軽自動車とは思えないほどスポーティなエクステリアを持つホンダ S660。現行の軽自動車の中では唯一となるミッドシップレイアウトの2シータースポーツモデルなので当然とも言えますが、デビューから4年以上が経過し、そろそろエクステリアに変化が欲しいと思うオーナーの方も少なくないのではないでしょうか?
そこで今回は、エアロパーツの老舗メーカー、ガレージベリーがリリースするS660用のアイテムをご紹介しましょう。

Text : Koichi Kobuna Photo : Takanori Arima

スタイリングチェック!

フロント周り

フロントセクションで、やはり目を引くのはフロントバンパーでしょう。

グリル部分も一体となったフルバンパー形状となっているため、ノーマルバンパーと大きく差別化をすることが可能となっています。

さらにそのバンパー用に用意されたリップスポイラーを装着することによって、より迫力あるフロントマスクが完成するというワケです。

また、このフロントバンパー専用のフォグランプパネルも別途用意されており、こちらを装着するとさらに雰囲気が一変するので、好みに応じてチョイスしたいところです。

サイド周り

ノーマルでも十分に低さを感じさせるS660ですが、それをより強調してくれるのがサイドステップでしょう。

今回は試作品のカーボンパーツが装着されて、よりスポーティな装いになっていました。

このカーボンパーツの市販化は未定とのことですが、反響次第ではラインナップに入るかもしれません。

さらにサイドステップに装着するサイドダクトカバーやエアクリーナー(右側)、インタークーラー(左側)にフレッシュエアを導くサイドベンチレーターなどは、見た目だけでなく機能パーツとしても装着したいアイテムです。

リア周り

後輪駆動のS660だけに、リアのトラクションは重視したいところ。

そんなユーザーの声に応える形で、ガレージベリーではGTウイングを2種類設定しています。

車検対応のロータイプ

ダウンフォースを重視するハイタイプ

ハイタイプは3段階の可変が可能となっていて、走るシチュエーションによって調整することができる本格的な仕様です。

また、フロントと同じくイメージを大きく変えてくれるリアディフューザーも設定。

デモカーにはこのリアディフューザー専用のマフラーとマフラー用パネルが装着されており、より一層迫力のあるリアビューを実現していますが、ノーマルマフラーにも対応しているので、用途に合わせて使い分けられるようになっています。


フォトギャラリー

Motorzではメールマガジンを配信しています。

編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!?

配信を希望する方は、Motorz記事「メールマガジン「MotorzNews」はじめました。」をお読みください!