Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace

スーパーフォーミュラ観に行っちゃう?今サーキット観戦が楽しくなる見どころ5選

今週末は静岡県の富士スピードウェイで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦が開催されます。今回は東京から1番近いサーキットが舞台。サーキットでの観戦は「プチ旅行みたいなイメージで準備も大変…」と思っている方も多いと思いますが、ここ富士は日帰りでも観戦できちゃうんです!今回は初めてのレース観戦でも楽しめるオススメ観戦ポイントをご紹介します!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

 

車がなくても日帰り観戦が可能な富士スピードウェイ

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

東京からクルマで約2時間で行ける富士スピードウェイですが、実はクルマを持っていない人でも気軽に行けるのが特徴!頑張れば日帰り観戦も可能なんです。知ってましたか?

では、どうやっていくのか?まずはサーキットの最寄駅であるJR御殿場駅を目指してください。今では高速バスもありますし、電車に関しても大体乗り継ぎ1~2回でいけます。だいたい6時に新宿を出発すると9時前には到着できますね。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

そこから、サーキットまでは専用シャトルバスを利用!決勝日は頻繁に出ているので、うまく時間を合わせていけば待ち時間を少なくしていくことができます。

ちなみに帰りは18時00分が最終。もちろんスーパーフォーミュラの決勝が終わってからの出発になるので、帰りの時間を気にしてレース途中で切り上げなきゃいけない…ということもありません!

シャトルバスの詳細情報
http://www.fsw.tv/freepage/1392/#info08

 

富士スピードウェイだから観られる!あんなシーンやこんなシーン

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

サーキットに来て悩むのは「どこで見るか?」ですよね。大体の人がアクセスが多いグランドスタンドやパドック3階に行きがちです。

確かに屋根もあるし、ちゃんと座れるので快適ですが、目の前を一瞬で走り去っていくところなので、マシンの迫力を感じるには物足りないんですよね。

では、オススメのポイントは?

正直、各コーナーそれぞれご紹介したいのですが、それでは切りがないので注目ポイントを二つ。

まずはTGRコーナー(1コーナー)!国内最長1.5kmのストレートでSFの場合は時速310kmぐらいまで達します。そこから数十mで時速70kmまで減速するポイント。

ここで観られるのは、白熱した追い抜きシーンです!

毎回、2台が並んで飛び込んできて、どっちが先にTGRコーナー(を抜けていくか?という勝負が観られます。他のレースでは3台並んでくることもあるほどです。

SUPER GTの場合は別途TGRコーナースタンド入場券を買わなければいけませんが、SFの場合は自由席扱い!ということで、観戦券で楽しめます!

その分、混雑する可能性も高いので、観戦希望の方はお早めに!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

もう一つのオススメポイントはコース後半のダンロップコーナーです。

ここもTGRコーナーと同じ時速300kmの状態から一気に減速する場所、追い抜きのチャンスもあるポイントです。

ダンロップコーナーで是非注目して欲しいのがブレーキング!

現在SFで使っているダラーラ製のSF14のブレーキはカーボン製。高温域で抜群の性能を発揮する特徴があります。

そうすると、特に曇った日はブレーキディスクが真っ赤になるのがコースサイドで観ていても分かります。

昔、F1でもこんな写真が雑誌とかポスターでよく使われていましたが、そんな写真が…皆さんでも撮るチャンスがある場所です!

ちょうどコーナーの内側になっている場所からが狙い目!カメラをお持ちの方は、是非チャレンジしてみてください!

 

選手やレースクイーンに会える!ピットウォーク

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

スーパーフォーミュラの良いところは、ファンと選手の距離が近いこと。

特に土日のお昼に開催されるピットウォークはドライバーたちに会える絶好のチャンスです!

そもそもピットウォークとは?

通常は関係者以外立ち入り厳禁のピットロードを解放して、もっと近い場所からマシンを見てもらったり、ドライバーと交流してもらうという場所。

なので、もっと近くでマシンのメンテナンスシーンを見る事ができます。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

さらにドライバーたちも一部の時間ですが、ピット前に出ていてくれてサインをもらう事も!ただ、短い場合は10分ほどだったりするので、お目当てのドライバーがいる場合は、そのピットに張り付いておいたほうがいいかもですね!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

そして、サーキットといえばレースクイーン!こちらもピットウォークに登場します。さらに通常販売していないグッズも配布していたりするので、是非ゲットしちゃいましょう!

 

公式アプリがあれば0.001秒の興奮をさらに味わえる?

予選・決勝ともに0.001秒単位での接戦が繰り広げられるスーパーフォーミュラ。

さすがに現地に行っても、0.001秒の差を肉眼で確認するのは難しいです。

そこで役立つのがスーパーフォーミュラの公式アプリ!

Photo by Tomohiro Yoshita

SUPER FORMULA公式アプリより

ここには、各チームが見ているのと同じライブタイミング機能がそのまま配信されています。決勝の場合は順位把握にも役立ちますので、大型モニターがいないところでも、戦況把握ができて楽です!

まだゲットしていない方は、今のうちにダウンロードを!無料です!

http://superformula.net/apf/ap/NList02.dll/?No=NS021910

 

レースがない時間帯もイベント盛りだくさん!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

基本的にスーパーフォーミュラが走っていない時間は、どう過ごそう?と不安になっている方も多いと思いますが、心配ご無用でございます!

今回はグランドスタンド裏のイベント広場で「Enjoy Honda」が併催され、F1マシンやMotoGPバイクの展示やレーシングカーコックピット体験。さらにタイヤ交換チャレンジなど様々なイベントが用意されていて、これだけでも1日楽しめるほどなのです。

http://www.honda.co.jp/enjoyhonda/fuji/2016/

さらに、昨年から各サーキットで賑わっているTOYOTA GAZOO Racing PARKも登場!SFマシンの解体ショーなどをはじめとした楽しめるイベントがたくさん用意されています!

http://toyotagazooracing.com/jp/tgrp/2016/superformula-round3-fuji.html

 

まとめ

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

この他にも、紹介し切れないくらいたくさんの見どころ、イベントがあります。

それは、是非サーキットに来ていただいて、皆さん自身で探してみてください!

きっと面白くなって次も行きたくなっちゃいますよ!

今週末は月曜も祝日なので3連休。せっかくなので、スーパーフォーミュラの観戦に出かけて行ってみてはいかがですか?

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com