『フェガーリ』は、インテリアパーツが主軸のメーカー『ルナインターナショナル』が独自に展開するブランドです。純正に負けないハイクオリティなパーツを、ロープライスで提供することをモットーとし、その考えは設立以来一貫しています。デモカーは最新モデルの5型で、オリジナルのインテリアパーツをフル装備。さらに自社開発の電装品や、ハイエースからのニュープロダクトとなるエアロパーツもセットアップされています。クオリティの高さで定評があるフェガーリのパーツで、内外装を全身トータルコーディネートできるのは、いまのところハイエースユーザーだけの特権です。

Photo: Yoshiyuki Itoh
Text : Isao Katsumori

新作エアロは、4インチダウンでも通常走行可能なデザイン






クオリティの高さで定評のあるフェガーリが、いよいよエアロパーツの独自開発に打って出ました。

ハイエース用はその皮切りとなる作品で、上質な欧州スポーツの機能と高級感がスタイリングのテーマです。



フロントセクションは、スポイラー(センター部分)とフリッパー(両サイド)を分割設計することで、Aラインを深めに取って路面の干渉低減を図ったデザインで、低く構える4インチ以上のローダウンでも、通常走行を可能にしています。



サイドやリアバンパーは、塗り分けによるアレンジがしやすいデザインで、抑制の効いた適度なボリューム感、ボディへの馴染み具合、オリジナリティのどれを取ってもフェガーリブランドにふさわしい仕上がりとなっています。

ボンネットはインパネのノウハウを応用した画期的アイテム



ボディパーツには、スポーティ感を高めるボンネットパネルやルーフスポイラーもラインナップ。

ともにFRPとカーボンタイプが設定されています。

特筆すべきは、貼り付け式となるボンネットカスタムの手法で、一般的な交換タイプと違い、取り付けが簡単でコスパも抜群。

フードの厚みを端に行くほど薄くする独自の工法(スリムライン工法)により、取り付けた感じも交換タイプと変わらない、スグレものです。

FRPタイプは予め純正色でペイントされた塗装済みアイテムも用意されており、ユーザはDIYでも簡単に取り付けることができます。

これは、フェガーリがインテリアパネルの技術ノウハウを応用して開発した画期的なボンネットメイクです。


エクステリアでは、リアルカーボン調のウェザーストリップカバーやスタイリッシュなデザインのサイドバイザーも人気のアイテムとなっています。

電装パーツもユーロな高級感にあふれたデザイン


テールランプは、サークル型のライトセーバーが印象的なフェガーリLEDランプシリーズの最新作。



ウインカードアミラーは、欧州車ライクなアロースタイルのデザインを特徴とするオリジナルモデル(デビルクローウィンカー)に、「流れるウインカー機能」や「ポジション灯機能」をプラスしたバージョンアップモデルです。


ライト系のパーツでは、強烈な明るさで後方からの視認性を一段と高める、チューブタイプのハイマウントストップランプもラインナップ。

ディテールにまで、高度な職人気質が息づく内装


インテリアパーツはフェガーリブランドの主軸であり、どれを取ってもクオリティは圧倒的。



中でもインテリアパネルやステアリングは、フェガーリの名を一気に広めた逸品です。

下地、素材柄、2層のPUエキポシ樹脂、耐摩耗クリアという合計5層構造となるインテリアパネルは、美しさやフッティングの良さはもちろん、耐久性の高さや、変形を起こしにくいことも注目すべきポイントでしょう。


ステアリングやシフトノブは、縫製を一般的なベースボールステッチではなく、高度なユーロステッチでひと針ひと針仕上げた本格仕様となっていて、フェガーリのインテリアパーツは使い込むほどに品質の高さが実感できます。

その他のインテリアパーツはコチラ





フォトギャラリー








ショップ情報

ルナインターナショナル株式会社
〒538-0035 大阪府大阪市鶴見区浜5-6-41
06-6924-7730
https://www.luna-int.co.jp/

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!