Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYGarage, Custom

特別な時間を味わえる車を作るのが仕事。ホンダ専門ショップSEEKERのクルマ作りとは

東京都杉並区のホンダ専門チューニングショップ『SEEKER』は、スタイリッシュなデザインのパーツを数多く開発してきました。そんな『SEEKER』が行う『素材を活かすチューニング』とはどのようなものなのでしょうか。今回は『SEEKER』に直接訪問し、そのコンセプトやおすすめ商品を詳しく聞いてきました。

 

©Motorz

 

 

SEEKERとは?

 

©️Motorz

 

元々シビック乗りだった寺岡代表は、自動車とは違う業界で仕事をする、一般の車好きでした。

そんな一人のユーザーとしてショップに出かけたりする中で、「チューニングショップは敷居が高い店が多い。自分で気軽に入れる店を作りたい。」と思うようになったそう。

そして同時に、他のショップとは違うことがやりたいと考えた寺岡代表は、ホンダ車が好きだったことからホンダ車専門のチューニングショップ『SEEKER』を、2002年に開業しました。

 

ライフスタイルにあった提案を

 

©️Motorz

 

SEEKERでは、日常のメンテナンスなどの基本からサーキット仕様まで幅広くチューニングしていますが、ただ車を仕上げるだけではなく、しっかりとユーザーと話をして、求める方向性を定めることから始めます。

例えば、「S660をサーキットレース仕様にして欲しい。」という漠然としたイメージを持ったユーザーが来店した際には、「年に何回サーキットを走るのですか?」「街乗りにも使いますか?」と質問をして、ユーザーが「年に1〜2回ほど。」「ほとんどが街乗り。」と答えた場合には『街乗りでスポーツカーのテイストを楽しめる車作り』を提案するそうです。

「月に1回、年にして2〜3回しかサーキットに行かないのに足をガチガチにして内装を外すのはおすすめできません。」と寺岡代表。

このケースの場合、足回り、ハンドリングを中心にチューニングを提案。

「ライフスタイルに合った、特別な時間を味わえるよう車を仕上げるのが仕事。」だと語ってくれました。

 

素体を生かすチューニング

 

SEEKERのS660のインテリア / ©️Motorz

 

パーツメーカーとしての一面も持ち合わせるSEEKERですが、開業当初はセレクトショップとしてスタートしています。

しかし、既存品から選ぶだけでは物足りなさを感じ、オリジナルパーツ開発を開始しました。

ちなみに、大手メーカーではできない、それでも追求したいと思ったものなら汎用性が低くても開発するそうです。

そして、スタイリングでは「素体を活かし、スマートな型を目指しています。」と寺岡代表が話してくれました。

 

SEEKER自信のデモカー搭載、S660オススメパーツ

『SUPER WIDE BLUE MIRROR for S660』

 

『SUPER WIDE BLUE MIRROR for S660』 / ©️Motorz

 

純国産ハイクオリティーミラー『SUPER WIDE BLUE MIRROR for S660』は、SuperGTやフォーミュラ・ニッポンなどのトップカテゴリーに供給実績を持つ工場による、ハンドメイド!

距離感を大きく損なわないレベルに曲げ角を設定しながら、約2倍の視野を実現したそうです。

 

 

『FRPツインメーターフード for S660』

 

『FRPツインメーターフード for S660』/ ©️Motorz

 

60Φ規格のメーターが2つ装着できる『FRPツインメーターフード for S660』は、前方の視界を防ぐことなく視認性を確保。

S660の内装にマッチする『半ツヤブラック塗装』を施しているので、純正の雰囲気を崩すことなくメーターを追加できます。

 

 

『Heavy shift knob 6MT』

 

『Heavy shift knob 6MT』 / ©️Motorz

 

ホンダ純正の球状タイプの『Heavy shift knob 6MT』は単体重量約400gと、純正のアルミ約140gに比べ260gも重くしてありますが、形状、サイズは純正とほぼ同じ!

ヘビーウェイトの操作感をお求めの方に、オススメです!

 

 

『SEEKER×BRIDE フルバケットシート』

 

『SEEKER×BRIDE フルバケットシート』 / ©️Motorz

 

セレクトショップの頃からの縁で誕生した、BRIDEとのコラボレーション商品『SEEKER×BRIDE フルバケットシート』は、SEEKERのロゴ刺繍を施し、鮮やかなレッドステッチを追加。

既存品よりファッショナブルなものを目指した結果の、オリジナルデザインです。

 

 

ショップ情報

SEEKER(有限会社シーカー)

〒168-0081 東京都杉並区宮前1-19-7

TEL:03-5336-7025

FAX:03-5336-7065

HP:http://www.seeker.co.jp/

営業時間 AM10:00~PM7:00

休業日  木曜日、サーキット出張時

 

まとめ

 

お話を伺ったSEEKERの寺岡代表 ©️Motorz

ご自身もサーキットを走られる寺岡代表に、その理由を尋ねると「お客さんに、あのサーキットのあのコーナーでアンダーが出にくいセッティングにしたいとか相談された時に、答えられるように」と答えてくれました。

街乗りからサーキットまで、ホンダ車の事なら気軽になんでも相談して貰うために、そしてドライブを楽しんで貰うために、製品開発、チューニングに挑んでいるSEEKER。

みなさんも是非、訪れてみてくださいね。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
河野貴大

中高生の頃はゲームセンターのレースゲームに熱中。そんな中、テレビで偶然見たJGTCで自動車レースの楽しさを知る。 その後、レース好きが高じて自動車用品の販売会社へ就職。 不思議なご縁で現在に至ります。Motorzを通じ、自動車業界、自動車用品業界、そしてモータースポーツを盛り上げることが目標です。愛車はSW20型MR2。2018年はサーキットデビューとの噂。

車買取.com