Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews

Motorz運営のMiddleField社長が、急きょS耐参戦決定!

2017年4月1日、Motorz運営会社のMiddleField株式会社 代表取締役社長の中山翔太が急きょ、S耐開幕戦に参戦決定!いったいなぜ突然参戦が決まったのか!?中山は本当に速いのか?今回の経緯を本人インタビューでご紹介します。

MiddleField株式会社CEO中山翔太とは

Motorz運営会社、MiddleField株式会社CEO 中山翔太

1988年8月3日生まれ しし座

動物占いはさばさば組のペガサス。

幼少期は野球少年であり、地域のリーグなどで活躍し、神童と呼ばれる。

中学・高校ともに野球部に所属し、足の速さを活かして一番バッターとして大活躍。

盗塁が非常に巧く、地元では「盗塁王の中山」とも異名を持つほどの男でした。

そんな野球一本だった彼が、何故今回レースに参戦することになったのでしょうか?本人の口から語ってもらいました。

 

S耐参戦の経緯

―――今日はよろしくお願いします。まず、野球少年だった中山社長がなぜレースの世界に飛び込んだのでしょうか?

 

中山:僕はもともと、起業をする前はレーシングチームのスタッフとして働いていました。

いろいろ縁があっての就職で、最初は特にレースが好きと言うこともなかったんですが、毎戦見続けていると段々と「自分もやってみたい!」という気持ちが沸いてきたんですよね。

とはいえ自分はモータースポーツ未経験ですし、乗りたいからってすぐに乗れる世界ではないので、指を咥えて見ているしかできなかったんですよ。

…悔しかったですね。本当に。

 

―――今回、なぜ突然レースに参戦することになったんですか?

 

中山:もともと自分は負けず嫌いで、なおかつ足の速さにも自信があったので、絶対に「乗ったら勝てる!」そう思っていました。

そんな時に、Motorzでも記事を書いてくれているレーシングドライバー、根本悠生選手が「僕のマシン乗ってみませんか?」って声をかけてくれたんです。

嬉しかったですね。「憧れのレーシングカーに乗れるんだ!」って。

早速同じクルマで走ってみたら、長年のイメトレが功を奏したのか、僕の方がタイムが良かったんです!

それで急きょ、根本選手のマシンに僕が乗ることになりました。

 

レースにかける意気込み

中山:とにもかくにも、僕は負けず嫌いなので、絶対に負けません。

野球の時も盗塁王で、誰よりも速く走ることに快感を覚えていました。

もてぎはレーシングチームにいた時にもよく来たサーキットですので、絶対に負けません!

応援よろしくお願いします!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

MiddleField株式会社もとい、Motorzもついにレース参戦!今シーズンのスーパー耐久から、目が離せません!

 

 

出典:https://www.facebook.com/

そして根本選手、スーツやヘルメット、写真撮影などの全面協力ありがとうございました!

今シーズンより、スーパー耐久ST-4クラスへ参戦開始する、根本選手を応援よろしくお願いします!

 

根本悠生選手公式Facebook

根本悠生選手公式HP

 

※本記事は、エイプリルフール企画です。

 

あわせて読みたい

今、注目の若手?レーシングドライバー根本悠生って誰だ?

現役レーシングドライバーが贈る、ツインリンクもてぎでレース観戦する上で抑えておきたいポイントまとめ

イタリアGTと日本のレースの違いとは?連載企画、レーシングドライバー根本悠生の新たな挑戦!第4回「-海外で感じたレース文化の差-」

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
TryOne

車買取.com