Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

今年の注目ドライバーは誰だ?2016スーパーフォーミュラのMotorz的ドライバー分析

今年はGP2王者ストフェル・バンドーンの参戦やタイヤの変更。さらに勢力図の大幅変更も予想され、例年になく見どころが多いシーズンとなっています。スーパーフォーミュラ開幕前、Motorz的注目のドライバーたちをピックアップしてみました。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita


GP2王者がいよいよSFデビュー!ストフェル・バンドーン

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

今シーズンの注目は、やはり昨年のGP2王者のストフェル・バンドーンが2017年からのF1本格デビューの最終ステップとして日本のトップフォーミュラにやってきたことです。

今年はマクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務める傍らでスーパーフォーミュラに参戦するバンドーン選手がどこまで通用するのか?期待大です。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

先日のF1第2戦バーレーンGPでは、ドクターストップで欠場を余儀なくされたフェルナンド・アロンソの代役として参戦し10位入賞。いきなりの大活躍に世界中のメディアや関係者から注目を集めました。

ただ現在のスーパーフォーミュラは非常にレベルが高く、0.001秒単位で順位が変わるほどシビアな戦いを何年も繰り広げてきた猛者たちばかり。

舞台となる鈴鹿サーキットも知り尽くしているドライバー達ばかりの中、彼ら相手にトップ争いは難しいのではないか?という声も少なからずあるが、3月の鈴鹿合同テストでは、新しいことをすぐに吸収し、周回を重ねるごとに明らかにパフォーマンスも上がって行っているのが感じられた。

実際に他のドライバーからも警戒する声も上がっており、開幕戦では少なくとも予選Q3に残ってきそうだ。

GP2王者、そして今世界が注目するF1に最も近いドライバーの真価が試されるレースになりそうだ。

トヨタエンジン勢も連覇を目指す石浦をはじめ、小林可夢偉にも注目!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

2014年からの新規定以降、連続してチャンピオンを獲得しているトヨタエンジン勢。

今年も注目ドライバーが多数集結している。

まずは昨年王者の石浦宏明。

今年は松田次生しか成し遂げていない国内トップフォーミュラでの連覇を目指すシーズンとなります。開幕前の合同テストでも上位につけており好調を維持。チームにはF1でフェラーリなどでも働いた浜島裕英氏が総監督に就任し、さらに強固な体制を築いている。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

石浦同様に注目を集めているのが、2年目の小林可夢偉。

昨年は、ほぼ全ては始めて走るサーキットだったということで苦戦した部分もあったが、1年の経験が開幕前から発揮されており、テストでも常に上位に位置していた。

今年は間違いなく有力なチャンピオン候補だろうと予想します。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

全員優勝候補、その他のトヨタ陣営は?

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

この他、アンドレ・ロッテラー、中嶋一貴のWECも兼務しているメンバーも参戦。

彼らも開幕戦からポールポジションをかけた全開アタックに期待が集まる。

テストで速さをみせたホンダエンジン勢。悲願のタイトル獲得なるか?

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

一方のホンダエンジン勢は、昨年わずか1勝のみに終わったものの、今年はテストから好調。開幕戦でも展開次第では上位独占の可能性もある。

エースである山本尚貴は今年もTEAM無限から参戦。岡山合同テストではトップタイムを記録。

鈴鹿はドライバー・チームともに得意としているサーキットだけに、開幕戦からアグレッシブな走りに注目が集まります。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

山本と同じく、今季陣営の中でも特に期待がかかるのが中嶋大祐だ。

3月の鈴鹿合同テストでは総合トップタイムをマーク。ここ数年勝利から遠ざかっているナカジマレーシングだが、昨年からチームメンバーを一新。シーズン後半から今年にかけて成果が出始めてきているとのこと。この勢いで行けば開幕戦での優勝も十分にありえそうだ。

Motorz的、HONDA勢イチオシ日本人ドライバーは中嶋大祐選手です。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

まとめ

この他にも、一人一人挙げていけば切りがないほどの注目ドライバーが揃っている2016年。

優勝候補は、全19人中ほぼ全てと言っても良い状態。

それだけに、予選から0.001秒のミスすら許されない超ハイレベルなバトルになることは間違いないので、是非結果をチェックしてほしい!Motorzでも追いかけますよ。

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com