Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYGarage

今が本気で買い時!ホンダNSX(NA1/NA2)カスタム・デモカー25選

http://www.honda.co.jp/

1989年に発表され、翌年の1990年に発売が開始、2006年まで販売された初代NSX(通称NA1、NA2)

デビュー当時、市販車としては世界初のオールアルミモノコックボディーを採用し、3L NAながら280PSを発生するVTECエンジンを搭載、圧倒的戦闘力を誇ったこのクルマ。

キャッチコピーは『our dreams come true』『緊張ではない。解放するスポーツだ。』

まさにホンダのレーシングスピリットを象徴する初期型NSXの最新カスタム事情についてお届けします!

 

新車価格:約800万円~1250万円(販売当時)

中古車相場:340万円~700万円(2017/1/17現在 当社独自調べ)

 

ESPRIT – NSX

出典:http://www.esprit.to/

 

『サーキット最速のNSX』というテーマを掲げた、タイムアタックスペシャルなエスプリの車両。

特筆すべきは、縦置きレイアウトに改められたC30A型エンジン。

HKS GTⅡタービンをツインで搭載、Vpro制御で750PSを発生!

パワートレインに見合ったボディー・足廻り・ドライブトレインのセッティングが施され、MR-Sから電動パワステを流用するなど、乗りこなしやすさも考慮されているとのことです。

 

ESPRIT(エスプリ)公式HP:http://www.esprit.to

住所:三重県鈴鹿市住吉3-19-1

 

柿本改Racing – NSX

出典:http://www.kakimotoracing.co.jp/

 

日本の最大手マフラーメーカーの一つである柿本改において

飽くなき性能の追求とその技術の継承を目的に、今なお開発が進められているNA1型NSX

フロント・リアセクションのフレームがなんとチューブフレームに置き換えられ

ボディー剛性が飛躍的にアップ。ジオメトリーの最適化を図り

フロントサスペンション形式もダブルウィッシュボーンからストラットに変更

92φ鍛造ピストンを組み3.1L化されたエンジンは405psを絞り出すそうです。

 

柿本改Racing公式HP:http://www.kakimotoracing.co.jp/

住所:大阪府堺市西区浜寺船尾町東1-111

 

 

 

Veilside – NSX Fortune boby

出典:http://www.veilsidejpn.com/

映画、ワイルドスピード(海外ではThe Fast and the Furious)に

同社製エアロを装着したクルマが多数使用され、今や世界的に有名なエアロメーカーになったヴェイルサイドによる制作のNSX。

知らない人が見たら、一見跳ね馬!?な雰囲気のド派手なエアロが特長です。

RX7や80スープラのエアロが最も有名ですが、NSXでも憧れのveilside製エアロを組むことができますよ!

 

veilside(ヴェイルサイド)公式HP:http://www.veilsidejpn.com/

住所:茨城県つくば市真瀬1250-3

 

kite – NSX

出典:http://www.garagekite.com/

 

kiteは、バンパーやスポイラー、アンダーパネルなど、多岐にわたるエアロパーツだけでなく

軽量バンパーホースメント、メッシュガードなど、実に多くのNSX用製品をラインナップしています。

愛車につけるパーツに悩んだら、こちらのお店を尋ねてみてはいかがでしょうか?

 

kite(カイト)公式HP:http://www.garagekite.com/

住所:愛知県犬山市橋爪西浦25-1

 

GruppeM – NSX スーパーエアロ

 

NSXのボディ形状に合ったナンバープレート位置に変更することができるアルミ製のナンバーステーや

300km/h表示のフルスケールメーターをリリースするグループM

このスーパーエアロは、ver.1フロントリップ・サイドステップ・リアウイングのみの取り付けで

シンプルでありながら、純正とは一味違う走り屋チックな雰囲気を醸し出しています!

 

GruppeM(グループM)公式HP:http://www.gruppem.co.jp/

住所:埼玉県朝霞市幸町 3-12-24

 

GruppeM – NSX スーパーエアロ(ver.2リップのマシン)

 

こちらは、上記車両のエアロに加え、更にオーバーフェンダーが装着され

フロントリップにはver.2リップが取り付けられています。

オーバーフェンダーの取り付けにより

更に攻めたオフセットのホイールや太いタイヤを履けるようになりますね!

 

GruppeM(グループM)公式HP:http://www.gruppem.co.jp/

住所:埼玉県朝霞市幸町 3-12-24

 

GruppeM – NSX スーパーエアロ(ver.2カーボンリップのマシン)

 

さて、次にご紹介する車両、フロントサイドからの写真では

一見、色の違い以外上記車両同様に見えますが

更にリアアンダーカウル、カーボン製ダクトが追加装着されています!

ルーフエンドに取り付けられた吸気ダクトは、前・横・後ろ、どの角度から見ても存在感抜群で

ミッドシップエンジンのチューンドカーであることを強烈にアピールできると思います!

 

GruppeM(グループM)公式HP:http://www.gruppem.co.jp/

住所:埼玉県朝霞市幸町 3-12-24

 

GruppeM – NSX スーパーエアロ(フロントハーフカウル)

 

そしてこちらが、同社の中で最もカスタマイズされた車両

先にご紹介してきた3台に加え、更に空力パーツが取り付けられています。

フロントハーフカウルは純正バンパーとは違い

開口部のラインが取り払われ、大きな口を開けていて迫力満点!

リップの両サイドはカナード形状で、エアダクト付きボンネット・ダックテール形状のリアウィケット

見えないところにも抜かりはなく

フロントアンダーパネルやボンネットインナーシュラウドまで装着されています。

個性的なグループMのスーパーエアロ、その最終形態といった感じですね!

 

 

GruppeM(グループM)公式HP:http://www.gruppem.co.jp/

住所:埼玉県朝霞市幸町 3-12-24

Back Yard Special – NSX

出典:http://www.backyard.co.jp/sub1.html

 

バックヤードスペシャルのNSXは、走り屋・クルマ好きが熱かった、90年代頃を彷彿とさせるエアロを纏い、内外装ともにリアルカーボン製部品を多数装着しています。

同社のラインナップには、リトラクタブルヘットライト(通称リトラ)を固定式に変更するオリジナルキットもあり、当時感を出したい方や空力最優先の方、あるいは見た目チューンの方にもオススメです!

愛知県近郊にお住いの方、NSXオーナーの方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

バックヤードスペシャル公式HP:http://www.backyard.co.jp/

住所:愛知県名古屋市名東区貴船3-808

DUCKS GARDEN – SQUALO-AZZURRO

出典:http://www.ducks-garden.co.jp/

 

DUCKS GARDENが手がけた、その名も『SQUALO-AZZURRO』

こちらも一見、最新型の跳ね馬!?と思ってしまうような近代的なルックスですが、ベースはNSX。

コンセプトは『FORMA DI SENSIBILITÀ』つまり、『感性を形に・・・』

大胆にもNSXのアルミモノコックボディをぶった切り、全く新しいクルマに仕上げられ、KSP製の特徴的なマフラーを装着することで、車検対応ながらフェラーリのような高周波サウンドを奏でるとのことです!

 

DUCKS GARDEN(ダックスガーデン)公式HP:http://www.ducks-garden.co.jp

住所:茨城県鉾田市烟田2339

 

SORCERY – NSX WIDE BODY KIT : Standard

 

さて、お次もど迫力なエアロが組まれた車両…

お馴染みのエアロ・マフラー販売からワンオフ加工までなんでも来い!の、大阪府に拠点を置くSORCERYによる1台です。

まるでGTカーさながらのワイドボディー、フェンダー、リアディフューザーなど、見た目はもちろん、性能第一主義のユーザーの方に非常に好評とのこと。

自分の好きなデザインや、レーシングチームのカラーでデコレーションすれば、そのままレーシングカーの雰囲気で乗ることが可能です!

 

SORCERY(ソーサリー)公式HP:http://www.sorcery.jp/

住所:大阪府堺市北区北花田3-36-6

SORCERY – NSX WIDE BODY KIT : T-12W (ver.1)

 

SORCERYのエアロの中で、GTカーらしさの中にも少し今風でVIP感が感じられるのが

こちらのver.1エアロ。フロントフェンダーはノーマル形状で

フロントバンパーのLEDライトが、高級感を出しスパルタンな印象を少し抑えています。

 

SORCERY(ソーサリー)公式HP:http://www.sorcery.jp/

住所:大阪府堺市北区北花田3-36-6

 

SORCERY – NSX WIDE BODY KIT : T-12W (ver.2)

 

こちらのver.2エアロは、ver.1に比べフロントバンパーの形状が少し鋭角になり、大きなサイドダクトが空いています。

また、大迫力なフロントフェンダー・リアフェンダー上部にも違いがみられます。

GTらしさを出しながら、都会の夜景の中を流しても様になりそうな1台です。

 

SORCERY(ソーサリー)公式HP:http://www.sorcery.jp/

住所:大阪府堺市北区北花田3-36-6

BEHRMAN-GT – NSX

出典:http://www.behrman.jp/b_gt/a_nsx_na12.php

新潟県にあるショップ、BEHRMANのNSXは、90年代ルックといった雰囲気の一台。

シンプルながら押しの強いフルエアロ、当時感を求めるユーザーにとてもオススメです。

やりすぎず、それでいてレーシーに。

こちらのデモカーを参考にして、アナタの理想のNSXを、作り上げてみませんか?

 

BEHRMAN公式HP:http://www.behrman.jp/

住所:新潟県新潟市東区逢谷内6-11

BORDER – NSX

出典:http://www.border-racing.com/

 

BORDERのNSXは、各部にエアダクトを設けたエアロパーツを纏い、サメのようなフォルム。

こちらも、形状はシンプルながらしっかりと主張をするエアロで、とてもまとまりがあります!

BORDERでは最近、NA1のリフレッシュメントを始めたとのこと。

NA1オーナー必見です!

 

BORDER公式HP:http://www.border-racing.com/

住所:東京都西多摩郡瑞穂町大字二本木807-1

ROUTE KS – NSX RGTスタイル

出典:http://www.route-ks.com/

 

NSX専門店のルートKSは、非常に多くの特徴的なエアロキットをリリースしています。

こちらのR GT Styleは、NA2のタイプRをベースに、エンジンノーマル、エアコン・ステレオ・触媒付きの状態で、空力制御と足廻り・ECUのセッティングにより、ラジアルタイヤながら筑波1分3秒5の実力を誇ります。

 

Route KS(ルートKS)公式HP:http://www.route-ks.com/

住所:三重県鈴鹿市住吉3丁目29番

 

ROUTE KS – NSX TYPE R STYLE

出典:http://www.route-ks.com/

 

こちらのNSXに装着されるエアロは、当時世界限定5台のみ生産されたホンダチューンドであるR GTをモチーフに、そのエアロパーツをルートKSが蘇らせたもの。

1台5000万円もの価格で、実際に売れたのは1台のみと言われるR GT。

そんな超希少車と同様のルックスが、ルートKSでは手に入ります!

 

Route KS(ルートKS)公式HP:http://www.route-ks.com/

住所:三重県鈴鹿市住吉3丁目29番

 

ROUTE KS – ZERO FORCE FINAL NSX

出典:http://www.route-ks.com/

 

このZERO FORCE FINALは、ルートKSの誇るトップモデルにして最高傑作。

ベースはタイプS zero。

こちらもエンジン自体はノーマルながら、もはやレーシングカーさながらのルックス

徹底的な軽量化が施され、車重は1,050kg。なんと筑波で59秒9を叩き出します!

 

Route KS(ルートKS)公式HP:http://www.route-ks.com/

住所:三重県鈴鹿市住吉3丁目29番

 

ROUTE KS – NSX LE MANS Style

出典:http://www.route-ks.com/

 

1995年のル・マン GT2クラスにて優勝したNSXと同形状のエアロを纏うこちらのNSXがルートKSによる、その名もLE MANS Style。

シンプルでありながら空力を重視、スポンサーステッカーなどでデコレーションすれば、まさに、あのル・マンのNSXだ!という優越感に浸ることができそうな1台です!

 

Route KS(ルートKS)公式HP:http://www.route-ks.com/

住所:三重県鈴鹿市住吉3丁目29番

 

ROUTE KS – NSX Hornet Style

出典:http://www.route-ks.com/

 

こちらのHornet Styleのコンセプトは『身近なGTスタイルを実現に』

同社のLE MANS Styleなどに比べても、最近のGTカー的雰囲気が漂うこちらの車両。

もちろん空力もしっかりと計算して作られているので、NSXを今時なGTカーっぽく仕上げたいユーザーの方には、とてもオススメです!

 

Route KS(ルートKS)公式HP:http://www.route-ks.com/

住所:三重県鈴鹿市住吉3丁目29番

 

ROUTE KS – NSX MADONNA FULL WIDE STYLE

出典:http://www.route-ks.com/

 

さて、ルートKS最後のご紹介になるこちらのボディーキット、名前はMADONNA。

ルートKSにおいて最新のエアロで、同社が今までに打ち立ててきたサーキットでの好記録を背負い発売されました。

そのため、非常に今風なデザインもさることながら、空力性能面でもしっかりと開発が進められてきたとのこと。

だんだんと古いクルマの仲間入りをしてきた初期型NSXですが、『最新の感じで乗りたい!』という方や『本当に効くエアロが欲しい!』という方に、とてもオススメなエアロキットです!

 

Route KS(ルートKS)公式HP:http://www.route-ks.com/

住所:三重県鈴鹿市住吉3丁目29番

九州男児 – NSX☆冨吉R

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/250066/car/146696/profile.aspx

 

冨吉レーシングによりチューニングされたこちらのNA2

オーナー自らのドライブで、筑波56秒370というタイムを叩き出す驚異的なクルマです。

パワーも驚愕かと思いきや、C32Bをベースにハイコンプ化・ハイカムを組んで約380PS。

他のNSXに比べ、圧倒的なパワー差はないどころか、どちらかといえばローパワー。

しかし、クルマはトータルバランス!

この380PSをフルに使い切るためのセッティングが随所に施されています。

各部ドライカーボンで軽量化され、重量は約1080kg。空力制御にも抜かりはありません。

今後は油圧安定化のため、ドライサンプ化・ターボ化を行う予定だそう。

ますます戦闘力が上がっていくこのクルマから目が離せません!

 

九州男児公式HP:http://www.kyushu-danji.com/

デモカー詳細ページ:http://minkara.carview.co.jp/userid/250066/car/146696/profile.aspx

住所:鹿児島県出水市黄金町373

ROWEN – PREMIUM Edition NSX

出典:http://www.rowen.co.jp/

 

VIP系カスタムで有名なROWENの手でカスタマイズされたこちらのNSX

もともとスーパースポーツのNSXですが、フロントリップのLEDや大径ホイール、特徴的なリアスポイラーなどが装着され、随所にROWENらしさが散りばめられています!

『あえてこのクルマをこういう風にしたいんだ!』という方に、とてもオススメなカスタムです!

 

ROWEN(ロエン)公式HP:http://www.rowen.co.jp/

住所:愛知県豊田市堤本町山畑7番地

 

ADVANCE – FLATOUT NSX

出典:https://www.advance-jp.com/

 

サーキットスペシャルでありながら、ユーザーへフィードバックをするための開発車両でもあるアドバンスのNA1。C30Aエンジンは排気量を3.1Lまで拡大

オリジナルの6連スロットル・戸田製のCカムを装着し、Vproでセッティング。

扱いやすさ重視の350psエンジンは6年以上経過しても大きなトラブルはないとのこと。

足廻りもオリジナルサスペンションでセッティングが施されていますが、全体としては、耐久性を重視しながらサーキットも楽しめる。

そんなクルマを目指し制作されているそうです!

 

ADVANCE(アドバンス)公式HP:https://www.advance-jp.com/

住所:横浜市都筑区池辺町3947-1

まとめ

以上25台にわたり、各チューニングメーカー・ショップにより制作された

NA1・NA2 NSXを観てまいりました。 いかがでしたか?

2016年に10年間の沈黙を破りデビューした新型NSX

そのキャッチコピーは『ホンダにしかできないことを。』

新型が発売された今だからこそ!

脈々と受け継がれるNSX伝説の原点にある、NA1・NA2を楽しんでみませんか…?

Writer Introduction
guest-garage-team

車買取.com