LINE(ライン)は、無料のカーナビアプリ『LINEカーナビ』をリリースしました。これ一つスマホにダンロードしておけば、ナビゲーションサービスだけでなく、LINEメッセージの送受信、ラジオ、音楽などさまざまなサービスを提供してくれます。カーナビ業界だけでなくアプリ業界でも話題騒然となっているLINEカーナビの実力はどれほどのものか!?

掲載日:2019.11/27

© LINE Corporation

AI搭載のLINEカーナビで、ながらスマホとおさらば!

© LINE Corporation

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のLINEを提供するLINE株式会社は、AIカーナビアプリ『LINEカーナビ』を9月5日から提供開始しました。

LINEカーナビはAIアシスタント『Clova(クローバ)』により音声操作が可能で、トヨタのカーナビゲーションエンジンに搭載されることが決定しています。

12月1日にながらスマホの罰則強化されるため、音声操作のみのナビの設定やLINEメッセージやり取りが行えるLINEカーナビは、ながらスマホをしないために非常に有効的なアプリです。

AIアシスタント・Clovaとは

左上:Clova Desk、右上:Clova Friends シリーズ、左下:Clova WAVW、右下:Line Clovaスマホ用アプリ / © LINE Corporation

LINEカーナビを音声操作できるようにしたClovaは、LINEが開発したAIアシスタントで音声認識によるデバイスの操作を可能とします。

Clovaが搭載される機器は、『Clova Desk』や『Clova WAVE』、『Clova Friends』で、音声操作により音楽の再生やLINEメッセージの音声の送受信、LINEメッセージの読み上げ、音声による家電の操作などがあげられます。

音楽の再生ではLINE MUSICが提供する月額960円(学生は480円)で約5,500万曲が聞き放題です。

LINEカーナビの特長

© LINE Corporation

LINEカーナビの特長は『音声操作』、『LINEの送受信』、『ナビ情報の自動更新』、『トヨタ車標準搭載のSDL対応』の4つが挙げられます。

音声操作

LINEカーナビはすべての操作を話しかけるだけで可能です。

「Clova!」と話しかけて自らの要求を言えば、Clovaの音声認識性能により人の声を聞き取りを開始します。

音声操作ではナビの目的地の設定だけでなく、天気やニュースが知れたり、LINEミュージックやラジオをかけることができます。

また、Clova Deskを持っていれば自宅の家電をLINEカーナビから操作でき、例として帰宅間際に「Clova!エアコンのつけて」と言って帰宅前にエアコンの電源をONにしておくこともできます。

LINEメッセージの送受信

LINEカーナビはLINEに登録している友達からのLINEメッセージを音声で受信したり送信したりが可能です。

「Clova、○○さんにLINEを送って」といって、メッセージ内容を口頭で言えば、言ったことをそのままClovaが相手にメッセージとして送り、メッセージを受信した場合は、「LINEを読んで」といえば、受信したメッセージをClovaが読み上げてくれます。

メッセージの送信はテキストだけでなく、相手に現在地を教えたいときは「Clova、○○さんに現在地を送って」といって、現在地を知らせることができます。

このように、ハンドルから手を離すことなくLINEメッセージのやり取りを可能としました。

ナビ情報の自動更新

ナビゲーションの地図情報は常に最新へ自動更新し、目安として主要道路は最短即日、平均で1週間程度で更新されるため、いつの間にか道が変わってナビの道案内だと目的地にたどり着かない!、といったトラブルは起こらないでしょう。

トヨタ車標準搭載のSDL対応

トヨタは2017年にLINEとの協業を発表し、LINEから目的地をカーナビにセットできる『LINE マイカーアカウント』という連携サービスを開始。

また、LINEカーナビは車載器とスマホの接続プラットフォームであるSDL(Smart Device Link)に対応し、トヨタは9月17日に発売したカローラ、カローラツーリング、カローラスポーツに、SDLを標準装備することを発表しました。

トヨタのSDLはLINEカーナビや自社の『TCスマホナビ』、『カーナビタイム』に対応し、『Apple Car Play』や『Android Auto』はオプション扱い。

といっても、Apple Car PlayとAndroid AutoもSDLであるため、2つが搭載されたナビを付ければ、LINEカーナビのインターフェースをナビ画面から見ることができます。

しかし、トヨタ車に標準装備でLINEカーナビが使えるのは大きなトピックスです。

まとめ

LINEカーナビは引き続きアップデートを行い、今度はLINE無料通話機能やユーザーの利用傾向からルート案内をパーソナライズする機能も追加すると、トヨタとビッグデータを共有し、到着時刻予測時間、最適なルーティングといった情報提供の精度を高めていくことを予定しています。

LINEカーナビにはオービス位置を知らせる機能はありませんが、YahooとLINEが経営統合したことで、Yahooカーナビのオービスや自動速度違反装置設置位置を知らせる『スピード注意情報』もLINEカーナビに搭載されることが期待できます。

しかも、これら機能がすべて無料で使えるため、LINEユーザーにとって是非試してほしいアプリです。

iOS版アプリのダウンロードはこちら
Android版アプリのダウンロードはこちら

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!