たり、自らミニバイクレースへ参戦もしたりなんかして、プロレーサーに憧れていた青春時代を過ごしていました。車離れやバイク離れといわれる昨今ですが、若い方へ多くの魅力を伝えていき今後の自動車・バイク業界を盛り上げていきたいです。

車買取.com