Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYItem

ガソリンだけじゃない?クルマにまつわる『添加剤』をより効果的に使うオススメの方法を紹介!

各社から販売されている、ガソリンやエンジンオイルなどの各種”添加剤”。アナタにとって1番ベストな添加剤とは何なのでしょうか?今回は、千葉県木更津市にあるチューニングショップ『power house amuse』の代表 松井仁志さんに、添加剤の種類や効果などの基本的な部分から、その役割について詳しくお話を伺ってきました!

今回お話を伺ったパワーハウス アミューズの代表 松井さん / ©︎Motorz

 

添加剤ってどんな仕事をしてるの?

©︎Motorz

 

今回、色々と疑問点の多い添加剤について、豊富な種類の添加剤を開発している『SPEEDSTER(スピードスター)』ブランドを日本で販売している『power house amuse(パワーハウス アミューズ)』の代表 松井仁志さんにお話を伺いました!

早速、「そもそも添加剤ってどんな仕事をしてくれるのか?」という部分から、添加剤についての基本から振り返っていきたいと思います。


ご覧の画像に置かれている6本のボトルは全てクルマに関する『添加剤』と呼ばれるモノになっています(※画像右の缶のみ、エンジンオイルです)。

インジェクターに溜まったカーボンなどの汚れを除去する効果がある『ガソリン添加剤』や、クーラントに混ぜることで本来の冷却性能を蘇らせる『クーラント添加剤』。

また、添加剤と言ったらコレ!という『エンジンオイル添加剤』も、ディーゼルエンジン用とガソリンエンジン用では成分も微妙に変わってきます。

このように些細な違いに着目し、各メーカーがそれぞれの”添加剤”を開発し、販売しているわけなのですが、どの添加剤にも共通して言えることは「決して本来のポテンシャル以上の性能を引き出すモノではなく、むしろ新車時のコンディションを保ったり、近づけるためのモノ」であるということです。

この点が添加剤において1番誤解を生んでいる部分でもあり、オカルト染みた”怪しいアイテム”っぽく見えてしまう点でもあります。

クルマに限らず工業製品とは、工場より出荷された時点から劣化が始まるモノです。

どのような金属でも空気に触れていれば酸化は防ぐことが出来ませんし、そのままにしていればサビていき、風化していく一方です。

自動車メーカーが本来狙っていた”新車時の性能”というのは、長いスパンで乗りつづけていくと、当然劣っていきます。

その性能の低下を緩和させたり、”劣ってしまった”性能を向上させる為に添加剤というモノが存在しています。

『添加剤』というと、その性質を向上させるための化学物質のように聞こえがちですが、決して新車時以上の性能を出す為のアイテムではないのです。

これは誤解しがちな事実であります。

ここまでの振り返りとして、クルマに関する添加剤とは、言うならば「クルマが本来持つ性能を最大限キープするためのケアアイテム」だと考えると納得して頂けるのではないでしょうか?

 

添加剤って混ぜると危険!?

©︎Motorz

 

エンジンオイルの添加剤1つにとってもみても、各社がそれぞれ同じような効果が見込める添加剤を出していますし「どれを入れても同じだろう」と考える方も多いと思います。

また、添加剤だからといってたくさん添加すれば、もっと良くなる、というモノでもありません。

アレやコレやと様々な添加剤を混ぜることで危険性が高まるということはありませんが、これと言って性能が向上するという訳でもありません。

ここでもSPEEDSTERの添加剤を例に説明しますと、同社の添加剤の容量は300ml。

これはエンジンオイル6リッターに対し、ちょうどボトル1本の比率になるように販売しているのだとか。

ちなみに松井さんによると、添加剤とエンジンオイルとの違いは主に化学物質の粒度だそうで、より粒子の細かいオイルを作ろうとなると、当然コストが上がります。

しかし粒子の細かいオイルは、粗いオイルに比べて細かい隙間にも入り込むことができるので、エンジン内で運動を行い続けるピストンとエンジンブロックとの細かい隙間に入り込み、金属疲労の低減に繋がります。

オイルの粒度の違いは、ガソリンで言うところのハイオクとレギュラーガソリンのようなモノだと捉えてください。

なので極端な話、添加剤のみを6リットル注ぎ込んだエンジンで走ることも可能なのだとか。

言うならばレギュラー車にハイオクを入れて走行しているようなモノなので、悪さをしたりするようなことはありませんが、エンジンオイルの粘度を保ちつつ粒子を細かくする作業は、ガソリンの精製以上に手間がかかるので、添加剤1本の値段を考慮するとコストパフォーマンス的にあまりオススメ出来ません。

要するに、SPEEDSTERのエンジンオイルは6リットルに対し、添加剤300mlという比率が1番コストパフォーマンスとして優れている数字なのだということです。

各メーカーは自社のエンジンオイルをベースに添加剤を開発しているので、当然エンジンオイルと添加剤はメーカー・銘柄を合わせて使用することが望まれます。

 

添加剤の使用方法とは?

©︎Motorz

 

各種添加剤の使用方法はいたって簡単。

現在使っているエンジンオイルや、ガソリンなどに添加剤を適量入れるだけ。

エンジンオイルならば、エンジンルーム内のエンジンオイルキャップを開けて、添加剤を投入するだけ。

クーラント添加剤なら、エンジンが完全に冷えていることを確認した上で、ラジエーターキャップを開け、そこから投入。

ガソリンなら、給油のついでに入れちゃうだけで、効果が得られちゃいます!

キャップを開けるだけなので、特別に必要な工具等もありませんが、強いて言うならば汚れが気になる方は、軍手を用意しておくと良いかもしれません。

エンジンオイル添加剤の場合は、オイルの容量に合わせて適量を入れる必要があるので、オイルレベルをチェックする為にウエスも必要になってきます。

この手軽さで、エンジンなどの各パーツがロングライフになるのであれば、積極的に定期的なメンテナンスのメニューの1つとして行なっていきたいですよね!

オイルを交換したり、クーラントを交換する訳ではなく、あくまで”添加”するだけの簡単メンテナンスなので、愛車を手に入れたばかりのユーザーなどは特に、愛車のメンテナンスの第一歩としてここから始めてみるのもオススメです。

 

amuseの車両でもテストされた『SPEEDSTER』の添加剤とは?

©︎Motorz

 

人気のレーシングシミュレーションゲームにも登場するほどの実力と認知度を誇る、千葉県木更津市のチューニングショップ『パワーハウス アミューズ』。

国内のタイムアタックイベントなどにも積極的に参加している同ショップですが、2年前からSPEEDSTERのオイルや添加剤を使って、スーパー耐久や海外のサーキットなどでテストを開始しました。

ストリートはもちろん、モータースポーツの現場でもテストを行い、その実力を見極めたそうです。

松井さん曰く「フリクションロスが少なく、メタルダメージもなくなった」と言います。

松井さんが特にその実力を実感したというのが、アメリカで人気のワンメイクレースで、2018年から国内でもシリーズ戦が始まった『レジェンドカーレース』。

その参加車両である『レジェンドレースカー』にもSPEEDSTERの添加剤は用いられています!

同車の心臓部にはヤマハ製のバイク用の1250ccエンジンとトランスミッションが採用されているのですが、エンジンとトランスミッションが2階建て構造で、オイルもエンジンとトランスミッションで共有するバイク用のエンジンでも、問題なく使用できたのだとか。

自動車のエンジン以上に攪拌され、化学物質の分子が割かれがちなバイク用エンジンでもその効果はお墨付き!

SPEEDSTERの添加剤について松井さんは「新しい物質が発見されて性能が良くなかった!とか特別なことは何もないんです。」と語ります。

しかし続けて「特別なことは無いのですが、単なる技術の進歩の結果生まれたのがSPEEDSTERの製品なんです!」と話します。

「我々の生活というものは、気付いていないだけでたくさんの技術の応用に囲まれて成り立っています。
例えばインクジェットプリンター。これって自動車のインジェクションと同じ技術なんですよ。
キャブレターからインジェクションに切り替わり、それが当たり前の世界になって何十年と経ちますが、そうやって自動車で研究されてきた技術が印刷に応用されています。
よりキレイに印刷出来るように、現在ではプリンターのインクはナノレベルまで細分化され、それを用紙に吹き付けて印刷しているわけです。
この技術をクルマに”逆輸入”したんですね。これがSPEEDSTERの添加剤なんです。」

“日進月歩でオイルや添加剤のレベルも上がってきている”ということはあまり知られていない意外な事実なのではないでしょうか?

 

SPEEDSTERの添加剤一覧

 

こちらでは、そんなパワーハウス アミューズが販売を手がけるSPEEDSTERの商品を一挙にご紹介します!

 

ENGINE OIL ADDITIVE

©︎Motorz

 

こちらはスピードスターブランドのエンジンオイル添加剤です。
エステル入り、100%化学合成油のどちらでも使用可能で、ガソリンエンジンであればどんなエンジンでも対応しています。
ボートの船外機に使う方もいるのだとか!
特性としては、アクセルのツキがなくなり、中間トルクの向上が感じられるのだそう。
無駄なフリクションが減少することでノイズの低減にも繋がり、50kmくらい走ることで効果が発揮されるという即効性も特徴のひとつです。

 

DIESEL ENGINE OIL ADDITIVE

©︎Motorz

 

こちらはディーゼルエンジン用のエンジンオイルになります。
ディーゼル車とガソリン車との1番の差はクランクの回転数。
ガソリン車に比べて比較的、固めのエンジンオイルが好まれますが、それに合わせて添加剤の方も調整して、ディーゼル車に最適化されたエンジンオイルの添加剤が生まれました。

 

ENGINE FLUSH

©︎Motorz

 

通常、エンジン洗浄液(フラッシング剤)というと、エンジンオイルを全て抜ききってから投入するものだと思いますが、スピードスターのフラッシング剤は現在使用しているオイルにまずこのフラッシング剤を入れます。
このフラッシング剤には、エンジンオイルの油温が高くなった時の化学変化でスラッジを吸収する成分が入っています。
目安として2〜30kmの距離を2回くらい走行すれば、十分に洗浄が完了するそう。
あとはエンジンオイルを抜いて、新しいオイルと交換するだけです!

 

COMPLETE FUEL SYSTEM CLEANER

©︎Motorz

 

ガソリン燃料用の添加剤であるスピードスターの”燃料洗浄剤”は直噴エンジンの車両に特にオススメの一品です。
そもそもガソリンには見た目でも危険物と判断できるように色素が混ぜられており、ピンク色っぽい色が着色されています。
この色素が汚れの原因になったりするのですが、インジェクターに汚れが付着すると、燃料が思ったように吹き付ける事ができません。
これが燃費の悪化に繋がることがあるのです。
半年に1度くらいの間隔で、投入すると汚れが溜まってきた頃合いで洗浄できるそうです。
60リットルのガソリンに対し、1本の割合で添加します。

 

COMPLETE DIESEL SYSTEM CLEANER PLUS

©︎Motorz

 

こちらはエンジンオイルと同様に、ディーゼル用の燃料洗浄剤となっています。
ディーゼルエンジンといえば、黒煙を吐きながら走っていくイメージも強いかと思いますが、最近のディーゼルエンジン車両はそんなことありませんよね?
それはインジェクターの細かい燃料制御によって、余分な軽油をエンジン内に吹き付けないことで不燃ガスの発生を抑えているからなのです。
ガソリン車に比べ、インジェクターのノズルが汚れやすいディーゼル車では、この燃料洗浄剤の必要性がガソリンエンジン以上に高いので、直噴ディーゼル車に乗っている方は必見のアイテムとなっています!

 

ICE COOLANT ADDITIVE

©︎Motorz

 

こちらのクーラント添加剤は、エンジン温度を15℃〜20℃近く低減させます。
アミューズが提唱する使用方法としては、主にサーキットを走るユーザーに向けたもので、ラジエターの水を抜いて、こちらの添加剤を入れます。
配管的には、エンジン温度を管理しているサーモスタッドよりも前に存在しているラジエターがそもそも冷えないと意味が無いからです。
一般的なクーラントと同様に2シーズン、2年に1度くらいの頻度での交換が推奨されています。

 

SPEEDSTERの添加剤はどこで買えるの!?

©︎Motorz

 

前述の通り、SPEEDSTERの添加剤は千葉県木更津市にあるチューニングショップ『パワーハウス アミューズ』が日本での販売を手がけています。

同ショップで購入可能なのはもちろん、カスタムパーツのトータルカタログECサイトの『モタガレ』でも購入することが出来ます!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は謎の多い添加剤について、パワーハウス アミューズの代表 松井仁志さんにお話を伺って参りました。

アナタが求める添加剤は記事内に登場したでしょうか?

誰でも手軽に始められるメンテナンスとして、オススメの添加剤。

この機会にぜひ、アナタも自分にあった添加剤を手に取ってみて、その違いを確かめてみてください!

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
前田勇介

物心ついた頃には既にクルマが大好きだったらしく、家族で出かける際には必ず助手席に座り、対向車線のクルマのメーカー名を諳んじていた子どもだったそうです。 大学は美術系大学へ進学して自動車デザインを勉強し、電気自動車を作ったりしていました。 その後、某出版社で自動車雑誌の編集を務め、現在に至ります。 1991年式のキャブクーパーに乗っています。

車買取.com