Motorz

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz

CATEGORYCustom

今こそ乗りたいVWゴルフ!デモカーやカスタムカーなど、ファミリーカーとしてじゃない、本気のゴルフをご紹介します!

家族用に。デート用に。ファミリーカーなイメージもあるフォルクスワーゲン「ゴルフ」。比較的おとなしそうに見えるこのクルマですが、カスタムするとかなり過激に速く、オモシロイということをご存知ですか?今も昔も大人気のクルマ、そんなゴルフのチューニングに迫ります!

出典:http://old.ventiler.jp/

出典:http://old.ventiler.jp/

それでは、まずは「ゴルフ」が一体何なのか、ご紹介します。

フォルクスワーゲン「GOLF」大衆に愛された名車。

1974年に販売され、現在(2016年)までモデルチェンジしながら販売され続けているドイツ車「ゴルフ」。

日本でも非常に人気が高く、世代によって形は違えど「ゴルフ」と言われれば、車体を連想するのも容易いでしょう。

ただし、そのイメージはファミリーカーやデートカーとしてのイメージではないでしょうか?

家族4人で乗って幸せ。休日はサーキットやワインディングで幸せ。という2面性がこのクルマにはあるのです。

ではまず、歴代ゴルフの性能を簡単に見てみましょう。

 

初代 ゴルフⅠ(1972-1992)

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

非常に長い期間生産されていた初代ゴルフ。

ゴルフⅡが発売された後も、限定仕様車など、様々なグレードが販売されました。

この頃の特徴は、なんといっても3角窓。懐かしいと思う人も多いのでは?

 

エンジン:直列4気筒SOHC 自然吸気エンジン

排気量:1588cc

パワー/トルク:110ps/14kg

駆動方式:FF

トランスミッション:5MT

車両重量:820kg

※スペックは1976年式 ゴルフⅠGTIのもの。

 

2代目 ゴルフⅡ(1983-1992)

https://ja.wikipedia.org/wiki/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

デザインがガラッと変わった2代目ゴルフ。

テールも現行の指標となるようなデザインに変わりました。

日本でも爆発的に売れ、街中で目にすることも非常に多かった1台です。

 

エンジン:直列4気筒DOHC 自然吸気エンジン

排気量:1780cc

パワー/トルク:125ps/17.1kg

駆動方式:FF

トランスミッション:5MT

車両重量:1060kg

※スペックは1989年式 ゴルフⅡGTIのもの。

 

3代目 ゴルフⅢ(1991-1997)

https://ja.wikipedia.org/wiki/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

3代目はヘッドライトの形が丸から長方形に変わりました。

このあたりから、車体が丸みを帯びはじめ、デザインがかなり洗練されてきます。

また、”VR6″という2.8L V6エンジンを搭載したグレードも登場しました。

このボディサイズにV6エンジンを収めるため、工夫を凝らしたかなりの狭角V6となっており、シリンダーが並列ではなく、ジグザグに並んでいるとのこと。

 

エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ 自然吸気

排気量:1984cc

パワー/トルク:145ps/18.3kg

駆動方式:FF

トランスミッション:5MT

車両重量:1200kg

※スペックは1993年式 ゴルフⅢGTIのもの

 

4代目 ゴルフⅣ(1997-2001)

https://ja.wikipedia.org/wiki/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

先代に比べて若干丸くなってきた4代目。

この年からターボ搭載になります。

先代に比べると、車体がひと回り大きくなり、剛性もかなり増したとか。

“R32″というグレードでは、3.2L V6エンジンを搭載!また、日本未導入ながら2.3LのV5エンジンという珍しい仕様もあるようです。

 

エンジン:直列4気筒DOHC20バルブ インタークーラーターボ

排気量:1780cc

パワー/トルク:150ps/21.4kg

駆動方式:FF

トランスミッション:5MT

車両重量:1270kg

※スペックは1998年式 ゴルフⅣGTIのもの

 

5代目 ゴルフⅤ(2003-2009)

https://ja.wikipedia.org/wiki/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

顔つきがシャープになった5代目

7速DSGのグレードができたのもこの5代目からです。

DSGのフィールにハマってしまい、購入してしまった人も多いのでは?

 

エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ インタークーラーターボ

排気量:1984cc

パワー/トルク:200ps/28.6kg

駆動方式:FF

トランスミッション:6MT

車両重量:1440kg

※スペックは2005年式 ゴルフⅤGTIのもの

 

6代目 ゴルフⅥ(2008-2012)

https://ja.wikipedia.org/wiki/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

かなり釣り目になってきた6代目

パワーは増えつつ、車重は軽量化されるという進化をたどっています。

このモデルをベースに、電気自動車仕様のゴルフが開発されるなど、時代の変化と、技術の進歩を感じます。

 

エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ インタークーラーターボ

排気量:1984cc

パワー/トルク:211ps/28.6kg

駆動方式:FF

トランスミッション:6MT

車両重量:1400kg

※スペックは2009年式 ゴルフⅥGTIのもの。

 

7代目 ゴルフⅦ(2012-)

https://ja.wikipedia.org/wiki/

https://ja.wikipedia.org/wiki/

ついに220馬力までパワーアップした7代目

トルクも35キロと、歴代最強なのは言うまでもありません。

攻撃的な顔つきながら、どこか可愛さも兼ね備えているのところに、ゴルフの系譜を感じてしまいます。

もしかしたら、「今新車で買える一番楽しいホットハッチ」かも?

 

エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ インタークーラーターボ

排気量:1984cc

パワー/トルク:220ps/35.7kg

駆動方式:FF

トランスミッション:6MT

車両重量:1390kg

※スペックは2016年式 ゴルフⅦGTIのもの

 

ゴルフ乗りは必見!?過激にチューンドされたデモカー5選

歴代ゴルフの紹介が済んだところで、ゴルフをカスタムしているショップとデモカーをご紹介します!

ここまでやったら、もう家族も恋人も乗せられない!?でも、クルマ好きなら止められない!

 

APR JAPAN

出典:http://age3.cockpit-shop.jp/

出典:http://age3.cockpit-shop.jp/

APRとは、1997年にアメリカで設立されたアフターパーツメーカー。

元々は3人の学生が集まって、イベントに出るためにチューニングを始めたのが会社としてのスタートとのこと。

アウディ・ポルシェ・VWをターゲットにしており、特にターボエンジンに関してはかなり実績があるようです。

APR JAPANチューニングのステージ内容としては、ステージ1はECUの書き換え、ステージ2は吸排気周りの交換、ステージ3ではタービン周りの交換や専用ECUの装着。

ビッグタービン化によって、ゴルフであっても400馬力オーバーを狙える仕様が準備されているようです。

実際に、写真のデモカーもステージ3まで強化が行われ、それに合わせて6ポットキャリパーや大径ローターなどを装備。

パワーに合わせた足回りやブレーキ関係の強化も必須ですが、そういったパーツも自社製があるので、ワンストップでお願いできそうです。

APR公式HP:http://goapr.jp/

 

まだまだ登場する過激なチューンドマシンたち。

筑波サーキットを1分1秒台で走行する”バケモノ”ゴルフも登場しますよ!

1ページ|2ページ
Writer Introduction
ヤマト

音楽・クルマ・バイクを愛する自由人(2X歳)!好きなこと以外やりたくないからこそMotorzでライターになり、日々たくさんの資料と格闘しながら執筆しています。 スゴい!面白い!やってみたい!を合言葉に、楽しさが伝えられるような記事を書いていきますよ~!愛車はFC!愛機はGreco!野望はでっかく東京ドーム!を、バイクで走りたいです。https://www.facebook.com/yamato.suzuki.395

車買取.com