Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Great car, Race

喧嘩上等の真剣勝負!ハコ車の日本一決定戦 JTCCを戦ったマシンたち

1990年代中盤の人気レース!シャコ短に小さなGTウィング、そして超高回転型のNAエンジンが発する甲高く乾いたレーシングサウンド。トランクがあってドア4枚の”オヤジ車”が、こんなにスパルタンなレースマシンに仕立てられてしまうなんて!そんなギャップ満載のJTCCマシンをご紹介します。

現代でセダンと言えば「ドリフト」や「VIPカー」といったイメージが定着していますが、1990年代中盤のセダンは正真正銘の「レーシングカー」だったんです!喧嘩バトルは日常茶飯事!

日本中のファンを熱くさせたJTCCとは?

出典:http://blog.livedoor.jp/ikesanikesan/archives/2010-07.html

出典:http://blog.livedoor.jp/

世界的なモータースポーツの流れに沿う形で1994年から開始されたJTCC(全日本ツーリングカー選手権)。

それまで採用されていたグループA規定によるレギュレーションを、先立ってイギリスで成功を収めていたクラス2 ツーリングカー規定へ変更した事が最大のポイントです。

参戦できる車両はフロントにエンジンを搭載する4ドアモデルで、最低生産台数が連続する12か月間2500台以上販売されていないといけないという正真正銘、市販車によるレース。

原則として駆動方式は変更不可(4WDは例外)とされており、6気筒以下の2リッター自然吸気エンジンでなければいけません。

グループAのような圧倒的パワーを持たない分、コース各所で熾烈なブレーキング合戦が繰り広げられ、ドライバー同士の巧妙な駆け引きや腕試しに観客は魅了されました。

初年度からトヨタ・ホンダ・日産・マツダの日本メーカー、さらにBMW・ボクスホール(オペル)・アルファロメオ等の海外勢が参戦するという賑わいを見せ、グループAに代わって一気に不動の人気カテゴリーへと成長していったのです。

いよいよここからJTCCを戦った渋カッコ良いレーシングセダンをご紹介していきます!

 

各メーカーが積み上げた努力の結晶!ハコ車最速を目指したJTCC王道マシンたち

Honda Accord

出典:http://blog.ig-model.com/?eid=162

出典:http://blog.ig-model.com/

1994年のJTCC開幕戦にシビック・フェリオを持ち込んだホンダでしたが、グループA車両を改良したマシンでは他メーカーのライバルに太刀打ちできず、なんと34連敗を記録。

その惨状を打破するべく1996年シーズンに向けてホンダが用意した切り札こそ、今回ご紹介するアコードなのです。

「市販車のブロックを持ったF1エンジン」とも称された2リッター直列4気筒エンジンは310馬力を発生。

自然吸気エンジンとして極限までチューニングされた結果、なんとエンジンの寿命は”1イベントのみ”というレベルまで短くなっていたとか・・・。

参戦初年度からジャックスアコードを駆る服部尚貴選手が圧倒的速さを見せつけ、見事シリーズチャンピオンを獲得!

悪夢の連敗に苦しんでいたホンダを救い、その後1997年にもチャンピオンを獲得したアコードは最強ツーリングカーとして君臨する事となります。

 

Toyota Exiv

出典:http://blog.ig-model.com/?page=8&month=201601

出典:http://blog.ig-model.com/

1994年に関谷正徳選手駆るコロナでシリーズチャンピオンに輝いたトヨタは、その座を不動のものとするため1995年シーズンに新型車エクシブを投入。

セリカやカリーナEDと同じプラットフォームを持つエクシブは、コロナよりも更に車高を低くセッティングする事が可能で、なおかつ全面投影面積も小さいというメリットを持ちます。

さらに吸排気の位置を市販車とは前後逆にしたリバースヘッド方式が採用され、エンジン搭載位置を極限まで低く改良。

自然吸気の3S-GEエンジンは名門トムスの手によって290馬力を余裕で発生するほどハイチューン化されています。

関谷正徳選手をはじめ、若き日のミハエル・クルム選手や影山正美選手らもエクシブをドライブしました。

そして、なんとル・マン24時間レースで何度も優勝経験のある耐久王トム・クリステンセン選手もトヨタドライバーとしてJTCCに参戦していたんですね!

 

Nissan Primera

出典:https://www.calsonickansei.co.jp/race/history/index2.html

出典:https://www.calsonickansei.co.jp/

やはり日産を代表するツーリングカーと言えばコレ、プリメーラです!

1993年のBTCCにワークス参戦した日産は、JTCCにもプリメーラ投入を決定。

グループA時代にR32 GT-Rで29戦無敗という偉業を成し遂げていた日産は、JTCC用プリメーラの開発にも抜かりなくノウハウを注ぎ込んでいきました。

さらにドライバーには長谷見昌弘選手、星野一義選手らがラインナップされ、日産の本気度が伝わってきます。

シルビアやブルーバード等、当時多くの市販車に搭載されていたSR20DEエンジンは、JTCC専用

チューンで最終的に300馬力オーバーまで到達。

8500回転に制限された2リッター自然吸気エンジンとしては驚異的な数値です!

活躍した4シーズン中、全てのインターTEC(シーズン最終戦)で優勝するという好成績を収めています。

 

まだまだ登場するJTCCマシンたち。

次のページでも、数々の名マシンたちをご紹介します。

1ページ|2ページ
Writer Introduction
ホーリー

モータースポーツとエリック・クラプトンをこよなく愛する趣味人です。 はるか昔にフォーミュラカーレースへの参戦経歴もありますが、競争することよりもレーシングカーそのものに魅力を感じ、それを多くの自動車ファンに伝えていきたいと考えています。 Motorzを通じて日本の自動車業界が少しでも反映することを願って。。。

車買取.com