Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYNews, Car

登場から63年目の大革命!初代コネクティッドカーとなった15代目トヨタ・クラウン

2018年6月26日、トヨタは新型クラウンを発売しました。今回で15代目となる、この新型クラウンは、トヨタが今後展開するコネクティッドカーの初代モデルです。一新されたデザインにTNGAに基づいたフレームやパワートレインを搭載するなど、14代目クラウンとは全く異なる1台に生まれ変わり、新たな時代を切り開いた15代目クラウンに多くのユーザーが注目しています。

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型220系クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

 

TNGAに基づく新設計と洗練されたデザイン!15代目 クラウン登場

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

クラウンは1955年に登場してから、今回のフルモデルチェンジで15代目になりました。

毎回、クラウンのフルモデルチェンジは、その時代のトヨタの最新技術が搭載され、そこからその新技術が世界中に広まっていく、自動車業界の大きなトピックに!!

そして、もちろん今回の新型クラウンも例外ではなく、これからトヨタが本格展開するコネクティッドカーの初代モデルとなりました。

さらにTNGA(Toyota New Global Architecture)に基づいたプラットフォームをFR車に初めて採用したことや、第2世代型の予防安全パッケージ『Toyota Safety Sense』が搭載されるなど、トヨタ最先端の技術を詰め込んだモデルになっています。

 

14代目とは全く違う!15代目トヨタ新型クラウンの主な変更点

視認性に優れたメーターパネルと2画面のインフォメーションパネル

 

15代目 新型クラウン

新型クラウン メーターパネル / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

内装のテーマは『Simple & Emotion』であり、シンプルでモダンなインテリアと8インチ(上段)と7インチ(下段)のダブルディスプレイが特徴です。

アナログ式のメーターパネルは、目盛りや文字が浮き上がって見えるオプティトロン2眼メーターを採用。

メーターパネルの上部には、ウインドシールドガラスの視野内に運転に必要な情報を投影する、カラーヘッドアップディスプレイも装備されています。

 

TNGA FRプラットフォームとAVSを採用

 

15代目 新型クラウン

TNGA FR プラットフォーム / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

クラウンに初採用したTNGA FRプラットフォームは、高いボディ剛性と前後重量配分の最適化、そして低重心化したことで、安定感がありキビキビとしたハンドリングを実現しています。

また、足まわりはフロントにハイマウント式マルチリンクサスペンション、リヤにマルチリンクサスペンションを採用し、コーナーリング時のロールを抑えたフラットな目線と乗り心地に貢献するAVS(電子制御サスペンション)が搭載されています。(AVSはRS仕様のみに搭載)

 

ドライビングモードは最大7つ

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン ドライビングモード / ©1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

 

ドライブセレクトには豊富なモードが用意されており、AVS非搭載車は『ECO』、『NORMAL』、『SPORT』、『SNOW』の4つ、AVS搭載車はさらに『ECO』、『COMFORT』、『NORMAL』、『SPORTS』、『SPORTS +』、『CUSTOM』、『SNOW』の7つのモードが選択可能です。

このように、新型クラウンの走りは優れたシャシー、サスペンション、多彩なドライブモードによって快適なクルージングや街乗り、スポーティーな走りまでさまざまなドライバーの要求に応えてくれるオールマイティーなものになっています。

 

3種類のパワートレインを用意

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン 2.0リッター 3.5リッター 8GR-FXS エンジン + モーター / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン 2.5リッター A25A-FXS エンジン + モーター / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン 2.0リッター 8AR-FTS ターボエンジン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

パワートレインは3.5リッターV6エンジン+モーター、2.0リッター直4+モーター、2.0リッター直4ターボの3種類を設定。

3.5リッターV6エンジンは、2基のモーターが搭載されたマルチステージハイブリッドシステムで、搭載される10段変速制御は、常にエンジン回転数に最適なギア比を設定し、スムーズな加速と低燃費に貢献するギアを選択してくれます。

そして10速シーケンシャルシフトマチックは、パドルシフトでマニュアル感覚の操作を楽しむ事が可能。

もちろん、2.5リッターハイブリッド、2.0リッターターボエンジンもそれぞれシーケンシャルシフトモードとパドルシフトが装着されているため、手動のシフト操作が可能です。

 

安全装備にToyota Safety Senseを搭載

 

新型クラウンから、第2世代型の予防安全パッケージToyota Safety Senseが全車標準装備されました。

今までの『Toyota Safety Sense P』および『Toyota Safety Sense C』から単眼カメラとミリ波レーダーを進化させ、昼夜の歩行者や昼間の自転車運転者も検知可能になっています。

そんなToyota Safety Senseの主な機能は以下の通りです。

機能 用途
プリクラッシュセーフティ 昼間と夜間に歩行者を検知。

昼間に自転車運転者検知を行い衝突回避支援または被害軽減を図る。

レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付) 前方車両の追従走行を支援する。
レーントレーシングアシスト(LTA) レーダークルーズコントロール使用時に、自動で操舵を制御し同一車線内中央走行を行う。
オートマチックハイビーム(AHB) ハイビームで夜間走行して対向車を検知し、自動でロービームに切り替える。
ロードサインアシスト(RSA) カメラで認識した道路標識をメーターパネルに表示する。

 

新型クラウンはトヨタ初のコネクティッドカーでもある

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン コネクティッドサービスのeケア / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン コネクティッドサービスのヘルプネット / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

新型クラウンは、車両の制御ネットワーク(CAN)に接続する車載通信機(DCM)を標準装備しています。

それはCANを通じてトヨタが構築した情報インフラ『モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)』に接続し、さらに24時間体制のオペレーターや販売店、消防/警察、保険会社、SNSサービスプロバイダとつながる仕組み。

これにより、万が一の事故対応、適当な整備時期の通知、コンシェルジュによるサービスなどを運転時に24時間体制で受けることが可能です。

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン LINEマイカーアカウント / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

また、スマートフォンとLINEを通して愛車を友だちに追加する事で、クルマのさまざまな情報を確認することが可能です。

他にも安全・エコな運転度合いをスマホで確認できる『MyTOYOTA for T-Connect ドライブ診断』といった新サービスも、新型クラウンで初めて採用されました。

 

トヨタ新型クラウンのスペック&価格

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

 

3.5Lハイブリッド車 2.5Lハイブリッド車
全長×全幅×全高(mm) 4,910×1,800×1,455 4,910×1,800×1,455
ホイールベース(mm) 2,920 2,920
トレッド(mm) 1,550 1,550
1,550 1,550
室内長×室内幅×室内高(mm) 1,980×1,500×1,185 1,980×1,500×1,185
乗車定員(名) 5 5
エンジン エンジン種類 V型6気筒DOHC
(型式:8GR-FXS)
直列4気筒DOHC
(型式:A25A-FXS)
排気量(cc) 3,456 2,487
ボア×ストローク(mm) 94.0×83.0 87.5×103.4
最高出力(kW[PS]/rpm) 220[299]/6,600 135[184]/6,000
最大トルク(N・m[kgf-m]/rpm) 356[36.3]/5,100 221[22.5]/3,800~5.400
モーター&バッテリー 種類 交流同期電動機 交流同期電動機
最高出力(kW[PS]) 132[180] 105[143]
最大トルク(N・m[kgf-m]/rpm) 300[30.6] 300[30.6]
バッテリー リチウムイオン ニッケル水素
トランスミッション マルチステージハイブリッドトランスミッション 電気式無段変速機
タンク容量(L) 66 66
駆動方式 FR FR、4WD
WLTCモード燃費
(km/リッター)
標準/市街地/郊外/高速 16.0/12.7/16.4/17.7 20.0/17.2/20.8/20.9
〈18.2/14.9/19.2/19.4〉
JC08モード燃費値(km/リッター) 17.8~18.0 23.4~24.0〈20.8~21.0〉

〈 〉内は4WD

 

2.0Lガソリンエンジン車
全長×全幅×全高(mm) 4,910×1,800×1,455
ホイールベース(mm) 2,920
トレッド(mm) 1,550
1,550~1,560
室内長×室内幅×室内高(mm) 1,980×1,500×1,185
乗車定員(名) 5
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
(型式:8AR-FTS)
排気量(cc) 1,998
ボア×ストローク(mm) 86.0×86.0
最高出力(kW[PS]/rpm) 180[245]/5,200~5,800
最大トルク(N・m[kgf-m]/rpm) 350[35.7]/1,650~4,400
トランスミッション スーパーインテリジェント8速オートマチック(8 Super ECT)
タンク容量(L) 66
駆動方式 FR
WLTCモード燃費(km/リッター)
標準/市街地/郊外/高速
12.4/8.7/12.6/15.1
JC08モード燃費値(km/リッター) 12.8

 

駆動方式 価格
3.5Lハイブリッド車 FR 6,237,000~7,187,400円
2.5Lハイブリッド車 FR 4,978,800~5,799,600円
4WD 5,194,800~6,323,400円
2.0Lガソリンターボ車 FR 4,606,200~5,594,400円

 

まとめ

 

15代目 新型クラウン

15代目 新型クラウン / © 1995-2018 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.

トヨタは、昨年行われた東京モーターショー2017で新型クラウンコンセプトを発表した際、『走行性能の追求』と『コネクティッド技術の進化』の両輪を掲げており、開発ではドイツ・ニュルブルクリンクでの走行テストも実施しています。

また、初代コネクティッドカーとしてのユーティリティーやTNGAに基づいた開発による走行時の快適性だけでなく、エレガントな外装や内装までも、今まで以上に向上させました。

そんな15代目新型クラウンは、誰もを引き付けるラグジュアリーセダンへと大きな進化を遂げています。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
池田 勇生

自動車・バイクを専門にフリーライターをしています。10代からTVでバイクレースを観たり、自らミニバイクレースへ参戦もしたりなんかして、プロレーサーに憧れていた青春時代を過ごしていました。車離れやバイク離れといわれる昨今ですが、若い方へ多くの魅力を伝えていき今後の自動車・バイク業界を盛り上げていきたいです。

車買取.com