Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Custom

何にでも塗れちゃう…だけじゃない!あなたも染めQで暮らしを豊かにしてみませんか?

『染めQ』は、革製品などの様々な素材の質感を変えることなく、何にでも塗れるその手軽さから、実際にクルマのシートのアレンジなどに使ったことがある読者の方も多いかもしれません。また、ホームセンターなどでもよく見かける車好きには身近なアイテムだと思いますが、そもそもなぜ何にでも塗れるのでしょうか。染めQってどんな所で作られているの?などなど、その真相を探るべくMotorz編集部は本社を突撃訪問して、お話を伺ってきました!

 

カラフルでDIY感がたっぷりの本社オフィス。 / ©︎Motorz

 

 

染めQが誇るナノ技術

染めQの前身となった会社がそもそも塗料メーカーだったこともあり、最高の塗料を目指して開発されたのが『染めQ』でした。

まず1番の疑問点だった「なぜ、何にでも塗れるの?」という疑問に関してですが、これは「塗料の粒子がナノ単位まで細かいから」だそうです。

他の塗料に比べ粒子が細かいと接着面が増えるので、あらゆる素材やモノに密着します。

さらに、粒子が細かいので当然乾きも早く、速乾性も兼ね備えているのです。

実際に染めQで塗装された革素材を触ってみたのですが、色の境目にも段差はなく、パッと見ただけではどちらが本来の色なのか見分けがつかない程でした。

 

どちらの色が染めQで塗られた色か分かりますか?白い革を黒に塗っています。 / ©︎Motorz

 

また、その速乾性も圧倒的で、通常の塗料では塗装できないような材質にも塗装が出来ちゃう、まさに夢のような塗料なのです!

 

こちらは染めQを使ったアート作品なのですが…… / ©︎Motorz

 

なんと、トイレットペーパーに描かれているのです!水っぽい通常の塗料では溶けてしまいますが、粒子が細いので乾きも早く、染めQなら塗装可能です。 / ©︎Motorz

 

豊富な染めQのラインナップ

染めQでは、自慢のナノ技術を活かして、塗料はもちろん日用雑貨品などにも応用し、様々なラインナップの商品を展開しています。

ここではその一部をご紹介いたします!

 

ナノ技術を応用し、防カビ材を入れた日用雑貨品も人気の商品です。/ ©︎Motorz

 

こちらの『Protect U』もナノ技術の恩恵を存分に受けた賜物。消臭材や抗菌剤をナノ単位で細かくすることで、衣服などに吸着し、長い時間効果が持続します。自動車整備の現場では、車内に散布する為に使われていたりもするそうです。/ ©︎Motorz

 

何でもメッキ調に様変わりする『メッキ感覚』/ ©︎Motorz

 

タイヤワックスのような感覚でタイヤに刷毛塗りする『タイヤ染めQ』もあります!シリコン系のタイヤワックスはゴムの劣化に繋がりますが、こちらの商品はアクリル製なので安心です。 / ©︎Motorz

 

こちらは『染めQ GUN-MODOKI』という商品。/ ©︎Motorz

 

こんな風に装着すると、エアブラシのようにトリガーを引いて塗装が出来る優れもの!ちなみに染めQ以外の缶スプレーにも装着可能です。 / ©︎Motorz

 

こちらの『ミッチャクロンマルチ』はベストセラー商品で、ペーパー研ぎなしで様々な素材に使えるプライマー材です。 / ©︎Motorz

 

染めQ不思議ワールド

本社には染めQの世界を体感できる『染めQ不思議ワールド』が併設されており、一般の方に向けた見学ツアーも行なっています。

平日の営業時間内のみの対応となっていますが、大型バスも駐車可能なスペースがあることから夏休み中の子供会や、婦人会、老人会といった団体での利用者も多いのだとか。

もちろん個人や家族単位での来場も可能で、同社のHPから申し込みできるので、興味のある方はぜひアクセスしてみてください。

 

©︎Motorz

 

塗装体験ブースが用意されており、正しい使い方も学べます。 / ©︎Motorz

 

乾きが早いので、コツは一気に塗るのではなく、薄く薄く何度も重ねることだそうです。 / ©︎Motorz

 

企業情報

 

主に開発拠点となっている本社。特徴としては意外にも開発職の方々は女性率が高いのだそうです。工場は埼玉県幸手市と、岩手県一関市の2ヶ所にあります。 / ©︎Motorz

 

住所:〒306-0313 茨城県猿島郡五霞町元栗橋5971

TEL/FAX:0280-80-0005/0280-80-0006(代)

フリーダイヤル:0120-229-309

受付時間:9:00 ~ 17:00(土・日・祝日を除く)

HP:http://somayq.com/

 

まとめ

 

©︎Motorz

 

今回、ナノ技術で暮らしを豊かにしてくれる『染めQテクノロジィ』について取材してきました。

暮らしをガラリと変えてしまうような発明のその裏には”古いものを大切にする”という想いが込められています。

誰でも簡単に、そして綺麗に仕上げることができる染めQは豊富なバリエーションで暮らしを豊かにするサポートをしてくれる事間違いなし。

あなたの日常にも、染めQを応用してみてはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
前田勇介

物心ついた頃には既にクルマが大好きだったらしく、家族で出かける際には必ず助手席に座り、対向車線のクルマのメーカー名を諳んじていた子どもだったそうです。 大学は美術系大学へ進学して自動車デザインを勉強し、電気自動車を作ったりしていました。 その後、某出版社で自動車雑誌の編集を務め、現在に至ります。 1991年式のキャブクーパーに乗っています。

車買取.com