Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYPR

【素人からプロまで!】Motorzで記事を書いてみませんか?クルマ・バイクの面白さをもっと伝えたいアナタを、次世代のジャーナリストに!

いつもMotorzを読んでくださっている皆さん、ありがとうございます。この度、Motorzでは、ライターを募集しています。なぜなら、クルマやバイク、そしてモータースポーツをもっと面白くしたいから。業界認知度No.3(自社調べ)のメディアで、次世代のモータージャーナリストを目指してみませんか?

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

Motorzとは

Motorz ステッカー

この記事を読んでいる皆さんはご存知の方も多いと思いますが…改めて。

Motorzとは、「車・バイク、レースに関わる人々と一緒に創り上げる、ファンを増やすメディア」という目的を掲げ、運営しているメディアです。

 

スーパーGTのタイヤ交換(Photo by Tomohiro Yoshita)

Photo by Tomohiro Yoshita

モータースポーツの面白さであったり、クルマやバイクの楽しさを、日本中、そして世界中に伝えたい。

とにかく魅力的なものや人が多いこの業界。それを正しく、わかりやすく発信することで、確実に届けることができると考えています。

そして、今回その目的をともに達成していただけるライターさんを募集しています!

 

ライター応募はコチラから

 

Photo by Tomohiro Yoshita

Photo by Tomohiro Yoshita

求めていることは、とにかくクルマ・バイク・モータースポーツが好きということ。

そして、その好きを世の中に伝えたい。伝えてみたいと考えているアナタこそが、必要なんです。

 

Motorzでは、ライターを募集しています!

Photo by Yamato.

Photo by Yamato.

現在募集しているのはライターさん。

主な仕事はモータースポーツやカスタムカー・バイク関係の記事の執筆がメインとなります。

ご自身のクルマやバイクに対するアツい思いをぶつけてください!

難しく考えなくても大丈夫。まずはメールでお話だけでも聞いてみませんか?

 

ライター未経験でも大丈夫!

ライター経験が無くても問題ありません。

実際、Motorzでは過去に執筆経験がなかったライターさんも多く所属しています。

クルマやバイクが大好きな人が働いています。

平均年齢は27歳!クルマやバイクが大好きな人が毎日楽しく働いています。

例えば家電量販店店長さんや、現役の学生、音楽関係のお仕事の方などなど。

もちろん、現役のモータースポーツジャーナリストさんやレーシングドライバーも執筆していますので、自身のスキルアップも望めます!

ちょっと不安…と自信が無くても、編集部で執筆活動をサポートしていきますので、ご安心ください!

大事なのは、モータースポーツやクルマ・バイクに対する愛です。

 

空いた時間でできる!

IMG_20161102_183632

パソコンさえあれば、どこでも執筆が可能です。

オフィスは東京、JR秋葉原駅or神田駅から徒歩10分のところにありますが、ご自宅での執筆が可能です。

空き時間でコツコツと書けるので、まとまった時間が取れない人や、別のお仕事がある方でも安心して執筆していただいています。

 

“好き”を仕事にできる!

記事を書く上で、間違いがあってはいけないので、クルマやバイク、モータースポーツについて調べながら執筆していただくことになります。

つまり、自分の好きなものを調べて、記事にしていただくことになるので、最初から最後まで好きなことだらけです。

もちろん、調査が大変な場合はありますが、大好きなクルマやバイクの知識が増えることになると思えば、気にはならないです!

 

【求めている人物像】

・素直で地道な作業ができる明るい人

・モータースポーツの知識orカスタムカーに関する知識がある

・ドライブやサーキットを走るのが好き

・国語力が高い

 

もちろん、これに全て当てはまる必要はありません。

ちょっと自信がない…そう思っても、アナタの知識が必要な場合があります。

まずはお気軽にご連絡ください!

 

ライター応募はコチラから

 

まとめ

現在、この業界のメディアは人材不足と言われています。

つまり、まだまだ世に面白さ、楽しさが伝わり切っていないということ。

Motorzでは、この素晴らしさをもっともっと世の中に広めていって、クルマ好き、バイク好き、レース好きがもっと喜ぶ世界を作り上げます。

これを読んでいるアナタも、一緒にその夢を見てみませんか?

 

ライター応募はコチラから

Writer Introduction
TryOne

車買取.com