2010:ウイダー HSV-010

出典:http://www.honda.co.jp/

出典:http://www.honda.co.jp/

2010年!勝者はウィダーHSV-010!

ホンダがこの年NSXに変わって投入したマシンで、見事勝利を飾っています。

ドライバーは小暮卓史選手・ロイック・デュバル選手のコンビで、シーズン表彰台は1位が1回、2位が2回、3位が1回でした。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

最終戦では、ペトロナストムスSC430と熾烈なトップ争いを展開。

特に第2スティントの脇阪寿一選手vs小暮卓史選手の20周を超えるバトルに観客は釘付けになりました。

2位を守り抜いてもシリーズチャンピオンを獲得できるウィダーHSVでしたが、守りには入らず、攻めに攻め続けて獲得した2位とシリーズチャンピオンは、後に語られる伝説的なレースとなりました。

 

2011:S Road MOLA GT-R

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

2011年!Sロード モーラGT-R!

柳田真孝選手とロニー・クインタレッリ選手のペアで、シーズン表彰台は優勝が1回と2位がなんと4回!

全8戦中5回は表彰台に上っているという、驚異の安定感でシーズン制覇しています。

出典:http://supergt.net/

出典:http://supergt.net/

ロニー選手にとっては、この年がスーパーGTでのシリーズ初制覇。

GTファンの皆様ならご存知だと思いますが、この年からロニー選手とGT-Rの速さが勢いを増します。

ちなみに、この年からテレビ番組「SUPER GT+」が放映を開始しています。

 

2012:S Road REITO MOLA GT-R

出典:http://www.nissan-motorsports.com/

出典:http://www.nissan-motorsports.com/

2012年!2連覇のSロード レイト モーラGT-R!

ドライバーは前年に引き続き柳田真孝選手とロニー・クインタレッリ選手のペア。

シリーズ表彰台は優勝が2回。2位が2回。3位が1回と、前年に引き続きシーズンの半分以上は表彰台に上っています。

 

出典:http://www.nissan-motorsports.com/

出典:http://www.nissan-motorsports.com/

全戦を終えた時点で、シーズン2位のZENT CERUMO SC430、立川祐路選手・平手晃平選手と19ポイント差。

最終戦を待たずして2連覇確定という、圧倒的な差をつけて優勝したGT-Rの強さが光った1年でした。

 

2013:ZENT CERUMO SC430

出典:http://ms.toyota.co.jp/

出典:http://ms.toyota.co.jp/

2013年はゼントセルモSC430!ドライバーは前年ランキング2位だった立川祐路選手・平手晃平選手ペア。

シーズン表彰台は優勝1回、2位が2回、3位が1回。

第2戦、3戦、4戦とノーポイントが続きましたが、終盤の3戦は全て表彰台を獲得して勝利を獲得しました。

出典:https://www.youtube.com/

出典:https://www.youtube.com/

この年の最終戦は史上初となる8台のマシンにシリーズ制覇の可能性がある大混戦。

終盤にはKEIHIN HSV-010が2位につけ、優勝をすればシリーズタイトルも獲得可能。ZENT SC430は、HSVが2位にいる場合は3位がシリーズタイトルの条件。

ZENTはペースが上がらず、徐々に4位、5位に追い付かれ始めるも、なんとかポジションをキープし、KEIHINも優勝には届かなかったため、ZENTのシリーズタイトルが決定。昨年2位の雪辱を果たしました。

 

2014:MOTUL AUTECH GT-R

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

2014年!モチュールオーテックGT-R!

松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手のペアで、シーズン表彰台は優勝が2回と2位が2回。

2011年、12年と同じように安定感と速さが見られる1年でした。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

最終戦はポールポジションスタートで、そのまま独走。

2位以下は目まぐるしく順位が変わる展開になるも、目立ったトラブルはなくそのままシリーズを制覇しました。

なお、この年がHONDA NSX CONCEPT-GTとLEXUS RC Fのデビューイヤー。

ドライバーランキングは、NSXはウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTの山本尚貴選手の4位が最高位。

RCFは、KeePer TOM’S RC Fの伊藤大輔選手とアンドレア・カルダレッリ選手の2位が最高位でした。

 

2015:MOTUL AUTECH GT-R

出典:http://www.nissan-motorsports.com/

出典:http://www.nissan-motorsports.com/

2015年!2連覇!モチュールオーテックGT-R!

ドライバーは、昨年に引き続き松田次生選手とロニー・クインタレッリ選手のペア。

表彰台は優勝が2回、2位が1回。ノーポイントも1回とギリギリながら優勝争いに勝利しました。

出典:http://supergt.net/

出典:http://supergt.net/

最終戦では、予選Q1で敗退し、12位スタートだったモチュールGT-Rですが、決勝では驚異の追い上げを披露。

一時はトップまで登り詰めるも、残り11周のところでKeePer TOM’S RC F(平川亮選手、アンドレア・カルダレッリ選手コンビ)にオーバーテイクされ、2位へポジションダウン。

そのまま2位フィニッシュし、シリーズ2連覇となりました。

ロニー選手に関しては、自身4度目のドライバーズタイトル。これは本山哲選手、脇阪寿一選手、立川祐路選手の3回を抜いて、GT史上最多勝利数となっています。

 

2016:DENSO KOBELCO SARD RC F

出典:http://supergt.net/

2016年は、デンソーコベルコサードRCFがチャンピオン!

元F1ドライバーのヘイキ・コバライネン選手と、平手晃平選手のタッグで、見事チャンピオンを獲得しました。

最終戦に向けて、常に安定してポイントを取り、常にランキングトップ争いを繰り広げていたMOTUL GT-RやWAKO’S RC Fの影から第3戦(※)で一気に浮上!

※2016年は、第3戦が熊本地震により延期となり、最終戦もてぎラウンドの土曜日に決勝が開催されました。

出典:http://www.sard.co.jp/

そして迎えた最終戦、危なげない走りで見事に優勝。

最終戦を勝ってシリーズチャンピオンを決めるというドラマチックな勝利を手にします。

これは、GT開催初年度の1994年から参戦し続けたSARDとして、参戦23年目の悲願の初優勝でした。

 

まとめ

出典:https://gazoo.com/

出典:https://gazoo.com/

11台まとめてご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか?

まとめている最中に気になった共通点は、新車投入の年はシリーズを制覇しているということ。

しかし2014年のNSXとRCFで、その流れは絶たれました。

それ以外に見つかった驚きの点は、2009年のペトロナストムスSC430を除いて、全て「赤い」ということ。

ウィダーHSVとSロードGT-R、デンソーサードRCFに関しては少々こじつけ感もありますが、ワンポイントの赤はかなり主張していますし、この頃のARTAもかなり赤いです。

ということは…2017年の優勝争いは「ARTA NSX-GT」「DENSO KOBELCO SARD LC500」「ZENT CERUMO LC500」「 S Road CRAFTSPORTS GT-R」「MOTUL MUGEN NSX-GT」「 MOTUL AUTECH GT-R」の6台!?

2017年のスーパーGTで「赤」の活躍はあるのか?期待してしまいます!