Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYBike

鈴鹿8耐に出場するにはトライアウト参加が必要!?トライアウト初導入の全日本ロードレース選手権「JSB1000クラス」開幕戦レポート

2016年4月23・24日、鈴鹿サーキットでNGK SPARK PLUGS 『SUZUKA 2&4 RACE』が開催されました。その中で行われた全日本ロードレース選手権第2戦JSB1000クラス。今年から、鈴鹿8時間耐久ロードレースのトライアウトを兼ねたこのレース。いったいどんなレースだったのでしょうか?

https://www.facebook.com/suzukacircuit/?fref=nf

写真提供:鈴鹿サーキット

鈴鹿8耐トライアウトレースとは?

写真提供:鈴鹿サーキット

写真提供:鈴鹿サーキット

1978年に第1回大会が開催され、1980年の第3回大会からFIM世界耐久選手権シリーズの1戦となり、

今年で第39回大会となる鈴鹿8耐。

「世界」への登竜門として、年々参加台数が増え続けているこの耐久レースですが、今年からFIM世界耐久選手権(EWC)のレギュレーションが変更になり、エントリー台数が70台までに制限される事になりました。

 

発表された選抜方法は、FIM世界耐久選手権に年間エントリーするチームから最大20チーム、

昨年の鈴鹿8耐で決勝レース上位20位までのチーム、

トップ10トライアルに進出したチームにはシード権が与えられます。

シード権を持たないチームは、4月24日(日)に鈴鹿サーキットで決勝が行われる

「2016 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース」と、

5月8日(日)の鈴鹿サンデーロードレース第2戦JSB1000の中で選抜される事になりました。

鈴鹿8耐と同じバイク、8耐と同じサーキット、そして、8耐と同じく、ピットワークが必要となった、

今回の2&4でのセミ耐久200㎞。

いったいどんな戦いが繰り広げられたのでしょうか?

ダイジェストで振り返るSUPER BIKErd.2 JSB1000

天気は曇り、路面の状態はドライ、強風の中スタートした決勝レース。

ホールショットを獲得したのは、#634 MuSASHi RT ハルクプロ 高橋巧選手でした。

ポールポジションからスタートした、#1 YAMAHA FACTORY RACING TEAMで4年連続チャンピオンの中須賀克行選手は、9番手と出遅れてしまいます。

しかし、スタートの順位からは全く予想がつかないのが耐久レース。

トップ集団の熾烈な争いの中、各ライダー既定のピットインでの給油とタイヤ交換をこなし、

上位陣が30周目に入ったところで最終コーナーでのアクシデントにより赤旗中断。

そのままレースは成立となり、中須賀選手が開幕戦を制する結果となりました。

8耐トライアウトを通過したチーム

今回の2&4レースで8耐への出場権を獲得できるチームは、

事前にトライアウト参加申請をしたチームの中から、上位10台。

https://www.facebook.com/racingautoby/?fref=photo

出典:https://www.facebook.com/racingautoby/?fref=photo

#83 DOG FIGHT TEAMJP AU

ライダー:Corey Turner&Mark Aitchison

#19 Motorrad Rennsport

ライダー:寺本 幸司

#44 CLUB PLUSONE&太郎

ライダー:関口 太郎

#18 オートテクニックスポーツPGR

ライダー:中津原 尚宏 & 小林 龍太

#59 HKC & IMT Racing

ライダー:濱原 颯道

#14 SYNCEDGE 4413 Racing

ライダー:武石 伸也 & 宗和 孝宏

#47 TTS&テルル・KoharaRT

ライダー:中村 敬司

#80 TEAM HOOTERS with 斉藤祥太

ライダー:奥田 貴哉 & 津田 一磨

#73 VITAL SPIRIT SAKURA ADVANCE

ライダー:佐野 優人 & 辻本 範行

#16 Team ホンダ学園

ライダー:清水 郁巳 & 大木 崇行

 


トライアウトで出場権を得たチームはトライアウトで起用したライダーを
「鈴鹿8耐」本番で起用する事が必須となっているので、今回のライダーを軸にチームを編成する事になります。
いったいどんなライダーが選抜されるのかも、見どころ!
そして、トライアウト選抜レースの第2レースは今週末、
5月8日に決勝レースが開催される「鈴鹿サンデー・インターJSB1000」。
上位17チームが選抜されるので、こちらのレースも目が離せません!

まとめ

20064

全日本ロードレース選手権JSB1000クラスの初戦として参加したチーム、

鈴鹿8耐への参戦権獲得の為に参加したチーム、鈴鹿8耐に向けたテストとして参加したチーム。

各チームそれぞれの意味合い、そして目標を持って行われた今回の鈴鹿2&4レース。

ロードレースファンの皆さんも、去年までとは違った楽しみ方ができたのではないでしょうか?

全日本ロードレース選手権Rd.3 である次戦は、5月28・29日にツインリンクもてぎで開催予定です。

そして、今回トライアウトが行われた鈴鹿8時間耐久ロードレースは7月28日~31日!

是非、スケジュール!チェックしてくださいね。

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`) 好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き! そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。http://chika-sakikawa.com/

車買取.com