Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRacerz

これぞ憧れ!?サーキットを彩ったライムグリーンのマシンとそのライダーを振り返る

カワサキのバイクといえば、多くの方はライムグリーンのカラーリングを思い浮かべると思います。カワサキは、ホンダ、ヤマハ、スズキに比べてバイクレースへの参入スタートは遅めでしたが、現在は多くのライダーがレース参戦にカワサキのバイクを起用しています。それではなぜ、カワサキのバイクがサーキットで愛されるのでしょうか。活躍したライムグリーンのカワサキバイクとそのライダーをまとめてみました。

 

 

 

あえて不運の色にカラーリングしたカワサキのグランプリレーサー

 

 

カワサキは、1968年のデイトナレースで初めてグランプリレースに参戦しました。

このとき投入したマシンは250ccレーサーマシンのA1Rで、マシンのカラーリングをあえて“不運”の象徴とされていた緑色に。

それは、色の種類によるジンクスなんて関係ないという考えから、あえて周囲が嫌がるライムグリーンを採用し、海外レースへの挑戦状を意味していたのかもしれません。

そしてカワサキは、現在に至るまでライムグリーンのカラーを変えることなく、つねに自らが挑戦者であり、スピードとラップタイムを追求しながらも、独自の技術で勝負に挑んでいるのです。

そんなサーキットをライムグリーンで彩ったカワサキのマシンとライダー、さらに名勝負までまとめて紹介していきます。

 

H2R・KR750

 

かっこいいなー( ^ω^ ) #KR750 #ロードレース

A post shared by だーしま (@da_shima.250) on

 

カワサキは、1972年に市販レーサーH2Rを作り出しました。

1971年に発売した750SSのエンジンをベースにチューニングしたものを、市販レーサーH1Rのフレームに搭載したマシンで、かなり戦闘力の高いマシンでした。

しかし、最大のライバルであったヤマハTZ750に対抗するのが難しくなったことを機に、1975年にカワサキはH2Rの空冷エンジンを水冷化し、KR750を登場させたのです。

 

H2R・KR750に乗った名ライダー:イボン・デュハメル

 

H2R・KR750はAMA、国内レース、FIMのF750クラスのレースを主に出場していましたが、暴力的な加速や不安定なハンドリングで「グリーンミーニー」(green meanie – 意訳「緑の意地悪な奴」)と呼ばれていました。

しかし、イボン・デュハメルというカナダ人ライダーはKR750をうまく乗りこなし、FIM750シリーズでカワサキを総合優勝へ導く活躍を見せたのです。

そして彼は「スーパーフロッグ」と呼ばれるようになり、ライムグリーン伝説の礎を作ったライダーとなりました。

 

イボン・デュハメルの名レース:1975年FIM F-750シリーズ オランダ・アッセン

 

1975年のFIM F750シリーズは、全9戦のレースが開催されました。

出場ライダーには、ジャコモ・アゴスチーニなど強敵が多い中、イボン・デュハメルは7月に行われたオランダ・アッセンのレースで2ヒートとも優勝する健闘を見せ、1975年にカワサキはマニュファクチャラーズタイトルを獲得することができたのです。

 

KR500

 

1980年、カワサキはロードレース世界選手権(以下:WGP)500ccクラスにKR500を投入しました。

KR500は、水冷2ストローク2気筒エンジンをタンデム配置した500ccスクエア4エンジンをモノコック構造のアルミフレームに搭載し、当時のグランプリマシンに比べて斬新な構造が特徴的な1台でした。

 

KR500に乗った名ライダー:コーク・バリントン

 

コーク・バリントンは南アフリカ出身のプロライダーで、1978・1979年に250ccと350ccクラスのダブルタイトルを獲得するほど実力のある選手でした。

そしてカワサキが1980年の500ccクラスにKR500を投入した時も、ライダーにはコーク・バリントンが起用されたのです。

 

コーク・バリントンの名レース:1981年WGP500cc第6戦イギリスGP

1981年シーズンにシルバーストーンサーキットで行われたい第6戦イギリスGPで、KR500 は素晴らしい走りを見せます。

KR500に乗るコーク・バリントンが、ヤマハのケニー・ロバーツ、スズキのランディ・マモラと終盤までトップ争いを繰り広げ、最終的にロータリーディスクの粉砕でリタイヤとなってしまうのですが、次の第7戦フィンランドGPで3位表彰台を獲得し、そのリベンジを果たす形でKR500の戦闘力を世界へ見せつけたのです。

 

ZX-7RR

 

ZX-7RRは1996年から1997年まで販売された750ccのスポーツバイクです。

カワサキとしてはツーリングを楽しむライダー向けにZX-7Rをメインで販売し、一方でZX-7RRはレースに出場するためのホモロゲーションモデルとして台数限定で生産されていました。

そしてカワサキワークスチームは、世界スーパーバイク選手権(以下:WSBK)や全日本ロードレース選手権にZX-7RRを投入し、ホンダRVF750やヤマハYZF-R7、ドゥカティ996と互角のレースを繰り広げ、2000年の全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスで当時のカワサキワークスライダーであった井筒仁康(いづつ ひとやす)がシリーズチャンピオンを獲得したこともありました。

 

ZX-7RR に乗った名ライダー:柳川明

 

カワサキを代表する日本人ライダーといえば、柳川明(やながわあきら)を挙げる方が多いでしょう。

1995年からカワサキのワークスライダーとしてレースに参戦し、現在もテストライダーやレースでのスポット参戦で活躍しています。

主に全日本ロードレース選手権JSB1000クラスを主戦場にするも、1997年から2001年まではWSBKにワークスチームから参戦していました。

 

柳川明の名レース:1997年WSBK第8戦オーストリア

 

1997年WSBK第8戦オーストリアGPで、柳川明は2ヒート目のレースで初優勝を飾ります。

レースは終始、DUCATI916のカール・フォガティ、ホンダRVF750のジョン・コシンスキーとZX-7RRの柳川明が三つ巴のトップ争いを繰り広げ、終盤でフォガティがコシンスキーに接触しフォガティが転倒。

その後、コシンスキーとの一騎打ちを柳川明が制し、トップでチェッカーを受けました。

 

ZX-RR

 

https://www.instagram.com/p/BR1QgiHh4a0/?tagged=zxrr

ZX-RRはカワサキがMotoGPへ参戦するために開発したマシンで、2002年後半からMotoGPに出場を開始しました。

カワサキは1983年以降、WGP500ccクラスへの参戦から遠のいていましたが、WGPがMotoGPへと名称を変更し、最高峰クラスも500ccクラスからMotoGPクラスへ変更、レギュレーションは2ストローク500ccエンジンから4ストローク990ccへ変わり、それをきっかけに参戦を発表し、990cc直列4気筒DOHC16バルブを搭載するZX-RRを制作したのです。

ちなみに、柳川明もZX-RRの開発ライダーを務め2002・2003年にMotoGPへスポット参戦をしています。

 

ZX-RRを乗った名ライダー:中野真矢

 

中野真矢は2004年から2006年までカワサキワークスチームへ入り、MotoGPクラスにZX-RRで参戦していました。

それ以前は、ヤマハのマシンで全日本ロードレース選手権250ccクラスのシリーズチャンピオンやWGP500ccクラスのルーキーオブザイヤーを獲得するなど、ヤマハで輝かしい成績を残してきたため、カワサキ移籍で多くの人々を驚かせたライダーです。

 

中野真矢の名勝負:2004年MotoGP第12戦日本グランプリ

 

中野真矢はカワサキがZX-RRを投入してから初めて表彰台を獲得したライダーです。

2004年MotoGP第12戦日本グランプリで、予選12位から徐々に追い上げ最終的に3位までジャンプアップし、ゴールを果たします。

カワサキにとっては500ccクラスからMotoGPクラスに変わってから初の3位入賞であり、母国でライムグリーンの速さ復活を思わせる結果となりました。

しかし、MotoGPへの挑戦で表彰台に上ることはあっても優勝することはできず、カワサキワークスから参戦したライダーの年間ランキングが10位以下だったことも影響し、2008年をもってワークス活動の終了を決定しました。

 

ZX-10RR

 

#tomsykes #66 #kawasaki #ninja #motocard #superbike #💚 #😎

Federico Scardinoさん(@feder_s_)がシェアした投稿 –

 

ZX-10Rは2004年から発売された排気量1000ccの大型スポーツバイクで、ZX-10RRのほうはZX-10Rに、さらにサーキット向けのチューニングを施したものです。

カワサキはワールドスーパーバイク選手権(WSBK)にZX-10RRでも参戦しています。

 

 

ZX-10RRを乗っている名ライダー:トム・サイクス

 

トム・サイクスは、カワサキ・レーシング・チームからWSBKに参戦しているライダーです。

2009年からZX-10R、ZX-10RRでWSBKに参戦し、2013年にはWSBKシリーズチャンピオンを獲得。

カワサキとしては、1993年以来20年ぶりのシリーズチャンピオン獲得で、速いライムグリーンを復活させました。

 

トム・サイクスの名勝負:2013年WSBKイタリア・モンツァGP

 

2013年WSBK第4戦イタリアGPは、モンツァサーキットで行われました。

トム・サイクスはポールポジションを獲得し、ヒート1レースではBMWを駆るマルコメランドリー、アプリリアのユージーン・ラバティと激しいトップ争いを繰り広げます。

そしてコンマ数秒の差で2位となりましたが、その戦いは海外メーカーとデッドヒートを繰り広げたZX-10Rの高いポテンシャルを感じさせるものでした。

 

まとめ

 

 

バイクレース界において不運のカラーリングとされたライムグリーンを身にまとい、ジンクスなど関係なく速さを探求し続けるカワサキは、バイクメーカーの中で類い稀ない技術力の高さを証明し続けています。

これからも、サーキットでの活躍や、MotoGPの復活など期待していきたいです。

 

あわせて読みたい

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
池田 勇生

自動車・バイクを専門にフリーライターをしています。10代からTVでバイクレースを観たり、自らミニバイクレースへ参戦もしたりなんかして、プロレーサーに憧れていた青春時代を過ごしていました。車離れやバイク離れといわれる昨今ですが、若い方へ多くの魅力を伝えていき今後の自動車・バイク業界を盛り上げていきたいです。

車買取.com