Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar, Custom

キャブとインジェクション。どちらが好き?現行車にない”味”キャブレターについてご紹介します。

キャブレターという装置をご存知でしょうか?日本語では気化器と呼ばれエンジンに燃料供給させるために、とても重要な役割を担っています。”旧車”がリアルタイムなら、キャブレターに関わった方も多いかと思いますが、若い世代の方はなかなかお目にかかる機会も少ないと思います。独特の吸気音とエンジンが化石燃料を欲している機械であることを再認識させてくれる生ガスの匂い…今回はかつてのエンジンチューニングの主役的存在であるキャブレターについてご紹介します。

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

キャブレターとは

 

出典:http://image.superchevy.com/

出典:http://image.superchevy.com/

ガソリンなどの液状の燃料を動力源とする燃焼機関において、電気などの補助的な動力源を利用せずにエンジン自体が発生する負圧に依り、燃料を空気と混合しエンジンに供給する装置です。

というと難しいですが、要は霧吹きのようなもの。ガソリンを霧状にしてエンジン内部(シリンダー)に送り込むために必要なもの。

キャブレターは実に複雑怪奇な構造です。回転数や速度などの状況によってエンジンが様々に要求する燃料の量を、電気的なデバイスに頼らず、機械機構と自然現象だけで対応してしまうのです。

100年以上歴史を持つキャブレターも、環境問題などに対応するため、徐々に複雑化。

特にインジェクションに切り替わる末期のキャブレターは、自動車に装着されている機械的要素の高い部品の中でも最も繊細かつ高精度な部品と言えるでしょう。

 

キャブレターのはたらき

まずはどのようにしてガソリンがキャブレターを介してエンジン内に導入されるかについて。わかりやすい動画とともに見ていきましょう。

ガソリンタンクからポンプによって送り出されたガソリンは、キャブレター本体の下部(動画では右部)にあるチャンバー室と呼ばれる部屋に一旦貯留されます。

なお、このチャンバー室には通気孔が設けてあり周囲の大気と同じ圧力、いわゆる大気圧に設定されています。

そのチャンバー室にはジェットと呼ばれる細いパイプ(動画では、チャンバー室から左部に伸びている筒)が設置してあり、貯留されたガソリンの液面を下に突き破るように液面より低い位置にジェットの一端が来るようになっています。

またそのジェットのもう片方の端は、キャブレター内のベンチュリ(動画左部)と呼ばれるエンジンへの空気導入の通路となる筒状の中に設置されています。

このベンチュリは吸入空気の流路の途中を細く絞った構造になっており、空気がベンチュリを通過すると空気の流れが速くなる構造になっています。

イメージとしては、水道のホースの先端を指でつまむと勢い良く出るのと同じ現象、いわゆる絞り弁です。

出典:https://en.wikipedia.org/

出典:https://en.wikipedia.org/

空気の流れの速度はエンジンの回転数に依存して変化します。回転数が上がる=より多くのガソリンと空気をエンジンが欲しているため、より多くの負圧が発生します。

すると、ベンチュリ内の圧力が大気圧より低くなりますが、チャンバー室は周囲との通気穴によって依然として大気圧のままのため、圧力差が生じます。

この圧力差を、ジェットという連絡通路を介し均整化しようとする働きによって、ガソリンがベンチュリに向けて移動し始めるのです。

まさにこれが、電気的な補機を使わず、エンジンの吸入負圧と自然現象のみでエンジンにガソリンを供給する一部始終です。

 

この原理は意外と簡単なところで垣間見れます。

コップに水を適当に入れてそこにストローをさしてみましょう。この時のストローはジェットに相当しますので。先端は確実に水面下にしてください。

そしてストローの上側の先端付近を口をすぼめて水平方向に勢い良く息を吹きかけてみてください。

ほら水が上がってきたでしょ?

 

 

インジェクションシステムとの比較

出典:http://www.speedtalk.com

出典:http://www.speedtalk.com

比較する上でまずはインジェクションシステムについてご紹介します。

キャブレターがエンジン自身が発する吸入負圧を利用して燃料を吸い上げるのに対して、インジェクションシステムは燃料を強制的に送り込む装置であるといえます。

そのため、「インジェクションシステム」とは燃料を強制的に噴射するインジェクター、状況を確実に判断するためのセンサーとCPU、その他補助装置の総称のことです。

ひとつひとつの構成部品自体は非常に単純なものですが、これらを全て電気制御することにより、キャブと比べて気圧や気温に左右されることなく、安定してエンジンを動作させることが可能となっています。

出典:https://www.rushlane.com/

出典:https://www.rushlane.com/

インジェクションシステムの性能のカギを握るのはその殆どがCPUと言っても過言ではありません。

また電気で作用するゆえに、バッテリー電圧を始めとした電気的な部分が正常でなければ正確に動作しません。

それではキャブレターとインジェクションのそれぞれの特徴をみてみましょう。

 

簡単に予習が済んだところで、次のページではキャブレターの特徴、インジェクションの特徴について迫ります。

さらに、ソレックス、ウェーバー、SUなどなど…様々なメーカーのキャブレターも登場!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
Takeshi-Komatsubara

レースという魔性に取り憑かれ早数十年。。 あくまでも結果重視スタンス (汗) 今もまだまだ衰えること無く!? (焦) 狙った獲物は絶対獲るw? (笑)

車買取.com