Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYEntertainment

D1ドライバー日比野哲也選手もお気に入り!?チタンマフラーの魅力を動画でご紹介!

突然ですが、皆さんは『チタンマフラー』にどのようなイメージを持っていますか?「軽いけど、耐久性に難あり。」なんて思っている方も、中にはいらっしゃると思います。しかし、2018年6月1~3日に行われたスーパー耐久シリーズ 富士SUPER TEC24時間レースのST-4クラスを走った100号車と27号車のTOYOTA86には、アミューズ製R1チタンマフラーが装着されていたのです。そんな24時間耐久レースの現場でも使われているチタンマフラーの耐久性は、かなりのものなはず!?その噂の真相を、現場で解明してきました!

 

 

 

チタンマフラーってどんなもの?

 

 

スーパー耐久に出場する100号車と27号車に、自社オリジナルの製品である『R1チタンマフラー』を供給している『パワーハウス アミューズ』。

その代表である松井仁志さんに、チタンマフラーの特徴について聞いてみました。

 

 

チタンマフラーを装着するメリットとして、1番最初に挙げられるのはその重量。

ステンレス製マフラーと比べると、その重量はなんと約半分だそうです!

一部、バイク用だとアルミ製マフラーもあるそうですが、クルマ用のマフラーをアルミニウム合金で作るのは至難の技。

そのため、現状のクルマ用マフラーで最軽量となると、チタン製マフラーに行き着きます。

しかし、その軽さから「チタンはあまり耐久性がない。」と思われがちですが、スーパー耐久シリーズや今回の24時間レースにも用いられているように、チタン合金自体の耐久性は十分。

それに加えてR1チタンマフラーは同じチタンでも、素材を変えたり製造工法を試行錯誤したりして、更なる強度が出るように工夫が成されているそうです。

ちなみに今回の24時間レースでは夜間走行の関係で音量規制などがあり、使用されているR1チタンマフラーは市販品とは別の特別仕様となっていました。

 

実際にドライバーに訊いてみた!

 

 

実際にマシンをドライブするドライバーにも、チタンマフラーについて質問してみました。

100号車をドライブした山田 遼選手は、アミューズのチタンマフラーが装着されたS耐マシンに3年ほど乗っているそうです。

 

 

そして、その魅力として、なにより排気音の良さを推していました。

また、レーシングマシンのようにチューニングが施されているクルマとの相性も非常によく、レスポンシブでパワーも出るそうです。

気になる耐久性についても、これまのレースでマフラーが割れるといったトラブルは起きていないので、問題無いと太鼓判を押してくれました。

 

 

同じく100号車をドライブした日比野哲也選手も、やはり音が特徴だと語ります。

また、チタンマフラーの特徴として軽さを挙げ、それに加えてR1チタンマフラーは排気効率も考えられているため、パワーアップにも寄与してくれるとの事でした。

 

R1チタンマフラーの排気音を動画でチェック!

 

山田選手、日比野選手ともにチタンマフラーの魅力は「音だ!」と話してくれましたが、チタンに限らずマフラー選びの際に気になるポイントは、やはり”音”ではないでしょうか。

ということで、もちろんR1チタンマフラーの排気音を動画に納めてきましたよ!

24時間レース仕様に音量が控えられているとはいえ、迫力のあるサウンドは健在です。

ぜひ聴いてみてくださいね!

 

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com