Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Car

40年目のフルモデルチェンジ!メルセデスベンツ新型Gクラス受注開始!さらに従来型も併売

メルセデスベンツは2018年6月6日、新型Gクラスの発表と受注の開始を行いました。Gクラスは、登場してから39年間で何度も改良を施されましたが、フルモデルチェンジは今回が初!かなりの注目を集めています。日本では有名スポーツ選手や芸能人、企業家などが好んで乗っていることで興味を集め、国内で高い人気の海外SUVモデル。そんな新型メルセデスベンツGクラスについて、ご紹介します。

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

© Copyright 2018 MBUSA

 

 

Gクラスが40年目で初となるフルモデルチェンジ

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

メルセデスベンツGクラスといえば、登場から一貫してスタイルを変えることなく、長年にわたり世界中のオーナーから愛されてきました。

そんなGクラスが初となるフルモデルチェンジを果たし、6月6日(水)に発表と受注を開始。

日本へのデリバリーは、8月下旬になると見られています。

近年、スタイリッシュな高級クロスオーバーSUVが大ヒットをおさめていますが、中でもGクラスは登場から約39年間デザインや基本設計の大幅な変更をせずに改良されてきたため、Gクラス固有のレトロさや存在感があります。

そのためか、メルセデスベンツは今回の新型Gクラスについて『全面改良』とし、あえてフルモデルチェンジという言葉は使っていません。

また、新型Gクラスを発売する一方で従来型のGクラスも継続販売することを明かにしており、新型と従来型の併売に少し期待と疑問を感じることもあるでしょう。

果たして、今回の新型GクラスはこれまでのGクラスの正当進化なのか、またはGクラスと名乗りながらも今までとは全く別の車種になってしまったのでしょうか。

 

メルセデスベンツ・Gクラスとは

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

メルセデスベンツ・Gクラスは、元々メルセデスベンツが軍用車として開発し、軍事同盟・NATOで使われた『ゲレンデヴァーゲン』を民生用にアレンジし、1979年に発売されたものです。

本格的なクロスカントリーSUVの構造を持っており、大型で強靭なボディがウリのモデル。

改良を重ねるにつれ高級SUVの位置に収まり、外観はゲレンデヴァーゲンから受け継がれる強靭さやレトロ調なスタイルでありながら、中身は高級車としての質感の高い内装や、AMG開発の高性能なエンジンが搭載されています。

そんな”変わらない良さ”を具現化したようなGクラスは、元SMAPの木村拓哉さんやお笑い芸人の大御所・明石家さんまさんがプライベートで乗っていることが話題となり、一気に日本での知名度を上げました。

 

新型メルセデスベンツ・Gクラスの主な変更点

新型と従来型とで外装の違い

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

2015年モデル メルセデスベンツ G550

2015年モデル 従来型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

新型と従来型を見比べてみると、あまりデザイン変更された感じはありませんが、G550は先代に比べて全長が53mm長く、全幅は64mm広く、ホイールベースは40mm長くなっています。

しかし、ボディは大きくなっていますが、高張力鋼板やアルミニウム合金を多用しているため、先代モデルに比べて約170kgの軽量化に成功。

箱のような車体構造はそのままですが、フロントマスクをみるとヘッドランプとグリルが大きくなっています。

また、従来型ではフロントマスクが平面だったのに対し、新型では少し凸型になりボリューム感をアップ。

ヘッドランプはLED化されデイライトが装備されています。

 

新型と従来型とで内装の違い

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

新型Gクラスの内装は従来型から一新されました!

12.3インチの高精細ワイドディスプレイを2枚を組み合わせ、メーターパネルとナビゲーションディスプレイを一つのパネルに収めています。

また、視認性に優れ、ドライバーを中心にしたレイアウトによりドライビングに集中できる空間を演出。

これは現行のメルセデスベンツEクラスやSクラスに採用されているレイアウトと同じで、Gクラスの内装にラグジュアリーサルーンとしての高い質感を提供。

室内スペースは全席で広くなり、特に後席ではレッグルームが150mm延長され、居住性も大幅に向上しています。

他にも、センターコンソール上にコントローラーを備えたタッチパッドを採用して従来型よりもスイッチ類を削減するなどGクラスの内装は一気に現代的になっています。

 

新型メルセデスベンツ・Gクラスとフレーム・ミッション・エンジン

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス シャシー / © Copyright 2018 MBUSA

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラスのラダーフレーム構造 / © Copyright 2018 MBUSA

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

新型Gクラスの『G550』はM176型エンジン、『AMG G63』はM177エンジンを搭載。

AMG G63は従来型より14馬力パワーアップしています。

また、トランスミッションは従来型の7Gトロニック(7速A/T)から9Gトロニックこと新型9速トロニックに変更され、スムーズな加速を実現。

フレームは従来型と同様にラダーフレーム構造を採用し、最大3.4mm厚のスチール鉄版と鋼材をメインに使用し、より高剛性に仕上げています。

そしてラダーフレームの上に乗るシャシーには高張力鋼板やアルミニウム合金を採用したことで、約170kgの軽量化に成功。

サスペンションはAMGと共同開発した新設計となっており、走行時の安定性や乗り心地の向上を果たしています。

そんな、これら新設計となったトランスミッションやサスペンション、エンジン特性などは『ダイナミクスセレクト』により切り替えができ、『コンフォート』、『スポーツ』、『エコ』、『インディビジュアル』、そして新たに追加されて『Gモード』の5つから選択可能。

Gモードはオフロード走行専用モードであり、オンロードだけでなくオフロード走行の適正化も設定できるようになりました。

 

安全運転支援システム『レーダーセーフティパッケージ』が全車標準装備

 

 

新型Gクラスにはメルセデスベンツが開発した最新の安全運転支援システム『レーダーセーフティパッケージ』が全車標準装備されており、ドライバーの負担を軽減させるための運転支援システムや安全性を確保するための衝突回避システムなど、最先端の安全性能確保には、抜かりありません。

そんな新型Gクラスに搭載される『レーダーセーフティパッケージ』の機能は下記になります。

 

アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック

高速走行から渋滞時まで、前走車との最適な距離をキープします。

 

アクティブレーンキーピングアシスト(歩行者検知機能付)

車体に搭載されているカメラにより、前走車・歩行者を検知し、衝突の危険性があると判断すれば、ディスプレイ表示や音でドライバーに警告。

また、それにドライバーが気づきブレーキを踏むと、システムが衝突を回避するために必要な制動力を発揮できるようブレーキ圧を高めます。

さらに、警告にドライバーが反応しない場合は、最大のブレーキ力で自動緊急ブレーキが作動するという二段構えで安心の機能です。

 

ブラインドスポットアシスト

走行時に車両の斜め後ろの死角に他車両がいる時に、ドアミラー内蔵のインジケーターでドライバーにその存在を知らせてくれます。

また、その時にもしドライバーがウインカーを出せば、警告音でドライバーに衝突の危険性を知らせます。

 

トラフィックサインアシスト

車体に搭載されているカメラが一般道や高速道路の標識を読み取り、ディスプレイに表示。

さらに、制限速度を超えると警告音によってドライバーに注意を促します。

 

PRE-SAFE®(プレセーフ)

PRE-SAFE®(プレセーフ)は、搭載される安全装備の効果を最大限まで高めるための、セーフティ技術です。

急ハンドルや急ブレーキなど、危険な場面を自動検知し、前席の電動シートベルトテンショナー、助手席の背もたれと座面を適正な位置に戻し、衝突時に身体が前方に滑り込むことの抑止。

車内への異物の侵入および頭や腕が車外に出てしまうことの防止など、事故を起こした際のドライバーのダメージを最大限に低減する機能となっています。

 

アテンションアシスト

長時間ドライブを行っているときに、疲労レベルを5段階で知らせてくれる機能です。

 

アクティブパーキングアシスト(縦列・並列駐車)

約35km/h以下で走行中に、最適な駐車スペースを自動で見つけ、自動で駐車してくれる機能です。

駐車の際は、自動操舵・ブレーキ・シフトチェンジ・速度コントロールなどすべて自動で行います。

 

新型メルセデスベンツ・Gクラスのグレード・価格

 

2019年モデル メルセデス AMG G 63

2019年モデル 新型Gクラス メルセデス AMG G 63 / © Copyright 2018 MBUSA

 

モデル 価格(税込)
新型G-Class G 550 15,620,000円
Mercedes-AMG G 63 20,350,000円
従来型G-Class G 350 d 10,800,000円
G 550 15,300,000円
Mercedes-AMG G 63 19,710,000円
Mercedes-AMG G 65 39,000,000円

 

新型メルセデスベンツ・Gクラスのスペック

 

2019年モデル メルセデスベンツ G550

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

新型 G550 新型 AMG G63
全長×全幅×全高(mm) 4,817×1,931×1,969 4,873×1,984×1,966
ホイールベース(mm) 2,890 2,890
乗車定員(名) 5 5
車重(kg)
エンジン型式 M176 M177
エンジン種類 V型8気筒ツインターボ V型8気筒ツインターボ
排気量(cc) 3,982 3,982
ボア×ストローク(mm) 83.0×92.0 83.0×92.0
圧縮比 10.5 8.6
最高出力(kW[PS]/rpm) 310[422]/5,250~5,500 430[585]/6,000
最大トルク(N・m[kgf-m]/rpm) 610[62.2]/2,000~4,750 850[86.7]/2,500~3,500
トランスミッション 電子制御9速A/T 電子制御9速A/T
駆動方式 4WD 4WD
ブレーキ 前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク
前:ベンチレーテッドディスク
後:ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ 前:275/55R19
後:275/55R19
前:275/50R20
後:275/50R20

 

まとめ

 

2019年モデル 新型Gクラス メルセデスベンツ G550 / © Copyright 2018 MBUSA

 

今回のフルモデルチェンジでは、従来型と比較しても共通部品が数点しかないほどで、デザインはほぼ同じでも中身は全くの別物。

しかし、メルセデスベンツ本社があえてフルモデルチェンジと言わない理由は、ラダーフレーム構造を継続していることで、大幅改良やマイナーチェンジであると主張しているとメルセデスベンツ日本の上野金太郎社長は説明しています。

また、新型Gクラスが2018年ジュネーブモーターショーで公開されたにもかかわらず、新型発売前に従来のGクラスを買い求めるユーザーが増え、中古車市場でもGクラスの価格相場が落ちていないことから、従来型の需要もまだあると判断し、新型と従来型を並行して販売することに踏み切ったのだと思われます。

ちなみに、新旧Gクラスの併売はおそらく日本だけで、カタログにラインナップされているものの、本国では従来型を生産していないため、在庫のみの販売とのこと。

今年いっぱい在庫がもつかどうかわからないとしており、旧型がカタログからなくなるのも時間の問題。

是非この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
池田 勇生

自動車・バイクを専門にフリーライターをしています。10代からTVでバイクレースを観たり、自らミニバイクレースへ参戦もしたりなんかして、プロレーサーに憧れていた青春時代を過ごしていました。車離れやバイク離れといわれる昨今ですが、若い方へ多くの魅力を伝えていき今後の自動車・バイク業界を盛り上げていきたいです。

車買取.com