「コネクテッド」や「コネクテッドカー」という言葉を耳にしたことはありますか。今回は、最近よく聞く「コネクテッドカー」とは、どんな車のことなのか、コネクテッドカーにできる事を解説します。

出典:https://www3.nissan.co.jp/connect.html

コネクテッドカーとは

「コネクテッドカー」は、直訳すると「つながった車」という意味になります。コネクテッド(Connected)は、「つながる」や「接続している」意味し、コネクテッドカーは車がインターネットや電話回線とつながることで、さまざまなサービスを受けることができる車を示します。

例えば駐車場の空車情報や、車の異常を通知する機能、天気やニュースの表示や、レストランの予約など、車に関することだけでなく外出先での食事予約といったことまで、幅広く対応してくれます。さらに、Apple Car PlayやAndroid Autoに接続すれば、スマートフォンとの連携も可能です。

出典:https://www.audi.jp/audi_connect/

国産車のコネクテッドカーはどんなことができるのか

国産主要メーカー、「トヨタ」、「日産」、「ホンダ」、「マツダ」、「スバル」のコネクテッド技術では、どのようなことができるのでしょうか。

トヨタ

トヨタは「T-Connect」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • ヘルプネット(緊急時自動通報)
  • マイカーセキュリティ(車の異常通知や車両位置追跡)
  • うっかり通知(窓の閉め忘れなどを通知)
  • ロードアシスト(24時間対応)
  • ボイスコマンド(音声認識で目的地の検索やニュース・天気を検索)
  • 駐車場の空車情報検索
  • ナビデータ更新
  • スマートフォン連携(車両位置確認、ドアロック、車両メンテナンス情報の表示)

日産

日産は「NissanConnect」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • ドアtoドアナビ(スマートフォンを使ってルート設定し、車ではカーナビで案内、降車後はスマートフォンでルート案内をするサービス)
  • 乗る前エアコン(乗車前にスマートフォンでエアコンをオンにする)
  • OTA(Over The Air=無線通信のこと)自動地図・ソフトウェア更新
  • 最速ルート探索(リアルタイムの交通情報を反映させたルート案内)
  • Googleサービス(ナビ画面上でGoogleを使い、目的地の状況を確認)
  • スマートデバイス連携(スマートデバイスと連携してリモートで操作)
  • オペレータサービス(オペレータが目的地設定や周辺施設の検索などを行う)

ホンダ

ホンダは「Honda Total Care」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • 緊急サポートセンター(ボタン操作またはエアバッグの展開で自動通報)
  • リモート操作(エアコン、ドアロック、車の位置確認)
  • Honda ALSOK駆けつけサービス
  • Hondaデジタルキー
  • 車内Wi-Fi
  • Hondaアプリセンター

マツダ

マツダは「マツダコネクテッドサービス」の名称で、サービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • マツダエマージェンシーコール(緊急通報)
  • マツダアドバイスコール(オペレーターアシストサービス)
  • コンディションモニター(車両メンテナンス情報)
  • バーグラアラーム通知(車両の不振な動きを検知)
  • うっかり通知(ドアやトランクの閉め忘れなどを通知)
  • リモートコントロール(遠隔でハザードランプの消灯やドアロックをする)
  • カーファインダー(駐車位置確認)
  • 目的地送信(スマートフォンから車のナビに目的地を送信する)

スバル

スバルは「STARLINK(スターリンク)」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • ヘルプネット(事故自動通報)
  • SOSコール(体調の急変やあおり運転を受けたときにコールセンターに接続)
  • スバルiコール(ロードサービスの手配などをオペレーターがサポート)
  • 故障診断アラート&セキュリティアラート
  • リコールお知らせ機能/ソフトウェア更新

出典:https://www.audi.jp/audi_connect/

輸入車のコネクテッドカーはどんなことができるのか

輸入車の主要メーカー、「メルセデス・ベンツ」、「BMW」、「アウディ」、「フォルクスワーゲン」のコネクテッド技術ではどのようなことができるのでしょうか。

メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツは「Mercedes me」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • 24時間故障通報サービス
  • 24時間緊急通報サービス
  • メンテナンス通報
  • ソフトウェアアップデート
  • リモートパーキングアシスト
  • リモートドアロック&アンロック
  • 駐車位置検索
  • 24時間コンシェルジュサービス

BMW

BMWは「BMWコネクテッド・ドライブ・デジタル・サービス」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • ドライバーサポートデスク(天気やフライト時間、レストランの案内)
  • リモートサービス(ドアロック、駐車位置検索など)
  • 地図情報アップデート
  • SOSコール

アウディ

アウディは「アウディコネクト」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • Wi-Fiホットスポットの機能(最大8つの端末を同時接続)
  • SOSコール
  • 音楽のストリーミング
  • メールの送受信
  • オンラインの交通情報
  • Google EarthおよびGoogleストリートビュー
  • 駐車場空き情報
  • 天気やニュース
  • フライト情報

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンは「Car-Net」の名称で、コネクテッドサービスを提供しています。代表的なサービスは次の通りです。

  • Guide & Inform(最新の交通情報などをインターネットから収集)
  • Security & Service(車両情報の把握)
  • e-Remote(電気自動車やプラグインハイブリッド車両の機能を離れた場所から制御)

出典:https://www.audi.jp/audi_connect/


まとめ

車とインターネット・電話回線を繋げるコネクテッドサービスは、現在の新車には当たり前のように付帯するサービスになっています。

今後コネクテッドカーがさらに普及すれば、車と車、車と別のデバイスなど、さまざまな組み合わせが可能となり、より安全で快適な交通社会が実現できることは間違いないでしょう。

Motorzではメールマガジンを始めました!

編集部の裏話が聞けたり、月に一度は抽選でプレゼントがもらえるかも!?

気になった方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みいただくか、以下のフォームからご登録をお願いします!