Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYEntertainment

排気量12ccのV8エンジンとは?ミニチュアエンジンを作るために必要なパーツ、クランクシャフトの製造工程がスゴい!

車の心臓であるエンジン。そして、そのエンジンの心臓であるクランクシャフト。毎分何千回という回転に耐える強度と、熱に対する強さ、そして回転の精度など、様々な条件をクリアする必要があるクランクシャフトを、ミニチュアで作るとどうなるのか?まるで時計のパーツのような精密さで制作された、クランクシャフトの動画をご紹介します。

出典:https://www.youtube.com/

クランクシャフト、実物はこれぐらいの大きさ(出典:https://www.youtube.com/)

ただし、小さいだけで本物と作り方は変わらないんです。

クランクシャフトとは

出典:http://www.callies.com/

出典:http://www.callies.com/

エンジンにおける、心臓と言えばクランクシャフト。

シリンダー内で起きた爆発によって、ピストンが上下動するエネルギーを、回転運動に変える重要なパーツです。

このシャフト自体の強度や精度、重さなどによって、エンジン自体の性能や、寿命が大きく変わります。

シャフトとは、”軸”のこと、クランクとは、メインの回転軸と芯がずれた軸を結ぶ機構を言います。

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

非常にざっくり言ってしまうと、ジグザグした一本のシャフトだと思えばOKです。

しかし、毎分何千回転、という高速回転に耐えうること、それによって発生する熱に耐えること、しなることなく、精度よく回転することなど、様々な要件を満たさないといけない非常に重要なパーツなのです。

今回は、そんな重要なクランクシャフトを手のひらサイズで作ってしまった、動画をご紹介します。

 

クランクシャフトについて、もっと詳しく知りたい方はこちら:NASCARのクランクシャフトがどのように作られているかご存知ですか?一本の鉄の棒から、クランクシャフトが出来上がるまでをご紹介します!

 

ミニチュアクランクシャフト製造動画

排気量11.68ccのV8エンジンのクランクシャフトを製作するこの動画。

国産V8のレクサスRC Fが排気量4968ccですので、RC Fと比較するとおよそ1/425サイズのクランクシャフトになります。

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

こんな鉄の棒から削りだして製作します。

この時点では、完成図があまり予想できませんね。

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

事前の準備として、削るポイントにマーキング。

ここで寸法を間違えると、一環の終わりです。

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

ここから先はひたすら切削。

旋盤という機械で、クランクピンに当たる部分まで一気に削り取ります。

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

削り終わるとこんな感じ。

何となく全容が見えてきました。

その後も旋盤で細部を削り続けると…

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

このように、かなりクランクシャフトに近い見た目に変わりました。

ここから先は、旋盤から別の工作機械で、面を作っていきます。

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

フライスで削っていきます。

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

クランクピンの位置にあわせて、しっかりと面を出していきます。

一通り削り終わったら、切り子を綺麗に洗い流して完成です。

 

出典:https://www.youtube.com

出典:https://www.youtube.com

置いてある硬貨がおそらく1ポンド硬貨。

直径がおよそ22mmなので、比べてみるとクランクシャフトの小ささがよくわかりますね。

全長から考えても、製作されるV8エンジンは間違いなく手のひらサイズでしょうね。

シンプルに製作されてはいますが、カウンターウェイトも考えられて切削されており、ただクランク状に削っただけでないことがよくわかります。

 

まだまだあるミニチュアエンジンパーツシリーズ。

今回ご紹介した動画があるYoutubeチャンネルでは、様々なミニチュアパーツを製作しています。

残念ながら、エンジン自体が組みあがった動画はないのですが、各パーツの動画をご紹介します。

 

カムシャフト

毎分何千回とバルブをたたき続けるカムシャフト。

カムの山が非常に細かく小さく、目がチカチカしてしまいそうです。

V8でこのカムシャフトと言うことを考えると、完成するのはOHVエンジンでしょうか?

 

クランクケース

今回の動画で作られたクランクシャフトが収まるクランクケース。

最初はただの四角い鉄でしたが、ここから削って中をくりぬき、非常に小さなケースが出来上がります。

見事に完成した仕上がりを見るとほれぼれしてしまいます。

 

コンロッド

クランクシャフトとピストンを繋ぐ重要なパーツ、コンロッド。

V8エンジンなので8本製作します。

非常に細かく削られ、出来上がったのは硬貨と同じサイズのコンロッド。

もう指先ぐらいしかありませんね。

 

まとめ

過去にもミニチュアエンジンの記事は書かせていただきましたが、今回はミニチュアエンジンのパーツ製作に注目してみました。

職人技とも言える細かな作業によって出来上がるパーツたち。

完成した美しい姿もそうですが、ただの鉄である母材から徐々に姿を変えていく瞬間が、たまらなく気持ちがいい人もいるのではないでしょうか?

気になった方は、場所と環境を整えて作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

クランクシャフトについて、もっと詳しく知りたい方はこちら:NASCARのクランクシャフトがどのように作られているかご存知ですか?一本の鉄の棒から、クランクシャフトが出来上がるまでをご紹介します!

ミニチュアエンジンがもっと見たい方はこちら:ミニチュアエンジンの動画から見える、OHCエンジンとOHVエンジンの違いとは?

Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com