いつもMotorzをお読みいただき、誠にありがとうございます。2016年3月から正式に運用開始したMotorz、あっという間に2017年です。では、2016年はどんな記事が人気があったのか、振り返っていこうと思います。選出基準は、読まれた回数+Facebookいいね!の数。今回はRaceカテゴリのバイク関連の人気記事ベスト5!アナタがお気に入りの記事は、この中にありますか?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

第5位:MotoGPの絶対王者!?世界中のサーキットで人気のイタリア人!

出典:https://www.instagram.com/valeyellow46/

伝説のレーシングライダー!バレンティーノ・ロッシを皆さんは知っていますか?

Facebookいいね!:約900

2000年、2輪のトップカテゴリであるWGPの500ccクラスへステップアップしてきたライダー、バレンティーノ・ロッシ。

デビューシーズンを2位で終えると、その翌年から圧倒的な速さでシリーズ5連覇!

2016シーズンに至るまで実に16年間、トップライダーであり続けている、生きる伝説の記事が5位!気になる方は今すぐ記事をチェックです!

 

 

第4位:日本中の期待を背に走った、若き天才ライダー

1998年、日本GP優勝時(出典:https://ja.wikipedia.org/)

誰もが愛し、誰もが憧れたライダー、加藤大治郎を知っていますか?ヴァレンティ―ノ・ロッシに最大のライバルと認められた唯一の日本人ライダーとは?

Facebookいいね!:約1600

第4位には、天才的なライディングセンスで、日本中が応援した加藤大治郎選手の記事がランクイン!

2001年のWGP250ccクラスでは、全16戦中11勝という驚異的な成績で、トップカテゴリの500ccにステップアップ。

初年度を最高位2位、シリーズ7位という成績で終え、活躍が期待されていた2年目の開幕戦、鈴鹿の予選で帰らぬ人に。

今見ても無駄なく美しいライディングフォームは、彼だからこそのモノ。幼少期から晩年、そしてその後の関係者の活動まで、一挙ご紹介する記事です!

 

第3位:映画「汚れた英雄」の功績は忘れられない!

©鈴鹿サーキット

リアル「汚れた英雄」甘いマスクと世界レベルのスキルで活躍したライダー、平忠彦を知っていますか? 

Facebookいいね!:約2500

第3位は、日本屈指の人気ライダー!、平忠彦選手の記事がランクイン!

映画「汚れた英雄」で、俳優の草刈正雄さん演じる主人公「北野晶夫」のスタントシーンを担当したライダーとしても有名です。

映画の話題ばかり先行しがちですが、WGPや鈴鹿8耐などでもしっかりと成績を残した世界レベルの日本人ライダーの一人です。

TECH21カラーは、日本中のライダーの憧れでした!まだ読んでない人は是非読んでみてください!

 

 

第2位:あのロッシがファンだと公言!?

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

ロッシも憧れた天才ライダー!”ノリック”こと阿部典史を知っていますか?

Facebookいいね!:約2900

あのロッシ選手が自らを「ロッシふみ」と名乗るほどファンだと公言している日本人ライダー、阿部典史選手の記事がランクイン!

ロッシが自らサインを求めに行ったという逸話も残っていますね!

全日本ロードレースの当時最高峰クラスであった500ccクラスを18歳で制し、世界に飛び出すとデビュー戦からシュワンツやドゥーハンとギリギリのバトルを展開!

センセーショナルなデビューで日本中を虜にしたライダーが、2位でしたッ!

 

第1位:やっぱり”観る”よりも”やりたい”?

出典:http://www.sportslandikoma.jp/

原付のレースがあることをご存知ですか?最高速160km/hを超える、ミニバイクレースの世界をご紹介します。

Facebookいいね!:3676

なんと、Motorz2016シーズンのトップは、並み居るレジェンドライダーを抑えて、ミニバイクの記事でした!

日常のアシである原チャリだって、本気で扱えば、きちんとしたレーシングマシンに!

意外にもローコストで楽しめるミニバイクレースの世界、皆様始めてみてはいかがでしょうか?

意外とハマってしまうかも、しれませんよ!?

 

 

まとめ

Motorz2016人気記事ベスト5、いかがだったでしょうか?

モータースポーツでは、様々な分野でレジェンドと言われる人が存在していますが、今後はどんなライダーが登場するのか、楽しみですね!

そして、意外にもミニバイクの関心が高かったところを見ると、2017年はモータースポーツを始めるチャンスかも?

今年はレーシングスーツやブーツなど、一式購入して、サーキットにGO!