アメリカン4WDのチューニングをメインに手がける『トップランカー』が、最新ラングラー(JL型)のカスタムに速攻着手。まずは、ストリートユースをターゲットとしたライトなモディファイからスタート。本場アメリカの、ラングラーカスタムの流れをしっかり反映させた旬なスタイリング。もちろん、ライトなカスタムとはいえ、ベース車両は最強グレードのアンリミテッド ルビコン。オフロードの走破力はSUVの比ではありません。

JEEPのカスタムはチョイ上げが流れ。


取り扱い車両はほとんどアメ車の4WDで、しかもその9割以上がJEEPという『トップランカー』。

アメリカのチューナーやパーツメーカーとも太いパイプを持つショップです。


同店によると、本場アメリカのカスタムシーンにおけるラングラースタイリングのトレンドは、チョイ上げのデカばき。

競技仕様のように、リフトアップはほどほどに抑えて、タイヤもオフロード用のモデルを履いて迫力を出す。そんな安定志向のフォルムが人気です。


JEEPラングラーの最強モデル「アンリミテッド ルビコン」がベースとなるトップランカーの最新デモカーも、スタイリングは、リフトアップはほどほどにして、大きめのタイヤを履かせる旬なアプローチ。

まだまだ競技に使われることのないモデルだけに、サスペンションはソフト目に。

ストリート照準でカスタマイズされています。

足はキング×ロッククローラの黄金コンビ。


JKからJLに進化しても、堅持された前後リジッドアクスルの足回り。
JEEPのラングラーは今も、本気でオフロードを走れる希少なモデルです。

トップランカーのデモカーのリフトアップ量は2.5インチ。
足回りは、ショックがJEEP乗り憧れのキングショック。
そしてスプリングはライド感がソフトなロッククローラー。

ストリートセッティングとはいえ、その気になればそのままクロカンシーンに飛び出せる高性能なサスペンションです。


ショックはオフロードショックの名門、キングショックの別タンクタイプ。

リザーブタンクに放熱用のフィンが設けられたハイスペックモデル。


サスはロッククローラー。
伸び量に合わせレートが変化するトリプルレートスプリングで、様々な路面コンディションをカバー。

フロントのバンプストップは、戻りがスムーズなキングショックのエアバンプを搭載。


前後のアッパー&ロアアームはロッククローラー製。


ステアリングダンパーはキングショック、トラックバー(ラテラルロッド)はロッククローラー製です。


ホイールはメソッドレースのMR311(9J×17(-38))。

タイヤはオンロードでの快適性とオフロードでの走破性を両立したニットーのトレイルグラップラー(37×12.5)セット。

ストリートでも、このタイヤにはビードロック装着が気分です。

 エクステリアはポイズンスパイダー押し。


バンパーやスキッドガードなど、クロカン必須のハードパーツを数多くライナップするポイズンスパイダー。
トップランカーは、このブランドの代理店なのです。

その為、デモカーのエクステリアカスタムにも多用されています。

また、ウインチにはウォーンのZEON 10-Sを搭載。


ポイズンスパイダーのタイヤキャリア付きのリアバンパー。

さりげないクモの巣デザインがクールです!

ルーフはソフトトップ化。開放感が急上昇!


オープンエアの開放感も、ラングラーの魅力のひとつ。

トップランカーのデモカーも、いち早くルーフをソフトトップ化。

ブランドはベストトップがイチ押し。
トップの開閉はもちろん、サイドとリアのウインドウの取り外しもできて、開放感抜群です。

フォトギャラリー



お問い合わせ先

TOPRANKAZ(トップランカー)

住所:〒614-8013 京都府八幡市八幡吉野垣内12-1

営業時間:10:00~19:00(日曜 11:00~17:00)

定休日:水曜日

TEL:075-983-9161

FAX:075-983-9162

URL:http://www.toprankaz.com/