Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYRace, Bike

ロッシも憧れた天才ライダー!”ノリック”こと阿部典史を知っていますか?

東京都世田谷区出身のロードレースレーサー。ノリックの愛称で親しまれ、MotoGP王者ヴァレンティ―ノ・ロッシがレーシングライダーを目指すきっかけとなった憧れの天才ライダー”阿部典史”を知っていますか?そのリスキーで美しいライディングフォームは、世界のトップライダーが嫉妬するほど。今回は、そんなノリックこと阿部典史をご紹介します。

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

阿部典史:プロフィール

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

名前:阿部 典史(Abe Norifumi)

生年月日:1975年9月7日

出身地:東京都世田谷区

オートレース選手の阿部光雄を父に持ち、5歳からバイクに乗り始めます。

ポケバイ、ミニバイクレースを経験し、15歳で渡米!

アメリカでのダートトラック、モトクロスの修行を経て1993年、全日本ロードレース選手権最高峰クラスの500ccクラスにフル参戦を開始します。

そして参戦初年にして500ccクラス最後の史上最年少(18歳)チャンピオンとなるのです。

翌1994年にはロードレース世界選手権(WGP)の開幕戦である日本GPにワイルドカード参戦!

初参戦でありながら、ケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハン等のWGP常勝ライダー達と苛烈なトップ争いを繰り広げます。

レース結果は残念ながら転倒リタイア。しかし、そのアグレッシブすぎる走りは、バレンティーノ・ロッシの脳裏に焼き付き憧れとなりました。

そして後に、自らを「ろっしふみ」と名乗り、熱狂的なファンとなるなど、多くの人々に多大なインパクトを残したのでした。

そんな阿部典史の才能に魅せられた大物レジェンドがもう1人。

ウェイン・レイニーは、日本GP参戦時点ではホンダのサテライトチームであるチームブルーフォックスに在籍していたノリックをシーズン途中ながら、YAMAHA陣営に移籍させ、WGPにさらに2戦スポット参戦する事を実現します。

そして1995年よりWGPフル参戦を果たすのです。

 

阿部典史:レース戦歴

出典:http://www.motogp.com/

出典:http://www.motogp.com/

1993年 全日本ロードレース選手権500cc チャンピオン

1994年 全日本ロードレース選手権スーパーバイク参戦・ロードレース世界選手権500ccデビュー

1995年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング9位 (マルボロ・ヤマハ・ロバーツ)

1996年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング5位 (マルボロ・ヤマハ・ロバーツ)

1997年  ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング7位 (マルボロ・ヤマハ・レイニー)

1998年  ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング8位 (マルボロ・ヤマハ・レイニー)

1999年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング6位 (アンテナ3・ヤマハ・ダンティン)

2000年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング8位 (アンテナ3・ヤマハ・ダンティン)

2001年 ロードレース世界選手権(WGP)500ccクラス ランキング7位 (アンテナ3・ヤマハ・ダンティン)

2002年 ロードレース世界選手権MotoGPクラス ランキング6位 (アンテナ3・ヤマハ・ダンティン)

2003年 ロードレース世界選手権MotoGPクラス ランキング16位(スポット参戦)

2004年 ロードレース世界選手権MotoGPクラス ランキング13位 (フォルチュナー・ゴロワーズ・ヤマハ・テック3)

2005年 スーパーバイク世界選手権(SBK) ランキング13位 (ヤマハモーターフランス)

2006年 スーパーバイク世界選手権(SBK) ランキング13位 (ヤマハモーターフランス)

2007年 全日本ロードレース選手権JSB1000クラス ランキング8位 (ワイズギア・レーシング)

鈴鹿8時間耐久ロードレース9位 (YAMAHA RACING 81)

1993年の全日本ロードレース選手権500ccクラス最年少チャンピオンからロードレース世界選手権参戦と、着々とステップアップしずば抜けた実力を示し続けたノリック。

1996年のWGP第3戦日本GPでは、1982年のスウェーデンGPでの片山敬済以来の日本人ライダーによる500ccクラスの優勝を飾りました。

 

天才阿部典史の最も美しく、最もリスキーなライディングスタイル

1999年WGP500cc 第15戦ブラジルGP

DUNLOP CM

2007年鈴鹿8耐TOP10トライアル

Norick Special Issue 93

 

天才ライダー阿部典史の悲しすぎる結末

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

(C)Copyright MOBILITYLAND CORP. All Rights Reserved.

予選順位が悪くても1コーナーを立ち上がる頃にはあっという間にトップグループ食い込んでいるという得意のロケットスタートや、前輪に荷重をかけ、背筋が伸びた姿勢の独特なライディングスタイルで多くのファンを熱狂させ、マイケル・ドゥーハンに「最も才能に恵まれているが最もリスキー」と言わせた天才ライダー阿部典史。

2005年からは、戦いの場をロードレース世界選手権からスーパーバイク世界選手権に移しました。

そして2007年より、13年ぶりに全日本ロードレース選手権(JSB1000クラス)に復帰を果たします。当時第6戦を終え、ポイントランキングは3位。

残すは10月21日に開催される最終戦の鈴鹿を残すのみでした。

そんな2007年の10月7日午後6時20分頃、ノリックは神奈川県川崎市川崎区大島1丁目の片側2車線道路の追い越し車線を大型スクーター(ヤマハ・TMAX)で走行中、左側の車線から突然Uターンしてきたコンビニエンスストア配送用の4トントラックに衝突。

事故で折れたろっ骨が動脈を損傷したことで容体が急変し、搬送先の病院で帰らぬ人となってしまうのです。

 

まとめ

かつて「川口四天王」と呼ばれたオートレーサーの阿部光雄を父に持つ天才ライダー阿部典史。

最初は普通の子供と同じように、ただお父さんに褒めてもらいたかっただけだったのかもしれません。

しかし、その一生懸命な気持ちは彼の才能を開花させヴァレンティーノ・ロッシをはじめとする多くのトップライダー達に大きな影響を及ぼしていくのです。

そして、バイクを愛するたくさんの人に感動を与え、誰もが目を離せない存在となっていったその絶頂での悲しい事故により、32歳の若さで帰らぬ人となってしまいました。

そんなノリックが成し遂げようとしていた夢がもう1つあります。

それは、子供達にバイクの楽しさを知ってもらいたい、そして「世界に通用するレーシングライダーを育てたい」という夢でした。

ノリックは、その夢を叶えるべく1998年「ノリックと親子でバイク教室」の開催を始めます。

そして2006年、ロードレースチーム「チームノリックJR」が結成され、当時10歳であった野左根航太などの有望な若手ライダーの育成に努めます。

そんな矢先の突然の事故により1度は消えかけたその想いを、父親の阿部光男氏を中心に2010年それまでのジュニアチームから「チームノリック」として体制を一新し、多くの想いを同じくする協力者と共に引継がれ、活動を続けています。

バイクを通じてより多くの人にバイクの楽しさを伝えていきたい。そして、いつかはノリックの様な世界に通じる日本人ライダーをMotoGPに送り出したい。

そんな阿部典史の想いは今でも生き続けているのです。

 

Webike Team Norick YAMAHA公式HP → http://norick.webike.net/

 

あわせて読みたい

誰もが愛し、誰もが憧れたライダー、加藤大治郎を知っていますか?ヴァレンティーノ・ロッシに最大のライバルと認められた唯一の日本人ライダーとは?

伝説のレーシングライダー!バレンティーノ・ロッシを皆さんは知っていますか?

日本人初のMotoGP優勝を手にした男、宇川徹を知っていますか?!誰よりもホンダとバイクを愛して止まない元ロードレース世界選手権ライダーをご紹介します。

 

 

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!


 

Writer Introduction
Chika Sakikawa

モデル・ライターをしながらモータージャーナリスト目指して奮闘中( *´艸`)
好奇心旺盛で、モータースポーツを観戦するのも挑戦するのも大好き!
そんな大好きな世界の魅力を伝えていきたいと思います。

http://chika-sakikawa.com/

車買取.com