Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCar

3年ぶりにエヴァンゲリオン・レーシングがSUPER GTに復活!これまでの歴史と今年の参戦体制は?

ここ数年はSUPER GTから遠ざかり、鈴鹿8耐のみの参戦となっていた「エヴァンゲリオン・レーシング」が、3年ぶりにスーパーGTにも復活した。今回は、エヴァレーシングについて、歴史などを簡単に紹介していく。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

 

エヴァンゲリオンレーシングの歴史は2010年から…

エヴァレーシングはラナエンタテイメント株式会社が『エヴァンゲリヲン新劇場版』のプロモーションタイアップのために実現したチーム。

初登場は2010年で、最初はaprの「カローラ・アクシオGT」が初号機のカラーでエントリー。

同年のバイクレースの祭典「コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース」にも参戦した。

出典:http://saika-to.at.webry.info/

出典:http://saika-to.at.webry.info/

さらにレースクイーンも劇中の登場人物を模したコスチュームになっており、レースファンのみならずエヴァファンからの注目を集めました。

(2015年のエヴァRQ:鈴鹿8耐にて撮影)Photo by Tomohiro Yoshita

(2015年のエヴァRQ:鈴鹿8耐にて撮影)Photo by Tomohiro Yoshita

2011年からカーズ東海ドリーム28とタッグを組み、2012年まではムーンクラフトの「紫電」で参戦。

2013年はマクラーレンMP4/12Cに初号機のカラーリングでレースを走っていました。

「2012年のエヴァ紫電 」Photo by Tomohiro Yoshita

「2012年のエヴァ紫電 」Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

また話題性だけでなく速さも持ちあわせており、2012年の紫電引退レースでは富士スプリントカップRace2で加藤寛規選手が2位表彰台を獲得。

マシンがマクラーレンMP4/12Cに変わった2013年の富士スプリントカップでも加藤選手が見事なレース運びをみせRace2優勝を飾りました。

 

鈴鹿8耐でも「エヴァ初号機」が活躍

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

SUPER GTでの活動は2013年で終了したが、国内2輪の最高峰レースの一つである「コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース」にはトリックスターレーシングと組んで参戦を続けています。

毎年上位に絡む争いをするが、肝心なところでトラブルに見舞われ結果が残らないなど、悔しいレースが続いていますが、トラブルに見舞われるところはエヴァらしいかもしれません。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

特に昨年は決勝前のウォームアップで用意していた2台のバイクが転倒で大きく破損。

レース開始から、1時間半で走行可能なバイクがなくなってしまったが、チームは必死に修復作業を行い、ギリギリのタイミングへスターティンググリッドへ。

灼熱のコンディションとなったレースを3人のライダーでつなぎ見事完走を果たしました。

一つのエヴァに色々な人が乗っての、完走はまさにドラマチックです。

もちろん、今年も鈴鹿8耐に参戦予定。

どんな走りをみせてくれるのか、期待大です。

3年ぶりの復活!SUPER GT300クラス「エヴァ初号機」マシンはMercedes-AMG GT3

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

そして今年は3年ぶりにSUPER GTに帰ってきたエヴァンゲリオンレーシング。

Rn-Sportのとタッグを組み、マシンは各国で「速い」と噂の新型GT3マシン「Mercedes-AMG GT3」

ドライバーは植田正幸選手と鶴田和弥選手です。

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

以前のマシンと比べると、少し明るい紫が使われている印象だが、Mercedes-AMG GT3特有の鋭いヘッドライトとエヴァ初号機の「目」の印象がしっかりとマッチしています。

開幕戦の岡山ではGT300クラス24位でチェッカー。

第2戦は長距離戦の500km。どこまで上位に食い込んでくるのか、期待されます。

若手ドライバーの甲子園 FIA-F4には弐号機が登場!

(C)khara

(C)khara

今注目のフォーミュラーレース「FIA-F4」にはエヴァ弐号機が登場!

エヴァンゲリオン2号機カラーのフォーミュラカー「エヴァRT弐号機Rn-s」として、スーパーGT第2戦のサポートレースから参戦します!

ドライバーは、北海道出身の大湯都史樹選手です。

 

第2戦富士ではレースクイーンも5人登場!

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

もちろん、エヴァレーシングのレースクイーンもSUPER GTの会場で会うことができる。

開幕戦では3人のみの登場だったが、第2戦の富士と第5戦鈴鹿(8月27・28日)、さらに鈴鹿8耐(7月28~31日)には5人全員が揃うとのこと。こちらも、ファンにとっては見逃せないところだろう。

 

まとめ

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

現在ではアニメ等とコラボし「痛車レーシングカー」がSUPER GTでも当たり前の存在になり始めてきているが、このエヴァンゲリオンレーシングはグッドスマイル・レーシングの「初音ミク」と同様に、SUPER GT界に新しい旋風を巻き起こした草分け的存在でもある。

ここ数年はエヴァレーシングがSUPER GTから離れてしまい寂しい部分もあったが、今年の復活を機にまたレース自体の注目も集まっていきそうだ。

Writer Introduction
Tomohiro Yoshita

フリーのモータースポーツジャーナリスト。サーキット取材は2011年からスタートし、最近ではSUPER GTスーパーフォーミュラを全戦取材。この他にもF1をはじめとする海外レースや、2輪レースもカバー。レースに関する記事だけでなく、サーキットに来場するファンに役立つ情報発信も展開しています。http://www.kansenzyuku.com

車買取.com