Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCustom, Great car

マクラーレンのエアロも開発!?エキゾチックカー専門ショップ”アルティメット・モーターカーズ”ってどんなお店?

アルティメット・モーターカーズは、千葉県浦安市に店舗を構えるエキゾチックカー専門ショップです。新車、中古車問わずフェラーリ、ランボルギーニなどを専門に扱っているショップですが、20181月にマクラーレン650S用のエアロを発表しました!今回Motorz編集部は、そんなアルティメット・モーターカーズさんに突撃取材!新製品、そしてショップの魅力をお伝えします。

 

©️Motorz

 

 

アルティメット・モーターカーズとは?

 

©️Motorz

 

千葉県浦安市にあるアルティメット・モーターカーズは、2007年に希少価値の高いエキゾチックカーの専門ショップとして誕生しました。

同社の髙梨 慎太郎代表は、12年間輸入車ディーラーに勤めてから独立。

前職のノウハウを全て発揮し、フェラーリやランボルギーニなどの新車から中古車、その中でもネオクラシックと呼ばれる希少価値の高い車両まで販売しており、日本に1台しかないプレミアムモデルの販売も数々手がけてきました。

 

同ショップ一押しオリジナルアフターパーツ!UMDマクラーレン

 

©️ULTIMATE MOTORCARS

 

アルティメット・モーターカーズが、現在販売中の唯一のオリジナルアフターパーツである『マクラーレン 650S用エアロ』は、開発に丸一年を費やしたそうです。

そして『UMDマクラーレン』のブランドで展開されており、フロントハーフスポイラー、サイドスポイラー、リアウイング、デカールキットがラインナップされています。

実は、創業4年目にもフェラーリのオリジナルエアロを開発していた同社にとって、久しぶりのエアロパーツ!

マクラーレンにオリジナリティを求めるオーナー向けに開発されていて、ボルトオンで装着できるため、純正バンパーなどを外さずに装着可能。

650Sが持つ純正のスタイリングを崩さずにレーシーなデザインを実現しているので、マクラーレン 650Sのオーナーは是非チェックしてみてくださいね。

 

ハイセンスで落ち着いた雰囲気のショールーム

 

商談スペースに座る髙梨代表。すぐそばにはフェラーリ テスタロッサ / ©Motorz

 

東京ディズニーリゾートに程近い場所に、お店を構えるアルティメット・モーターカーズのショールーム。

編集部が取材に伺った際には、ランボルギーニウラカンとフェラーリテスタロッサが展示されていました。

その展示車についてお聞きしたところ、「フェラーリは固定ですが、もう1台は商談に来られるお客様のお求めの車を置くようにしています。」と髙梨代表。

商談でお客様が来られるその都度ショールーム内の車を変えて、すぐそばで商談ができ、じっくりと車を見ながら話ができる環境を整えているそうです。

 

©️Motorz

 

店内にはかなりの本数のギターも飾られていますが、こちらは髙梨代表の趣味とのこと。

ショールームの中には音楽が流れているのですが、こちらも商談に来られるお客様に合わせて選曲するというこだわりぶり!

 

©️Motorz

 

「置いている車がカラフルだから、ショールーム自体はそんなに主張せずにしています。」と、話してくれた代表の言葉通り、太陽の光がよく入るショールームは、ホワイトとブラックというシンプルな色合い。

その落ち着いた雰囲気に、車の美しいボディの艶がいっそう映えて、よりカッコイイ洗練された空間に仕上がっていました。

 

ショップ情報

〒279-0043 千葉県浦安市富士見2-12-5

TEL:047-316-5800

FAX:047-316-5801

営業時間:10:00~19:00

定休日:毎週水曜日/第1・3火曜日

URL:http://www.ult-cars.co.jp/

※お車でご来店の際はお近くのパーキングをご利用ください。

 

まとめ

 

©️Motorz

 

「つまらない車はやらないんです。」とハッキリと明言する髙梨代表。

その言葉通り、これまで販売してきた600台の車はスーパーカーや希少価値の高いものばかりでした。

しかし、希少車種ばかり扱っているから、これまでユーザーに選ばれてきたという訳ではありません。

実は購入したオーナーを対象とした日常の整備業務も行っており、アフターサポートもしっかりと体制を整えているのです。

そのためリピーターが多いのも特徴で、憧れの車との出会いから日常まで全てをサポート!

エキゾチックカーをお探しの方は是非1度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

きっと、お気に入りの1台が見つけられると思います。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
河野貴大

中高生の頃はゲームセンターのレースゲームに熱中。そんな中、テレビで偶然見たJGTCで自動車レースの楽しさを知る。 その後、レース好きが高じて自動車用品の販売会社へ就職。 不思議なご縁で現在に至ります。Motorzを通じ、自動車業界、自動車用品業界、そしてモータースポーツを盛り上げることが目標です。愛車はSW20型MR2。2018年はサーキットデビューとの噂。

車買取.com