Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYItem

これを選べば失敗しない!プロに聞いたモータースポーツに最適な一眼レフカメラ 5選

モータースポーツを楽しむ上で、欠かせないのが写真撮影!スマホの普及もあり写真を撮ることが身近になってきた中で、モータースポーツを楽しむ上で一眼レフカメラ欲しいなあと考えることもあるのではないでしょうか?今回は、これを選べば失敗しないカメラをプロのカメラマンに聞いてきたのでご紹介します!

出典:http://monsieurshibata.cocolog-nifty.com/

出典:http://monsieurshibata.cocolog-nifty.com/

皆さんの普段使われているメーカーが紹介されていなくても怒らないでくださいね。あくまで、プロに聞いてみた結果ですので。。。

 

このカメラを買えば大丈夫!プロがおすすめするカメラとレンズ。

出典:cpn.canon-europe.com

出典:cpn.canon-europe.com

 

プロが使う一眼レフカメラ

Canon EOS-1D X Mark Ⅱ

出典:http://cweb.canon.jp/

出典:http://cweb.canon.jp/

カメラマンから絶賛?絶大な信頼を得ているのがこのカメラです。

お値段を見ても分かる通り、キヤノンが誇る最高峰の一眼レフカメラとなっています。

新技術の61点レティクルAF、秒間14コマの高速連続撮影という最高技術がつめ込まれており、現状では最高の性能を誇っているそうです。

 

Nikon D500

出典:http://www.nikon-image.com/

出典:http://www.nikon-image.com/

一眼レフカメラの中では、中級機と呼ばれる部類なのですが、このニコンのD500という機体はプロからは信頼を得ている1台です。

高密度153点AFシステム、秒間10コマの連写性能を誇り、DXフォーマットという撮像素子のため画角が約1.5倍になるらしく望遠レンズでの撮影に向いているらしいです。

プロ仕様のレンズは?

Canon EF100mm〜400mm F4.5~5.6L IS Ⅱ USM

出典:http://cweb.canon.jp/

出典:http://cweb.canon.jp/

焦点距離100mm〜400mmのため、遠くからでも車体の全景から細部まで撮ることが可能です。
撮影レンジが広く、画質も良いのが特徴。

 

Nikon NIKKOR 200mm-500mm F5.6E ED VR

main_01

焦点距離が200mm-500mmと超望遠ズームレンズ。手ブレ補正機能も付いているため、いろいろな局面で扱いやすいのが特徴。

 

 

プロオススメする中級機は?

Canon 7D markⅡ

出典:http://cweb.canon.jp/

出典:http://cweb.canon.jp/

プロのセカンド機として人気があるのが「Canon 7D markⅡ」です。

中級機と呼ばれながらも、フラッグシップモデルに迫るその性能はプロカメラマンのお墨付き。
APS-C機ながらも、デュアルピクセルCMOS AFの採用、秒間10コマに対応、フルHD画質で60fpsに対応などその特徴を活かしながら高性能に進化した1台。

カメラのステップアップにご検討してみては如何でしょうか?

 

入門機のオススメはこの機種

Canon EOS 8000D

出典:http://cweb.canon.jp/

出典:http://cweb.canon.jp/

デザインや装備、撮影機能はEOS Kiss X8iとまったく同じですが、シャッター速度・絞りなどの情報を上位機種うと同様に上部の液晶パネルに表示。また、背面のサブコマンドダイヤルが追加されモータースポーツには欠かせない、電子水準器機能も装備されている。

価格も入門機価格であり、ダブルズームキットで望遠レンズを手に入れ練習していきましょう!

 

Nikon D3300

出典:出典:http://www.nikon-image.com/

出典:出典:http://www.nikon-image.com/

一番安くて軽いモデルであり、日常使いやサーキットでの持ち運びにはもってこいなのがNikonのD3300です。

460グラムと一眼レフカメラの中では超軽量級でありながら、中級機(上位機のD5300相当)の性能を誇ります。また、キットレンズの「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f3.5-5.6G VR II」は従来のキットレンズよりも短くよりコンパクトなデジイチとして有名です。

軽く手軽に持ち運ぶ事ができ、荷物が多くなりがちなサーキットでも大活躍間違い無しな1台です。

 

次のページでは、カメラを始める際に知っておきたい最低限の用語 を解説します。

1ページ|2ページ
Writer Introduction
TryOne

車買取.com