Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCustom

カスタム始めるなら軽スポーツ!アルトワークス、ターボRSの最新デモカー、そしてカスタム・チューニングから目が離せないんです!

カスタム・チューニングを楽しむのは普通車だけじゃない!軽自動車だって楽しめる!普通車よりも安く手軽に楽しめる軽カスタムがアツい!そうお考えのアナタにオススメしたいのが、スズキの軽自動車、アルト。K4GPやK耐久など、軽自動車のレースが盛り上がっている今こそ、新型アルトがアツいんです。今回はそんなアルト、そしてアルトワークスの最新のカスタム・チューニングとデモカーをご紹介します。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

出典:http://www.suzuki.co.jp/

軽自動車だからって舐めたら怪我をします!

アルト、そしてアルトワークスとは

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

1979年にスズキから発売されたアルト。

元々は、スズキの軽乗用車だったフロンテの姉妹車として登場しました。

この当時、日本の軽自動車業界は、規格の変更によって360ccだった排気量上限が550ccまで引き上げられたことや、車幅の拡大などから大きく変革を求められる時代でした。

また、軽自動車には15%を超える非常に高い物品税が設定されており、軽自動車を使用するメリットを大きく見出せない状況でもありました。

そういった環境の中で、社長に就任したばかりの鈴木修が陣頭指揮を取り、発売したのがこのアルト。

まず、スズキは市場リサーチを行い、軽自動車の乗車人数の平均は1~2人という統計を獲得。これにあわせて車内前列の居住性を確保。

この頃、軽自動車にかかる物品税は、”軽商用車”であれば非課税であることを逆手に取り「軽ボンネットバン」という新たな商品設定を企画。

さらに、軽自動車の中古車相場において、最も売れ行きが高い価格帯は40万円から50万円程度だったということから新車価格を47万円という安価に設定。

こういった戦略的な販売方法によって、アルトは販売直後から大量のバックオーダーを抱えるほどのセールスを記録。

後の軽自動車産業に大きな衝撃を与えた一台となりました。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

その後、1984年、フルモデルチェンジによって2代目アルトが誕生。

その3年後の1987年に登場したのが「アルトワークス」

実用的なセカンドカーというイメージが強かった軽自動車で、本気でスポーツができるクルマの登場は市場を大きく湧かせました。

フルタイム4WDかつ、直列3気筒DOHC4バルブエンジンに、IC付きターボチャージャーを搭載したこの車両は、現在まで続く64馬力規制の発端ともなった一台です。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

そして2014年、8代目となるアルト(HA36S型)が登場。

その翌年にには、14年ぶりにターボを搭載したアルト・ターボRS。そしてアルトワークスが15年ぶりに復活し、軽自動車や、カスタム・チューニング業界を大きく賑わせています。

 

今回ご紹介するのは、この現行アルトのカスタム。

発表されてからまだそこまで時間が経っていないにも関わらず、カスタム・チューニングパーツも豊富でカッコイイんです!

では、次の項目で最新のデモカーたちを見ていきましょう!

 

最新のデモカー6選

NAVIC アルト

出典:http://www.navic-kyoto.jp/

出典:http://www.navic-kyoto.jp/

軽自動車を中心に扱う京都のディーラー、ナビック。

レースの世界にも多く挑戦しているナビック、過去にはJAF公認レースにアルトバンで参戦、シリーズチャンピオンを獲得するなど、カスタム。チューニングのノウハウは多数。

そんなナビックが提案するのが、画像のデモカー、アルト。

ベースはNAのモデルながら、各種パーツはアルトワークス、アルトターボRSにも適合がとれているので互換性アリ。

デモカーのようなエクステリアから、足回り、吸排気パーツなど、品ぞろえも豊富なので、京都近辺に住んでいる方は、足を運んでみると新しい発見があるかもしれません!

 

ナビック公式HP:http://www.navic-kyoto.jp/

住所:京都市山科区勧修寺御所内町128

 

GARAGE DELIGHT アルトターボRS

出典:http://garagedelight.com/

出典:http://garagedelight.com/

アルトワークス!…ではなく、アルト・ターボRS!

黒と赤を基調としたデザインで、攻撃的なシルエットに見えるこのマシンはガレージ・デライトのアルトターボRSです。

かなりカスタムされているように見えますが、実際は車高を少し落として、フロントとサイドにエアロパーツ、ボンネットの変更を行っている程度とのこと。

ライトなカスタムでありながら、ここまで雰囲気を変えられるというのも、アルトカスタムの楽しみ方のひとつ。

カスタムの方向性に悩んでいる方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

ガレージ・デライト公式HP:http://garagedelight.com/

住所:大阪府松原市丹南2-296

 

 

KUMOI MOTORS アルトワークス

出典:http://suzukicustom.com/

出典:http://suzukicustom.com/

レーシーなデザインのこの車体は、クモイモータースのアルトワークス!

アルトターボRSが販売された時点からすぐにエアロパーツの開発に着手したクモイモータース、実はスズキ系のカーディーラーとしても営業しており、スズキとは非常に縁が深いショップ。

エクステリアとしては、フロントスポイラー、ボンネット、リアスポイラーなどが変更されていますが、サイドステップは純正と、ノーマルルックを活かしたカスタムになっています。

また、クモイモータースでは、コンプリートカーの販売も行っており、オリジナルパーツを組み込みながら取り付け工賃が不要とかなりリーズナブル。

アルトカスタムを検討しているオーナーさんは、是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

クモイモータース公式HP:http://www.kumoimotors.jp/

住所:三重県津市芸濃町椋本5038-1

 

SWK(スズキワークス久留米) アルトワークス

出典:http://suzuki-works.shop-pro.jp/

出典:http://suzuki-works.shop-pro.jp/

新型アルトワークスのコンプリートカーをどこよりも早くリリースしてきたのがこのSWK(スズキワークス久留米)。

ディーラーでありながら、オリジナルパーツを多数販売している次世代型ディーラーのSWKが提案するのが「SWKコンプリート」というデモカー。

SWKで販売しているオリジナルパーツ(ブレーキパッドやローダウンスプリングなど)を既に装着済みの状態で納車されるこのコンプリートカーはなんと149万円からという超お手頃価格。

Kカーカスタム・チューニングの世界に足を踏み入れようとしているユーザーに対しては特にお得なこのパッケージ。

 

周りより一歩差をつけたい人にこそ、オススメです!

 

スズキワークス久留米公式HP:http://suzuki-works.shop-pro.jp/

住所:福岡県久留米市荒木町荒木486-4

 

KC TECHNICA アルトワークス

出典:http://www.kc-technica.com

出典:http://www.kc-technica.com

ストリートからサーキットまでどんなシーンでの用途にも答えてくれるKCテクニカ。

これは、新旧アルトやターボ、NAなど、一通りのアルトに対してカスタム・チューニングのノウハウがあるからこそ。

また、見た目もかなりシンプルにカスタムされていますが、これは目立ちすぎず大人でも気にせず乗れることを意識しているとのこと。

ポイントとしては、白と赤で統一されていること。リアスポイラー、ミラー、けん引フック、ヘッドライト周りのメッキパーツの塗装など。

それ以外にも、オリジナルの車高調やマフラーも装備し、ライトなカスタムながら、走りも楽しめる仕様になっています。

 

KCテクニカ公式HP:http://www.kc-technica.com/

住所:京都府宇治市槇島町目川6番地

 

 

KLC アルトワークス

出典:http://www.klc-div.com/

出典:http://www.klc-div.com/

千葉にある軽自動車を中心としたカスタム・チューニングショップKLC。

ラグジュアリーなカスタムから、走り方向に振ったカスタムまで、様々楽しめるのもこのショップの特徴です。

KLCでは、アルトワークスもアルト・ターボRSも両方取り扱っており、どちらのオーナーも安心して任せることができます。

また、PremiumGTというブランドを掲げ、グランドツーリングモデルながら走りのステージにも進出していく予定となっています。

その他にも、オリジナルのダウンスプリング「ガチバネ」など、意欲的なパーツも多いので、気になるアルトオーナーさんは是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

KLC公式HP:http://www.klc-div.com/

住所:千葉県富津市下飯野1200-5

 

 

さて、ここまでデモカーを見てきましたが、現行のこの形に落ち着くまでに、アルトワークスはどれだけ姿を変えているのでしょうか?

次のページでは、そんなアルトワークスの歴史を振り返ります。

1ページ|2ページ
Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com