Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRacerz

優勝は1回だけ。それでもファンに愛され続ける名F1ドライバーとは?

1950年から数えて66年の歴史を持つF1では、これまで106人の優勝者が誕生しました。これまで最多優勝回数を記録しているのはミハエル・シューマッハの91回。それに対し、わずか1勝のみでF1キャリアを終えたドライバーも少なくありません。しかし、その一度の優勝でファンの心に刻まれる走りを披露してくれました。今回はそんなドライバーたちをご紹介します。

出典:https://www.facebook.com/Olivier.Panis.Officiel/

出典:https://www.facebook.com/Olivier.Panis.Officiel/

アレッサンドロ・ナニーニ

©︎鈴鹿サーキット

©︎鈴鹿サーキット

1989年の日本GPで優勝を飾ったナニーニは、日本がF1ブームのなかで多くの人に記憶される走りを見せたドライバーの1人です。

彼のデビューは1986年。当時F1に参戦していたミナルディが2台体制となり、ベテランのアンドレア・デ・チェザリスのチームメイトとしてF1にやってきました。

デビュー当初はマシンの信頼性不足からリタイアを強いられることも多く、2年間で1ポイントも獲得することができませんでした。

それでも、光る速さが評価され1988年よりベネトンへ移籍。第2戦サンマリノGPで6位初入賞を決めると第8戦イギリスGPで初表彰台を獲得。合計12ポイントでランキング12位に入る活躍を見せました。

2シーズン目もサンマリノGP、イギリスGPで3位表彰台を獲得するなど上位争いの常連になりつつあり、なかなか優勝に手が届きませんでした。

そんな中で行われた日本GPで、思わぬ形で勝利を手にします。

6番手グリッドを獲得したナニーニは、スタートから順調に順位を上げ終盤には3番手まで浮上。

するとアイルトン・セナとアラン・プロストがシケインで接触。プロストはリタイアとなり、トップチェッカーを受けたセナはレース後に失格という裁定が下り、2位に入ったナニーニが繰り上がりでF1初優勝を達成したのです。

©︎鈴鹿サーキット

©︎鈴鹿サーキット

1990年もベネトンから参戦し3回の表彰台を獲得。その活躍もみたフェラーリが獲得に乗り出すようにもなりました。

しかし、その矢先に…まさかのヘリコプター事故が発生します。

スペインGP終了後、別荘に向かう際に彼が乗っていたヘリコプターが着陸に失敗し墜落してしまったのです。

この時、彼は右腕を切断するほどの重傷を負い、これが原因で彼が再びF1で走る姿を見ることは出来ませんでした。

しかし、手術によって腕を縫合することに成功した彼は、事故から3年後となる1993年にDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)でレースに復帰を果たしたのです。

DTMで3シーズンに渡って参戦しシーズン終盤では優勝も飾ると、以降はツーリングカーを中心に活躍。

1997年のFIA GT選手権の鈴鹿ラウンドでレースキャリアにおいて最後となる優勝を飾り、F1で優勝を飾った場所で見事な復活といえる感動的な勝利を飾りました。

 

一度の優勝でも、ファンの心を鷲掴みにし、離さない名ドライバーたち。

次のページでは、アレジが、ヤルノが、ヘイキが、そんな懐かしいドライバー達が続々登場!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
shunsuke_kawai

モータースポーツライターをさせて頂いております、河合俊佑です。10代にF1の魅力にハマり、以後フォーミュラレースに憧れを抱く。大学時代は自身でカート活動を始め、モータースポーツの面白さを体感し、魅力を伝える事を志しています。少しでもモータースポーツを楽しく、分かりやすく伝えられるよう取組んで参ります。宜しくお願い致します。

車買取.com