スポーツモデルをメインターゲットに、カスタム&チューニングパーツを多彩にリリースする『チャージスピード』。特にエアロパーツによる、スピード感あふれる“ボディメイク”に定評があります。ここで紹介するのは、チャージスピードが今最もチカラを入れている「スバルWRX」のデモカー。エアロはバンパータイプとなる“撃速”を装着。加えてオプションのブリスターフェンダー、さらにオーバーフェンダーもセットしたフルスペック仕様のビジュアルインパクトは並ではありません。

Photo : Yuiko YOSHIMI / Text : Isao KATSUMORI

フォルムのベースは“撃速”。コレだけでも相当なインパクト!


チャージスピードのエアロパーツは、純正バンパーに取り付けるリップタイプの「ボトムライン」と、バンパーアッセンブリで交換する「撃速」の2シリーズを展開。このデモカーが装着しているのは後者で、WRXオリジナルのラインを生かしつつも、大胆にイメージチェンジできるデザインが特徴。強大なダクトや、ダイナミックなディフューザーを持った、アグレッシブかつスピード感に溢れるレーシングフォルムにWRXを仕立て上げています。
グリル一体型となるバンパーの、デザインの自由度をフル活用した、超立体形状のフロントバンパーは、巨大な開口部と、通気抵抗フリーのネットグリルがスパルタン。

リップ部はウイングレットのないTYPE A。アンダーパネルはオプションです。


ウエストラインを引き締めるサイドステップには、走行風の巻き込みを防止する機能もアリ。

スラントをつけた形状が特徴的。


リアバンパーもレーシングライクな意匠。

デフューザー部を塗り分けることで、さらに存在感を高められる造形になっています。

LEDリフレクターは、CHARGESPEED製 LEDリアリフレクターを別途購入して頂くか、純正品番【84281FG000】と純正品番【84281FG010】がそれぞれ1個、別途必要になります。

ブリスター+オバフェン。頂上ルックへのアプローチは2段階!


ベースフォルムとなる撃速エアロを装着後、チャージスピードWRXの頂点のフォルムには、2段階のステップを踏んでアプローチします。その第1ステップが、前後ともにトレッドを片側約30㎜拡大できるブリスターフェンダーの装着です。なお、チャージスピードでは撃速エアロとブリスターフェンダーをセットにしたワイドボディKITも用意。
フロントのブリスターフェンダーは、ノーマルフェンダーと交換するタイプです。


リアのブリスターフェンダーは、ノーマルフェンダーにかぶせて装着するデザイン。


ブリスターフェンダーの固定は、実際には写真のようなスパルタンなビス留め方式。

ブルーのデモカーはスムージング処理が施されています。


ブリスターフェンダー装着車のみ、第2ステップとなるオーバーフェンダー取り付けが可能に。

トレッドをさらに片側30mm拡大できます。

オーバーフェンダーはチャージスピードのブリスターフェンダー専用デザインです。


片側60㎜の超ワイドトレッドなレーシングフォルムは、こうして完成します。

見た目だけじゃない。クーリング機能もハイレベル!


エンジンのヒートアップを抑えるクーリング機能は、チャージスピード製エアロの大きなウリのひとつ。特にワイドボディKITは、その効果が絶大です。フロントの開口部より取り入れられたボンネットダクトだけでなく、ブリスターフェンダーの後部ダクトからも抜ける仕組み。エンジンルーム内に装着する各種クーリングパーツと連携して、熱によるパワーダウンを防止してくれます。


綾織りカーボン製となるボンネットは、エアインテークに加え、2つのアウトレットダクトを装備。

高速域での浮力を抑える機能もあります。


エンジール内の熱を放出する役割も持つブリスターフェンダー。

エンジンルーム内に装備するフロントフェンダーインナーアウトレットダクトとの併用で効果が倍増!

WRXの魅力を倍増させるメニューは他にも多彩!


リアスポイラーと一体型となるエアロトランクは、リアビューの引き締め効果が絶大で、カーボンの他、FRP製も用意。

屋根の上を流れるエアを整流するルーフフィン。こちらもカーボン製とFRP製を揃える。

ブリスターフェンダー+オーバーフェンダーの頂上ルック専用となるオリジナルの鍛造削り出しホイール。サイズは11J×19(+5)。

なお、チャージスピードではピロボールや調整式アームなど、足回りパーツも多彩にラインナップ。

オリジナルのCS.POWERエキゾーストシステム。

オリジナルのCS.POWERエキゾーストシステムは、可変排気コントロールバルブを装備し、室内よりサウンドボリュームの切り替えが可能です。


通常ウインカーとシーケンシャルウインカーとの切り替えができるLEDヘッドライトは、レヴォーグへの搭載もOK。


高い視認性を発揮するシーケンシャルタイプのLEDウインカー。

デモカーは綾織りカーボン製のドアミラーカウルも装着します。


カーボン製のドアハンドルカウルとドアハンドルカウルはセットでの装着がおすすめ。


バケットシートもラインナップ。写真は無段階リクライニング機構を装備したGENOA-R(ジェノア-R)で、シェルの素材はケブラー。

カーボン、FRPタイプもアリ!

ショップ情報

株式会社 アドバンス・スタッフ (CHARGE SPEED)
住所:〒561-0864 大阪府豊中市夕日丘1丁目13番7号 1F
TEL:06-6848-6488
FAX:06-6849-8962
E-MAIL:advancestaff@chargespeed.com
URL:http://www.chargespeed.com

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!